旬アイテムとして復権!タートルネックニットがキテる

ハイネックなトップスが人気急上昇のなか、ベーシックなタートルネックニットは一枚持っていて間違いない存在。しかも今季は各ブランドから良作が大豊作です。

旬アイテムとして復権!タートルネックニットがキテる

タートルネックニットとは

タートルネックニットとは、筒状の襟を折り返して着るニットのこと。またタートルネックはカットソーなどにもあります。特徴としては首をすっぽり覆ってくれるため必然的に温かい。また折り返した襟によって首元にニュアンスが生まれ、レイヤード次第でグンとおしゃれな雰囲気になりやすいのも魅力。また一枚で着ても、クルーネックなどより大人っぽい印象になりますね。

選ぶポイント1:素材感

これまでのタートルネックニットというと、元来大人っぽい雰囲気のアイテムゆえ、ハイゲージのものが多かったように思えます。ただ今季は滑らかなハイゲージではなく、素材感のあるロー〜ミドルゲージがトレンドといえそう。ハイゲージほどかしこまる印象がなく、カジュアルに取り入れやすい点も今の気分に合っていますね。例えば、こちらの写真は上のキャメルのニットの色違いで、クラシカルなヘリンボーン柄のニットになっています。

選ぶポイント2:肌触りのいい素材

タートルネックはほかのニットと比べて身頃やアームだけでなく、首もニットに接するアイテム。それゆえ肌触りのいい素材を選ぶのがベターです。首がニットでチクチクすると、もうそれだけで嫌になってきますからね。また今季はざっくりとした素材感のあるタイプがオススメなので、なおさら気を付けたいところ。例えばオススメなのが、こちら『エディフィス』の一枚。素材感のあるケーブル編みですが、カシミア素材なので肌触りも絶品です。

選ぶポイント3:タイトすぎないこと

また今季は、あまり身体にタイトフィットしないほうが気分でしょう。これはハイゲージではなく素材感のあるものを選ぶのとリンクしますし、昨今のゆったりシルエットのトレンドからもいえること。ただ最近のアイテムはほとんどがスマートなシルエットなので、サイズを上げてややゆとりのあるものを選ぶのもありです。

3つのポイントを備える、この冬選びたいタートルネックニット5

それでは実際に選びのポイントを備えたタートルネックニットをご紹介。また3つのポイントだけでなく、いずれも長く着られる上質なニットなので買って間違いはありません。

Item1

『アンデルセン アンデルセン』タートルネックニット

アンデルセン夫妻によるニットブランドの一枚。船乗りに愛された伝統的なニットをモチーフに、前後とちらでも着られる前後対称な作りも特徴です。また肉厚なニットはメリノウール100%のイタリア製。チクチク感もなく程よいフィット感で心地よく着られます。

アイテム詳細を見る

Item2

『ナンバーナイン』ローゲージタートルネック

上質なシェットランドウール100%のローゲージニット。ソフトな肌触りなのでチクチク感もなく着られます。また、レザーのエルボーパッチも付属して、男らしいアクセントになっています。

アイテム詳細を見る

Item3

『ドルモア』タートルネックニット

1773年に創業し、世界最古のニットブランドとしても知られるスコットランドの『ドルモア』。本社工場がある地域はニットの紡績に適した水質で、非常にソフトな仕上がりとなるのが特徴。こちらはさらにメリノウール製で、今季らしいベージュも魅力的。

アイテム詳細を見る

Item4

『ロベルト コリーナ』ウールナイロン タートルネックニット

高級メゾンのOEMも手掛けるイタリアの実力派ニットメーカー、『ロベルト コリーナ』。こちらはウールナイロンにストレッチも混紡したニットで、非常にしなやかな着心地が魅力。またしっかりと秋冬らしい温かみのある、メランジ調の表情もうれしいところです。

アイテム詳細を見る

Item5

『エディフィス』ドネガルネップタートルネックニット

イタリア製のウール糸にネップを加えたタートルネックニット。きめ細かい高マイクロン(細い糸)のウールをローゲージで編み立てた贅沢な仕上がりで、味わいのあるネップのアクセントも今季的。ネップの配色も洗練されていて、野暮ったくない点もさすがです。

アイテム詳細を見る

タートルネックニット着こなすポイントは

着るだけで大人っぽく見えるタートルネックニット。今どきならストリート感のあるスタイルに、キレイめなテイストを補うアイテムとしても便利。また襟元のニュアンスが生かせるアウターを選ぶと、よりおしゃれな印象が増します。

着こなしサンプル1

チェスターのドレッシーなラペルから、大人っぽいタートルネックがのぞく組み合わせは鉄板。またボトムはストリート感のあるアイテムで、まさに今どきなスタイルです。

着こなしサンプル2

『エディフィス』人気のオリジナル、メルショーことメルトンショールカラーコートとの着こなし。タートルネックはマイルドなショールカラーとも相性がいいですね。

着こなしサンプル3

『カーハートWIP』のジャケットのインナーに着用。洗練された白のタートルネックが、ジャケットのワーク感を緩和して洗練された印象に仕上げています。

着こなしサンプル4

こちらはショートブルゾンとの着こなし。タートルネックニットは特にニットリブの襟を持つスタジャンやフライトジャケットなどと親和性があって、意外と相性がいいんですよね。

着こなしサンプル5

最後にもっともベーシックな組み合わせといえるジャケットとの組み合わせ。定番ですがタートルネックニットと靴の色を合わせたり、あまり厚手のニットを選ばないのも重要です。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る