7大ブランドを検証!機能派ブリーフケースカタログ

ビジネスマンにとって、ブリーフケースは日々の生活に欠かせない相棒的存在。ブリーフケースには機能を求めるという人のために、人気ブランド別に機能を比較してみました。

7大ブランドを検証!機能派ブリーフケースカタログ

できる大人の強い味方。機能派ブリーフケースを人気ブランド別に比べてみた

見た目ももちろんですが、ブリーフケースは機能を重視するビジネスマンって意外と多いんです。ここでは、使い勝手に定評がある人気ブランドのモデルをピックアップ。細かなディテールまで徹底的に解説します。

写真のアイテム詳細を見る

▼ブランド1:『トゥミ』

1975年の創業以来、卓越した機能とデザインを追求し続けているアメリカ発の『トゥミ』。本国のみならず、世界中のビジネスパーソンから絶大な支持を得ています。また、現在だけで125以上もの特許を取得するなど、人気を不動のモノとした今でも、『トゥミ』の革新への熱意はとどまることを知りません。

『トゥミ』ならではの革新的な機能を搭載していながら、オールブラックでモダンなただずまいに仕上げた「アルファ2」のブリーフケース。PCスペースやオーガナイザーポケットなど、充実した収納は言わずもがな。スーツケースにスマートにセットできるのも見逃せません。

アイテム詳細を見る

独自で開発したバリスティックナイロン製

このブリーフケースに使われているのは、『トゥミ』がオリジナルで開発した“FXTバリスティックナイロン”。超高密度ナイロンに特殊なコーティングと撥水加工を施すことで、業界において最高基準の耐久性を実現しているのです。

ブリーフケースでは珍しいロック機能を搭載

クレジットカードやキャッシュカードの情報を不正に読み取るスキミングってご存じですか? これを防ぐIDロック?機能が、なんとブリーフケースのフロントポケットに搭載されているのです。日本でも増えてきている犯罪なので、この機能はうれしいですね。

さまざまなビジネススタイルに対応する3WAY仕様

ビジネススタイルの多様化に伴い、ブリーフケースもさまざまな持ち方が求められる昨今。“手持ち・斜め掛け・バックパック”と3通りの持ち方ができる3WAY仕様はありがたいですよね。バックパックのストラップは、ポケットに収納可能なのも◎。

ぬれた折りたたみ傘をそのまま収納できる撥水ポケット

取引先に伺ったときや電車の中で、置き場所に困る折りたたみ傘。それを解消するべく、フロントには撥水性の高いライニングを採用したポケットを設けています。折りたたみ傘を入れないときは、ペッドボトル入れとして使ってもOK。

▼ブランド2:『ポーター』

名作モデルを数々と生み出し、日本バッグ界をけん引し続けている『ポーター』。素材選びから縫製にいたるすべての工程に手を抜かないモノ作りの姿勢は、デビューから55年たった今も受け継がれています。また、永久定番として愛されている「タンカー」の登場により、ファッションとして地位も確立させているブランドです。

優れた機能を備えるオリジナル生地“X-C1000”をメインに使用した「ハイブリット」シリーズのブリーフケース。背面のポケットの下部はファスナーで開閉できるようになっており、スーツケースにセットできる仕様になっています。シンプルな見た目もグッド。

アイテム詳細を見る

高機能なオリジナル生地“X-C1000”を使用

ベースに使われているオリジナル生地“X-C1000”は、ヨットなどの帆の開発に定評があるDIMENSION-POLYANT社とアウトドアなどで用いられる高品質素材を数多く生み出しているインビスタ社の協力を得て開発。強度・軽さ・防水性を兼ね備えた高機能素材です。

荷物を整理して収納できる豊富なオーガナイザー

メッシュのマチが施された3方開きのメインコンパートメントには、メッシュファスナーポケットやテープポケットなどのオーガナイザーが豊富に設けられています。さらに真ん中に仕切りがあしらわれているので、資料などを分けて収納できるというのも便利。

荷物の出し入れしやすい3方開き

内装の後層はマチがなく、3方開きで開けられる仕様になっています。3方開きは中の荷物が飛び出す恐れもありますが、ファスナーで開け口を調整すれば心配無用。ここにもファスナーポケットやテープポケットが設けられているのも注目すべきところ。

気分や荷物の量に応じて持ち方を変えられる3WAY仕様

『トゥミ』同様、こちらも手持ち・肩掛け・バックパックの3WAY仕様を採用。バックパックのストラップはすっきり収納でき、さらにショルダーストラップには肩の負担を軽減する肩パッドが施されているというのも見逃せないポイントです。

▼ブランド3:『ブリーフィング』

ミルスペックに準拠した真の“ミリタリズム”を追求している『ブリーフィング』。1998年誕生とまだ日は浅いものの、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして頑固たる地位を築いています。見た目の雰囲気からアメリカブランドっぽいですが、実は日本で企画・デザインされた日本ブランド。ただ、創業当初からすべてアメリカで生産しています。

パッと見は武骨で男らしいですが、コンパクトなシルエットなので電車内や移動時もスマートに決まります。デザインポイントにもなっているフロントのナイロンテープは、『ブリーフィング』が展開しているポーチなどを装着することも可能。

価格.comで探す

『ブリーフィング』の代名詞、バリスティックナイロン製

『ブリーフィング』のメイン素材として採用されている1050デニールのバリスティックナイロン。これはきわめて耐摩擦性が高く、携帯武器やガンケースに使われることの多い、ミリタリーファクトリーが使っている中でも最もヘヴィーな素材なんです。

どの持ち方でも開けやすいポケットの仕様

3WAY仕様で困るのが、フロントポケット。だいたい横型で使ったときを想定していますが、『ブリーフィング』はどの持ち方でも開けやすいようファスナーを施しています。しかもインナーポケットまで斜めスリットの仕様になっていて、取り出しやすいのが優秀。

3WAY+αの持ち方ができる点にも注目

3WAY仕様というと、手持ち・斜め掛け・バックパックのみですが、こちらは違います。バックパック時にちょうど上になる部分にハンドルが施されているんですよ。つまり、4通りの持ち方が楽しめるブリーフケースってわけなんです。

バックパック時も開けやすいフルオープン仕様

メイン室はダブルファスナーは3方開きになっているので、持ち方によってファスナーの位置を自在に変えることが可能。しかもメイン室の内部に、PCをそのまま収納できるクッション材入りのスペースも完備しているってのもうれしいポイントです。

▼ブランド4:『サムソナイト』

1910年にコロラド州デンバーにて、トランクと小型飛行機カバンの製造をスタートしました。世界初の軽量スーツケースやキャスター付きスーツケースなど、革新的な技術や素材、デザインの高品質なモデルを数々と生み出してきた『サムソナイト』。それはブリーフケースにも息づいており、ビジネスマンの頼もしい相棒として支持されています。

“エレガント”かつ“軽量”という意味を持つビジネスコレクション「エルライト」。デザインや機能性の高さはもとより、とことん“made in JAPAN”にこだわった信頼性も魅力です。クイックアクセスポケットやスマートスリーブなど、使い勝手を考慮した機能も満載。

価格.comで探す

高密度ナイロンながらも優れた機能も装備

「エルライト」のブリーフケースに使用しているのは、高強力ナイロン糸“ロービック”。軽量で耐摩擦強度に加え、撥水機能も持ち合わせています。それでいてほかの機能素材とは一線を画す、エレガントな風合いというのがいいんですよ。

メインコンパートメントの内部収納が充実

収納力が優れているというのも『サムソナイト』のブリーフケースの魅力の1つ。それを証明するのがメインコンパートメントの内部。クッション材入りのノートPCスペースやペンホルダーなど、荷物を整理して、かつ見やすく収納することができます。

この品のある見た目でいて、まさかの3WAY仕様

高密度ナイロン×レザーの高級感あるルックスながら、3WAY仕様なのも優秀。だって、この手のブリーフケースって、2WAYがほとんどですから。さらに特筆すべきはハンドル。バックパックで使用したときもスマートに決まるよう、コンパクトにとどめるストラップ付きなんです。

▼ブランド5:『マンハッタン パッセージ』

1960年代終わりに世界で初めてアラスカ原油をアメリカ本土に北西航路で運び、歴史的な航海を成功させた超大型タンカー“マンハッタン号”に由来します。『マンハッタン パッセージ』のテーマは“耐久性・ていねいな物作り・パイオニア・使いやすさ”。素材から縫製、構造までとことんこだわり、使い勝手のいい機能的なバッグを生み出しているのです。

メインコンパートメントに加え、資料やファイルを入れるのに便利なバックルーム、スムーズに新聞などを取り出せる背面ポケットなど、収納力の高さはピカイチ。オールブラックゆえに機能的なブリーフケースながら、どこかクールな印象を与えられます。

価格.comで探す

強力に水をはじく高密度ナイロンを採用

優れた耐水性&撥水性は、高密度ナイロンに特殊なコーティングを施すことによって生まれたモノ。写真を見てわかるとおり、水を強力にはじいて大切な荷物を守ってくれるんです。これなら雨が降った日に使っても安心。また、軽量な素材というのも特徴です。

多彩なポケットを設けたメインコンパートメント

さまざまなオーガナイザーを設置したメインコンパートメント。ノートPCスペースは衝撃を緩和するパッド入りなので、そのまま収納でき、取り出すときもスマートに決まります。部分的に採用したブルーが、開閉時の絶妙なアクセントになってくれるはず。

バックパックでの使用も視野に入れたディテールに注目

左全面にはスマートフォンなどの小物を収納するのに便利なファスナーポケットを設置。これは手持ちのときだけでなく、バックパックで使用したときも出し入れがしやすいんです。さらに内部には鍵を付けたまま着脱可能なキーリング付き。

▼ブランド6:『エースジーン』

日本の老舗バッグメーカー『エース』が手がけるオリジナルブランドとして誕生。先進のアイデアを採用した優れた機能性、そしてあらゆるシーンで発揮させる最高のパフォーマンス。『エース』が創業以来培ってきたカバン作りの経験とノウハウの結晶ともいえるのが、『エースジーン』なのです。シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。

幅広いシーンに対応する「EVL-3.0」の3WAYブリーフケース。ハンドルは掌の中で1つになるように形状と長さを非対称に設計しているため、高いグリップ力を実現します。緩衝吸収材“aGEL”を内臓したPCスペースに加え、フロントポケット内部にはタブレットスペースも完備。

価格.comで探す

強靱なコーデュラバリスティックナイロン

インビスタ社の1260デニールのコーデュラバリスティックナイロンを採用。耐摩擦性と耐久性に優れているため、痛みを気にせずガシガシ使えるってところがいいですね。パイピングなどの部分的に使用したレザーとのコンビネーションもポイントです。

荷物の量に応じてマチ幅を変えられるエキスパンダブル

2つのメインコンパートメントを設け、背面収納部にはファスナーを開けるとマチ幅を最大19p拡張できるエキスパンダブル仕様を搭載。出張時には拡張して衣類を収納するってのもあり。つまり、普段使いから出張まで対応するブリーフケースってわけなんです。

肩への負担を軽減するショルダーパッド

ショルダーストラップに3Dカーブ形状のパッドをあしらっています。なので、肩掛けしたとき肩への負担を軽減し、重たい荷物を入れていても快適。さらにバックパックのベルトにはスーツの生地を痛めにくい、新開発の滑り止めが採用されています。

▼ブランド7:『エンゲージメント』

『エンゲージメント』のコンセプトは、“現代を生きるプロフェッショナルたちの成功をエンゲージ(=約束する)するバッグ”。伝統の技を生かした製法、先鋭の新素材と加工技術による機能性の追求、人間工学に基づいたデザイン。それらを高次元で融合させたバッグは、ときに熾烈なビジネスの現場で活躍する働く男たちを力強くサポートしてくれます。

多様化するビジネススタイルにも柔軟に対応する3WAY仕様。どの持ち方をしても使いやすいように設計されているのが最大の特徴です。メインコンパートメントはPCスペースに加え、多彩なポケットを設置。使い勝手を追求したブリーフケースなのです。

価格.comで探す

さまざまな機能を持ち合わせたエンゲージメントナイロン

原糸から厳選して開発された『エンゲージメント』のオリジナル素材。2520デニールのナイロンを高密度で織り上げることで、半永久的に持続する優れた撥水性と耐久性を実現しています。ちなみに部分的に用いたレザーにも撥水機能が搭載されています。

どの持ち方でも取り出しやすい内蔵ポケット

フロントポケットを開けると、斜めに設置されたポケットがお目見え。これはブリーフケースを縦横のどちらで使用しても取り出しやすく、かつ収納物の落下を防ぐために考えられたモノ。伸縮性の高い素材を使っているので、抜け落ちる心配もありません。

4方向にファスナーをあしらったフルオープン仕様

通常、ブリーフケースは3方向にファスナーを施すのが一般的ですが、こちらはメインコンパートメントのファスナーを4方向に設置。荷物の取り出しをスムーズにするだけでなく、バックパック時の上部からの出し入れも可能にするのです。

ページトップへ戻る