日本人に適した4〜5インチのワークブーツ

土足文化の欧米とは異なり、日本人は靴の脱ぎ履きがとにかく頻繁。脱ぎ履きがラクにできて、ブーツのようなフィット感がある、そんなブーツを紹介します。

ブランド:
  • ヴァイバーグ(VIBERG)
  • ニックスブーツ(NICKS BOOTS)
  • ローリングダブトリオ(Rolling dub trio)
  • ハソーン(HATHORN)
  • スローウェアライオン(SLOW WEAR LION)
キーワード:

日本人に適した4〜5インチのワークブーツ

実は、人気シューズメーカーにも1品ぐらいは4インチブーツがある

足首をしっかりホールする長め丈とくるぶしが露出するローカットが2強と思われがちなブーツですが、デイリーユースに最適なミドルカットの4インチブーツもちょこちょこ出ていたりします。今回はその代表格を厳選してお届け。

『ローリングダブトリオ』のコッペン

文化や風習など、日本の風土を理解した上で、機能性を重視したブーツを展開するジャパンブランド『ローリングダブトリオ』。アッパーのレザーには、美しいエイジングに定評のあるホーウィン社のクロムエクセルを採用している。製法はグッドイヤーウェルト、アウトソールはコルククレープソール。

価格.comで探す

『ハソーン』のレーニア

キング・オブ・ブーツと称されるホワイツ社の姉妹ブランドである『ハソーン』のブーツ。アッパーの素材にはホーウィン社のクロムエクセルを使用し、ソールには軽量でクッション性に優れたビブラム社の♯2021を使用する。アメリカのワークブーツ好きの間では、大定番として人気の高いモデル。

価格.comで探す

『スローウェアライオン』のクラシックオックスフォード

ジャパンブランド『スローウェアライオン』のブーツ。アッパー素材には、ホーウィン社カリコレザー(スウェード)を使用し、ソールにはビブラム社の♯700、ヒール部分には「QUABAUG」を採用した。製法はダブルステッチダウン。足首付近にクッションを設け、履き心地とフィット感を向上させている。

『ヴァイヴァーグ』のレーストゥトゥオックスフォード

堅牢さに定評のあるカナダのワークブーツブランド『ヴァイヴァーグ』のブーツ。つま先近くまでシューレースを設けたレーストゥトゥタイプは、足の先までしっかりとホールドすることができる。アッパーには、肉厚なカウハイドを使用。ソールは、街履きに最適なビブラム社の♯2021となっている。

価格.comで探す

『ニックス』のアラスカタンドラOX

ホワイツ社で職人として修行を積んだNick Blahcuzyn氏が1964年に創業したカスタム専門ファクトリー『ニックス』にオーダーした、日本ではなかなかお目にかかれない貴重なブーツ。アッパーはクロムエクセルレザー、ソールはビブラム♯2021。人とは違った本格ブーツを探している人に。

価格.comで探す

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る