日本発の世界基軸。金子眼鏡のアイウェアを完全navi

ファッションとしてのアイウェアの価値を高め、日本のモノ作りのクオリティーを世界へ知らしめたと言っても過言ではない『金子眼鏡』。ここでは今一度その魅力に迫りたい。

日本発の世界基軸。金子眼鏡のアイウェアを完全navi

日本の意匠が楽しめる。『金子眼鏡』がアツい

『金子眼鏡』は、福井県鯖江市に居を構え、眼鏡の生産から販売までを一手に行う専業メーカー。1958年に眼鏡の卸商として歩みをスタートさせ、企画、デザインを行うと同時にオリジナルアイテムの製作にも着手。

1998年には、ミラノのミドやパリのシルモといった世界的にもよく知られる眼鏡展へ参加し評価を高めると、2000年にはN.Y.ソーホーに初の直営店をオープンした。現在は、さまざまなブランドやショップとのコラボにより、シーンでの存在感をさらに高めている。

check

▼福井県鯖江市は何がスゴい?

眼鏡の聖地とも称される福井県鯖江市。その名声は世界中に知れ渡っており、イタリア、中国と並び眼鏡の三大産地に数えられるほど。そのクオリティーの高さは誰もが認めるところで、国内では95.3%のシェアを誇る。同地に住む6人に1人が同産業に従事しているとか。

『金子眼鏡』の魅力

鯖江を代表する眼鏡メーカー、金子眼鏡を語るうえで欠かせないのは類まれなる職人たちの技術力。そのこだわりは、プラスチック(アセテート、セルロイド)フレームの切削から仕上げのパフ研磨、蝶番などで使われるネジ一本にまでいたる。

かけた時に感じる抜群のフィッティングや美しいサイドビューなどから、改めて彼らの技術力のすごさがわかるはず。

『金子眼鏡』もうひとつの特徴は、業界内ではほぼ不可能とまでいわれてきた、生産から販売までを自社で一貫して行うサプライチェーンマネージメント。

2006年に自社一貫生産を行うためのファクトリー、バックステージを設立し、熟練職人たちが常駐しながら工程ごとにハンドメイドで作り続けている。そして、日々モノ作りを志す若者たちがそこへ集まっているのだ。

福井県鯖江市の産業の発展に寄与し、その魅力を世界へと発信している『金子眼鏡』。彼らの魅力はそのグローバリズムにとどまらず、日本のモノ作りの未来も見据えているのだ。その好例が職人シリーズ。『泰八郎謹製』や『恒眸作(こうぼう さく)』など、鯖江で何十年にもわたり眼鏡を作り続ける職人たちをフィーチャーしながら、後世へ伝統と文化の継承に着手している。

『金子眼鏡』のおすすめ紹介。狙い目はセレクトショップや人気ブランドとのコラボ眼鏡

『金子眼鏡』が業界のリーディングカンパニーであり続ける理由のひとつが、各セレクトショップやブランドと行うコラボ作品への試み。持ち前のデザイン性や企画力で、眼鏡のファッション的価値を高めた功績は大きく、なかでも特筆すべきアイテムがこちら。

コラボ1

▼『金子眼鏡』×『ジャーナルスタンダード ホームステッド』

『ジャーナルスタンダード』の新レーベルとして誕生したのが『ジャーナル スタンダードホームステッド』。ワーク、ミリタリー、ウエスタン、そしてヴィンテージなど、時代を超越し今も大人の男たちを魅了してやまない米国テイストを現代的解釈で提案。彼らのフィルターを通して表現された金子眼鏡とのコラボは、クラシックムードに満ちた作品。

『金子眼鏡』×『ジャーナルスタンダード ホームステッド』アーリー

クラシカルな印象を与えるボストン型と着用する人を選ばないウェリントン型の中間にあたる、良いところ取りが本作。やや丸みのあるデザインは一般的なボストンよりもクセが少なく、かけやすいのが特徴。シンプルでクラシカルなフレームの両端に鎮座するスタッズ使いが大人の着こなしの好アクセントとして活躍する。

アイテム詳細を見る

着こなしにこなれ感を与えてくれるサングラスバージョン。フレームタイプは古き良きデザインながら、ブラックレンズは濃度を控えたタイプを採用しているためモダンなイメージに。

アイテム詳細を見る

コラボ2

▼『金子眼鏡』×『ソフネット』

1998年、清永浩文氏によってスタートし、2002年に『ソフネット』へ改名。早くから高機能素材などに着目し日常着に落とし込んだコレクションは注目を集め、改名以降は国内外の芸術家たちとのコラボを通じ、ファッションとアートを高次元で融合。常にシーンを刺激する新たな試みは話題を呼んできたが、『金子眼鏡』とのコラボにもその礎がうかがえる。

『金子眼鏡』×『ソフネット』備長炭グラス

『ソフネット』特有の斬新なアプローチによるモノ作りは、もはやおなじみとなったこちらの『金子眼鏡』とのコラボアイテムにもうかがえる。素材に使用されているのは、消臭効果があり湿度も調整できるとされる備長炭を練り込んだモノ。軽量な素材をしっかりと眼鏡フレームとして成形するあたりに、『金子眼鏡』の技術力の高さが見える。

アイテム詳細を見る

べっ甲のように見えるフレームもまた備長炭を練り込んだモノ。柔らかみのあるボストンシルエットをベースとするトレンドシルエットを採用しつつ、テンプル内側には両雄のロゴをレイアウトすることでスペシャル感のある1本に昇華。

アイテム詳細を見る

コラボ3

▼『金子眼鏡』×『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

『ユナイテッドアローズ』のアナザーラインとして展開される『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。“精神的な美、永続的な若さ”をテーマに、新しいことに敏感で、独自のファッション感を追求する人々へ向けたコレクションを提案する。こちらのコラボレーションアイテムもまた、その根幹を端的に表現した一品。

『金子眼鏡』×『ビューティー&ユース』アレックス

これまでの太フレームから細フレームへとトレンドが移行している昨今。それを象徴するかのようなこちらのコラボ眼鏡は、セルフレームながらスマートな印象。主張し過ぎることもないためさまざまなスタイルになじみ、上品に仕上げてくれる。マイルドな色みがやさしい雰囲気を醸し出し、ドットが連なった飾り鋲など、細部の作りも秀逸。

アイテム詳細を見る

やさしく大人っぽい印象を振りまけるボストン型のアザーカラータイプ。すっきりとしたセルフレームをダークブラウンのカラーで仕上げ、落ち着いた趣に作られている。

アイテム詳細を見る

コラボ4

▼『金子眼鏡』×『アーバンリサーチ』

“DESIGN YOUR LIFE STYLE”をコンセプトに、リアルな“今”をアイテムに込めながらさまざまな提案を行う『アーバンリサーチ』。ブランド名からもわかるように、世界中の各都市をリサーチし、そこから導き出された空気感やカルチャーなどをデイリーウェアから雑貨にいたるまで、多くのアイテムを通し伝えていく。その一環がこちらのコラボ。

『金子眼鏡』×『アーバンリサーチ』メタル

フォルムやディテールにいたるまでを完全別注したシリーズがこちらで、『金子眼鏡』の過去のアーカイブにもない唯一無二のスペシャルモデル。昨今、注目を高めているフルメタルフレームで仕上げられ、小振りの玉型は知的さをもたらし、ツヤ出しされたフレームからは上質さが漂う。かけ心地を高めるテンプルエンドも秀逸だ。

アイテム詳細を見る

ラグジュアリーさがのぞくゴールドフレーム。イヤーパッドには相性のいいブラウンのべっ甲を配するなど細部にも抜け目はなく、上級感のあるサイドビューは見どころのひとつ。

アイテム詳細を見る

『金子眼鏡』×『アーバンリサーチ』UR-15

フロントとサイドで異なる印象を与える、セルとメタルのコンビフレーム。フロントリムの磨きによる都会的な趣や、ニッケル合金のアンティークのような表情が魅力。『金子眼鏡』の伝統の製法に基づいた作りを堪能できる一本で、ドレスやカジュアルなど、さまざまなコーディネートにも抜群の相性を見せる。

アイテム詳細を見る

ブラックのモードなイメージとは異なり、こちらはよりクラシカルな雰囲気をもたらしてくれるブラウンカラー。蝶番やブリッジ部分に見える金ネジがさり気ないアクセントに。

アイテム詳細を見る

コラボ5

▼『金子眼鏡』×『レアセル』

デンマーク語で“塗り替える”“作り直す”の意を持つレアセルは、デザイナー、西田信太郎氏が中根基成氏らとともに2001年にスタート。“洋服はもっと楽しく、自由であるべき”との信念のもと、適度な遊び心を携えたコレクションを毎シーズン展開している。こちらのコラボ眼鏡もまた、自由で楽しいファッションの良さを我々に教えてくれる。

『金子眼鏡』×『レアセル』キーホールブリッジリーフグラス

金子眼鏡へ製作を依頼し、一本一本ていねいにこだわって作られたアイテム。『レアセル』のデザイナーの私物のアンティーク品をベースに、そこから型を起こし現代的にアレンジされた一品。程よい太さのフレームと、キーホールブリッジと呼ばれる眉間の特徴的なデザインは、オーセンティックなウェリントン型ながら実に新鮮なルックス。

アイテム詳細を見る

より重厚で男らしいイメージをもたらしてくれるのがこちらのブラック。セルフレームの太さがより強調され、智の部分に配された木の葉型のパーツも際立って見える。

アイテム詳細を見る

コラボ6

▼『金子眼鏡』×『ユナイテッドアローズ』

国内屈指のセレクトショップのひとつとして数えられる『ユナイテッドアローズ』。精神的な豊かさをベースに、ファッションに敏感で上質なアイテムを愛する大人の男女に向けたアイテムをラインアップする。また、日本の感性を世界へ広める意義も追求。『金子眼鏡』とのコラボレーションからは、そんな彼らのマインドが顕著に伝わってくる。

『金子眼鏡』×『ユナイテッドアローズ』サングラス

『ユナイテッドアローズ』が別注をかけた一本は、デザインと機能性が高次元で結実した見事な一本。肉厚なセルフレームは目元で抜群の存在感を放つ。また、コンパクトに折りたためるフォールディングタイプのため持ち運びにも便利で、さまざまなシーンでの活躍が期待できるアイテムとなっている。

アイテム詳細を見る

重厚さの中にもカジュアルさを取り入れたのが茶べっ甲タイプのこちら。同様のフォールディング型で、レンズをブルーにしたことで、より夏っぽいデザインに。

アイテム詳細を見る

『金子眼鏡』を使ったメンズコーデを季節別にチェック

ファッション性も高い『金子眼鏡』のアイテムは、かけるだけで周囲に振りまく印象も変わってくる。それをスタイルに取り入れるうえで考慮したい要素が季節感。そこで、重要なファッション小物を巧みに取り入れた上級スタイラーたちを例に季節ごとのコーデを考察。

▼『金子眼鏡』を使った春夏コーデのポイント

気温の上昇とともに、スタイリングも軽装になる春夏。そこへ取り入れるなら、やはり軽快なアイテムがワル目立ちすることなくすんなりなじんでくれる。また、強い日差しをケアするサングラスも、こなれ感を誘発するマストアイテムに。

コーデ1

白のワントーンで仕上げたクリーンなスタイリング。シンプルに仕上げた分、トップスのオーバーシルエットがより際立ち、ボリューミーな足元やブラウンフレームのメガネといった小物が有効なアクセントになっている。

コーデ2

インナーにボーダーのカットソーを差し、ネイビーとホワイトの2トーンで仕上げた定番のマリンスタイル。トップのボタンのみをクローズしたシャツのこなしや、メガネ&シューズといった茶小物の採用により脱マンネリを実践。

コーデ3

ドレスとスポーツの絶妙なミックス感を演じた技ありなスタイリング。ブルーのストライプシャツはアームと身頃で切り替えた異彩アイテムを採用。キャップやスニーカーといった小物など、随所に見せた遊びにセンスが光る。

コーデ4

Tシャツにショーツと、軸となる構成は非常にシンプル。それでもなお、手抜きに見えないのは周辺の気の利いた小道具のおかげ。鮮やかなデザインのバッグやソックス、さらには薄めのサングラスにより表情豊かに仕上げている。

コーデ5

白シャツとブラックデニムで仕上げたモノトーンスタイル。簡素に見えがちなビジュアルでもなおスマートさを感じるのは、ハットやローファー、さらにはラウンド感のあるクラシカルなメガネのなせる技。

コーデ6

オープンカラーシャツにリペアジーンズを組み合わせた男気あるスタイリング。ここに白シューズとクリアブルーのカラーリングが清涼感あるサングラスを合わせて軽快さを追加。大人のバランスと感として参考にしたい。

コーデ7

Tシャツにひざ上ショーツを合わせた夏のカジュアルコーデは、ハット書けるメガネのレイヤードでシンプルになりすぎないよう味付け。足元は品のある『ニューバランス』のスニーカーでラフになりすぎず調整。

コーデ8

リラックス感のあるトップスに太めのジーンズでリラックスムードな装いに。足元はこの雰囲気そのままに『コンバース』の1足をチョイスしながらも、『金子眼鏡』のアイウェアで大人の目元をつくった。

▼『金子眼鏡』を使った秋冬コーデのポイント

レイヤードが多くなる秋冬において、その存在感に負けない一本が眼鏡には重要。骨太なセルフレームやクラシカルなタイプが筆頭候補に挙がるだろう。また、彩りに乏しい季節でもあるため、差し色として取り入れるのもひとつの手といえるだろう。

コーデ1

メガネをすんなりワンスタイルへ落とし込むなら、アザーアイテムの色を拾うのが最短ルート。こちらはシンプルにブラックで統一させたモード調のスタイリングで、モダンな雰囲気とメガネの知的さが巧妙にマッチ。

コーデ2

スエードタイプのジージャンに太めのセルフレーム、さらにはケーブル編みのセーターが牧歌的な雰囲気。そこへ白パンや白シャツを加えたことで、がぜん爽やかな見た目に仕上げた点が好感度を高めるポイントに。

コーデ3

紺ジャケに太めのミリタリーライクなベイカーパンツをプラス。そのギャップがスタイリングにこなれ感を生んでいる要因。内側にインナーダウンを潜ませ、防寒とトレンドの双方を狙った点も評価できる。

コーデ4

さまざまな織り柄をあしらったニットやワイドシルエットのタック入りスラックスで今感を演じたコーディネート。インナーにハイネックを入れ、さらに品の良さを演出している。胸元にかけたメガネもこなれた印象に。

コーデ5

全体をペールトーンでまとめたことで、冬コーデにありがちなやや重さをナチュラルに払拭。トップをロングコートやニット、メガネなどで上品に仕上げつつ、ボトムにリブパンでハズしたところに巧さを感じさせる。

コーデ6

男気あるブラックコーデは、レザー・ベロア・コットンと言った具合に素材でコントラストをつけたのが流石。メガネはあえてブラウンベースの鼈甲デザインをチョイスすることで目元を優しい印象に。

コーデ7

シンプルな着こなしはクレイジーパターンのチノパンでさり気なくアクセントを効かせるのが上級者の妙。ダウンジャケットにボリューム負けしないよう、ニット帽×メガネのレイヤードでバランス感を調整して。

コーデ8

ツイードのカバーオールに濃紺ジーンズで品の良いカジュアルコーデを実現。ネイビーベースの着こなしはシンプルになりすぎないよう、インナーにカモフラ柄ベストでアクセントを追加。メガネでやんちゃ感を押さえれば大人の着こなしに。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る