ジーンズ 7ページ目

職人気質なステュディオ・ダ・ルチザンのジーンズ

職人気質なステュディオ・ダ・ルチザンのジーンズ

“職人工房”の真髄が詰まった歴史的名品の数々を生み出している『ステュディオ・ダ・ルチザン』。30年以上変わらぬ意志とこだわりを見せる日本のジーンズブランドを紹介。

菊地 亮

国産デニムの聖地を冠した、児島ジーンズとは!?

国産デニムの聖地を冠した、児島ジーンズとは!?

岡山県児島の遺伝子を受け継ぎ、今に伝える『児島ジーンズ』。国内生産にこだわり、古き良き時代のヴィンテージを高品質で提供するこのブランドに今回は迫る。

菊地 亮

国産に拘る、職人系デニムブランド・フラットヘッド

国産に拘る、職人系デニムブランド・フラットヘッド

ジーンズはアメリカ抜きには語れない。今回はオリジンに勝るとも劣らない、古き良き時代のアメリカンテイストを継承し、現在の技術を融合する『フラットヘッド』を紹介。

菊地 亮

数々のヴィンテージデニムを現世に蘇す、ドゥニーム

数々のヴィンテージデニムを現世に蘇す、ドゥニーム

ジーンズは米国を抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。今回はその旗あげとも言えるブランド『ドゥニーム』を紹介しよう。

菊地 亮

世界が注目!新進気鋭の実力派デニムブランド、クロ

世界が注目!新進気鋭の実力派デニムブランド、クロ

日本の高い技術力を武器に高品質なアイテムを展開している『クロ』。ここでは、そんな実力派ブランド『クロ』の魅力と特徴を定番モデルと合わせて紹介していきます。

大中 志摩

旬のダメージデニムは、ヒステリックグラマーを選べ

旬のダメージデニムは、ヒステリックグラマーを選べ

ていねいな作りとロックテイストを加えた独自のデザインで人気の高い『ヒステリックグラマー』。特に、ダメージ加工デニムのクオリティの高さには定評がある。

大中 志摩

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。そんな世界から称賛される日本ブランド『ウエアハウス』を紹介。

菊地 亮

都会的カジュアルが叶う、ラグ&ボーンのデニム!

都会的カジュアルが叶う、ラグ&ボーンのデニム!

クラシックワークウェアを得意とすることで知られる『ラグ&ボーン』。なかでもデニムへのこだわりが強く、多くのハリウッドスターにも愛されているって知っていましたか?

AI

ガスで見つける、大人のダメージデニム

ガスで見つける、大人のダメージデニム

ベーシック流行りとともに街のデニムスタイルも無難なワンウォッシュばかり……。ダメージデニムが映える夏だからこそ、『ガス』でお気に入りの1本を見つけてみよう!

CANADA

ジースターロゥで見つける、大人のハーフデニム!

ジースターロゥで見つける、大人のハーフデニム!

季節柄、ジーンズは暑いから敬遠、なんて人も多いんじゃないでしょうか。『ジースターロゥ』のハーフデニムなら、見た目にも涼しく快適な一本が見つかります!

CANADA

NYらしいスタイリッシュさが魅力のスリーバイワン

NYらしいスタイリッシュさが魅力のスリーバイワン

プレミアムデニムブランドとして、世界中のデニムファンを魅了する『スリーバイワン』。定番のデニムパンツもいいが、今季はちょっと気取ってはいてみるのもいいだろう。

NAKAYAMA

著名人らがこよなく愛す、ディースクエアードとは

著名人らがこよなく愛す、ディースクエアードとは

ミュージシャンのリッキー・マーティンやレニー・クラヴィッツ、ハリウッドスターのニコラス・ケイジなどを顧客に持つ『ディースクエアード』。デニムの品質は一級品だ。

NAKAYAMA

プレミアム感をまとえる、ディーゼルのジーンズ

プレミアム感をまとえる、ディーゼルのジーンズ

デニムのカジュアルさは幅広いスタイルに取り入れやすいと認識しながらも、ラフな印象の中に上品さもほしいと思う人もいるだろう。『ディーゼル』はその要望に応える。

NAKAYAMA

アクネ ストゥディオズのジーンズ、モデル別まとめ

アクネ ストゥディオズのジーンズ、モデル別まとめ

洗練されたミニマルデザインで人気を集める北欧デニム。日本でも数々のブランドが知られていますが、『アクネ ストゥディオズ』もハズせない北欧デニムの1つです。

桐田 政隆

チープマンデーのジーンズ、モデル別特徴まとめ

チープマンデーのジーンズ、モデル別特徴まとめ

デザイン性の高いシャープなスキニーシルエットと、1万円でお釣りがくるリーズナブルなプライスが人気の『チープマンデー』。その魅力と定番モデルを紹介していきます。

桐田 政隆

アヴァンギャルドな雰囲気で人気の、スビのデニム

アヴァンギャルドな雰囲気で人気の、スビのデニム

デニムアイテムを中心に、反抗的で刺激の強いデニムアイテムを発信し続けている『スビ』。男っぽいスタイルが好きなあなたのツボを刺激してくれること間違いなしです。

AI

ジーンズの老舗、ビッグジョンに関する必須知識

ジーンズの老舗、ビッグジョンに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。ナショナルブランドのなかでも屈指の存在が『ビッグジョン』です。知っておきたい知識と、押さえておきたい定番アイテムを一挙に紹介!

平 格彦

ジーンズの老舗、エドウィンに関する必須知識

ジーンズの老舗、エドウィンに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。日本生まれの代表ブランドの筆頭が『エドウィン』です。知っておきたい知識と、押さえておきたい定番アイテムなどをまとめて紹介します!

平 格彦

ジーンズの老舗、リーに関する必須知識

ジーンズの老舗、リーに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。その王道ブランドの一角を担うのが『リー』です。知っておきたい知識と、押さえておきたい定番モデルのおすすめアイテムをまとめました!

平 格彦

移動もノンストレス!おしゃれで快適なパンツが欲しい

移動もノンストレス!おしゃれで快適なパンツが欲しい

夏は旅行へ出かける方も多いと思いますが、その時のパンツ選びって難しいですよね? 体温調整ができて、はき心地が良くて、おしゃれで…。そんな願望を叶える1本をご紹介!

編集イトウ

LVCの復刻品で学ぶ、老舗リーバイスの歴史

LVCの復刻品で学ぶ、老舗リーバイスの歴史

今シーズン人気再燃のジーンズ。その王道ブランドの筆頭は、何と言っても『リーバイス』です。そこで今回は、ヴィンテージラインの復刻品で、名作501の歴史を紐解きます。

平 格彦

ジーンズの老舗、リーバイスに関する必須知識

ジーンズの老舗、リーバイスに関する必須知識

今シーズン人気再燃のジーンズ。その王道ブランドの筆頭は、何と言っても『リーバイス』です。知っておきたい知識と、名作501のおすすめアイテムをまとめました。

平 格彦

自腹買いしたから書ける! 税込1万円以下の名品 -夏-

自腹買いしたから書ける! 税込1万円以下の名品 -夏-

学生時代はバイト代をつぎ込み、前職では展示会や付き合いで買いまくり、今はなけなしの小遣いを洋服に費やす私が、税込1万円以下で夏に使えるモノを独断でご紹介します。

編集イトウ

総額3万円で作る、今旬なオールホワイトコーデ

総額3万円で作る、今旬なオールホワイトコーデ

おしゃれ上級者たちがこぞって取り入れている着こなしをご存じだろうか? その答えはずばりオールホワイトコーデ。少し難解なコーデだが、コツを掴めば難なく着こなせる。

NAKAYAMA

2015年の夏セールで買うべきアイテムと見分け

2015年の夏セールで買うべきアイテムと見分け

水曜日に伊勢丹、金曜日からはルミネと、セールが本格的に始まる今週。多くの商品がディスカウントされますが、今回はどのアイテムが買って正解なのかコツを伝授します。

編集イトウ

ファッションライターが提案! 夏のOFFスタイルまとめ

ファッションライターが提案! 夏のOFFスタイルまとめ

雑誌・ウェブなど媒体を問わず活躍する+CLAP Menのファッションライター陣がこの夏のオフスタイルについて考えてみました。休日のおしゃれは本特集でチェック!

+CLAP Men編集部

原料や生地の名産地を巡る! 世界一周マテリアル紀行

原料や生地の名産地を巡る! 世界一周マテリアル紀行

洋服を選ぶ時の基準のひとつに生産国を挙げる人は多いですが、原料や生産の産地についてはどれだけご存知でしょうか。世界各国に点在する、名産地の旅にご招待します。

編集イトウ

リーのジーンズ、品番別シルエットまとめ

リーのジーンズ、品番別シルエットまとめ

旬や季節に関わらず活躍するジーンズ。今回は老舗ならではの質をキープしつつ、時代の変化やトレンドに柔軟に対応する『リー』をピックアップ。特徴と種類を紹介します。

編集イトウ

リーバイスのジーンズ、品番別シルエットまとめ

リーバイスのジーンズ、品番別シルエットまとめ

旬や季節に関わらず、常にワードローブの第一線で活躍するジーンズ。多くのブランドが展開するアイテムですが、オリジンといえば『リーバイス』。特徴と種類を紹介します。

編集イトウ

女子ウケ抜群! マネキン買いしたいモテコーデ

女子ウケ抜群! マネキン買いしたいモテコーデ

職場の変化やGWなどのイベントで、最近異性にはじめましてをした方も多いのでは?? これからデートを控えているリア充諸兄に読んでほしい、“なう“なモテコーデがこちら。

編集コヤマ

BACK