1万円以内で買える。春に履きたい白スニーカー

軽快な春のスタイリングにはスニーカーが相性抜群。なかでも季節感をより強調してくれる色といえば白。今回1万円以内で買える白スニーカー情報をお届け。

1万円以内で買える。春に履きたい白スニーカー

白スニーカーはこの春も人気継続

清涼感のある印象をプラスでき、春のスタイリングを一層軽快に演出してくれる白スニーカー。特に昨年はシーズン通して人気が高かったが、今シーズンもその人気はとどまることを知らず、白スニーカーをうまく取り入れたおしゃれな着こなしが多く見受けられる。

白スニーカーは汚れやすい。だからコスパ良好な1足を手に入れよう

汎用性が高く、清涼感のあるスタイルを作りやすい白スニーカーだが、汚れやすいのが気になるところ。デザインや素材にこだわった高価な白スニーカーを購入するのもアリだが、高価なモデルでは気軽に買い直しにくいので、履き潰す前提でコスパの高いモデルを選ぶのがおすすめ。

アイテム詳細を見る

コスパ良好な白スニーカー。3つの選び方の視点

キャンバスorレザー

まず注目したいのがアッパーの素材。狙うならばキャンバスかレザーのどちらかがおすすめ。同じ白でもキャンバスならばカジュアルでラフな印象に、レザーであればクリーンできれいめな印象を与えてくれる。1足目は普段のスタイルに近い印象の素材を選ぶのが無難だ。

アイテム詳細を見る

デザインはシンプルかつプレーン

次に注目すべきポイントはデザイン。白スニーカーならばなんでもいいというわけではなく、汎用性に優れ、スマートかつおしゃれな足元を演出するためにはシンプルかつプレーンなデザインを選ぶことが必須。白の清涼感をより生かすためにも極力むだのない洗練されたデザインを選ぶように心掛けて。

アイテム詳細を見る

人気ブランドの定番モデル

最後に注目したいのはモデル。いざスニーカー選びの場面になると、ついつい最新モデルなどに目がいってしまいがち。最新モデルも悪くはないがトレンドに影響されやすいので、できれば人気ブランドの定番モデルを選んだほうが買い直しやすく、幅広いスタイルで長く愛用できる。

アイテム詳細を見る

1万円以下で厳選。春に活用したい白スニーカー10選

白スニーカーはアイテムを選ばず、どんなスタイルにも取り入れやすく、飽きがこないので履き潰して何度でも購入したくなるアイテム。上記で紹介した3つの視点を元に、この春手に入れたい白スニーカー10足をピックアップして紹介。

『ムーンスター』×『フォール&スプーン』/9,180円(税込)

『アーバンリサーチ ドアーズ』のオリジナルブランド『フォーク&スプーン』と『ムーンスター』とのコラボモデル。サイドのテープ幅が少し長めに設定されているので雨が侵入しにくい。ソールのガムカラーがさりげないアクセントに。

アイテム詳細を見る

『バンズ』/4,860円(税込)

ワッフルソールとシンプルなデザインが魅力の『バンズ』を代表するアンコンモデル。シーズンカラーなどさまざまなデザインが展開されているが、安定感のある定番カラーは買って間違いのない仕上がり。幅広いスタイルで活躍必至な1足。

アイテム詳細を見る

『コンバース』/6,264円(税込)

コスパの高い白スニーカーを探すなら『コンバース』のオールスターは外せない。大定番アイテムなだけに買いおなしもしやすく安いものでは4,000円程度で購入できるリーズナブルな価格設定もオールスターの魅力の1つ。

アイテム詳細を見る

『アディダス』/8,532円(税込)

今季注目の『アディダススケードボーディング』の1足。耐久性向上のため、アウトソールにはDouble layer vulc construction、つま先部にはラバートゥキャップを採用しながらもオールホワイトでクリーンな印象にまとめた。

アイテム詳細を見る

『キーン』/7,344円(税込)

50年前のマシーンと上質な天然素材を使用した『キーン』のスタンダードなモデル。アーチサポートを搭載した取り外し可能ラバーフットベッドなどアウトドアブランドならではのノウハウを生かした履き心地抜群の仕上がりに。素材の調達から生産まですべてタイで行われている。

アイテム詳細を見る

『ナイキSB』/8,640円(税込)

柔らかく軽い履き心地にこだわった『ナイキSB』のローシ2。長時間の歩行でも疲れにくく、デイリーはもちろんスポーツシーンでも活躍してくれる万能作。すっきりとした細身のシルエットに加え、装飾を抑えたシンプルなデザインで普段の着こなしにも取り入れやすい。

アイテム詳細を見る

『ニューバランス』/8,964円(税込)

1979年に登場したCT300のアッパーに軽量でクッション性に優れたREVLITEソールを採用したコートモデル。アッパーにはワンピースのテキスタイルを採用しており、春夏らしい清涼感抜群の1足に。

アイテム詳細を見る

『リーボック』/8,629円(税込)

1985年にテニス専用のコートシューズとしてリリースされたCLUB C。洗練されたデザインは汎用性に優れ、デイリーユースでも人気が高く、今なお世界中の人々に愛される『リーボッククラッシク』を代表する名作シューズだ。

アイテム詳細を見る

『アディダス』/9,612円(税込)

登場から40年以上たった今でもストリートスタイルを象徴する存在として人気の高いスーパースター。ABCマート限定モデルのこちらはシンプルでクリーンなオリジナルモデルをベースに、レザーアッパーにはエンボス加工を施し、薄いカップソールを採用している。

アイテム詳細を見る

『ナイキ』/9,720円(税込)

レザー、合皮、メッシュなどパーツごとの異素材の切り替えを施して、デザインと機能性を両立させた。『ナイキ』ならではの履き心地の良さも魅力の1つ。スポーツシーンはもちろんデイリーにも大活躍間違いなしの1足となっている。

アイテム詳細を見る

2017年もおしゃれに。白スニーカーコーデのグッドサンプル集

今季も多くの支持を集める白スニーカーを用いたおしゃれな着こなし方を WEARを参考にチェックしていく。白スニーカーはきれいめからカジュアルなまでどんなスタイルにもハマるので1足あるだけでスタイルの幅がぐっと広がる。

癖の強いハンティングジャケットを主役にハット、ストライプシャツ、白スニーカーときれいめな印象のアイテムを組み合わせて品良く仕上げた。爽やかな色使いが好印象。

ピンクのスウェットに薄色ジーンズを組み合わせたラフなコーディネート。インナーと足元に白を取り入れて爽やかなアクセントを加えた。シンプルな着こなしながらもこなれた印象に仕上がっている。

ボーダーTにジージャン、ベージュのコートに黒のスラックスで上品に。パンツとスニーカーのコントラストが全体をメリハリあるスタイルに演出している。

ネイビーをベースにベージュのチノパンを組み合わせた大人っぽさ漂う着こなし。ウェアの落ち着いた組み合わせにソックスとスニーカーの白が心地よい軽快感を与えている。

デニムのアウターにベージュのチノパン、白スニーカーと春らしいカジュアルコーデ。色のメリハリをしっかりと出しているのでシンプルな組み合わせでもしゃれ感が高い着こなしとなっている。

細身のスラックスを合わせればミリタリーシャツの野暮ったさを感じさせずにスマートに着こなせる。適度なボリュームのあるスニーカーでシルエットにメリハリをプラスしている。

白のコートシューズであればセットアップにも相性抜群。セットアップのきれい目感を損なうことなく、上品にカジュアルダウンできている。インナーとクラッチバッグでダークトーンを入れることで着こなしも締まる。

スウェットシャツのラフな雰囲気には細身のパンツで締めてあげることでバランス良く着こなせる。ウェアでトーンを抑えている分、バッグやスニーカーで明るい色を足しているのもGOOD。

ストライプシャツにロングコートでこなれた雰囲気を作りつつもカモ柄のパンツでうまく外した大人な着こなし。存在感の強いカモ柄のパンツも白のスニーカーと合わせればうるさくなりすぎない。

カジュアルなジャケットスタイルには白のスニーカーを合わせれば大人っぽさがぐっと強調される。クロップド丈のパンツとスニーカーとの組み合わせも見事。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る