アメリカの古き良き時代の時計“サーカ”が気になる

腕時計トレンドの一角を担うスポーツウォッチ。それと双璧をなすのがクラシック時計だ。中でも、数年前から徐々に知名度を上げているのがアメリカブランドの『サーカ』。

ブランド:
  • サーカ(CIRCA)
キーワード:

アメリカの古き良き時代の時計“サーカ”が気になる

アメリカブランドの腕時計『サーカ』をご存じ?

『サーカ』を展開するのは、アメリカに本社を構えるサーカウォッチカンパニー。アンティーク好きとして有名なオーナーが、1920年代から1950年代に製作されていた腕時計をデザインソースにヴィンテージ感たっぷりのコレクションを展開している。その年代といえば、腕時計の世界でもアールデコの流れが顕著に現れ、デザインにも反映されていた時代。さまざまなフェイスが登場し、そのテイストはアイテムにもしっかりと落とし込まれている。

どこか懐かしく新しい、『サーカ』の時計の魅力とは

群雄割拠の腕時計シーン中で、進境著しい『サーカ』の台頭は見過ごすことができないトピックスといえる。周囲の目を引きつける同社の魅力とは何か、3つのポイントに絞りながらひも解いていきたい。

魅力1:当時を思わせる雰囲気抜群のルックス

当時はまだまだ高級なアイテムだった腕時計。その背景が透けて見えるエレガントなものもあれば、時代を感じさせるアンティーク感たっぷりのものも。スモールセコンドや段階式のラグなど、細部にいたるディテールワークが醸す古き良き表情は最高の魅力。

魅力2:ムーブメントは日本製!

実際のヴィンテージウォッチと一線を画すのは内部のムーブメント。ヴィンテージ時計といえば、数秒の時間のズレは常だが、こちらで使用しているのは、裏蓋に刻まれた“JAPAN MOVEMENT”からもわかるように日本製の精巧なものでツールとしても実に頼りになる。

魅力3:ユニセックスで使えるボーイズサイズ

数シーズン前にはビッグケースがトレンドのひとつだったが、徐々にコンパクトへシフトしつつある。『サーカ』のアイテムは、ほとんどがケース径30o前後と小振り。男性がつけてもヤワに見えず、女性がつけてもヘビーに見えない絶妙のサイジング。

それでは『サーカ』の注目モデルをご紹介

『サーカ』がベースとするのは、腕時計が“小さな芸術作品”と呼ばれていた時代。それを示すようにコレクション内にはさまざまなデザインが顔を揃える。中でもオススメのアイテムを、ここでは可能なかぎり紹介したい。

トノーモデル ゴールド×ブラック

1937年にもっとも人気のあったモデルがこちらのベース。自然な曲線を描くトノー型ケースは、サイドビューからの眺めに一層の美しさを感じるに違いない。その曲がり具合はそのまま手首に沿いながら自然な密着感を誘発する。

アイテム詳細を見る

トノーモデル ゴールド×ホワイト

滑らかな曲線を描くカーヴェックスケース内に収まったクリーンな文字盤。そこには、太めに設定されたアラビア数字とコンパクトな時分針が均整を保ちながら見事なバランスで収まっている。型押しのベルトも上品だ。

アイテム詳細を見る

トノーモデル ゴールド×ブラック

フロントから眺めると直線的に見えるトノーケースだが、同作が備える真の美しさは、サイドのアングルからよりわかる。ランダムに間隔をあけて配置したインデックス、チャーミングなリーフ針はこちらが愛される大きな要因。

アイテム詳細を見る

トノーモデル シルバー×ホワイト

ドクターズウォッチからインスピレーションを得て仕上げた一品。目を見張るのは中央へあしらった秒を知らせる目盛り。ブラックで仕上げ、時間を示すインデックスをゴールドにしたことで立体感を生んでいる。

価格.comで探す

サークルモデル シルバー×ホワイト

どこか懐かしさを感じさせながらも、洗練されたシャープなデザインに仕上げたことでモダンな印象にも映る新作。モノトーンとシルバーが醸すシックな趣やミニマムなフェイスは、ビジネスシーンにもしっかりハマってくれる。

アイテム詳細を見る

サークルモデル ゴールド×ホワイト

上記のアイテムのゴールドバージョン。シャープなシルバーケースとは異なり、こちらはゴールドで脚色。ホワイト文字盤との相乗効果により、きらびやかな印象に映る。レザーバンドとのコンビも上質感をあおる要因に。

アイテム詳細を見る

サークルモデル シルバー×ブラック

1940〜50年代に製造されていた丸型ケースの腕時計。その代表的な作品をモチーフに仕上げたのがこのアイテムだ。アラビア数字とバーインデックスのコンビ、繊細に仕上げられた時を告げる針がさらにクラシックなムードをあおる。

アイテム詳細を見る

レクタンギュラーモデル ゴールド×ブラウン

アールデコ全盛の時代に、一世を風靡したケースデザインのひとつがレクタンギュラー型。こちらは、ケースフォルムだけでなく、アールデコ様式のアラビア数字を起用。1940年代の空気感を漂わせている。

アイテム詳細を見る

レクタンギュラーモデル シルバー×ホワイト

直線的で、幾何学模様のモチーフに特徴が見られるアールデコデザイン。シンプルな文字盤に、独特なフーデッドラグをあしらったこちらのモデルにもその一端が。ゴールドのドットインデックスにも“らしさ”を感じさせる。

アイテム詳細を見る

レクタンギュラーモデル シルバー×ホワイト

スモールセコンドがふたつ縦に並んだユニークなデザイン。こちらは、医師が患者の脈を正確にとるため使っていたとされるドクターウォッチをソースに製作されたもの。アールデコ仕様の数字インデックスもポイント。

価格.comで探す

レクタンギュラーモデル シルバー×ホワイト

白い文字盤に浮かび上がるように配されたゴールドインデックスが、ブルースチールの時分針と相まってアンティーク感を漂わせる。ケース側面に刻まれた繊細な模様や、ブラウンのレザーベルトもシックなムードを演出。

価格.comで探す

レクタンギュラーモデル ゴールド×ホワイト

スモールセコンドと丸みのあるケースデザインが、ひときわヴィンテージ感をただよわせる同作。ケースにインデックス、そして時分針と、随所にきらびやかなゴールドをあしらい、ラグジュアリー感に磨きをかけた。

価格.comで探す

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る