夏目 文寛

海外での取材経験も多数。時計専門ライター

夏目 文寛

出版社勤務時にはファッション誌、モノ情報誌の編集を15年にわたって従事。各雑誌で編集長を歴任し、2017年よりフリーの編集者に。男の嗜好品に詳しく、特に腕時計は機械式の本場スイスをはじめとするヨーロッパに何度も取材に行くほど情熱を傾けている。興味のない人にもわかりやすく!がモットー。
グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

古典ながら独創的。タグ・ホイヤーのモナコ、その重厚な背景に惚れる

古典ながら独創的。タグ・ホイヤーのモナコ、その重厚な背景に惚れる

1969年の誕生以来『タグ・ホイヤー』のアイコンとして長年愛され続けている、角型フォルムが特徴の「モナコ」。ここでは圧倒的な存在感を持つ「モナコ」の魅力に迫ります。

夏目 文寛

ドイツの名門、ユンハンス。バウハウスデザインの極致をその腕に

ドイツの名門、ユンハンス。バウハウスデザインの極致をその腕に

お手頃価格なのに誰が見てもおしゃれで時計マニアも一目置くブランド。『ユンハンス』の圧倒的なデザイン性、ドイツ製ならではの信頼性など、人気の秘密を解剖します。

夏目 文寛

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

カルティエのタンク。憧れ時計の筆頭について、知っておくべきこと

カルティエのタンク。憧れ時計の筆頭について、知っておくべきこと

誰もが一度は憧れる腕時計界のスーパースター、『カルティエ』の「タンク」。角型のエレガントな佇まいは、ドレスウォッチの王様といっても過言ではありません。

夏目 文寛

世代を超える名作揃い。ハミルトンのアメリカンクラシックが面白い

世代を超える名作揃い。ハミルトンのアメリカンクラシックが面白い

現在は本拠地をスイスに移しながら、旧き良きアメリカの空気漂う製品をリリースしている『ハミルトン』。ここでは大人に似合う「アメリカンクラシック」を紹介しましょう。

夏目 文寛

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

人気スマートウォッチ一覧。用途やOSで選ぶおすすめモデルはコレだ!

人気スマートウォッチ一覧。用途やOSで選ぶおすすめモデルはコレだ!

日々存在感を強めているスマートウォッチ。しかし「興味はあるけどスマートウォッチって何ができるの?」という人もまだ多いのでは。ここで基礎からみっちりお教えします。

夏目 文寛

“らしさ”はそのままに新コンセプト。地球環境を考えた、アイス ソーラーパワー

“らしさ”はそのままに新コンセプト。地球環境を考えた、アイス ソーラーパワー

ポップなデザインでファッション界から支持される、ベルギー発の腕時計ブランド『アイスウォッチ』。2020年の新たなコンセプトに“セーブ・ザ・プラネット”を掲げた同ブラ…

夏目 文寛

手が届く傑作から、超絶技巧の名品まで。モーリス・ラクロアの腕時計を語る

手が届く傑作から、超絶技巧の名品まで。モーリス・ラクロアの腕時計を語る

『モーリス・ラクロア』はスイスの腕時計ブランド。手頃な価格で“いいモノ感”あふれる傑作を送り出す新鋭にフォーカスし、その魅力や至極のラインアップをお届けします。

夏目 文寛

ザ・シチズンは真に人に寄り添う腕時計。その価値を知る

ザ・シチズンは真に人に寄り添う腕時計。その価値を知る

高精度なモノ作りで世界的評価を受けるシチズン。そんな日本の誇る時計メーカーが、最高の技術を結集して作り上げるフラッグシップモデル『ザ・シチズン』に迫ります。

夏目 文寛

あえてのクォーツ時計なら、20万円台でも高級ブランドに出会える

あえてのクォーツ時計なら、20万円台でも高級ブランドに出会える

いつかは欲しい、憧れの腕時計ブランドたち。機械式ではおいそれと手にできない本格的な1本が、もしかしたらクォーツムーブメントなら手に入るかもしれませんよ。

夏目 文寛

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

高級腕時計と言えばスイス。その時計産業の成り立ちと強さの秘密に迫りながら、押さえておきたい10ブランドを解説していきます。

夏目 文寛

腕時計だって、アディダス。手元から叶える大人のアクティブスタイル

腕時計だって、アディダス。手元から叶える大人のアクティブスタイル

言わずとしれたメジャースポーツブランド『アディダス』。スニーカーやウェアに限らず、そのウォッチラインもファッションアイテムとして使える万能選手なんです。

夏目 文寛

挑戦し続ける腕時計。ディーゼルウォッチのデザインに酔う

挑戦し続ける腕時計。ディーゼルウォッチのデザインに酔う

イタリアのプレミアムカジュアルブランド『ディーゼル』。その魅力を余すことなく投入した時計ラインに『ディーゼル ウォッチ』があります。大人に似合う一品を、厳選!

夏目 文寛

偉人たちも魅了。リップの腕時計はいつの時代も新鮮だ

偉人たちも魅了。リップの腕時計はいつの時代も新鮮だ

時計ブランド『リップ(LIP)』をご存じですか? 150年以上の歴史を持ち、フランスらしいウィットに富んだデザインで数々の偉人を魅了してきた名ブランドを取り上げます。

夏目 文寛

高級時計界の登竜門。タグ・ホイヤーを知りたいなら

高級時計界の登竜門。タグ・ホイヤーを知りたいなら

『ロレックス』『オメガ』と並び、スイスの名門ブランドとして知られる『タグ・ホイヤー』。高級時計の登竜門ともいえる同ブランドの魅力をとことん掘り下げます。

夏目 文寛

カルバン・クラインは腕時計も高感度。大人に似合う理由とおすすめ10選

カルバン・クラインは腕時計も高感度。大人に似合う理由とおすすめ10選

米国を代表するブランド『カルバン・クライン』は、ウォッチラインも評判です。感度の高いデザインと、信頼性抜群の機構を持つ傑作群にフォーカスして魅力を紹介します。

夏目 文寛

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

夏目 文寛

大人に馴染む、シンプルだけどこだわり満載の腕時計

大人に馴染む、シンプルだけどこだわり満載の腕時計

春に向けて心機一転、腕時計の新調を考えている人も多いはず。『スカーゲン』から登場したのは、シンプルな見た目ながらしっかり作り込まれた大人にぴったりのモデルです。

夏目 文寛

提供:スカーゲン

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

『オーデマ ピゲ』と聞いてピンとくる人は時計好きでもなければ少ないはず。時計ブランドのなかでも名門中の名門を、ここでしっかり深掘りしてみましょう。

夏目 文寛

実用的って、こういうこと。おしゃれで使えるスカーゲンの最新スマートウォッチ

実用的って、こういうこと。おしゃれで使えるスカーゲンの最新スマートウォッチ

デンマーク発の『スカーゲン(SKAGEN)』から、スマートウォッチの最新作「フォルスター2」が登場。同ブランドらしいミニマルな見た目と充実した機能、その詳細に迫ります。

夏目 文寛

提供:スカーゲン

IWCの6つのコレクションに見る、ブランドの歴史と革新

IWCの6つのコレクションに見る、ブランドの歴史と革新

『ロレックス』『オメガ』に引けを取らないステータス性を持ち、むしろ時計通の間で評価が高い腕時計ブランド、それが『IWC』。人気のコレクションから、魅力を深堀り。

夏目 文寛

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

5大時計大国から探す、人気腕時計ブランド15選

5大時計大国から探す、人気腕時計ブランド15選

例えば日本人はまじめ、イタリア人は陽気などと言われるように、その国民性はさまざま。同様に、実は腕時計も製造国によって性格が大きく異なるんです。

夏目 文寛

クリームフェイスか、ネイビーフェイスか。この春買い足す腕時計は?

クリームフェイスか、ネイビーフェイスか。この春買い足す腕時計は?

腕時計を買うとき、悩むのが文字盤のカラーですよね。この春挑戦したい文字盤カラーはズバリ、ネイビーとクリーム。それぞれの色の魅力とおすすめモデルをピックアップ。

夏目 文寛

心機一転。10万円以下の3針腕時計で新生活に備えよう

心機一転。10万円以下の3針腕時計で新生活に備えよう

4月からの新年度に向け心機一転、腕時計を新調してはいかがでしょうか? 10万円の予算でどんなシーンにも対応できる、コスパ抜群のオン・オフ兼用腕時計を紹介します。

夏目 文寛

BACK