カーディガン|選び方とおすすめブランド、コーデまで

季節関係なく使えるアイテム・カーディガンは、種類豊富で選び方が分からない方も多いのでは?注目のブランドや着こなしと合わせてカーディガンの選び方をご紹介します。

カーディガン|選び方とおすすめブランド、コーデまで

カーディガンを選ぶ際に、押さえておきたいポイントを徹底解説

カーディガンには、色や形、ネック部分や素材など、たくさんの種類があります。種類が豊富すぎて何を選んだらいいのか分からない! という方もいらっしゃいますよね。カーディガンの選び方を複数の項目別にご紹介します。

写真のアイテム詳細を見る

大人が選びたいカーディガン、3つの条件

カーディガンを選ぶ際、どのようなポイントに着目するのが良いのでしょうか? 大人っぽく見えるデザインやカラー、着心地に着目して、選ぶときに優先したい3つの条件をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

条件1

デザインがシンプルであること

大人がカーディガンを着るとき、カジュアルシーンや防寒着としてだけでなく、ビジネスシーンでもジャケットのインナーに着ることも多いかと思います。オン・オフで使うことを考えたら、装飾のない、シンプルで無地のものが適切でしょう。写真のような、TPOを問わず着られるベーシックなモノがおすすめです。

条件2

もたついた感じはだらしなく見えがち。ジャストサイズが◎

カーディガンにはそれぞれお好みの着心地があるかと思いますが、大人が着こなしてかっこよく、スマートに見えるのは、やはり「ジャストサイズ」。ビジネスシーンでシャツと合わせてもカジュアル感が軽減できますし、プライベートで楽しむ際もだらしなく見えず、オン・オフで使えますよ。

条件3

落ち着いたカラーであること

カーディガンの中にはポップなカラーのものも多数ありますが、大人の男性が身につけるなら、落ち着いたカラーリングのものが最適でしょう。たとえば、春夏ならネイビーやホワイト、ベージュ、ペールカラー、秋冬なら深みのあるカーキやボルドー、ブラックなどがおすすめです。

印象が変わる、ネックラインに注目しましょう

ついカラーやデザインに注目してしまいがちですが、「ネックライン」もカーディガン選びには外せない大事な要素。ここからは、コーデや全体の印象を大きく変えるネックラインをいくつかご紹介します。ぜひこの機会に複数のネックラインを覚えておきましょう。

顔まわりをスッキリさせるなら、スマートなVネック

Vラインカーディガンには、首元をすっきりさせる効果はもちろん、小顔効果もあります。インナーにVネックのカットソーを持ってきても、カラーシャツを持ってきてもきれいに決まります。カジュアルもきれいめも対応できるので1つ持っておくと安心!

画像のアイテム詳細を見る

エレガントさが演出できるショールカラー

ショールカラーカーディガンは、首にショールをかけたような襟が特徴。上品かつ、リラックスムード漂う雰囲気が魅力です。襟元にボリュームのあるものが多いため、シンプルな着こなしに使うのがおすすめです。

ソフトな印象を出しやすいクルーネック

クルーネックは首元が丸くなっているのが特徴。ボタンを全部留めたときと開けたときの表情がそれぞれ楽しめるアイテムとして人気です。ボタンを全部留めると丸首セーターのように着用でき、ソフトな印象を与えられます。ベーシックなネックラインなのでボタンを開けて、シャツやカットソーとレイヤードしても◎。

なりたいイメージに合わせて色も選びましょう

続いては、印象を大きく左右する色選びについてご紹介。色とネックラインが与える印象や効果を知っておけば、カーディガン選びもより簡単になりますよ!

オフィスでも使いやすい万能グレー

ほかの色と一番合わせやすいカラーといえばグレー。ホワイトとブラックの中間に位置する無彩色かつソフトな色ですので、ネイビーやボルドー、ペールピンクやライトグリーンなどを合わせてもきれいに決まります。また、ブラックやネイビーなどのスーツのインナーとしても合わせやすく、オフィスユースにも使いやすいですよ。

写真のアイテム詳細を見る

スタイルアップが可能になるネイビー

心を落ち着かせるカラーとしても人気のネイビーは、休日のリラックスコーデに使いやすいだけでなく、海を思わせることから春夏のマリンコーデでもおなじみの色ですね。また、シックで深みのある色合いで「引き締めカラー」としても重宝します。

写真のアイテム詳細を見る

顔色がより明るく見える! 清潔感たっぷりホワイト

クリーンな印象を与えられるホワイトは、清潔感を感じさせるだけでなく、肌の色がきれいに見せられるという嬉しい効果も! また、「始まりを感じさせる色」というイメージを持つため、春シーズンに着やすいカラーでもあります。膨張が気になるときは、ネイビーなどの引き締めカラーと合わせてバランスをとってみましょう。

写真のアイテム詳細を見る

やわらかく落ち着いた印象のベージュ

落ち着きを見せたいコーデによく使われるのが「ベージュ」。ソフトな印象を与えやすく、ほかの色との親和性も高いカラーです。緊張を緩和する効果をもつカラーでもあり、のんびりしたい休日やリラックスコーデにはぴったりですよ。

写真のアイテム詳細を見る

春夏の爽やかコーデにぴったりなライトブルー

ここからは男性でも取り入れやすい「ペールカラー」をご紹介。ペールカラーコーデ初心者の方へのおすすめは「ペールブルー」です。ブルーやネイビーだと重たいかな、というときに使いやすく、コーデ全体をより明るく、爽やかに見せてくれます。また、季節によっては重たく見えがちなニットをより軽やかに見せてくれる効果もあります。

女性受け抜群! 若く見せてくれるペールグリーン

ペールブルーに次いでのおすすめは「ペールグリーン」。女性にも人気が高く、春夏シーズンのデートコーデにもぴったりなカラーです。ベージュと同様に、リラックス効果があるカラー、また若さを象徴するカラーとしても知られています。ホワイトやネイビーなどにプラスしてみると、いつものコーデが若々しく演出できますよ。

季節によって選びたい素材

デザインやカラーも大事ですが、カーディガンの「素材」のことを忘れていませんか? カーディガンの素材には、季節ごとに適したモノがあります。どんな素材がそれぞれの季節に向いているのでしょうか? 代表的な素材をピックアップしてみました。

オールシーズン使える、万能な綿

「コットン」と呼ばれる素材です。肌触りがよく、吸水性が高いことで知られる生地で、汗と熱を吸収して快適な着心地が楽しめるメリットがあります。一見春夏向けの素材のように思えますが、実は空気を多く含むことができる素材のため、保温性も高い素材なんです。そのため、秋冬シーズンの衣類にも多用される素材でもあります。

春夏におすすめは麻

「リネン」とも呼ばれる素材で、軽くて吸水性に優れているのが特徴です。また、摩擦にも強く通気性・速乾性にも優れていることから、洗濯もしやすく夏の汗にも強いというメリットもある、優秀な素材なんです。薄手で軽くて、シャリ感も楽しめる麻は、春夏の軽やかなコーデに合わせるにはまさに最適な素材といえます。

秋冬におすすめはウール

メリノ種の羊から取れた羊毛が天然素材・ウールです。ウールの縮れた繊維には空気がたくさん入り込める隙間が多くあるため保温効果が高く、伸縮性にも富んでいるんです。また、ウールには撥水性があり、汚れにくい点も魅力です。秋冬の雨や雪でも水気や汚れを弾いてくれるため、より長く、温かく着続けられます。

秋冬なら上質な質感が楽しめるカシミアもおすすめ

肌触りがよく、保温性に優れた高級素材としても知られているのが、「カシミア」。肌触りと温かさだけでなく、繊維が微細なため、肌を刺激しにくいというメリットも。お肌が敏感な方にもおすすめの素材です。また、その細かな繊維は、洋服に仕立てたときに独特の光沢ができるのも特徴です。着るだけで上品な雰囲気が出せますよ。

エコで高保湿なレーヨンニット

「レーヨン」は木材から採取された人工素材で、保湿性や保温性に関しては綿に次ぐレベルだといわれています。質感は絹に近く、特にカーディガンだときれいなドレープを作りやすく、絹のような独特の光沢感も楽しめますよ。きれいめコーデに使うと、コーデ全体がより上質なものにグレードアップされること間違いなしです。

大人におすすめカーディガンのブランド10選

ここからは大人の男性にふさわしいカーディガンをご紹介します。定番のベーシックなアイテムを中心にリリースしているブランドを中心にピックアップしましたので、おしゃれ初心者の方もぜひチェックしてみてくださいね。

『ジョンスメドレー』

1784年創業のイギリスを代表するブランド。古くから英国王室御用達として知られており、最終工程は全て手作業で行っていることでも有名です。こちらはイギリスのブランドアイテムではありますが、Vネック部分や着丈を日本人向けにカスタマイズしたもの。海外ブランドはサイズが合わない、という方でも安心して着用できますよ。

アイテム詳細を見る

『フランクリーダー』

1974年ドイツ生まれのブランドで、必ず高品質なリネンやコットン、ウールを使うことを信条としていることで有名。ボタンに関してもアンティークのものを使うなど、素材へのこだわりはピカイチです。こちらのアイテムもリネンとコットンがふんだんに使われており、シーズン問わず軽い着心地が楽しめます。

価格.comで探す

『インバーアラン』

職人が高品質ピュアウールを長期間手作業で編み込む上質なセーターで知られる『インバーアラン』は、ざっくりとした漁師セーター「アランニット」が人気のブランドです。こちらのアイテムは木製のころんとしたボタンがアクセントになったシンプルなカーディガンで、あらゆるボトムスやインナーに合わせやすいのが特徴です。

価格.comで探す

『クルチアーニ』

1966年、イタリアはペルージャで生まれた高級ニットブランド『クルチアーニ』。タイトでジャストフィットなアイテムが多く、スーツやジャケットに合わせやすいことで人気です。こちらはコットン100%の春夏シーズンにぴったりなタイトフィットカーディガン。1枚で着てもかっこいいですよ

アイテム詳細を見る

『グランサッソ』

1952年イタリアで生まれた『グランサッソ』は、伝統的でありながらモダンなニットアイテムを世界中の人々に提供してきたブランドです。こちらは、ジャケットのような襟が特徴で、カラーシャツにあわせてジャケット風に着こなせるアイテム。メイン素材がコットンでざっくりした質感なので、春夏シーズンに最適ですよ。

価格.comで探す

『ドルモア』

『ドルモア』は、1770年に創業したスコットランドのニットブランド。クラシカルなテイストが人気で、イギリス王室にも愛されている正統派ブランドです。コットン・リネン製で、春夏のコーデに使えるこちらのアイテムはカラーシャツを使ったコーデはもちろん、前を開けて羽織ったり、肩から掛けてもエレガントに。

価格.comで探す

『ビームス』

人気セレクトショップの『ビームス』がリリースしているリネン素材のショールカラーカーディガンも要注目です。春夏らしい素材感はもちろん、ショールカラーというディテールが上品な大人の着こなしにマッチします。

アイテム詳細を見る

『スリードッツ』

『スリードッツ』は、1995年ロサンゼルスで生まれたカットソーブランド。シンプルで上質、着ていて気持ちが良いとハリウッドセレブに愛されるブランドとしても有名です。こちらはざっくりとした質感が楽しめる定番モデル「ケニー」で、シルエットのバランスの良さとコットンとカシミアのみを使用した上質な質感が楽しめます。

価格.comで探す

『ザノーネ』

1987年イタリア生まれの『ザノーネ』は、厳選素材のみを使っていることや磨耗に強いニットを輩出していることで、世界中で評価されているブランドです。こちらはブルゾンのような襟が特徴のカジュアルテイストのカーディガン。100%コットンのため、春夏のアウターとして使えるほか、秋冬はインナーとして使うことも可能です。

価格.comで探す

『ループウィラー』

ジャパンブランドである『ループウィラー』は、日本ではもうあまり見られない「吊り編み機」を使って人肌に近い質感のアイテムを生み出している人気ブランド。こちらのスウェット生地カーディガンは、スウェットとは思えない上質さが魅力です。インナーにシャツを合わせた着こなしを想定してサイズ調整がされている点にもこだわりを感じます。

価格.comで探す

これからの季節の参考に。カーディガンの着こなしを紹介

これからの時期にぴったりなカーディガンの春夏コーデをお届けします。爽やかで軽快な着こなしに注目!

▼春コーデは、明るく淡いカラーのカーディガンを

ダークカラーのカーディガンを着るよりは、春の季節感が味わえる淡いカラー(ペールカラー)をコーデにプラスするのがおすすめです。インナーもホワイトやペールグレーなどの淡いトーンで統一するとベターです。ボトムスはロールアップするとより春らしい仕上がりに。

ペールピンクのカーディガンにはカラーシャツも合いますが、このようなバンドカラーシャツを合わせると、全体の印象がよりソフトになりますね。足元のペールピンクとリンクさせていて、シンプルですが色合わせのセンスも感じられるコーデです。

ブラックのパンツやシューズのコーデにはブラック系カラーのカーディガンを合わせてしまいがちですが、ペールブルーカーディガンを合わせることで、重たさとは無縁の爽やかコーデに。インナーにカラーシャツを合わせてきれいめコーデとして着こなすのも良いですね。

もう少し暖かくなってきたら、このような薄手のカーディガンとインナーを合わせた軽やかコーデもおすすめ。ペールブルーのアイテムは合わせるものに悩みそうですが、悩んだらホワイトやペールグレーといった明るめの無彩色を合わせるときれいに決まりますよ。

▼夏コーデは、薄手カーディガンにハーフパンツやクロップドパンツが爽やか

夏は、麻などの夏素材カーディガンをそのまま着ても良いのですが、Tシャツの肩に掛けたり、さらっと羽織ると長袖カーディガンを使った場合でもコーデがより涼やかなものに。ボトムスはヘルシー感が出るクロップドパンツやハーフパンツを合わせるのがおすすめです。

Vネックカーディガンを使うときはインナーの首元が詰まったものでも顔まわりがすっきりと見えますね。ブラウンのラインが入ったカーディガンと夏の山を思わせるパンツの色がきれいにマッチしています。全体に使われているカラーが少なめで落ち着いた印象に。

こちらは夏にぴったりのリネンカーディガンを使ったコーデ。ざっくりとした質感はシンプルコーデの素朴さにうまくマッチしています。夏ならではのアウトドアコーデにも使えそうな着こなしですね。シューズをスニーカーにしてもOK!

肩に巻いてアクセントを効かせる方法も夏ならでは。マリンボーダーのシャツにカーディガンを巻くだけでこなれた印象を与えられます。ボトムスはフルレングスのものでも良いですが、やはり夏らしさを楽しむならロールアップした方が爽やかさがUPしますね。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る