春まで活用。5,000円以下で探すコスパ抜群のシャツ

必要不可欠な日常着であるシャツはある意味消耗品。だからこそできるだけ安く抑えたいのがホンネです。そこでここでは、品質とコスパを両立したお値打ちシャツを一挙見せ!

キーワード:

春まで活用。5,000円以下で探すコスパ抜群のシャツ

消耗品のシャツはコスパで選びたい。だからこそ境界線は知るべきです

消耗品のシャツはコスパで選びたい。だからこそ境界線は知るべきです

シャツはシーズン問わず着ることができるアイテムだけに、消耗の激しさは否めません。ゆえに、コストパフォーマンス優先で選ぶことは有力な選択肢と言えるでしょう。とはいっても安かろう悪かろうでは×。譲ることのできるポイント、妥協できないポイントの境界線をしっかりと定めるのが重要です。

コスパ重視のシャツ選び。譲ってもいいのは“ブランド力”

イタリアやイギリス、米国など海外の有名シャツ専業ブランドのモデルだと、5,000円はおろか万札も軽々と飛んでいきます。やはり大人たるもの相応ブランドものを身につけたいところですが、コスパ重視ならここはグッと我慢。著名なシャツブランドでなくとも、クオリティーの高いシャツはちゃんと見つかります。

コスパ重視のシャツ選び。譲れない3つの視点

まずひとつめに大事な要素が素材感。ペラペラ、テロテロな生地だと安っぽいイメージが前面に出てしまううえ、数度の洗濯ですぐダメになるケースもあるので要注意。基本的には触ってみて明らかに薄っぺらいシャツは避け、ある程度肉感のあるモデルに狙いを定めましょう。

続いて見ておきたいのがフォルムです。シルエットがきれいなだけで、バリューなシャツでもかなりおしゃれに着こなせます。逆にカタチが美しくないと着こなしが台なしになってしまう恐れあり。細身仕様にせよ、ゆったりめなタイプにせよ、体のラインに合ったモデルをチョイスするのが肝要です。

そしてもうひとつチェックしておきたいのがデザイン。過度に装飾されたシャツだと、かえってチープ感が目立ってしまいますので、あくまでもシンプルなルックスのモデルをチョイスするのが大事です。ワンポイントで遊びが効いているぐらいはOKですが、ごちゃごちゃと飾られたシャツは避けましょう。

ちなみに…

上記3つの要素に加えて、余裕があれば細部のディテールも確認おくと◎。最近はバリューシャツの品質が向上しているとはいえ、縫製にムラがあったり、ボタン付けが雑だったりという場合も少なからずあります。手にとって見てみて、品質に荒っぽさがないかを確認しておくのがベターです。

譲れない視点をすべてクリア。費用対効果抜群な5,000円以下のシャツ一覧

ここからは、素材感・シルエット・デザインのすべてで大人のニーズを満たすアンダー5,000円の秀作シャツ10選をお披露目。リーズナブルなプライスながらも信頼の置ける作りですので、日常着として大活躍してくれます。セット買いを視野に入れても良いでしょう。

『ガルヴァナイズ』2,916円(税込)

しっかりとハリのあるコットンオックフォード生地で仕立てているため、チープ感は皆無。良質なパールボタンを惜しみなく使うなど、ディテールにも妥協はありません。さらに、インステインドと呼ばれる特殊な繊維を織り込むことで吸湿速乾性をもたせているので、白シャツを着た際に気になる脇汗も気になりにくいんです。

『ウィゴー』1,717円(税込)

高密度で織り上げたしなやかなタッチのブロード生地を駆使した1枚。程よくシェイプの効いたすらりと美しいシルエットなので、スマートに着用できます。生地にポリエステルが混紡されているうえ、イージーケア加工が施されているのでシワになりにくいという特性も。使い勝手に秀でるグッドモデルです。

『ジップ ファイブ』4,212円(税込)

グレンチェック柄のコットンボディー×クレリックカラーというトラッドなデザインながら、細身のサイズバランスで今っぽく仕上げています。なお、着丈はやや長めの設定となっているため、タックイン・タックアウトのどちらも楽しむことが可。1着持っておくと、着こなしの幅がグーンと広がるアイテムです。

『ドゥニーム』4,309円(税込)

オンブレチェック柄で彩られた今作は、両胸にポケットがセットされたワークシャツタイプ。アメカジっぽさの中にほのかに男らしさも漂わせる1枚は、主役として申し分ない存在です。ポリエステル×コットンの混紡素材によって、さらりとしたタッチと高い防シワ性を両立させているのも見どころ。

『タカキュー』4,309円(税込)

ミリタリーシャツがイメージソースとなった逸品ですが、スリムなシルエットで都会的なイメージも巧妙にまとわせています。使用したオックスフォード生地は適度なツヤ感とふっくらとした風合いを兼備。さらに、カッタウェイカラーを採用することで、トレンド感にもアプローチを掛けました。

『ループトウキョウ』4,212円(税込)

クラシカルなウィンドウペーンが配された今作。レギュラーカラー&ボタンダウンという定番的な襟周り仕様も、ベーシック志向の大人にとってはうれしいポイントです。しかも、素材にはジャパンメイドのハイクオリティーなブロード地を使っています。オン・オフと自在に着回せる1枚なので、持っておくと何かと役立つハズ。

『アーケード』2,280円(税込)

ヴィンテージ加工でフィニッシュされ、最初から着込んだような風合いを楽しめるデニムウエスタンシャツ。貝ボタンで高級感をプラスしているのも大きな魅力です。しかも、デニム生地は360度全方向に伸びる高レベルなストレッチ素材で、着心地抜群! ストレスフリーなシャツコーデを実践できます。

『レイジブルー』4,050円(税込)

シャツ作り定評がある『レイジブルー』から登場のオックスシャツは、コットン100%素材ながらも特殊加工によって優れたストレッチ性を備えています。汗染みを抑える表面加工や裏側の吸水加工も特徴。シンプル極まるルックスとは裏腹に、多彩な機能を有する頼りがいある1着なんです。カラバリも豊富に展開。

『ハーバード』4,212円(税込)

『ライトオン』のオリジナルブランドである『ハーバード』の新作シャンブレーシャツ。ライトオンスの生地&淡いカラーリングのおかげで、春らしさたっぷりの装いです。襟や胸ポケットをコンパクトにデザインして、すっきりと見せているのも特徴的。大半のボトムスとフィットする汎用性の高さも持ち味に。

『a.v.v』4,309円(税込)

軽快なライトイエローカラーのオックスシャツは、メインとして着るも良し、インナー使いしてさりげなくのぞかせるも良しのオールラウンダー。良質な生地で洗うほどに味が出るので、育てる楽しみも十分! 胸ポケット上にはワンポイントで眼鏡の刺しゅうが入っており、遊び心も感じさせてくれます。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る