オン・オフで大活躍。大人のコーデにピーコートが必須

オン・オフに対応してくれる大人の強い味方、ピーコート。きちんと感のある面持ちながら、合わせるアイテムによってスタイリングも自由自在。1着持っていて損なしです。

オン・オフで大活躍。大人のコーデにピーコートが必須

ピーコートが大人に味方する3つの理由

羽織るだけで、簡単にトラッドなスタイルが完成するピーコート。海軍の軍服から派生したピーコートはビジネスシーンやプライベートシーンでも大活躍間違いなし。デニムやチノ、スウェット、シャツなど、合わせるアイテムを選ばずして、トラッドな気品漂う大人の風格をアシストしてくれる優秀アウターです。ではここからは、ピーコートが大人に味方する3つの理由を探っていきましょう。

理由1

ビジネススタイルにも難なくハマる使い勝手のよさ

ピーコートは、ネイビーやブラックなど、落ち着いた色味をチョイスするだけで、大人の風格がぐんと高まります。チェックや千鳥格子、ボーダーなどの柄アイテムとの相性も抜群なので、ネクタイやパンツの色柄を深く考えずとも大人らしいこなれた雰囲気を演出してくれます。マフラーなどで差し色を投入するとさらに小粋な着こなしに。

理由2

手持ちのカジュアルアイテムとも好相性

新たなアイテムを買い足さずとも、手持ちのニットやデニムに合わせるだけでカジュアルさを抑えた印象を演出してくれます。身幅も着丈もコンパクトなサイズ感のものが多いので、胴まわりがもたついたり野暮ったくなる心配もありません。サイズ感さえ押さえておけば、おおよそのアイテムともマッチします。

理由3

オン・オフ問わず使える汎用性の高さ

羽織るだけで、合わせるアイテムの印象をより一層格上げしてくれるピーコート。派手な色目を選びさえしなければ、常にデイリーユースできるのも魅力。またウェアだけではなく、どんな靴や小物とも相性がよいのもうれしいポイントです。また使用されている素材は、ウールやメルトンなどがほとんど。軽くて温かく、防寒機能も抜群です。

オンにピーコートを着こなす3つのポイント

アイテムそのものにキチンと感があり、オンスタイルにバッチリハマるピーコート。でも、ただ羽織るだけでは面白くないと思いませんか? オンスタイルがもっとスタイリッシュになるポイントを3点ご紹介。

ポイント1

ジャケパン+差し色で先手必勝

差し色を投入して周りと差別化を図ってみませんか? ストールやマフラー、ニット、ネクタイ、靴下などのアイテムで色を足すことで個性や”らしさ”を生かした着こなしが叶います。

着丈が短めのコンパクトなサイズ感がグッド。全体はネイビーやチャコールグレーなどの落ち着いた色味でまとめつつ、靴下は赤色を投入してちょっとしたハズしを。

ネイビーを主軸にワントーンでまとめた着こなし。シャツと靴下で白をバランスよく散らして取り入れたことで清潔感とマリンテイストが際立っています。足元のローファーもポイント。

ネイビーのピーコートから覗くベージュのニットと白シャツが、少ない面積でも全体の印象を明るくしています。パンツはツイード素材、足元はローファーで上品に味付け。

ポイント2

清潔感のある白アイテムが相性良し

スーツスタイルに限らず、冬のコーディネートは暗めの色ばかり選んで重たくなりがち。垢ぬけ感を出したいなと思ったら、ホワイトのパンツやインナーを合わせてみてはいかがでしょうか?

ホワイトとブラックをフォーマルに昇華したモノトーンコーデ。胸元からのぞくネクタイの色や、手持ちのバックパックなども同素材でうまくまとまっている好印象なスタイルです。

チェックシャツや個性的なフォルムのタイなど遊びの多いコーディネートですが、ネイビーのピーコートとホワイトのパンツがキレイめスタイルに昇華させています。

ピーコートと白いタートルニットを合わせた優等生コーディネートです。デニムで程よくカジュアルダウンしていますが、濃紺を選んでいるので羽目を外しすぎていません。

ポイント3

黒orネイビーだけがスーツスタイルじゃない!

羽目を外すことを恐れるあまり、黒やネイビーのピーコートばかり選んでいませんか? 合わせるアイテムさえ間違えなければ、キャメルやグレーなどの明るい色でも大丈夫ですよ。

チェック柄のマフラーとベージュのピーコートが、コーディネートに色みを添え、全体の印象を華やかにさせています。その分、ボトムスは暗めの色で引き締めて◎。

ボトムスにはきちんと線を入れたパンツにレザーシューズ。トップスにはシャツ、セーター、ピーコートとスタンダードなアイテムでまとめていますが、色選びで垢ぬけた印象に。

一見するとスタンダードなコーディネートですが、ピーコートのさりげないチェックパターンが効いています。全体的に同系色でまとめ、統一感を出した着こなしですね。

オフにピーコートを着こなすなら、デニムやスウェットと気軽に合わせて

オンでもオフでも使える汎用性の高さがピーコートの魅力。”キレイめな印象の強いピーコートをいかに休日仕様にカジュアルダウンしていくか”がポイントです!

ポイント1

デニムやスウェットと気軽に合わせて

きっちりしたデザインのピーコート。オフで着こなすなら、合わせるアイテムをゆるめのものにして、程よく着崩してみてはいかがでしょうか。何にでも合うピーコートだからできるワザ。

トリコロールカラーのニットを効かせたマリンルックな着こなし。スウェットパンツと白ソックスを合わせると、たちまち上級者に。計算された足元のバランスがお見事です。

ネイビーのピーコートのかっちり感を、ボトムスのスウェットパンツとスリッポンでナチュラルに崩したグッドサンプル。チラリと見えるコートの裏地のドットパターンがお茶目ですね。

スタイリッシュな大人な雰囲気漂う、ブラックのロング丈のPコート。ライトブルーのユーズドデニムに、どこか牧歌的な印象のノルディックパターンニットを合わせて、程よくカジュアさをミックスしています。

ポイント2

柄モノを差せば華やかな印象に

マフラーやパンツ、インナーのシャツなど、1点柄モノを取り入れるだけで垢ぬけた印象が作れます。主張させすぎるとうるさくなってしまうので、冬らしいカラー選びを心がけて。

定番のシングルピーコートはネイビーをチョイス。白タートルとグレーのウールパンツで上品にまとめつつ、チェック柄のマフラーでカジュアルさと色みをプラスしています。

やわらかい印象のキャメルのピーコートは、カジュアルな着こなしに合わせやすいアイテムです。チェックパンツを合わせてトラッド感ある着こなしに。落ち着いた色みを選べば、柄パンも取り入れやすいですよ。

ピーコートのデザインを生かすなら、ボタンを留めて着こなすのが◎。ネイビーのコートにベージュのチノパンというベーシックな着こなしですが、さりげなく襟元からチェックシャツを覗かせてアクセントにしている点に注目です。

ポイント3

フードパーカーを合わせれば、手軽にアクティブスタイルを作れる

フード付きのパーカーは、誰しも一着は持っているアイテムではないでしょうか。ピーコートの下にまとって、フードを襟元からひょいと出せば、とたんに冬のアクティブスタイルが完成します。

きちんと感のあるピーコートですが、ロゴパーカーやニット帽を合わせれば、カジュアルな着こなしに早変わり。ブラックをメインに揃えたスタイリングなら、落ち着きもあり大人っぽくまとまります。

ひざ丈のピーコートは、ショート丈に比べよりトラッド感が高まります。ローファーやクラッチバッグを取り入れて、全体的にきれいめにしつつも、フードパーカーで程良くカジュアルダウン。

ネイビーのピーコートとグレーのパーカーという定番の組み合わせですが、これぞ相性抜群の最強コンビです。ニット帽を合わせて、スポーティー感を強調していますが、色みを落ち着かせているため、子供っぽくなりません。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る