レジャーに最適。シャワーサンダルのおすすめブランド

スポーティーなアイテムが人気の今シーズン。なかでも注目すべきはシャワーサンダルです。「シャワーサンダルって何?」という基本からおすすめブランドまで解説します。

レジャーに最適。シャワーサンダルのおすすめブランド

シャワーサンダルとは?

スポーツのウォームアップ時や練習・試合の後などに履くサンダル。主にEVA素材を使っているので、履いたままシャワーを浴びることも可能。足元で着こなしに抜け感を加えるスニーカーと同じようなイメージで履けばOKです。

着こなしのポイントは?

大人がそのままカジュアルなコーデに合わせてしまうとラフになりすぎる危険大。あくまでハズしアイテムとして、コーデはきれいめにまとめると上手くハマります。

大人もOK!なシャワーサンダル10選

『ナイキ』

シャワーサンダルブームの火付け役が、この『ナイキ』のベナッシ。ブランドロゴとスウォッシュをあしらい、シンプルながらインパクト抜群なデザインが人気です。

価格.comで探す

『アディダス』

『アディダス』を象徴する3本ラインを大胆にあしらったデュラモスライド。一般的なシャワーサンダルにはブランドロゴがお約束なので、ブランドロゴが苦手、という人はこちらをチョイスしてみては。

価格.comで探す

『ハンター』

イギリスの王室御用達シューズブランドである『ハンター』。満を持して世に送り出したシャワーサンダルは、同ブランドの代表的な商品である「レインブーツ」の前面につけられたタグを思わせるアッパーが特徴的です。

『ニューバランス』

『ニューバランス』のシャワーサンダルは、両足のアッパーにまたがるように大きく描かれたブランドロゴが特徴。そのまま気軽につっかけられる形状ながら、ベルクロでアッパーのフィット感をある程度調節もできます。

アイテム詳細を見る

『ディーゼル』

ストラップに大きくディーゼルのエンボスロゴが入ったシャワーサンダル。スポーツブランドのシャワーサンダルが多い中、イタリアブランドならではの洗練されたカラーリングが特徴で、きれいめなスタイルにも難なくハマりそう。

価格.comで探す

『バンズ』

シンプル・イズ・ベストなフォルムが印象的な「スリッポン」で有名なシューズメーカー『バンズ』。同ブランドが贈るシャワーサンダルは、やはり余計な物をそぎ落としたシェイプが特徴的です。モノクロコーデにどうぞ。

価格.comで探す

『アヴィレックス』

シンプルなデザインに『アヴィレックス』のロゴが光ります。ホワイトモデルに黒字、ブラックモデルに白字の2色展開で、23cm〜28cmとサイズ展開が幅広いので、パートナーとのリンクコーデも検討してみては。

アイテム詳細を見る

『アイランドスリッパ』

「シャワーサンダルらしくないシャワーサンダル」をお探しの方に。ハワイ発のリゾートサンダルメーカー「アイランドスリッパ」のレザー製シャワーサンダルは、肉厚フッドベッドで履く人の足をふんわり受け止めます。

アイテム詳細を見る

『エンダースキーマー』

こちらもレザーをふんだんに使って仕上げた、シャワーサンダルの枠を超えたラグジュアリーな一足。個性的な溝をもつ「かまぼこソール」は、デザイン性だけでなく分厚いソールを軽く仕上げるのにも一役買っています。

アイテム詳細を見る

『ヘンリー&ヘンリー』

純白のカラーと細身のクロスストラップが洗練された印象を与えるシャワーサンダルは、イタリア『ヘンリー&ヘンリー』の一足。シャワーサンダルにしては珍しい薄型ですが、溝を掘りグリップ力をしっかり高めています。

アイテム詳細を見る

コーデのハズシにシャワーサンダルを取り入れるのが正解!

ここでは「きれいめコーデのハズシ」としてシャワーサンダルを上手に取り入れたグッドサンプルを紹介していきます。この夏のシャワーサンダルデビューの参考にしてください!

シャンブレーシャツとストローハットで作るリゾートコーデを、ブラックのスキニーパンツで引き締め。足元の『ハンター』シャワーサンダルは、ソリッドな質感とビビッドレッドのラインが着こなしの良いアクセントに。

元はスポーツシーンで活躍していた「シャワーサンダル」。アウトドアウェアとは相性抜群です。グラミチのハーフパンツに合わせてアクティブさを出したときは、トップスをきれいめカジュアルにまとめて対比を楽しんで。

ホワイトの大きめアッパーが印象的な『ヘンリー&ヘンリー』のシャワーサンダルは、カジュアルさの中にもラグジュアリーな雰囲気を醸し出すことができます。開襟シャツとグレーのスラックスの渋めコーデにもフィット。

きれいめコーデのハズシにシャワーサンダルを取り入れたグッドサンプルがこちら。カッチリした印象を与える深めのネイビーカラーのセットアップに、プリントティーシャツとシャワーサンダルを上手に合わせています。

ハーフパンツを履いた素足にシャワーサンダルを合わせれば、それだけでリゾート感が高まります。カーキ色のカーディガンは、アクセントカラーになるとともに、着こなしにシティーライクなテイストをプラスしています。

白ソックスにシャワーサンダルを合わせるスタイルは、着こなし方によっては「休日のお父さん」になってしまう危険性をはらんでいますが、ハットやシャツできれいめ成分をしっかりと足せば、トレンド感が高まります。

ぴたりと体に沿うスキニーデニムを、ゆったりシャツとボリュームのあるシャワーサンダルで挟んだ、シルエットの変化が楽しいコーディネート。特にシャワーサンダルは、控えめなツヤ感がアクセントにもなっています。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る