流行&季節感、ともにカバーするデニムショーツが最強

この夏のトレンド素材=デニム。今の時期にぴったりの快適ボトムス=ショーツ。両要素を兼ね備えるデニムショーツは、まさに今最優先で押さえるべき超重要なアイテムです!

流行&季節感、ともにカバーするデニムショーツが最強

アラサー&アラフォー世代が確認すべきセレクトの条件とは

当然、デニムショーツならなんでも良いってワケじゃありません。こなれた着こなしをするために、チェックしておきたい条件が2つあります。ひとつは、細身orジャストなフォルムであること。もうひとつは膝上丈であることです。シルエットが太いとだらしなく見える恐れがありますし、丈の長すぎは子どもっぽく映ります。

カラーはライトブルー、もしくはホワイトがベター!

夏らしくはきこなすという観点で考えると、カラーも極力軽やかな方が望ましいのは言わずもがな。となると、ウォッシュがかかった爽快なライトブルーか、クリーンなイメージを持つホワイトが◎。色味の落ち着いたブラック、グレー、濃紺あたりはやや難度が高いです。

この2つのポイントを押さえたデニムショーツをピックアップ!

Item1

どんなコーディネートにも似合いやすい、王道デザインの1本!

ヴィンテージュウォッシュがかけられた今作は『ナノ・ユニバース』からリリース。ジャストなシルエットですが裾には少し広さを持たせていて、脚のラインをすっきりシャープに見せてくれます。王道的デザインなので、さまざまなスタイリングと合わせることが可能です。

価格.comで探す

Item2

裾のカットオフ仕様によってラフなニュアンスを好演!

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』のオリジナルモデル。ライトオンスのデニム生地を使ったボディは、裾をカットオフで仕上げているのが特徴で、力みのないムードを備えています。やりすぎない軽めのクラッシュ加工で表情付けしているのもキーポイントです。

価格.comで探す

Item3

極薄ブルーのデニムショーツは潮っぽさ満点!

8オンスのデニム生地にブリーチ加工を施し、西海岸テイストを強めたこちら。『AGジーンズ』らしい、タイトなサイズ感も見どころとなっている1本です。裾は最初からロールアップ状態になっていて、さりげないスタイルアクセントとして作用してくれます!

Item4

501をベースとしたショーツは地厚な生地感でタフに着用可

写真のホワイトショーツは『リーバイス』の501をベースとしたストレートシルエット。ショーツにしてはかなり肉厚な13オンスのデニム生地を使っており、ガシガシはいてもへこたれません。サマースタイルの核となってくれること間違いナシと言えるでしょう。

価格.comで探す

Item5

とにかく楽にはきたい! という人にはコレがイチオシ

リアルなユーズド感が描出された『ビームス メン』のショーツですが、実はこう見えてスウェットパンツなんです。1677万色の表現が可能な最新プリント技術を用いることで、本物のデニムと見紛うような表情を生み出しています。ノーストレスでデニムショーツをはきこなしたい、という人にオススメ。

価格.comで探す

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る