5つのヒントを公開。黒ニットで作るメンズコーデ集

着回しの利く黒ニットはこの時期持っておきたいアイテム。これを+CLAP Men世代が着こなすのであれば男っぽいイメージで攻めるのが正解です。具体的な装い術を提案します!

5つのヒントを公開。黒ニットで作るメンズコーデ集

黒ニットを男らしく着こなすのが、+CLAP Men世代の新ルール

どんなボトムスやアウターとも合わせやすい黒ニットは秋のヘビロテ候補筆頭。1着は必ず持っておきたいところです。オールラウンダーであるがゆえにどう着てもそれなりにさまになるのですが、+CLAP Men的には男っぽくスタイリングしてみるのがおすすめ。ニットはどっちかというときれいめに着こなす人が多いので、あえて男前な感じに着用することで周囲とはひと味違った雰囲気を出せるんです。ぜひともチャレンジしてみましょう!

黒ニットを男前に着るための五大ヒントをピックアップ

シンプルな黒ニットなゆえに、着こなし次第で自由自在にアレンジ可能。今っぽく、男らしく着こなすポイントを5つピックアップして紹介します。

ヒント1

オールブラックの装いでミニマルな男らしさを入手!

ニットのみならずボトムスも黒をチョイスするオールブラックスタイルなら、ミニマルかつ男らしいコーディネートに仕上がります。シンプル志向の人にとくにオススメしたい着こなしですね。ただし、シルエットが緩すぎるとブラックのシャープさが損なわれる恐れアリ。サイジングは細身、もしくはジャストが基本と考えましょう。

小物まで黒で徹底統一してクールさを加速

ニット&デニムはもちろん、スニーカーやワッチキャップ、サングラスまで一貫してブラックをチョイス。クールさの色濃いモノトーンコーデに仕上がっています。中からチラリとのぞかせた白シャツが適度なアクセントとして機能。

男らしさを意識しつつ温かみも封入

全身黒のカラーリングでマニッシュ感満点! さらに、タートルニット&ニットキャップという温かなアイテムを駆使することにより、秋の季節感をまとわせることにも成功していますベーシックでありながら今季らしさも感じるブラックスタイル。

骨太でありつつリラックス。そのさじ加減が絶妙

ラギッドな雰囲気を放つブラックコーデでありつつも、どこかリラックスした表情。その理由はボトムスにほんのりとスポーティーなスウェットパンツを合わせているから。こんなヌケ感のある黒コーデを楽しめるようになれば上級者です。

ヒント2

ミリタリージャケット×ジーンズとのマッチアップで、とことん骨太を狙う

タフなアウターとボトムスを組み合わせるのも、骨太度向上を狙うには有効な手段です。ともにラギッドなイメージを備えるミリタリージャケット&ジーンズをもってくれば、黒ニットスタイルがより男気あるニュアンスに! フライトジャケット系×薄青デニムならとことんワイルド、大人めに行くならピーコート×濃紺デニムがイチオシです。

MA-1×褪色デニムで武骨感MAX!

ニットの上に羽織ったのはミリタリージャケットの王道MA-1。そしてボトムスには程よくカラーフェードしたデニムを合わせて、ワイルド感たっぷりに! ただし、野暮ったく映らないようシルエットはジャストを意識しています。

メリハリが秀逸なミリタリーアメカジ

モノトーンカラーのニット&小物類で引き締めた印象を与えつつ、カーキのN-3Bやあせたダメージデニムでタフなムードもブレンド。都会っぽさと男らしさのメリハリ感が魅力的な装いです。スマートに見せるサイズバランスもお見事!

ピーコートと濃紺デニムを使えば落ち着いた印象

数あるミリタリーアウターの中でも上品な雰囲気のピーコート。さらにボトムスには同じく品良いニュアンスの濃紺デニムをピックアップし、大人顔な黒ニットスタイルをメイクしました。ミリJK×デニムでもアイテム次第でアーバンに仕上げられるんです。

ヒント3

ワーク系パンツも男感を引き立てるためのキーアイテム

手っ取り早く黒ニットを男らしく着こなすのであれば、クライミングパンツ・チノパンツといったワーク系パンツとのコンビネーションが良手。ベージュ、カーキといったワークパンツ定番のカラーは、秋っぽい色でもあるので季節感を演出する効果も期待できます。アウターは投入せず、黒ニットを主役としてプレーンに着こなしましょう。

潔く&男らしく。プレーンなワークパンツコーデ

ブラックニットの相方は、カーキカラーのワークパンツ。シンプルだからこそカーキの存在感が引き立ち、コーデが男らしく帰結しています。カーキの主張を際立たせるためにリュック&スニーカーもブラックをセレクトしています。

ベージュチノとの共演なら秋っぽさも十分!

クセのないブラックニットは、ボトムスの色を目立たせるのに非常に有効! たとえば彼のように秋らしい暗めのベージュチノと合わせれば、秋っぽさがより鮮明に。男気と季節感をいとも簡単に両得できるというワケなんです。

スリムなワークパンツでモダン感も落とし込む

黒ニットスタイルに男らしさを与えられるワークパンツですが、写真のように細身&微光沢のモデルだとモダン感も一緒に打ち出すことができます。武骨すぎるのはちょっと抵抗あり、という人もこれくらいスマートなら抵抗なく挑戦できるはず。

ヒント4

レザーアウターをオンしてアジのある男に見せる

味わい深い表情をもち、着込むほどに円熟味を増していくレザーアウター。黒ニットとのマッチアップなら“渋い男”を演出できること請け合いです。とくにトライしやすいのは、ライダースタイプやスタジャンタイプといった定番なアメカジテイストのもの。カラーはやはりニットと同じブラックがもっとも合わせやすいでしょう。

ライダース&デニムのバイカーコーデに黒ニット投入

レザーのシングルライダースにリジッドデニムというバイカースタイル。アウターのカラーとリンクする黒セーターが、タフなムードに磨きをかけます。白カットソーによってさりげなくトーンアップを図っているのもニクいテクニック。

男気の中にこなれ感も宿すレザースタイル

革ジャケ×黒ニットで男らしさをアピールしつつも、どこかやさしげな印象。その秘密は、ウォッシュド加工が施されたレザーボディーと、ニットに配されたノルディック柄にあり。アウター&インナーともにほんのりとヌケ感があるため、アカ抜けた雰囲気です。

スタジャン型のレザーアウターなら、ちょっぴりスポーティーに

黒ニットに重ねたのは、スタジャンタイプのレザージャケット。マスキュリンなムードの中にスタジャン特有のスポーティーさも感じさせる、程よくストリートテイストな着こなしです。ラフに偏りすぎないようボトムスはカチっとしたスラックスで。

ヒント5

男気アメカジスタイルに振り切るならジージャンを羽織って

デニムジャケットを黒ニットに羽織れば、男気アメカジスタイルが即座に完成。そもそも男らしいアイテムであるジージャンですが、クールなブラックニットと重ね着するとその魅力に拍車がかかるんです。

ブラックコーデ+ジージャンで男クサさが倍増

ニットを中心に、ハット・パンツ・リュックまで黒でシンクロしたスタイル。すでに男っぽさは十分ですが、『リーバイス』のヴィンテージジージャンを投入することで、ワイルド感が一層色濃く。ちょっぴり白を見せることで重さも払拭しています。

ニットで王道アメカジをグッと引き締める

サードタイプのジージャンにベージュチノという、男気アメカジの王道を行くコンビネーション。上下とも淡い色を使うと着こなしがぼやけて見えがちですが、インナーに黒タートルニットをもってくれば、印象が一気に引き締まります!

デニム・オン・デニムで西海岸的なニットスタイルに

ハードめに色落ちしたジージャン×ジーンズを駆使した、西海岸テイストのデニム・オン・デニム。黒ニットはデニムのもつ男っぽさに呼応しつつ、全体のトーンを落ち着かせる役割も担っています。緩急の出し方がうまいコーディネートですね。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る