ダウン級!軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

「インサレーションウェアって何?」と思った方も多いのでは? アウトドアブランドの卓越した機能を活かした軽くて暖かいウェアがあるんです。これは知らなきゃ損します!

ダウン級!軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

インサレーションウェアとは

登山をする際の服装は、温度調整できるレイヤリング (重ね着) が基本。外側からアウターウェア、インナーウェア 、アンダーウェアという3つのレイヤーに分けられます。そのうちのインナーウェア として用いられ、冷気を遮る役割を果たすのがインサレーションウェア。“インサレーション”は“遮断”という意味です。アイテムの種類は多彩で、インナーダウンやフリースジャケットもその一種と言えます。

今回選んだインサレーションウェアの特徴

フリースジャケットやインナーダウンも、インサレーションウェアの一種。しかし、今回はそれ以外のアイテムに注目しました。具体的な特徴は追って説明しますが、大きな特徴は薄手でソフトな着用感なのに、保温性は抜群という点。日本の都市部の冬なら、十分に乗り切ることができるでしょう。ワードローブに一枚あると、インドアからアウトドア、街から山まで幅広いシーンで活躍してくれるので、活用しないともったいないです。

インサレーションウェアを選ぶ3つのポイント

実は、アイテムのバリエーションが豊富なインサレーションウェア。今回はその中から、実用的で汎用性も高いアイテムを選んでいます。その選定基準を明らかにしましょう。

ポイント1

中綿に高機能素材を使用し、薄くて暖かい仕上がりに

ダウン (=羽毛) の保温性はかなりのものですが、唯一の弱点があります。それは、水に弱いということ。その点、人工繊維の擬似羽毛素材は速乾性を備えていますので、雨の日などでも安心して使用できます。さらにプリマロフトなら、ダウンの約8倍という保温性も実現。薄くて暖かいジャケットを可能にしてくれます。

ポイント2

カラーリングやデザインが控え目で着回しやすいタイプ

街着として着回すことを考慮するなら、シンプルなデザインが実用的です。カラーリングも、モノトーンかブルーがベター。キルティングのステッチが何気ない個性を加味してくれますので、余計なデザインはないほうがよいと言えます。許容できる範囲は基本的に、ロゴやアイコンのワンポイントのみ。個性は着こなしで上乗せしましょう。

ポイント3

アウターとしての着用がメインなので、襟付きもしくは防風性の高いフード付き

山などでは本来、インナーとして着用するインサレーションウェアですが、タウンユースではアウターとしても活躍してくれますし、むしろそっちをメインと考えるべき。ということで、アウターらしいデザインを選ぶべきです。具体的には、シャツタイプの襟付き、スタンドカラー、首周りの防風仕様を兼ねたフード付きが本命です。

3つのポイントを備える、今冬選びたいインサレーションウェア10選

高機能素材の中綿、着まわしやすいシンプルなデザイン、アウターとして着こなしやすい首周りの仕様を備えた優秀なインサレーションウェアを、一挙に10着紹介します!

アイテム1

『ザ・ノース・フェイス』

中綿にプリマロフトを起用しつつ、裏地には滑りのよいパーテックスも使用。レイヤードしてもストレスが掛からないように配慮したインサレーションウェアです。また、ハンドウォーマーポケットも装備。左胸のロゴがボディと同色で、落ち着いた表情に仕上がっています。

アイテム詳細を見る

アイテム2

『マナスタッシュ』

実用的で見た目がおしゃれ、高品質のウェアを展開する『マナスタッシュ』。こちらのアイテムは、プリマロフト200でボリューム感があるのが特徴。表地はイーベントを採用しているため、防水浸湿に優れています。

アイテム詳細を見る

アイテム3

『メレル』

中綿に高機能中綿素材のシンサレートを採用したジャケット。軽やかで保温性が高いことに加え、表面には撥水加工も施し、汚れに強く幅広いシーンに対応する優れものです。伸縮性にも優れているので動きやすいのも魅力。胸元や手元にジッパー付きのポケットを備え、シンプルなデザインながら高機能な1点です。

アイテム詳細を見る

アイテム4

『マウンテン オブ ムーズ』

形状記憶シルク繊維を中綿に100%使用した高品質ウェア。ダウンのように暖かく、そのうえ軽量でライトな着心地を味わえます。また吸湿性、放湿性、抗菌効果にもすぐれ、機能性も抜群。スタイリッシュなデザインでタウンユースに最適な一着です。

アイテム詳細を見る

アイテム5

『パタゴニア』

非常に軽量で身軽に着られる『パタゴニア』の「ナノ・パグ・ビビー・プルオーバー」。リサイクルポリエステル55%を含む60グラム・プリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコを使用しており、軽いうえに、防風性と耐水性にも優れた逸品です。コンパクトに収納可能な点もうれしい。

アイテム詳細を見る

アイテム6

『モンベル』

中綿に、汗や湿気に強いエクセロフトを採用。脇や袖口にはストレッチ性&通気性に優れるニット素材をレイアウトしつつ、背中とひじ部分にはバイアスストレッチを用いています。さらに、ひじには立体裁断も取り入れ、アクティブで動きやすいつくりに。インサレーションウェアとして、使い勝手がよい一枚です。

アイテム7

『ワイルドシング』

定番のリバーシブルジャケットです。両面ともに表地は滑らかなパーテックスで、中綿はプリマロフト。中綿の偏りを防ぎ、生地の耐久性を高めるために施された波型のキルティングが、デザイン上のさり気ないアクセントとして個性を振りまいてくれます。

アイテム詳細を見る

アイテム8

『チャムス』

アメリカ・ユタ州発のアウトドアカジュアルブランド。カツオドリのブービーバードがアイコンで、その横顔をモチーフした三角形の切り替えがアクセントになっています。さらに、ボートのオールをモチーフにしたジップスライダーや、カラージップがポップで独特。

アイテム詳細を見る

アイテム9

『ティンバーランド』

暖かなサーモファイバーを採用し、薄手ながら保温性に優れるキルティングジャケット。シックな中にもステッチの個性が効いたデザインと、えり付きなのできれいめにも使えて幅広いシーンで活躍するインサレーションウェアです。内ポケットに本体を収納でき、持ち運びにも便利!

アイテム詳細を見る

アイテム10

『エーグル』

軽量で保温性の高い「サーモライトプラス」を使用。コンパクトでスリムな見た目ですが、暖かさは十分。また街着としても合わせやすいアイテムです。裏地と縁のブルーカラーがさりげないアクセントに。

アイテム詳細を見る

街ではこう着る! インサレーションウェアの着こなしサンプル

アウトドア感の強いインサレーションウェアですが、機能性とデザイン性を兼ね備えたアイテムが増えているため、街着としても大活躍。早速、おしゃれに取り入れている着こなしをチェックしましょう。

インサレーションウェアは、トレンドのアスレジャー風コーディネートに相性ばっちり。ソックスでビビッドなブルーを差すことで、アースカラーの野暮ったさをうまく昇華しています。

カモフラのカーゴパンツを組み合わせた、割とがっつりなミリタリースタイル。ベージュのインサレーションジャケットをチョイスして全体のトーンを明るめに合わせることで、アウトドア感を上手に軽減しています。

少しボリューム感のあるアウターには、クロップド丈のテーパードパンツが絶妙にマッチします。グレー×ブルーの寒色系の色合わせもバッチリ◎。

ブラックのインサレーションアウターを使ったシンプルコーデ。全体をモノトーンでまとめることで、スポーティーなアイテムもモード感を出しつつ着こなしています。

こちらもブラックのインサレーションジャケットを使った着こなし。デニムシャツをインして、カジュアルときちんと感をミックスしたシンプルながらも上級コーデ。ブラックは、飽きのこないマストハブな一着です。

長身を活かしたすっきりしたスタイリング。スキニーパンツと革靴を組み合わせることで、カジュアルなインサレーションウェアを一気にきれいめなタウンユースに仕上げています。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る