今冬注目。大人コーデに取り入れたいスエードシューズ

この冬はスエード素材に注目が集まっている。とはいえスエードのウェアは価格が高く、手を出しにくい。それならシューズで取り入れて旬なコーデを楽しんでみては。

今冬注目。大人コーデに取り入れたいスエードシューズ

大人顔のスエードシューズ。カラバリ別に欲しいアイテム一挙見せ

大人な雰囲気を盛り上げてくれるスエードのシューズ。素材の特性上発色が良く、独特の素材感が着こなしのアクセントとしても活躍してくれる。今回はカラバリ別にこの冬おすすめのモデルを紹介。

▼ネイビースエードのシューズ

シックな雰囲気が魅力的なネイビーカラーのスエードシューズ。きれいめスタイルはもちろん、カジュアルなスタイルまで、合わせるアイテムを選ばないので1足持っておくと着こなしの幅がぐんっと広がる。

ネイビーのスエードシューズは大人っぽい雰囲気があるので、カジュアルなアイテムに組み合わせて上品さをプラスするのがおすすめ。こちらの着こなしは、旬なスタジャンにチェックシャツ、デニムというアメカジスタイル。全体的にネイビーでまとめて統一感のあるスタイルに。

おすすめ1

『ビームス』

スエード素材を使用してドレッシーな雰囲気に仕上げたサイドゴアブーツ。シャープなフォルムが印象的でラバーソールを使用することで、歩きやすさに配慮した。

アイテム詳細を見る

おすすめ2

『シップス』

従来のものよりも、モカ縫い部分の縫製をよりていねいに行い、上品な表情に仕上げた。履き心地もより柔らかくするために、ライナーや革を新たにセレクトしたこだわり満載の作り。オン・オフ幅広く活躍してくれる。

アイテム詳細を見る

おすすめ3

『ザ・ノース・フェイス』×『シップス』

冬の定番として注目を集めるヌプシ・ブーティに『シップス』が別注をかけた。東レが開発した話題の新素材ウルトラスエード(R)をアッパーに採用したスペシャル仕様となっている。上品な面持ちながらも、保温性や防水性の高いスペック付き。

アイテム詳細を見る

おすすめ4

『オニツカタイガー』

1980年代に発売されたジョギングシューズ「アライアンス」がデザインベース。アルファゲルを内蔵した成型ミッドソールを採用してクッション性を向上させた。インソールは取り外しが可能な成型中敷を使用。

アイテム詳細を見る

▼グレースエードのシューズ

中間色であるグレーは着こなしをマイルドに演出してくれる。また、コーデに取り入れるだけでこなれた印象が強くなるので、手軽におしゃれな雰囲気を楽しめるのもこの色ならでは。

カットソーにステンカラーコートを羽織ったシンプルな着こなし。ワイドパンツを合わせてリラックス感のある雰囲気に。暗めのカラーばかりなので、足元にはライトグレーのスニーカーを取り入れてアクセントを加え、こなれ感のあるスタイルに昇華させた。

おすすめ5

『アディダスオリジナルス』

1968年に発売され人気を博したトレーニングシューズの「ガッツレー」。こちらは細身のラインとアッパーデザインが特徴で、足元を上品に仕上げてくれる。90年代初期のモデルを忠実に再現したクラシックなルックスが魅力的。(2016年12月27日修正)

アイテム詳細を見る

おすすめ6

『バンズ』

SK8-HIの過去のディテールを復刻させ、アッパーをスエードとキャンバスのコンビ仕様にした風合いのある1足。脱着に便利なヒール部分のジップアップも程よいアクセントに。

アイテム詳細を見る

おすすめ7

『カミナンド』×『ナノ・ユニバース』

『カミナンド』に『ナノ・ユニバース』が完全別注したブーツでアッパーのスエード使いが品の良さと今年らしさを演出する。優れた柔軟性とクッション性が特徴のクレープソール仕様で歩きやすく、サイドジップで脱ぎ履きもスムーズ。

アイテム詳細を見る

おすすめ8

『ニューバランス』

ヘリテージシリーズならではの重厚な存在感を放つUSA製のM990。卓越したサポート性と安定性、クッション性に優れるENCAPミッドソールを採用。夜間での視認性を確保するためつま先、かかと、Nマークにはリフレクター素材を使用している。

アイテム詳細を見る

▼ブラックスエードのシューズ

着こなしの引き締め役としても重宝するブラック。クールな雰囲気を作ってくれるので、スタイリッシュな着こなしが楽しめる。重くならないように他アイテムとの色のメリハリをつけるのがコツ。

ブラウンのシャツにデニムのカジュアルな着こなしを、ブラックのジャケットとハット、スエードシューズできれいめにアレンジしている。足元が重い印象にならないように、イエローのソックスでメリハリをつけた。

おすすめ9

『ブルックス』

80年代のランナーに最も多く履かれたランニングシューズの1つ。クラシックかつシンプルなルックスは飽きがこないので長く愛用できる。モールド成形された3層インソール搭載で履き心地も抜群。

アイテム詳細を見る

おすすめ10

『クラークス』

『クラークス』を象徴するデザートブーツ。トレンドに流されない洗練されたデザインで幅広いスタイルにマッチする。クレープソールはクッション性に優れ、長時間の歩行でも疲れにくい。

アイテム詳細を見る

おすすめ11

『サッカニー』

1983年に軽さと履き心地を追求するハイエンドランナー向けのシューズとしてリリースされたモデル。ブラックのクールなアッパーにシュータンとヒール部分のライトブラウンの色使いが映える。

アイテム詳細を見る

おすすめ12

『ザ・ノース・フェイス』

デイリーユースから軽いハイキングまでカバーできる高機能ミッドカットブーツ。撥水加工を施したスエードレザーに、防水透湿性素材・ゴアテックス(R)メンブレンを組み合わせている。

アイテム詳細を見る

▼ベージュandブラウンスエードのシューズ

ベージュやブラウンには上品さがあり、落ちついた大人の着こなしを演出してくれる。ブラウンのように色が濃いほど温かみも生まれ、季節感のあるスタイルを楽しむためには欠かせない。

ベージュをメインにしたジャケットスタイル。ベージュのジャケットと相性の良さい赤ベースのチェック柄のネクタイで華やかな印象に。足元にブラウンを配置することで着こなしに統一感が生まれ、上品かつ軽快感のあるスタイルを完成させた。

おすすめ13

『パトリック』×『ビームスライツ』

『パトリック』で現在展開していないモデルをベースに素材から別注をかけた『ビームス』40周年記念モデル。丸みを帯びつつも洗練されたスマートなフォルムに加え、シューレースとライニングのグラデーション使いが特長だ。

アイテム詳細を見る

おすすめ14

『パラブーツ』

オイルをたっぷり含ませたスエードにノルヴェージャン製法を施し、防水性と履き心地を向上させた。ショートタイプのサイドゴア仕様のモダンな表情が特徴でスタイルを選ばない万能な仕上がりに。

アイテム詳細を見る

おすすめ15

『バンズ ボルト』

ボルトシリーズは1970年代の『バンズ』のモデルを忠実に再現・復刻するシリーズ。本作は1978年に誕生したオールドスクールを当時のオリジナルラストを使用して再現。ブラウンスエードにソール上部のブルーのラインがアクセントに。

アイテム詳細を見る

おすすめ16

『クロケット&ジョーンズ』

数多くの有名メゾンにも提供されたブランド大定番のチャッカブーツ。丸過ぎずシャープ過ぎない独特のフォルムは、コーディネートを選ばないので幅広いシーンで活躍してくれる。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る