メニュー

男の人生は見た目で変わる!

そろそろおしゃれになろうと思う。

部屋にこもってゲームとアニメ。外へ出たならアイドルの追っかけ。これまで女性とのリアルな交流を故意的に絶ってきたガチヲタが、満を持しての告白を機に一念発起。深遠なるファッションの世界へ足を踏み入れることに。シャツ一枚買ったことのないところからおしゃメンに変身するまでの成長過程を、ここにご披露いたします。

Photographs_Kio Yoneda,Styling_Yuichi Sato,Makoto Sasaki,Hair&Make-up_Ayaka Maruyama[ananda],Edit_Hajime Sasa[Roaster],Shuhei Takigawa,Text_Eisaku Sakai,Yukino Tamae,Illustration_Koji Wakisaka,Model_Shinyu Umida,Hiroka[Meiai Help],Yagi[Meiai Help]

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロローグ

俺、海田眞佑。今年で31歳になる自称ファッショニスタだ。今日は、なぜ俺がこんなおしゃれボーイとなり得たかの話をしよう。

とある日の

これ、ひと昔前の俺。
かつての俺は推しアイドルのTシャツ以外、自分で服なんて買ったことなかったし、なんなら一人称は“俺”じゃなくて“僕”だった。
けど、変わったんだ。淡い恋心をきっかけに。

  • 貴方の迷える愛を救うアイドル、迷愛へるぷ!。
    メンバーは左から、白担当ゆきしー、ピンク担当ちゃんらな、赤担当ひろか、青担当ヤギ、黄色担当らぴちゅう。コスメプレス所属。

このコたちが俺、いや、当時のことは背伸びせず話そう。僕が追いかけてきたアイドルグループの迷愛へるぷ!。まだデビューして1年未満の未熟な5人組だけど、それぞれのキャラが立ったガッツ溢れる将来有望株なんだ。

うりゃおい!

うりゃおい!

中でもこのコが僕の推す、赤色担当のひろかチャン。うさぎと韓国と野球観戦をこよなく愛するグループの女子力担当だ。2次元にしか興味のなかった僕に人を愛する喜びを教えてくれた、女神、天使、……いやもう宇宙そのものと言っても過言ではない。

いつもありがとね

で、きっかけとなったのが昨年末のこんなひとコマ。ライブ後の物販も兼ねた握手会で、僕は勇気を出して聞いてみたんだ。ちなみにチェキは8枚撮った。

あ...あのう...

ひろかチャン、今日もパワフルなライブだったね。
あのう。その、もし良かったらですね……。
一度僕とご飯にでも行ってくれませんか……?

オネガイシマス!

ううっ、どうしよ...

えっ! いや、それはちょっと……。
(ひえーどうしよう。ガチ恋だわ)
いや、ご馳走しますし、貯金だって少しならあるんです。
子供の頃から貯めてきたゆうちょが……。
母親が口座を作っていまして……。

いや、ホントごめんなさい!
そういうのやってないんです!

ガーーーン

オワタ……死のう。

しくしく……。
(ゆうちょの通帳見せれば良かったかな……)

どうしたの?

ううっ…

そこに、握手会を終えた迷愛へるぷ!の青色を担当するヤギちゃんが。彼女はグループのパフォーマンスエースで、ひろかちゃんと並ぶ人気者。とっても美人なんだけど、男勝りのサバサバとした性格だから、お嫁さんにするなら6:4でひろかチャンなんだよなぁ。

どうしたの? ひろか推しのウミダくんじゃない。
……泣いてるの!?
うぅ、ヤギちゃん……。うえーん!
かくかくしかじかで……。

服よ! 服!!

えぇーっ!

なるほどね。そりゃ恋愛禁止ってグループの掟もあるけど、ひろかはおしゃれさんだからね。断られた最大の理由は、ほかでもなく、あなたのファッションセンスにあるんじゃない!?
えぇっ! ファッション!?
そんなの考えたこともなかったよ!

ふぅーっ。先が思いやられるわね。わかったわ。
私がイチから改造してあげましょう! お金はある?
ゆうちょが!

おろしてこい!

よっしゃ!!

やったるでー!

こうしてヤギちゃんの指導の元、現時点で推定ファッション偏差値40以下のウミダ青年は、少なくともひろかちゃんに引かれることのない着こなしを習得すべく、ファッショニスタへの第一歩を踏み出したのであった。

 
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\SNSでチェックしよう/

+CLAP Menの最新情報をお届けします