編集フカザワ

美容専門系出版社にて、編集者としてのキャリアをスタートした「髪」オタク。自他ともに認める大酒飲みでありながら、バスケットボールを愛する健康男児。

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

“スキンケア発想のヘアケア”は、何が特徴なのか?

ご存じの方もいるかもしれないが、昨年12月にスキンケアブランドとしてお馴染みの『バルクオム』がヘアケア市場への参入を発表した。気になるラインアップは、ノンシリコ…

編集フカザワ

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

編集フカザワ

その渋さに頼らせて。グレンチェックのチェスターコートを着こなす方法

その渋さに頼らせて。グレンチェックのチェスターコートを着こなす方法

今冬注目のグレンチェック柄。防寒も兼ねてゲットするならば、チェスターコートがイチ推しです。おしゃれに着こなすにはどうすればいいのか、超簡単な攻略術をご紹介!

編集フカザワ

“シンダウン”のコートですっきり暖か。常識を塗り替える新素材に注目!

“シンダウン”のコートですっきり暖か。常識を塗り替える新素材に注目!

冬アウターとして人気のダウンですが、暖かさは確保しつつもスマートに着られる“シンダウン”が注目されています。その特徴とおすすめアイテムを解説しましょう。

編集フカザワ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

シャツ選びでお困りのビジネスマンへ。完全“自分仕様”の1枚をどうぞ

スーツの着こなしにおける“魅せ”どころといえば、やはりVゾーン。顔に近い位置にあることからおのずと他人の目に触れやすく、与える印象を決定付けるエリアとなる。だ…

編集フカザワ

高品質ながら良心価格。河田フェザーの注目ダウンジャケット

高品質ながら良心価格。河田フェザーの注目ダウンジャケット

ダウンジャケット人気が継続していますが、まだ手にしていない方も多いはず。そんな大人に向けて、即戦力となる『河田フェザー』の魅力やラインアップを紹介します。

編集フカザワ

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

現在進行形のリアルクローズ。仕掛けたのは、あの2大巨頭

アウトドアテイストをブレンドしたり、90年代のファッショントレンドを取り入れてみたりと、2018年のファッションシーンは変化に富んでいた。「懐かしくも新しい」という…

編集フカザワ

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

即決待ったなし。2018年最後の“絶妙”スニーカー

年末年始は財布の中身が寂しくなりがちだ。忘年会に帰省や旅行、年明けの新年会などの交際費に加えてファッションシーンではセールのオンパレード…。読者諸兄の多くもき…

編集フカザワ

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

“そもそも論”を解決してくれる、大人好みのリップクリーム

乾燥しがちなシーズンは、リップクリームの使用頻度が増える。幅広いラインアップから、皆さんは何を重視して選ぶだろうか? 効果・効能が気になるのは当然だが、30代…

編集フカザワ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

冬の装いに合わせたくなる、上品なコーデュロイキャップ

デザイナーの日高久代氏とパタンナーの宮原秀晃氏という2人の手によって、2000年に始動した『サイ』。イギリスの伝統的なテーラリングを軸としつつ、現代的な要素を取り…

編集フカザワ

今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

『ザ・ノース・フェイス』の人気ダウンを総特集。人気のバルトロライトジャケットを筆頭に極寒仕様からタウンユースな1着まで、見た目もスペックも徹底的に紹介します。

編集フカザワ

いい塩梅の紳士顔。30,300円のセットアップに驚きを隠せない

いい塩梅の紳士顔。30,300円のセットアップに驚きを隠せない

休日着の永世定番として『ディッキーズ』を挙げる人は少なくないだろう。「874」に代表されるように、そのタフな素材が何よりの魅力。洗いを繰り返しても生地がヨレにく…

編集フカザワ

大人の大好物が集合。下北沢で堪能する、ちょっと変わった“フルコース”

大人の大好物が集合。下北沢で堪能する、ちょっと変わった“フルコース”

音楽好きのみならず、老若男女を虜にして止まない街・下北沢。筆者としてはここ数年はもっぱら酒を飲みに行くだけになってしまったが、学生時代はライブハウスやクラブイ…

編集フカザワ

たまにはこんな週末を。耳と眼と、心で堪能するクロスオーバー

たまにはこんな週末を。耳と眼と、心で堪能するクロスオーバー

年末年始の長期休暇突入を間近に控え、今年も繁忙がピークを迎えようとしている。しっかり休むためには“今”をいかにスマートに乗り切るかがキモとなるのだが、次から次…

編集フカザワ

30代にも40代にも。ダーミザクスのダウンを推したい3つの理由

30代にも40代にも。ダーミザクスのダウンを推したい3つの理由

数々のダウンジャケットに袖を通してきた大人は、その魅力もデメリットも知っているはずだ。そんな熟練した人にこそプッシュしたい1着がある。

編集フカザワ

提供:アダム エ ロペ

こだわる大人へ。ファッションブランドが提案する本革のレザーアウター5選

こだわる大人へ。ファッションブランドが提案する本革のレザーアウター5選

数を知れば、質への欲が出るのは当然だ。レザージャケットに数多く袖を通してくると、本革のそれに惹かれるてしまうもの。大人だからこそ納得するアイテムを厳選した。

編集フカザワ

人気セレクトショップのダウンをアンダー3万円で選んでみた

人気セレクトショップのダウンをアンダー3万円で選んでみた

高額ダウンが人気のアウター事情。しかし見た目も品質もGOODで良心価格のハイコスパダウンも、続々とリリースされています。お得感満点のおすすめアイテム、お見逃しなく!

編集フカザワ

プリントパーカーは、ストリートライクな1枚を選びたい

プリントパーカーは、ストリートライクな1枚を選びたい

懐古的なファッション人気に際し、手持ち服の見直しはできているだろうか? ワードローブに必ずあるであろうパーカーも、プリントのそれを選ぶだけで一気に新鮮に映る。

編集フカザワ

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

『アンデルセンアンデルセン』のニットに注目。セレクトショップでは即完売、ネットでも品薄という人気の理由や大人らしい着こなし方について考えてみます。

編集フカザワ

その空白は計算か。23年ぶりの“I'm Back”

その空白は計算か。23年ぶりの“I'm Back”

1995年。バスケットボールの“神”として知られるマイケル・ジョーダン氏が「I'm Back」という言葉とともにバスケットボール選手として帰還した際、バスケファンの誰もが…

編集フカザワ

いま欲しいモノ一挙見せ。アンダー5万円で手に入るコラボウォッチ5選

いま欲しいモノ一挙見せ。アンダー5万円で手に入るコラボウォッチ5選

定番には、定番の良さがある。とはいえ、他の人とちょっと差がつくようなアレンジが欲しいという方も多いでしょう。そんな大人のニーズをまるっと押さえた腕時計をご紹介。

編集フカザワ

ラーメンじゃないよ。遊び心と職人魂がマシマシのジーンズに舌鼓

ラーメンじゃないよ。遊び心と職人魂がマシマシのジーンズに舌鼓

人はなぜラーメンに魅了されるのか。とくに飲酒後のラーメンはやめられない。太ることは承知しているが、酔いモードの足は自ずとラーメン屋へと向かってしまう……。私的…

編集フカザワ

別注グラミチで作る、冬の都会的なアウトドアスタイル

別注グラミチで作る、冬の都会的なアウトドアスタイル

アウトドア由来のアイテムを、より都会的に着こなすのが今冬のトレンド。そんなアーバンアウトドアスタイルを構築するなら、我らが定番の『グラミチ』に頼りたい。

編集フカザワ

提供:アダム エ ロペ

ビシッとキメがちな冬。たまには、ユルッとストリートな世界を楽しんで

ビシッとキメがちな冬。たまには、ユルッとストリートな世界を楽しんで

おしゃれな男性像については、人によって見解が異なるだろう。恐縮ながら、私は“リキまず、人とはちょっと違うモノをサラッと着こなす”男性にセンスを感じる。シーンで…

編集フカザワ

名作のDNAを集約。新たな“フューリー”で懐古するスニーカー熱狂時代

名作のDNAを集約。新たな“フューリー”で懐古するスニーカー熱狂時代

大人は「インスタポンプフューリー」が好きだ。1994年に登場したそれは、アッパーに搭載したポンプチェンバーでフィット感を調整するという最新技術で当時の若者、つまり…

編集フカザワ

大人の街・青山から発信する、ノスタルジックなストリートダウン

大人の街・青山から発信する、ノスタルジックなストリートダウン

どんな街にも、それぞれの特色がある。ファッションにおいては、“若者の街”として形容される原宿が顕著。では、“大人の街”と呼べる場所はどこだろうか。そのひとつに…

編集フカザワ

迷宮入りするダウン選びは“完全無欠”で解決しよう

迷宮入りするダウン選びは“完全無欠”で解決しよう

11月も中盤にさしかかり、いよいよダウンのリリースラッシュである。新作の情報が飛び交う今だからこそ吟味したいところではあるが、気温的にもそろそろ購入シーズン本番…

編集フカザワ

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル6選

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル6選

ダウンの弱点を克服し、ダウンそのものの定義を一新させた水沢ダウン。当記事では「水沢ダウンとは?」というそもそも論や魅力を、代表モデルの紹介とともに掘り下げます。

編集フカザワ

レトロなアイツのダウンは、やっぱり大人好みの逸品揃い

レトロなアイツのダウンは、やっぱり大人好みの逸品揃い

「懐かしい」。こう感じるモノに反応してしまいがちな今シーズン。たとえばそれはオーバーサイズだったり、ロゴモノだったり、あるいは鮮やかなカラーリングだったりする…

編集フカザワ

これが最適解。“今っぽい”を具現化する新旧ハイテクの融合

これが最適解。“今っぽい”を具現化する新旧ハイテクの融合

”今っぽい”とは、どういうことか。ファッション誌の文面や友人との会話でたびたび見聞きするものの、具体的な意味もわからずモヤモヤとした感情を抱いたことが誰しもあ…

編集フカザワ

BACK