白シャツとデニム。定番のコーデは30代からが似合う

超が付く王道コーデである白シャツとデニムですが、シンプルゆえに着る人の深みが浮き彫りになります。つまり人としての円熟味が増したオーバー30世代にこそ似合うんです。

白シャツとデニム。定番のコーデは30代からが似合う

ドレスとカジュアルのバランスに優れた、白シャツ×デニムのコンビ

大人の魅力を最大限に引き出すこのシンプル・イズ・ベストなコンビは、ドレスとカジュアルのテイストコントロールがしやすいのも強み。合わせ方次第でどちらにも振ることが可能なので、日常のほとんどのオケージョンをこの組み合わせでカバーできてしまいます。

デニムのタイプ別・白シャツコーデサンプル集

ここからはデニムのタイプごとに、まねしたい白シャツコーデを一挙に紹介していきます。きれいめな印象を持たせるか、はたまたカジュアルな雰囲気に仕上げるか……。いずれを狙うにせよ、ファッショニスタたちの着こなしから役立つヒントを得られるはずです!

パターン1

リジッドデニム×白シャツ

上下ともに上品なアイテムということもあって、シック&フォーマルな雰囲気に仕上がるのがこのコンビネーションの魅力。シャツ&デニムの1・2フィニッシュでとことんクリーンにまとめてもグッドですし、シンプルなスタイリングなので小物類での味付けも映えます。

リジットデニムを選ぶなら、やはりテーパードシルエットを選ぶのが正解。裾をロールアップしてももたつくことがなく、すっきりとはけるのがその長所だ。

コーデ1

アメリカのポピュラーなデニムをモチーフとした、『アヴィレックス』で人気のタイプブルーを着用。一方のシャツはスタープリントがユニークで、プレーンな着こなしにほのかな茶目っ気を演出してくれます。ボーダーTでのメリハリづけも上級者らしいテク。

コーデ2

トップス&ボトムスはともに『アーバンリサーチ』。スリムシルエットのデニムはアンクルカット仕様で、ほんのりとリラックス感が香ります。その気負わない雰囲気に合わせて、シャツは軽く袖をロールアップ。上品さとくだけ感が共存する着こなしを完成させました。

コーデ3

『ヤエカ』のシャツと『オアスロウ』のデニムはともに少しゆるめのサイズ感で、シックな中に力みのないムードも感じさせます。さらに、足元にはカラーソックスと『テバ』のスポーツサンダルを組み合わせて、アクティブ感もさりげなくミックスすることに成功!

コーデ4

『ドゥニーム』の七分袖白シャツと『ドクターデニム』のサルエルパンツでスタイルメイク。シルエットのメリハリ感が◎です。スエードローファーやレザートートバッグといったエレガンスな趣のアイテムを投入して、大人っぽさを高めているあたりも技アリ!

コーデ5

ジーンズは『クロ』、シャツは『ギャップ』。シューズやバッグを含めネイビー×ホワイトの爽やかなツートーンで着こなしをまとめており、上品かつ初夏らしいコーディネートとなっています。サングラスでほのかに男っぽさを注入しているのもニクいポイントです。

パターン2

色落ちデニム×白シャツ

かっちりとした白シャツに対して、色落ちしたジーンズは少しくだけた印象。つまりは程よくメリハリのあるマッチングということです。本来は大人には難しい強めのダメージデニムを持ってきても、トップスが主張度控えめなのでバランスよくまとまりますよ。

色落ちデニムとはいえ、粗野な印象を与えるのはNG。デニム特有の藍色のグラデーションが自然なモノを選びたいところ。ダメージ加工が施されているモノでもOKですが、こちらもやりすぎは厳禁です。

コーデ1

着用したウェアはいずれも『アバハウス』。上下ともにウォッシュ加工のアイテムをセレクトして、肩の力の抜けたシャツデニムコーデを築き上げました。足元にはスポーティーな『ニューバランス』のM574をピックアップして、うまくハズし要素も加えています。

コーデ2

強めにウォッシュ加工が入った『ジースター ロゥ』のデニムは薄青カラーで夏らしさ満点。その持ち味を引き立てるべく、白シャツのインナーにマリンボーダーのカットソーをイン。ボーダー柄でシャツ&デニム両方の色を拾い、統一感もしっかり描き出しています。

コーデ3

ケミカルウォッシュに近い色合いのハードブリーチデニムが主役。ワイルドに見えがちな一本も、品格ある白シャツとのマッチアップであれば男クサく偏りすぎません。サングラスのトロンプルイユプリントが入るTシャツを中に差して茶目っ気を出したのもキモです。

コーデ4

オックスシャツ、加工デニムともにブランドは『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』。ボトムスは『グラミチ』別注らしく、クライミングパンツ型のデザインがユニークで、着こなしに変化をもたらします。色みの美麗なローテクスニーカーでのアクセントづけもお見事。

コーデ5

『アズールバイマウジー』のスキニーデニムには、身幅が気持ちゆったりな程よいサイズ感のシャツをセレクト。シャツのボタンを首元まで留めることで、小ぎれいにまとめています。小物を黒で統一して、コーディネートの締め役に。

パターン3

ブラックデニム×白シャツ

ブラックデニム×白シャツの組み合わせは、白黒のスタイルということで、クールやシャープといったイメージが強いのが特徴的。また、モノトーンは今春夏のトレンドキーワードでもあるので、チャレンジする価値は大です。基本的にはジャストサイズなアイテムですっきりまとめ上げるのがベターでしょう。

ブラックデニムは、加工が施されていないプレーンなタイプを選びましょう。黒特有の洗練された印象が引き立つうえに、大人らしいムードも加味することが可能です。

コーデ1

『ネーム』のシャツ&デニムに、『ジョン ローレンス サリバン』のタイを合わせたスタイリング。モードっぽいテイストに照準を合わせていますが、極端な感じに寄りすぎないよう、ローテクスニーカーでヌケ感も加えています。このバランス感覚には脱帽!

コーデ2

やんちゃに見えることも少なくないストリートテイストのコーデ。ですが、この彼のようにモノトーンカラーをベースにして着こなしを組むと、都会的な印象を狙えるんです。足元のスーパースターでトップス&ボトムスのカラーを拾うテクニックもぜひ参考に。

コーデ3

『アバハウス』のウォッシュドオックスシャツと『GU』のブラックデニムによるコンビネーション。顔回り、腕回り、腰回りまで万遍なく小物をプラスして、スタンダード極まるコーデをリズミカルに完結させています。小物遊びが映えるのは無彩色スタイルの強み。

コーデ4

オフホワイトをまとった気取らないウォッシュドシャツで、力みを感じさせない大人のモノトーンコーデを実現しています。また、下に2枚のカットソーを着た個性的な3段レイヤードも印象的ですが、すべてホワイトカラーで統一しているので悪目立ちとは無縁です。

コーデ5

定番中の定番である『リーバイス』501を主役にした着こなし。簡潔な白シャツがトップスだと、ジーンズのフェード感がいっそう映えます。アクセントとするべく取り入れた『ベンデイビス』のニットキャップは、デニムと同系色なので着こなしのシャープさを損ないません。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る