メニュー

アイテム選び編

おしゃれとは、すなわち、”何をまとうか”に尽きるワケで、どのファッションアイテムを選ぶかということこそがおしゃれに直結する大事なポイントなのです。とはいえ、数が多すぎて分からない……とお困りの方も多いハズ。そこで、アイテム選びの基準となる目の付けどころを、プロのスタイリストがレクチャーします。

アイテム選び編12

ベルト/マフラー/ニット帽

コーディネートにおいては脇役とも言えるベルト、マフラー、ニット帽といったアイテム。しかし、だからと言ってないがしろにはできません。むしろ、“名脇役”の使い方によって、コーディネート全体が輝くのです。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
万年地味キャラの僕にとって、普段は注目されにくいベルトになんだか共感するのであります……。

意外と他人には見られてると思うけど……。アウターを着てる場合は隠れちゃうかもしれないけど、夏場はガッツリ見えるしね。要は気を抜けないってことだね!
み、見ないで〜〜!!

おしゃれするのだから大丈夫だよ。ほかにも普段のコーディネートに加えることで、印象をガラッと変えるマフラーとニット帽も紹介するよ。

アイテム1

ベルト

選び方の“キモ” フォーマルもカジュアルも使える

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

プレーンで細身のタイプを選ぼう ベルトは幅とデザインによって印象が変わります。たとえば、幅の狭いものはフォーマル、幅の広いものはカジュアルといった具合。表面に太いステッチ(縫い目)が見えるものは、カジュアル感が強くなりすぎるので、細かいステッチか装飾のないプレーンなデザインがベター。色は、ブラックかブラウンであれば、ほとんどの場面に対応できるでしょう。

スタイリストが選ぶおすすめアイテム

ZOZOTOWN

『ビームスライツ』 これぞベーシックといえるようなむだのないデザインで、やや光沢のあるカーフレザー(子牛の革)とシルバーのスクエアバックルが上品。スーツに合うことはもちろん、キレイめのコーディネートでも活躍しそう。 アイテム詳細を見る

ZOZOTOWN

『アーバンリサーチドアーズ』 メッシュ(編み目状に編み込まれた生地)が使われたアイテム。目の粗い編み込みがカジュアル寄りの印象を与えます。夏服に合うベルトなので、ポロシャツにショートパンツのようなリラックススタイルにおすすめ。 アイテム詳細を見る

ZOZOTOWN

『アンダーソンズ』 細いステッチがあしらわれているのが特徴。カジュアルスタイルにマッチするのはもちろん、冠婚葬祭以外のきちんとした服装にも使えます。ちなみにアンダーソンズはイタリアを代表するベルトメーカーです。 アイテム詳細を見る

スタイリストお墨付きお手本コーディネート

細めのベルトでキレイめコーデ ジーンズのようなカジュアルなアイテムでも、無地細身のベルトを合わせれば、上品かつおしゃれにまとまります。 シャツ9,000円(アーバンリサーチ/アーバンリサーチ 神南店)/ジーンズ18,000円(ロットワイラー/アドナスト)/ベルト9,200円(サンディニスタ/トゥー・ステップ)

ベルトの太さ

キレイめコーデなら3〜4cmがベスト! 3cm前後の幅を選ぶと、フォーマルな場面でも使えるベルトになります。ジャケパンスタイルに合わせるなら、ややカジュアル感の増す3.5〜4cm程度のものを。

ネイビーやグレーのジャケットと合わせて爽やかにまとめるのも◎

アイテム2

マフラー

選び方の“キモ” 単色のダークトーン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

ビジネスカラーを選ぼう スーツと合わせることを前提に、ネイビー、ブラック、グレー、ブラウンなどのビジネスカラーを選んでおくと、アイテム同士の組み合わせが限定されにくくて便利です。もちろん、カジュアルスタイルにも相性◎。スタイリッシュな印象を狙うなら、巻いたときにボリュームが出過ぎないハイゲージのものが良いでしょう。

スタイリストが選ぶおすすめアイテム

ZOZOTOWN

『バーナー』 羊の毛でできたウール地のマフラー。編み目が細かいハイゲージのため、薄手の生地となっており、サラッと巻くだけでもサマになります。 アイテム詳細を見る

ZOZOTOWN

『ハイランド2000』 こちらは、ローゲージのため肉厚な生地が特徴。上質なウールで防寒性は抜群。首元が開いたテーラードジャケットやチェスターコートと合わせると全体のバランスを保てます。 アイテム詳細を見る

ZOZOTOWN

『シップス』 アクリル素材が使用されており、滑らかな手触り。分厚すぎない薄手の生地なので、巻くと上品に見えるのが特徴。カジュアルにもフォーマルにも使える万能アイテム。 アイテム詳細を見る

スタイリストお墨付きお手本コーディネート

首元にボリューム感をプラス カジュアルなスウェットに薄手なハイゲージのマフラーを合わせることで、首元の寂しさを解消するとともに、自然な上品さを加えています。 スウェット11,000円(ザ コモン テンポ/ザ コモン テンポ 原宿)/マフラーはスタイリスト私物

アスコットタイ風巻き

簡単な巻き方4ステップ お手本コーディネートでのマフラーの巻き方をご紹介。1.片方の長さが長めになるように首にかける、2.長いほうが上になるように交差させる、3.ひと結びする、4.平たく垂れるように整えれば完成!

秋冬の防寒対策にもなり、首周りのアクセントになる巻物を取り入れると断然おしゃれさんに見えるのでトライしましょう!

アイテム3

ニット帽

選び方の“キモ” 通年かぶれるもの

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

冬以外もOKの生地を採用 ニット帽というと冬のイメージがありますが、現在はシーズン問わずかぶっても違和感のないデザインやカラーリングが増えてきました。たとえば『チャンピオン』では、春夏でもかぶれるよう通気性と発色の良いアクリルニットが素材として選ばれています。また、ハイゲージには薄手のものが多く、こちらも春夏におすすめ。

スタイリストが選ぶおすすめアイテム

ZOZOTOWN

『カーハート』 アクリルニット100%でカラリーングが豊富。ロゴがプリントされたタグがアクセントに。リーズナブルな価格なので、色違いで複数購入するのもアリ。 アイテム詳細を見る

ZOZOTOWN

『グローバルワーク』 素材は通気性の良いコットンとリネン。ハイゲージのため、ニット感が薄く暑苦しくない見た目です。夏場には嬉しい抗菌防臭機能付き。 アイテム詳細を見る

ZOZOTOWN

『ハイランド2000』 創業100年以上の歴史と伝統を誇るイギリスのニットメーカー『ハイランド2000』。品質の高さに対し、手頃な価格で手に入れられるのが魅力です。こちらもコットンとリネンが使用された春夏にかぶれるアイテム。 アイテム詳細を見る

スタイリストお墨付きお手本コーディネート

ニット帽とパーカーは相性バツグンの組み合わせ ネイビーのジップアップパーカーにボリュームのあるケーブル編みニット帽を合わせた秋冬コーディネート。グレーを選ぶことで、重くなりすぎない印象に。 ジップアップパーカー7,400円(メンズ メルローズ/メンズ メルローズ)/Tシャツ4,500円(チャンピオン/ヘインズブランズ ジャパン)/ニット帽5,800円(キャル オー ライン/ユナイト ナイン)

着こなしのキモ かぶる深さの違い

深めにかぶる(左)か、浅めにかぶる(右)かは、顔の形によって決めると良いでしょう。面長の人は縦の長さを和らげるために深くかぶるのがおすすめ。一方、丸顔の人は浅くかぶりおでこを出すことで顔を縦長に見せることができます。

夏にかぶるなら、清涼感のあるホワイトや淡いブルーを!

ニット帽をかぶっている人、最近よく見かけると思ったら春夏用のモノがあるんだね!
じゃあ、春夏用のマフラーもあったりして……!?

それは、“ストール”だね(笑)。

こちらの記事もおすすめ

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\SNSでチェックしよう/

+CLAP Menの最新情報をお届けします