スタッズベルト選び HTCなどの人気ブランドを厳選紹介

男っぽさをさり気なく演出することができる唯一無二の小物がスタッズベルト。の魅力を世界に広めたHTCを中心におすすめのアイテムや着こなしのヒントを紹介します。

スタッズベルト選び HTCなどの人気ブランドを厳選紹介

スタッズベルトとは?

“スタッズ”は“鋲”や“飾りボタン”のことをさしますが、ここでは前者。つまり、メタル製の鋲で飾り立てたベルトが“スタッズベルト”です。さまざまなモチーフをスタッズで描いたり、天然石やビーズといったほかのパーツを一緒に用いたりして個性を主張したタイプが一般的。その内容や加工により、かなり高価になる場合も少なくありません。

スタッズベルトの魅力とは

何といっても“スタッズ”が最大の特徴。男らしくてワイルドなイメージが大きな魅力です。また、ひとえに“スタッズベルト”といっても、スタッズの種類や並べ方、ほかのパーツの存在感、バンド部分の素材感やカラーなどで印象は大きく変化。そのセレクトでセンスが主張できるという点も魅力となっています。

スタッズベルトなら『HTC』がおすすめ

『HTC(エイチティーシー)』は“HOLLYWOOD TRADING COMPANY”の頭文字を取ったブランド名。ヴィンテージコレクターやディーラーとして著名なジップ・スティーブンソン氏が2000年にスタートしました。ヴィンテージデニムに似合うヴィンテージのスタッズベルトを自ら納得いくようにカスタマイズしたのがブランドの始まり。“Made in USA”にもこだわったクオリティーの高さで、世の中にスタッズベルトの魅力を広めた立役者といえます。

『HTC』でおすすめしたいスタッズベルト5選

さっそく、『HTC』の逸品を厳選して紹介! ナチュラルやブラウンのバンドを選んで経年変化を楽しんでもOKですが、ここではクールで大人っぽいブラックに絞り込んで紹介します。

アイテム1

スタッズフラワー ベルト

フラワーをモチーフにしたスタッズをレイアウトしたブランドを象徴するデザインが魅力。丸型スタッズをふんだんに使用していますが、ほかのパーツを用いずシンプルな配色で仕上げているため、華美になり過ぎず大人っぽくまとまっています。

アイテム詳細を見る

アイテム2

USMF3ヴィンテージ ベルト

ネイティブなアメリカンテイストを象徴するターコイズを用いたデザインも人気。コーディネートのアクセントとしてワイルドな華を添えてくれます。スターバーストモチーフのスタッズはもちろん、革のパッチやエンボス加工も男っぽい存在感を主張!

アイテム詳細を見る

アイテム3

エンドオンリー TQ 1.75

ターコイズを用いたタイプの中でも、もっともシンプルなデザインなのがこのタイプ。ベルトの先端部分にのみ、スターバースト型のスタッズ+ターコイズをあしらっています。アメリカ産のタフなレザーは使い込むことで体になじみ、味わいや愛着も深まります。

アイテム詳細を見る

アイテム4

ナロー ベルト スタッズ オンリー

ワイルドなスタッズベルトですが、ナローなら少し控えめ。ベンド幅4p以上のタイプが主流の中、こちらは2p弱でシャープな腰元を演出してくれます。スタッズワークも比較的シンプルで、幅広いスタイリングにマッチすること請け合い。

アイテム詳細を見る

アイテム5

(HTC ユーロ) 5000 スタッズ クラシック (613)

2004年にスタートした『HTC』のヨーロッパラインは、生産の全工程をイタリアで行う徹底ぶり。イタリアで活躍するデザイナーも加わり、モダンとヴィンテージを融合したデザインを提案しています。このモデルも、整然と並んだスタッズがクールで新鮮です。

アイテム詳細を見る

他ブランドも見逃せない。おしゃれなスタッズベルト5選

ヴィンテージなスタッズベルトを象徴する『HTC』。だからこそ、人とカブることも少なくありません。ほかにも優れたブランドはありますので、あえて大定番を避けるという手も!

アイテム1

『オールドスタッズ』

『HTC』の対抗馬となりうる『オールドスタッズ』。オーナーのジェフ・フラー氏が生み出すベルトは、ニッケルでカバーしたブラス製スタッズを手作業で打ち込んだヴィンテージ調の仕上がりが魅力です。レオナルド・ディカプリオなどのセレブも愛用しています。

アイテム2

『ホワイトハウスコックス』BRD スタッズベルト

英国産の希少なブライドルレザーを用いた財布などで人気のブランドですが、スタッズベルトも定番となりつつあるアイテムです。細めのベルトに行儀良く並べたスタッズが上品な印象。小ぶりでシャイニーなバックルもそんなイメージを強調しています。

アイテム詳細を見る

アイテム3

『クリオーゾ スティーレ』マルチスタッズベルト

イタリアのミラノを拠点とするベルト専門ブランド『クリオーゾ』の新ライン。メゾンブランドにも関わるスタッズ専門ファクトリーと組んでスタートしました。そんな背景が見て取れるマルチカラーのスタッズが独創的。整然と並べることで品良く仕上げています。

アイテム詳細を見る

アイテム4

『クライミー』スタースタッズベルト

不良性のあるアメカジスタイルを得意とするブランド。ブランドネームと星型のスタッズを並べたベルトは、少々ポップな男らしさが加味できます。2.9pという細めのバンド幅もバランスが良く、着けこなしやすい仕上がりです。

アイテム詳細を見る

アイテム5

『アンユー』カウレザーベルト

同じ星型スタッズでも、こちらは究極的なまでにシンプルに仕上げた一本。先端部分のみに小ぶりなスタッズを配置しています。ヴィンテージとトレンドを見事に融合したデザインは、ストリートスタイルをベースにしつつモードな要素をミックスしたアイテムを得意とするブランドならでは。

アイテム詳細を見る

スタッズベルトをおしゃれに着こなすための3つのヒント

スタッズベルトはインパクトが絶大。着けこなすのは難しそうですが、以下の3パターンをベースにすれば問題ありません。ヒントを手掛かりに自分らしく着用しましょう!

ヒント1

▼アメカジスタイルになじませるのが基本形

スタッズベルトは、デニムを用いたヴィンテージ調のアメカジスタイルに合わせるのが王道。まずはそんな定番スタイルで使用するのがおすすめです。印象が格上げできます!

ヒント2

▼淡いカラーリングの装いをベルト&小物で男っぽく昇華

白を筆頭とする明るいカラーを選びたくなる季節ですが、同時に男っぽさも加味したい時にはスタッズベルトが重宝! ほかの小物も男っぽく統一すると悪目立ちせず調和します。

ヒント3

▼ドレッシーなコーディネートのハズしとして活用!!

スーツやジャケットスタイルといった上品な着こなしのスパイスとしてスタッズベルトを用いるのもおすすめです。主張し過ぎないものの存在感はあるようなバランスが理想的。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る