日本発。作り手の顔が見えるこだわりのブランド5選

日本発の、ものづくりに強いこだわりを感じるブランドをご紹介。各ブランドが見せるものづくりへの姿勢やこだわりなど、メイド・イン・ジャパンの意匠に触れてみませんか?

日本発。作り手の顔が見えるこだわりのブランド5選

作り手の顔が見えるブランド、とは?

作り手の顔が見えるブランド、とは?

当記事で紹介するのは、自分たちが生み出す商品に対して、強い自信と愛着、そしてプライドを垣間見ることができるブランド。使い手である私たちがブランド側のものづくりに対する情熱を心で受け止め、愛することができるブランドを厳選して紹介します。

国産の中でもおすすめしたい。こだわり抜かれたブランド5選

自社商品に対する自信やプライドが感じられる、国産のブランドをご紹介。品質の高さはもちろん、長い間使い手に愛されてきた使い心地も必見です。使い手からの信頼を裏切ることのないブランドのアイテム、今日からさっそく使ってみませんか?

ブランド1

『リーガル』

1902年に日本製靴会社として創業、1961年にアメリカのリーガル・シュー社との提携を始め、アメリカの製法技術ベースの革靴を日本に広めました。当時は歩いても疲れない靴として人気でしたが、現在はおしゃれなレザーシューズとして人気です。

明治時代に立ち上げた靴屋として、文明開化時期から日本人の足元を支えてきたといわれるブランドで、『リーガル』なら間違いないと支持する方も多いです。こだわりは職人による手作業。創業から100年以上たった現在でも130の工程から作り上げています。

カジュアルにもスーツにも似合う、モンクストラップモデル

脚長効果が期待できそうなハイヒール仕様。鳥のくちばしがモチーフになったつま先も特徴的ですが、うれしいポイントは滑りにくいラバー「ハイブリッドラバーV」を採用していること。耐久性・耐摩耗性・耐滑性に優れているので、雪の日や雨の日も安心して使えますね。

価格.comで探す

代表モデルの外羽根式プレーントゥ

靴底が厚いのが特徴のプレーントゥモデル。1914年に導入された、グッドイヤー・ウエルト製法という、甲部分と靴底部分を細革でジョイントさせた製法で作られたシューズで、今も昔も変わらない製法で作られています。アッパー部分の光沢が強すぎず、上品な仕上がりになっています。

価格.comで探す

重厚感にほれぼれする、外羽根式ウィングチップモデル

ウィングチップという名前は、つま先の切り替え部分に使われる革のチップが翼のような形をしていることが由来となっています。こちらも、グッドイヤー・ウエルト製法で作られた、歴史ある一品。

価格.comで探す

ブランド2

『マスターピース』

『マスターピース』は、1994年に創業したバッグメーカーで、コンセプトは「すべての商品が機能的」。オリジナル要素の強い素材やパーツが特徴のブランドとして有名です。2008年に自社工場を大阪に設立した、メイド・イン・ジャパンを誇りに掲げる会社のひとつ。

軽量性や強度にこだわった素材を使用することや異素材を組み合わせてオリジナリティーを出すところにこだわるブランドで、おしゃれに敏感な20〜40代の年代層にファンが集まっています。ショップではあまり見かけない素材の組み合わせに、他人のアイテムとかぶりたくない人からも支持を集めています。

ナイロン×牛革の組み合わせ。大容量3wayトート

タウンユースやアウトドアのファッションに合わせやすい素材感とカラーリングがすてきなトート。使い込まれたかのようなナイロン加工が特徴で、ボディーカラーごとにレザーの配色が変わっているところにもこだわりが見られますね。ナイロンを使用しているので高い防水性を発揮すると同時に、汚れも落ちやすいところがうれしいトートです。

価格.comで探す

ポケットが充実した、ハイスペックデイパック

こちらも配色が美しいアイテム。サイドファスナーが付いているので背負った状態でも荷物を取り出すことができるほか、本体のかぶせ部分にもポケットが付いている本格仕様。ハイキングや登山時に大活躍ですね。素材はフライトジャケットに使用されるメモリーツイルでできており、耐久性は抜群です。

価格.comで探す

「NO PLAY NO LIFE」をコンセプトにしたメッセンジャーバッグ

「よく学びよく遊べ」というコンセプトのもと、あらゆる遊びのシーンを想定・デザインされたメッセンジャーバッグ。楽しくなるようなコンセプトがあると、こちらまでわくわくしますね。生地の縫製糸はタテとヨコで違う素材のものを使用することで独特な光沢と強度を出している、仕事が細かいバッグです。こちらもナイロンツイルを使用しているため、強度はもちろん、防水性が高くてどんな遊びをしても安心。

価格.comで探す

ブランド3

『カシラ』

1997年に創業した、国内に23店舗・ロンドンに1店舗を構える人気ブランド。世界の帽子やメイド・イン・ジャパンの帽子を世の中に広めてきました。2011年に兵庫県の自社工場で生産を開始。生地のセレクトから生産まで一貫して自社発信で行っています。

「帽子は文化」と語るのは、『カシラ』の秋元ディレクター。『カシラ』はどのような文化にも溶けこめることに重点を置いており、時にはアート作品や映画・音楽などとコラボレーションし、型にはまったものづくりをしないところにこだわっています。品揃えが非常に豊富であるため、帽子好きはもちろんおしゃれに敏感な層に支持されています。

休日コーデにいかが? 手染めのデニムハット

ストリートブランド『ソーイ』とコラボレーションしたバケットハット。長い時間を経てすべて手作業で制作された、オリジナリティーの高いアイテムで、同じ商品が2つとないところが魅力的です。ショートパンツが活動的なアウトドアスタイルや休日のリラックスパンツとのコーデにぴったりです。

価格.comで探す

涼しげなストローハットで夏のコーデを飾ろう

『ビクティム』とのコラボレーションによって実現したモードライクなストローハット。むだを省いたミニマムな表情はもちろん『カシラ』ならではの品質も魅力です。

アイテム詳細を見る

インパクト大のキャップはスタイリングのスパイスに

『ジーディーシー』とのコラボレーションで実現した、ストライプ柄が印象的なキャップは、シンプルなコーデの味付け役にはぴったり。春から夏にかけての爽やかな気分にマッチする白×赤の軽快な色みも新鮮です。

アイテム詳細を見る

ブランド4

『土屋鞄』

1965年、ランドセルから作り始めたブランド。「時がたっても、持ち主に似合うデザインでなくてはならない」という思いで大人用バッグを生産開始。思い出として使える鞄1つひとつ良質なレザーを使って手作りで作り続けてきたブランドです。

ブランドが立ち上がってから約50年。工房は若い世代と昔の世代が交ざった環境で、職人技を未来につなげようとしているまっすぐなブランドのひとつです。メイド・イン・ジャパン品質を未来につなげたいという一心で、素材(レザー)選びは妥協せず良質なもののみ使用するこだわりを見せています。支持層は良質なものを長く持ち続けたい男性が多いブランドです。

防水加工がうれしいレザービジネスバッグ

メインの素材として防水ファインレザーを使用したビジネスバッグ。雨にぬれても内部に水が染み込まないので安心してPCや書類を入れることができます。大容量な収納スペースもポイントで、雨の日の手荷物を減らせますね。

お出かけに連れていきたい、ころんとしたフォルムのショルダー

ジャケットを使用したスタイルからアウトドアなラフ感のあるスタイルまで対応ができるような、プライベートな時間向けのバッグ。街歩きや旅行の際にぴったりな容量でも邪魔にならない大きさで、まさにかゆいところに手が届くようなアイテムです。レザーの経年変化も楽しみですね。

スマートな使用感がうれしいジャケットウォレット

内ポケットにも尻ポケットにも収められるサイズ感がブランド自慢の一品。二つ折りタイプのお財布よりも背が高く、取り出した際に向きを気にしなくてもすむデザイン・レイアウトなので、会計もスムーズにすることができますよ。

ブランド5

『オニツカタイガー』

1949年創立のスポーツメーカー『アシックス』の前身ブランド。海外産も人気ですが、なかでも生地染めから縫製まですべて日本の職人が担当する「NIPPON MADE」というシューズラインが大人気。

素材の良さ、ディテールの追求、職人へのこだわりが強く、「日本のブランドとして、また日本のものづくりの良さを世界に伝えたい」と「NIPPON MADE」企画がスタートするなど、目が離せないブランドです。海外製品と日本製品に共通しているレトロさも人気で、レトロ好きな若者から古き良き時代を知る層まで幅広く支持されるブランドです。

一点モノの表情を楽しめる!メキシコ66デラックス

こちらは『オニツカタイガー』の伝説的アイテム「メキシコ66」を日本の職人が現代日本風にアレンジした逸品。よく見るとトラ柄。これは『オニツカタイガー』のタイガーに由来したデザインで、創業当初のトラのロゴを思い出させます。ランニング用としてはもちろん、カジュアルな着こなしにも採用できる細身のスタイリッシュなシューズです。

価格.comで探す

ワントーンでの表現性が高い、シンプルなファブレ DC-L

こちらは1978年に誕生したバスケットボールシューズの「ファブレ DC-L」がもとになっているアイテム。かかと部分には新たに耐摩耗性の高いAHARラバーを採用し、より長く使えるアイテムにバージョンアップしています。ワントーンでも奥行きと立体感が感じられるつくりはさすが。シーズン問わず使えるデザインで、ハーフパンツなどの軽いファッションにも合います。

価格.comで探す

高級さとカジュアルさを備えたタイガースリッポンデラックス

こちらも「NIPPON MADE」のもので、スネーク柄レザーと色みの近いスエードを使用したスリッポン。高級感が感じられる素材のコンビですが、カジュアルな装いにもぴったりはまるアイテムで、ジャケットにスラックスのような組み合わせのコーデだけでなく、パンツデニムやショートパンツのコーデにもフィットする汎用性の高いアイテムです。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る