3シーズン使えて何かと便利なコットンカーディガン

カーディガンは男女問わずベーシックなアイテム。ただ1つ買っておくとしたら一番汎用性の高い、コットン製のVネックカーディガンがオススメです。

3シーズン使えて何かと便利なコットンカーディガン

今の時期選ぶなら、通年着られるコットン素材!

もちろんメリノウールやカシミアといった高級感のある素材もいいんですが、ベーシックなアイテムなら費用対効果も気になるところ。それなら夏以外年中着られるコットン素材が賢い選択になります。

今の時期選ぶなら、通年着られるコットン素材!

カーディガンは着るだけでなく、着こなしのアクセントにも便利

また、カーディガンは肩掛けや腰巻きなど、着こなしのアクセントにも便利なアイテム。さらに、コットン素材を選べば、より活躍機会が多くなること必至です。

まずはコットンカーディガンの最高峰『ジョンスメドレー』の逸品をチェックしたい

『ジョンスメドレー』ステッドマン

まずはコットンカーディガンの世界最高峰といっても過言ではないこちら。いわずとしれたイギリスのニットブランド『ジョンスメドレー』です。同社といえば秋冬はメリノウール、春夏はシーアイランドコットンのアイテム。このコットンカーディガンにも、世界最高のコットンと名高いシーアイランドコットンが使われています。

価格.comで探す

シーアイランドコットンにシェルボタンと、素材使いがこのうえない

ジョンスメドレーのコットンカーディガンが最高峰たるゆえんは、やはりシーアイランドコットン抜きに語れません。シルクのような光沢とカシミアのような滑らかさがあり、世界最高の繊維長を持つ綿のため、肌触りの滑らかさも絶品で、しかも丈夫。また高級感漂うシェルボタンを用いるなど、細部の作りも抜かりありません。

『ジョンスメドレー』はこのリンキングの巧さも見逃せませんよ!

もう1点見るべきは、老舗ブランドの真骨頂といえるリンキング。これは編地同士を縫い合わせるニットならではの仕立てで、例えば身頃と袖付けにその処理が見られます。リンキングは縫い代を必要としないため、着心地と見た目がすっきりしており、伸縮性に富むのも特徴。熟練の職人が手作業で行うため、絶品の仕上がりです。

多彩で美しいカラバリも魅力

『ジョンスメドレー』のニットは、やはり発色のよさも見所。今季の新作ステッドマンではネイビーやブラック、グレーといった定番色から、春夏らしい軽快なイエローもラインアップ。ただこうした明るい色味でもどこか品があるのが、『ジョンスメドレー』のニットの欠かせない魅力です。

価格.comで探す

ここのコットンカーディガンも見逃せない!

高級感と着回しやすさを重視するなら

『RRL』 インディゴ染めVネックカーディガン

今季的にはこんなアイテムもいいですね。アメカジ好きなら誰もが憧れる『ラルフローレン』のインディゴ染めニットです。『RRL』ってのもテンションが上がりますが、コットン100%のシンプルなVネックタイプも使いやすい。買った時から風合いが豊かですが、使えば使うほど、インディゴ染めの味わい深さも増していきます。

価格.comで探す

カジュアルな着こなしに取り入れるなら

『デニム&サプライ ラルフローレン』 インディゴカーディガン

トレンドを押さえたヴィンテージスタイルで人気の『デニム&サプライ ラルフローレン』 でも、インディゴ染めのコットンカーディガンを発見。デニムシャツなどと合わせると、インディゴのネイビートーンで旬のおしゃれを実践できそうです。

価格.comで探す

キレイめな着こなしに取り入れるなら

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』 スーピマ Vカーディガン

冒頭で定番のカーディガンはコスパも大事と触れましたが、そうした意味ではこちらがぜひオススメ。1万円以下で買えるスーピマコットンのカーディガンです。この素材は先のシーアイランドコットンを祖に持つ超長綿の1つ。肌触りが非常に滑らかで発色も美しく、強度にも優れます。同素材で1万円以下はお買い得ですよ。

価格.comで探す

ページトップへ戻る