メガネ

古くて新しい街「日本橋」に、注目のアイウェアショップがオープン

古くて新しい街「日本橋」に、注目のアイウェアショップがオープン

”クラシックだけどモダン”。アイウェア、とくにメガネについて語る際にこんな表現が多用される。相反する2つの単語に、クラシックとモダン、結局どっちなの? と、なん…

増山 直樹

クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

クラシックブームの立役者であるウェリントン。メガネ愛好家のみならず、おしゃれ好きなら1本は持っているであろう定番メガネだ。そのおすすめと着こなし活用術を紹介。

宮嶋 将良

自分に似合うおしゃれなメガネの選び方

自分に似合うおしゃれなメガネの選び方

近年、ファッションと密接にリンクしたおしゃれなメガネが続々と登場しています。メガネを選ぶポイントと、押さえておきたいおしゃれな人気ブランドを紹介します。

編集カツラガワ

おしゃれなメガネを厳選。大人が愛用したい人気ブランド10選

おしゃれなメガネを厳選。大人が愛用したい人気ブランド10選

ファッションアイテムとしてこだわりたいメガネ。とはいえ、ブランド数も多くて何を選べばいいかお困りの方も多いのでは? 大人にぴったりなブランドを厳選しました。

TASCLAP編集部

おしゃれな大人が愛用。オリバーピープルズのアイウェアが支持される理由

おしゃれな大人が愛用。オリバーピープルズのアイウェアが支持される理由

メガネをおしゃれなアイウェアとして浸透させた『オリバーピープルズ』。ファッション性の高さに触れつつ、同ブランドのメガネが支持される理由を探ります。

宮嶋 将良

金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

ファッションとしてのアイウェアの価値を高め、日本のモノ作りのクオリティを世界へ知らしめたと言っても過言ではない『金子眼鏡』。ここでは今一度その魅力に迫りたい。

菊地 亮

1980年代トレンドの余波は眼鏡にも! だから選ばれるボストンクラブ

1980年代トレンドの余波は眼鏡にも! だから選ばれるボストンクラブ

1980年代ファッションが注目される中、眼鏡選びにおいてもその傾向は顕著に。そんな中、1984年に創業した『ボストンクラブ』は、まさしく注目すべき存在です。

MASAFUMI YASUOKA

流されない男のアイウェア。モスコットのおすすめ10モデルをチェック

流されない男のアイウェア。モスコットのおすすめ10モデルをチェック

誕生から100年以上たった今もなお世界中から支持される『モスコット』。同ブランドを代表するレムトッシュやミルゼンなど、おすすめのアイウェアをピックアップした。

NAKAYAMA

気取らず、おしゃれに。バディオプティカルのアイウェア

気取らず、おしゃれに。バディオプティカルのアイウェア

夏小物としてはもちろん、視力を補うための必須ツールであるアイウェア。なかでも編集部イチ推しの『バディオプティカル』の魅力とおすすめのラインアップをご紹介。

編集フカザワ

好印象への最終兵器。女性ウケするモテメガネとは?

好印象への最終兵器。女性ウケするモテメガネとは?

“メガネ男子”という言葉が生まれるほど、メガネをかけている男性は女性から人気。そこでより女性から高評価を得られる、“モテメガネ”の極意をご紹介します!

近間 恭子

フォーナインズのメガネがビジネスマンに愛される理由

フォーナインズのメガネがビジネスマンに愛される理由

“999.9”のロゴが印象的なフォーナインズ。ここでは、メガネとしての機能性と高いデザイン性を兼備する、同ブランドの人気の秘密を改めて掘り下げていく。

宮嶋 将良

メガネ選びのプロに聞く。本当に似合う1本の見つけ方

メガネ選びのプロに聞く。本当に似合う1本の見つけ方

あなたは自信を持って自分のメガネ姿が似合っているといえますか? なんとなく似合うと思う……という方が多いのでは。あなたの魅力をもっと引き出すメガネ選びを紹介!

桐田 政隆

1万円前後で買えるおしゃれメガネ。ニューマンの魅力

1万円前後で買えるおしゃれメガネ。ニューマンの魅力

伊達メガネも、度入りのメガネもブランド選定は最大の悩み。安価すぎるブランドも高すぎるブランドも避けたいあなたに、1万円前後で買える『ニューマン』を紹介する。

N.A

秋冬に活用したい。ニット帽×メガネのおしゃれな関係

秋冬に活用したい。ニット帽×メガネのおしゃれな関係

ニット帽をおしゃれに見せるのはメガネだった! 旬の組み合わせからトータルコーディネートまで、幅広い実例で「ニット帽×メガネ」のおしゃれをご紹介します。

Asami Kitsukawa

かけ心地もデザインも秀逸。トム フォードのメガネ

かけ心地もデザインも秀逸。トム フォードのメガネ

おしゃれな大人の目元にハマるメガネといえば、『トム フォード』。『トム フォード』が持つ魅力をはじめ、男性におすすめのメガネをリサーチ。

haruka

春コーデを格上げする。メガネの選び方と着こなし方

春コーデを格上げする。メガネの選び方と着こなし方

暖かな春は小物選びが超重要! とくに昨今はシンプルな着こなしが気分ですから、「他の人と差をつけたい」ならば、メガネでセンスアップを狙いましょう。

TASCLAP編集部

意外と簡単!リムレスタイプのメガネと春服のコーデ

意外と簡単!リムレスタイプのメガネと春服のコーデ

リムレスタイプのメガネはむだな装飾がないため、どんな顔にもなじんでくれる。しかも洋服とのバランスも取りやすく、手軽におしゃれを楽しめるのだ。

宮嶋 将良

ボストンタイプのメガネでつくる春のコーディネート

ボストンタイプのメガネでつくる春のコーディネート

緩やかなフレームラインで、好感度な顔つきに見せられるボストン。だからこそ、着こなしも気をつけたいところ。そんなお悩みを、ここですっきりと解消していこう。

宮嶋 将良

オフでも活用。スクエアタイプのメガネを着こなすコツ

オフでも活用。スクエアタイプのメガネを着こなすコツ

すっきりとした面構えで、賢いイメージを植えつけるスクエアタイプのメガネ。ビジネスでは重宝されるが、オフでは難易度が高いのも事実。それを払拭するテクを紹介しよう。

宮嶋 将良

この春注目。アヤメのメガネが大人コーデにハマる理由

この春注目。アヤメのメガネが大人コーデにハマる理由

今ファッション界で圧倒的な支持を獲得し、売れに売れまくっているアイウェアがある。それがアヤメだ。そんなブランドの売れている秘密をじっくり探っていこう。

宮嶋 将良

保存版! 旬な丸メガネをブランド別に集めてみた

保存版! 旬な丸メガネをブランド別に集めてみた

目下流行ど真ん中の丸メガネ。かけるだけでファッション感度が高くなり、こなれた印象にまとまるお役立ちアイテムだ。そこで今季要注目なブランドを厳選!

宮嶋 将良

日本が誇るメガネ産地。福井県鯖江市のフレームに注目

日本が誇るメガネ産地。福井県鯖江市のフレームに注目

日本製メガネといえば、世界の三大産地として知られる福井県鯖江市を連想する人は多いはず。ここでは、世界から絶賛される逸品にこもる、意匠の片鱗に触れていこう。

菊地 亮

もう迷わない!顔型別、あなたに似合うメガネの選び方

もう迷わない!顔型別、あなたに似合うメガネの選び方

ファッションアイテムとしての地位を確立したメガネ。だが、自分の顔型にマッチするフレームを選んでいる人はごく少数。そこで顔型別に合う、ベストな一本をご紹介しよう!

宮嶋 将良

メガネのフレームは素材にこだわって選びましょう

メガネのフレームは素材にこだわって選びましょう

メガネは顔に乗せる道具ですから、肌に触れる素材に無頓着ではNGです。プラスチックやメタル、ユニーク素材などなど……メガネの素材は意外なほど多いのです。

黒野 一刻

日本人にも似合う! インポートブランドのメガネ10選

日本人にも似合う! インポートブランドのメガネ10選

ポンポン買うものでもなし、有名ファッションブランドでもない限り、輸入ブランドのメガネなんて未知の存在。でも、日本人の顔にもなじむおしゃれな逸品もあるんです!

黒野 一刻

日本メガネ産地鯖江発!知る人ぞ知る優良フレーム紹介

日本メガネ産地鯖江発!知る人ぞ知る優良フレーム紹介

日本でメガネの圧倒的な生産シェアを誇る鯖江ブランド。数多く存在しますが、今回はそのなかでも知る人ぞ知るブランドだけを厳選してご紹介していきたいと思います。

黒野 一刻

キワモノか? 個性か? 突き抜けデザインのメガネ

キワモノか? 個性か? 突き抜けデザインのメガネ

これまで紹介したなかにも「これ本当に着けられるかな?」というメガネはありました。しかし、もっとデザインを突き詰め、落とし込まれたフレームも存在しているのです。

黒野 一刻

オーソドックスな型で“旬”なメガネフレームが買い!

オーソドックスな型で“旬”なメガネフレームが買い!

ウェリントン→ボストン→ラウンドと来たメガネの近年の流行ですが、次の流れを読み切ろうと戦々恐々とするよりも、廃れないシンプルスタイルを追求していきましょう。

黒野 一刻

メガネトレンドに変化が!これからメタルの波が来る!?

メガネトレンドに変化が!これからメタルの波が来る!?

メンズ、ウィメンズ問わず、ファッションシーンでは“クラシック”がカギを握っていた。メガネ業界もご多分に漏れずだったが、徐々にメタルフレーム人気が訪れる気配も…。

菊地 亮

今さら聞けないメガネの基本。玉型(デザイン)を紹介

今さら聞けないメガネの基本。玉型(デザイン)を紹介

ウェリントン、ボストン、ティアドロップ……メガネの解説を読んでいて「何それ?」となったことはないでしょうか? 今さら尋ねるには恥ずかしい、そんな用語の解説です。

黒野 一刻

BACK