増山 直樹

「衣食蹴」をフィールドに活動中

増山 直樹

会社員として15年ほど働き、複数の出版社で若者向け・大人向けのメンズファッション各誌、サッカー専門誌、グルメ誌などを担当。現在はフリーのエディター・ライターとして活動中。これからもジャンルレス&ハピネスな感じで頑張りたいデス。
ついおかわりしたくなる? “腹八分目”なシューズに新作が登場

ついおかわりしたくなる? “腹八分目”なシューズに新作が登場

何事にも“いい塩梅”というものがある。例えば普段のファッション。トゥーマッチでは滑稽だし、無頓着すぎるのもいただけない。流行のアウトドアアイテムにしても、本気度…

増山 直樹

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

スイスブランド『ビクトリノックス』の腕時計は他と一線を画す圧倒的タフネスが信条。なぜ同ブランドから腕時計が生まれ、どう進化してきたのかをおさらいしましょう。

増山 直樹

いい意味で「ナンガこりゃ!?」な、ブランド初のアーティストコラボ

いい意味で「ナンガこりゃ!?」な、ブランド初のアーティストコラボ

出落ちタイトルで恐縮だが、今回は人気のジャパンブランド『ナンガ』のコラボレーションについて。スリーピングバッグを出自とするダウン製造のリーディングカンパニーが…

増山 直樹

世界が認めたハイテク時計。エディフィスでビジネスシーンをもっと楽しく

世界が認めたハイテク時計。エディフィスでビジネスシーンをもっと楽しく

見た目はアナログ、でも中身はデジタル由来のハイスペック。そんな“いいとこ取り”で世界中のビジネスパーソンを虜にする時計ブランド『エディフィス』の魅力に迫ります。

増山 直樹

エヴァ×フラグスタフ。傑作コラボTシャツで高める新作への想い

エヴァ×フラグスタフ。傑作コラボTシャツで高める新作への想い

いよいよだ。我々は、前作の公開から約7年半も待ち続けた。“さらば、全てのエヴァンゲリオン。”そう謳う劇場版最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は近日公開予定だ…

増山 直樹

一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

フランス生まれの腕時計ブランド、『ベル&ロス』。歴史こそ古くありませんが、優れたデザインとその裏側を支える信頼性は老舗・名門にまったく引けを取りません。

増山 直樹

リネンシャツで涼と品を両得。着こなし方とおすすめブランド10選

リネンシャツで涼と品を両得。着こなし方とおすすめブランド10選

暑い季節はリネンの出番。見ても着ても涼しさを実感できる天然素材の特徴をはじめ、コーディネートのヒントからおすすめアイテムまで掘り下げます。

増山 直樹

やみつき確定。イージーパンツのおすすめと大人のコーディネート集

やみつき確定。イージーパンツのおすすめと大人のコーディネート集

ゴム入りのウエストだって、今や部屋着のイメージは皆無。ラクでおしゃれなイージーパンツは完全に街での市民権を得ました。あらためて着こなしや選び方を考えます。

増山 直樹

あの伝説モデルが復活。アップデートを遂げた腕時計界の革命児

あの伝説モデルが復活。アップデートを遂げた腕時計界の革命児

世間は総じて自粛ムード。それでも無性にテンションが上がってしまうのは、ある“伝説”のモデルが蘇ったからだ。独特のルックスと機構から当時、未来への強烈な憧れとチャ…

増山 直樹

大人が持つべきデジタルウォッチとは。今おすすめしたい16のブランド

大人が持つべきデジタルウォッチとは。今おすすめしたい16のブランド

心も装いもアクティブに、軽快に。そんな季節に重宝するのが、腕元を機能的&フレッシュにアップデートするデジタルウォッチです。要注目の16ブランドをピックアップ!

増山 直樹

世界を震撼させた薄さ。エコ・ドライブワンが魅せる静かなすごみ

世界を震撼させた薄さ。エコ・ドライブワンが魅せる静かなすごみ

2016年の衝撃デビュー以降進化を重ねる『シチズン』の極薄時計「エコ・ドライブ ワン」。厚さ3mmに満たない世界には、膨大な技術力と途方もないロマンが秘められています。

増山 直樹

週末に張り合いのないサッカーファンへ。東京らしさを感じる異業種コラボ

週末に張り合いのないサッカーファンへ。東京らしさを感じる異業種コラボ

未曾有の緊急事態に違いない。おしゃれをして街に繰り出すことはおろか、休日は近所のコンビニに行くこともはばかられる。当然、各イベントはどこもかしこも延期や中止。…

増山 直樹

レトロなのに新しい。フューチャーファンクが描き出す、腕時計の可能性

レトロなのに新しい。フューチャーファンクが描き出す、腕時計の可能性

腕時計を着用するのは、計時だけが目的ではありません。ユニークなルックスとギミックを持つこのブランドなら、我々の日常さえも楽しくデザインしてくれるでしょう。

増山 直樹

韻を踏んだ名前にアップデート。2つの“気持ち良さ”で軽快な足元を

韻を踏んだ名前にアップデート。2つの“気持ち良さ”で軽快な足元を

いつの間にか桜の季節となり、気持ちは春夏へ。となれば、足元でも新しい風を感じたいところ。こんなときには、『キーン』の代表作「ユニーク」の軽さがちょうど良い。2…

増山 直樹

中も外も“MIL”仕様。大人が喜ぶタフ&クレバーな腕時計とは

中も外も“MIL”仕様。大人が喜ぶタフ&クレバーな腕時計とは

GPS機器の製造を出自とし、その技術を生かして展開する高機能ウォッチも注目を浴びる『ガーミン』。この春、そんな実力派メーカーと人気セレクトショップ『ビームス』と…

増山 直樹

夏まで待てない!? スタイリスト界の巨匠がデザインするレトロポップなサングラス

夏まで待てない!? スタイリスト界の巨匠がデザインするレトロポップなサングラス

2月も下旬に入りようやく温かな春の兆しを感じ始めたなか、ファッション界は早くも夏を睨んで動き出している。例えばこちらのサングラス。カジュアルプライスと豊富なデ…

増山 直樹

60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

英国の老舗シューメーカー『ドクターマーチン』の記念すべきファーストモデル、「1460 8ホールブーツ」。はじめて生産ラインに乗った1960年4月1日にちなむコードネームが…

増山 直樹

侮れない都会の悪天候に、“東京”を舞台に展開される最先端のハイテクジャケットを

侮れない都会の悪天候に、“東京”を舞台に展開される最先端のハイテクジャケットを

“山の天気は変わりやすい”とよく言われるが、最近では都会の気候も厄介なことになっている。寒暖差は激しく、ゲリラ豪雨は相当な頻度で襲来。時に横から殴りつけるような…

増山 直樹

まさにクラゲのような透明感。新旧モデルのいいとこ取りな腕時計で、春を軽快に

まさにクラゲのような透明感。新旧モデルのいいとこ取りな腕時計で、春を軽快に

まだまだ寒い2月初旬、各ショップではすでに春物の新作が展開されはじめている。アウターフリーの春らしい装いを思い描く中で存在感を増すのが、ズバリ腕時計である。格…

増山 直樹

機能もカラバリもボリューム満点。厚底ランシューの元祖から春の提案

機能もカラバリもボリューム満点。厚底ランシューの元祖から春の提案

厚底ランニングシューズがマラソン界で話題となっている昨今。その件についてはさまざまな意見があると思うが、より快適な走り心地を求め各ブランドで研究が進められてい…

増山 直樹

大人が思わず贈りたくなる、“控えめ”なペアウォッチって?

大人が思わず贈りたくなる、“控えめ”なペアウォッチって?

“女性から男性へ”と思われがちなバレンタインデー。しかし、外国では男性から、あるいはお互いにプレゼントを贈り合う文化も存在し、近年日本でも“逆バレンタイン”という…

増山 直樹

老舗ウォッチメーカーが体現する、働く男の“紳士像”

老舗ウォッチメーカーが体現する、働く男の“紳士像”

ことビジネスシーンにおいて、腕時計は単なる計器ではなく着用者の特徴を代弁するような役割を担う。第一印象がカギを握る場では、周りの目を気にしながらも自分好みの1…

増山 直樹

懐かしい? 今っぽい? セーラー御用達ブランドのレトロな機能服

懐かしい? 今っぽい? セーラー御用達ブランドのレトロな機能服

「○○年代風」や「~クラシック」など“古い良さ”を謳うアイテムが増えている。大きめのシルエットやビビッドな色使いといった、昔っぽい空気感が逆にしゃれて見えるという…

増山 直樹

新生セイコー5スポーツが示す、機械式時計のニュースタンダード

新生セイコー5スポーツが示す、機械式時計のニュースタンダード

紆余曲折を経て、昨年に復活を遂げた名機『セイコー5スポーツ』。日本が誇る古きよき機械式時計のアップデートは、多様化する現代の新たなるスタンダードを提示します。

増山 直樹

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

世代を超え世界中で愛されるスカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」がいよいよ完結する。シリーズファイナルを飾る「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの…

増山 直樹

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年も終わりに近づく中、またもスニーカー界からビッグニュースが舞い込んだ。発信源は、言わずと知れた『ナイキ』。パーツごとの異素材MIXと大胆なビジブルエアで…

増山 直樹

2つのスペシャルコンテンツが、クリスマスをよりハッピーにする

2つのスペシャルコンテンツが、クリスマスをよりハッピーにする

クリスマスとくればイルミネーション、ではなくケーキ、でもなく今回は『ユナイテッドアローズ』のお話。アンテナを張っている読者の皆さんであれば、同オンラインストア…

増山 直樹

女性にプレゼントしたい腕時計12選。お気に入りブランドから愛を込めて

女性にプレゼントしたい腕時計12選。お気に入りブランドから愛を込めて

女性へのギフト選びはいつだって男を悩ませるもの。今回は腕時計をピックアップし、男性が身に着けたいと思えるブランドの中から女性におすすめのアイテムをご紹介します。

増山 直樹

周年&コラボがダブルでめでたい!アニバーサリーコレクションの第2弾に注目

周年&コラボがダブルでめでたい!アニバーサリーコレクションの第2弾に注目

1954年に生まれ、59年にはアメリカ国防省の御用達。わずか“5歳”から超エリートコースを歩んだ結果、今やキング・オブ・ミリタリーと謳われる存在にまで成長。それが『ア…

増山 直樹

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

渋谷駅は、まさに巨大迷路。都内在住者でさえ迷うのだから、たまにやってきた多くの方々は驚くだろう。100年に一度と言われる再開発は現在も続き、周囲には新しいビルが…

増山 直樹

BACK