他人と差がつく定番。レッドキャップのワークパンツ

時代に流されない大人の定番服として、今季もワークスタイルは外せません。従来の土臭い印象も『レッドキャップ』のパンツなら街の雰囲気にすんなり溶け込んでくれる。

他人と差がつく定番。レッドキャップのワークパンツ

改めて知りたい『レッドキャップ』のこと

赤い帽子がトレードマークの『レッドキャップ』。1923年、ハーリン兄弟(テネシー州ナッシュビル出身)とその従兄弟が、オーバーオールの製造会社として創業したのがきっかけ。その後、機能性の高い作業着として徐々にブランドを確立させ、数多くの大手工場用ユニフォーム(作業着)を手がけるまでに成長しました。特にワークパンツの評判が高く、職場環境に対応したパンツとして、ワーカーのみならず多種多様なシーンで愛用。今もなお、デイリーユースのワークアイテムとして高い人気を誇っています。

『レッドキャップ』といえば、やっぱりワークパンツ

ジーンズ、カーゴ、ペインターなどを総称したものがワークパンツで、ひと口に片付けられません。従来のワークパンツといえば、どことなく武骨なイメージでしたが、『レッドキャップ』のものはシンプルなデザインが特徴。デイリーユースとして使いやすく、コスパの良さも魅力の1つでは。こちらは、ブランドを代表する「レギュラー ジーン カット」というモデルです。

コインポケットから見て取れるように、こちらのモデルはジーンズからインスピレーションを受けて「5ポケット」を採用しています。大きめのポケットが使いやすくおすすめです。

生地メーカーの老舗、東洋紡と共同開発した「ヘビーツイル」。上質な糸を高密度に織り上げることで生地にハリ&コシ&膨らみが出て、質感のある上品な光沢感を演出しています。もちろん、ワークならではの強度も◎。

パンツのシルエットがキレイなので、ワークパンツといえどスマートに着こなせます。シンプルな見た目に注入したワークテイストが、スタイリッシュなモノトーンコーデに男らしさをプラス。正式には、ワークパンツ≠チノパンですが、限りなく近いのでスケシューとの相性も良いですね。

『レッドキャップ』のワークパンツ。おしゃれに着こなす3つの方法

パンツと異なるきれいめアイテムをMIXさせるのが、おしゃれに着こなすコツです。全身ワークスタイルもカッコイイですが、あくまでも街になじむ大人コーデを目指しましょう。

着こなし1

×ジャケット。コーデのハズしにワークパンツが活躍

羽織るだけで一気に大人感が際立つジャケットをチョイス。ワーク特有の土臭い印象を解消でき、かつ異なるテイストによりこなれた印象に仕上がります。『レッドキャップ』のスマートなワークパンツなら、抵抗なく取り入れやすいです。

アイビースタイルをベースに、ワークパンツの程よいハズしでプレッピーな装いへ。セットアップ風の色合わせも、テイストの異なるワークパンツなら個性を出せるのでおすすめです。首元のスリットからのぞく赤いインナーが、コーデのアクセントになっています。

太めのワークパンツにニットジャケットを合わせたリラックススタイル。インナーとパンツの色みを統一して錯視的に縦のラインを作れば、ややゆるめのサイジングもスマートにみせることが可能です。さらに、きれいめな小物を随所に散りばめて全体を引き締めています。

ギャップのある小物合わせにセンスが光るレイヤースタイル。インナーに着たジージャンが丈感に変化をつけ、ニュアンスあるコーデに仕上げています。ここまでテイストの違う小物合わせでも、すべて黒に統一したのでまったく散らかって見えません。遊び心に富んだ着こなしですが、フォーマルなジャケットがすべてフォローしてくれるので安心ですね。

着こなし2

ワークパンツの土臭さは、軽やかな足元で解消する

ぼてっとしがちなワークパンツは、足元の抜け感で野暮ったさを回避するのが大人コーデのマナー。どんなに上品なアイテムを合わせても、足元が武骨だとだらしなく見えてしまうので注意が必要です。

クロップドタイプのワークパンツなら、渋いカーキも軽快! 野暮ったくなりがちなベージュ×カーキのアースカラーコーデですが、インナーの白がクリーンな印象に仕上げています。黒のキャップで色みを引き締めたのもポイントですね。

ロールアップの肌見せが、ワークパンツをスマートにみせて春らしい足元を演出。素足履きしたローファーが大人のムードを高めて、スケータールックにメリハリを表現しています。女性票を幅広く獲得できる、モテコーデのお手本です。

ワイドシルエットのワークパンツをくるぶし上でカット。切りっぱなしの質感が今っぽく、スケシューとの相性も抜群です。ちょっぴり攻めたデザインのジャケットでも、2トーンでまとめることで品良くまとめています。

着こなし3

クリーンな淡色系トップスが、春の陽気にぴったりハマる

土臭いカラーリングが多いワークパンツは、上半身に清潔感のある色みを合わせるのが効果的。爽やかさを演出するとともに、上下のメリハリでのっぺりした印象も回避できます。

グレーは白と同様に清潔感を演出でき、さらに大人の上品さも追加できる便利カラーです。無地のシンプルコーデですが、手首のロールアップがアクセントになり物足りなさを軽減。あえてザツに巻くくらいが気取ってなく、雰囲気も増すので◎。

スエードのアウターが大人っぽいストリートスタイル。ボトムスからトップスへ色みを淡くグラデーションをかけることで、表情を爽やかにやさしくみせているのが◎。ワッフルカットソーをレイヤードさせてコーデに奥行きをプラスしたのもポイントです。

カラフルなパーカーは、スポーツテイストを強くしてしまい子供っぽくなりがちですが、ペールトーンのような淡色系なら鮮やかなうえに大人のムードも保てます。サングラス、キーチェーン、トラッドヘアなどのちょいワル要素が爽やかなブルーとベストバランスです!

ワークパンツだけじゃない。『レッドキャップ』のアイテム

確かな技術を誇る『レッドキャップ』のアイテムなら、すべてに共通してタフな作りが魅力といえます。定番のワークウェアはもちろん、その他小物までジャンル別に一挙ご紹介!

ワークキャップ

平らなトップが特徴のワークキャップ。アメカジスタイルに同調させてもよし、きれいめスタイルのハズしにもよしの万能アイテムです。顔立ちを選ばない汎用性の高さも魅力なので、これまで試したことのない方にもぜひおすすめ!

アイテム詳細を見る

『エクリュ』別注 ラボコート3

胸元にヘンリー・フォードの名言をあしらった玄人向けのラボコート。ボタンと生地を同色にすることで胸元のプリントを目立たせています。さらっと羽織るだけでこなれた印象になるので、今季の主役アウターにどうぞ。

アイテム詳細を見る

ザローリングストーンズ×『ジャックローズ』別注 BOXトレーナー

ザ・ローリング・ストーンズの「タング」ロゴを大胆にプリント。1枚で着てもさまになり、インナーとして着てもしっかりアウターを引き立ててくれます。『レッドキャップ』伝統の2本針ステッチなので、洗ってもへこたれない高い強度が魅力です。

アイテム詳細を見る

ワークシャツ

両サイドにホームベース型のポケットを配したオーセンティックな1着。シームによるワーク感と小さめ襟によるスマートさが絶妙のバランスで、コーデのハズしに用いても上品さをキープしてくれます。

アイテム詳細を見る

パックTシャツ

洗濯を繰り返しても型崩れしにくい6.7オンスの肉厚ボディー。サイドシームのない丸胴のつくりが快適な着心地を実現してくれるので、インナーとしても年中愛用したいマストバイアイテムです。

アイテム詳細を見る

ラインソックス

こちらのような短めの丈なら、クロップドパンツと合わせたときにさりげなくラインをアピールできます。『レッドキャップ』ならではの厚みあるタフな作りが、劇的にソックスの寿命を延ばしてくれます。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る