ハット

買うなら今!3,000円以下で購入できる“安くて価値ある”帽子15選

買うなら今!3,000円以下で購入できる“安くて価値ある”帽子15選

夏に欠かせない小物の筆頭が帽子! サマーセールも終盤に差し掛かった今の時期だからこそ、3,000円出せば優秀なかぶりものが見つかる可能性があります。

平 格彦

大人の夏帽子。おすすめ&コーデサンプルを一挙紹介

大人の夏帽子。おすすめ&コーデサンプルを一挙紹介

軽装になる夏スタイルを格上げしてくれる強い味方といえば帽子。夏スタイルに相性の良い帽子の種類からおすすめのアイテム、取り入れ方まで一挙ご紹介。

大中 志摩

ストローハット|選び方とおすすめ、コーデを徹底解説

ストローハット|選び方とおすすめ、コーデを徹底解説

汎用性が高くラフに使えて、手軽に清涼感を演出してくれるストローハットは今年も、マストで手に入れておきたいアイテム。選び方から着こなし方まで一挙まとめてご紹介。

大中 志摩

気取って見せない。ハットを取り入れるための3箇条

気取って見せない。ハットを取り入れるための3箇条

大人っぽい印象が人気のハットは、今年も継続してトレンド小物の座をキープ中。気取りすぎない、けれどおしゃれに見えるハットのテクニックとコーデを紹介します。

田坂 タケシ

防寒にもおしゃれにも使える!冬までに用意したい帽子

防寒にもおしゃれにも使える!冬までに用意したい帽子

冬に向けて着こなしも徐々に変化が求められる。その対策として、手っ取り早いのが帽子。そんな季節に向けて手にしておきたい逸品を集めてみた。

宮嶋 将良

今秋は洒落てるウールハットとニット帽をゲットだぜ!

今秋は洒落てるウールハットとニット帽をゲットだぜ!

着こなしにこなれ感を与え、おしゃれに見せてくれる帽子。これからの時季に取り入れるならウールハットとニット帽がおすすめ。今回はこの2つの帽子について紹介する。

大中 志摩

春夏の定番。ストローハットの選び方とコーディネート

春夏の定番。ストローハットの選び方とコーディネート

日差しが強くなるこれからの季節は帽子の準備が不可欠だ。昨年からベースボールキャップ人気を上回る勢いの注目株、ストローハットの選び方とコーディネート例を紹介。

TERAONO

メンズ中折れハット 選び方とかぶり方、コーデを指南

メンズ中折れハット 選び方とかぶり方、コーデを指南

軽装になる春夏の着こなしをブラッシュアップさせるなら、昨季からの流れをくんだハットの利用は賢い選択。そこで、スタイルにどう組み込むべきかを改めてここで徹底解説。

大中 志摩

今季的なハットのブリム幅は8cm程度がベスト

今季的なハットのブリム幅は8cm程度がベスト

昨今、ファッショニスタの間ではロングブリムのハットがマストアイテムになっています。では “ロングブリム” とは何なのか? 具体的な数値から着用例までを一気に網羅!

平 格彦

メンズコーデを格上げする、つば広ハットの取り入れ方

メンズコーデを格上げする、つば広ハットの取り入れ方

この秋、いつもの着こなしをブラッシュアップしたいなら、つば広(ロングプリム)ハットがおすすめ。クラシカルな魅力と独特な存在感で、おしゃれ上級者の貫禄が出せます!

ai sato

ストローはハットに限らず夏が演出できる注目素材

ストローはハットに限らず夏が演出できる注目素材

ストローハット(麦わら帽)でおなじみのストロー素材は、見るからに涼し気。ハットはもちろん、ほかのアイテムにも用いられているので、活用しない手はありません。

平 格彦

アウトドア系ハットが実は今シーズンの狙い目!?

アウトドア系ハットが実は今シーズンの狙い目!?

スポーツスタイルが旬。ですが、被り物に関しては本気なスポーツアイテムは結構使いづらいです。ただし、クールなアウトドア系だけは別!! 意外とオシャレで使えます。

平 格彦

手軽に季節感を出せるストローハット

手軽に季節感を出せるストローハット

涼しげなリゾート感を漂わせるには最適なストローハット。ナチュラルさが魅力の定番タイプから、ひねりの利いたデザインまで夏のおしゃれを格上げする名脇役です。

ai sato

これぞハットトリック!?  旬なハットで即おしゃれに

これぞハットトリック!? 旬なハットで即おしゃれに

ショップスタッフやスタイリストなどファッショニスタと呼ばれる人の間で、ツバ広のハットがとにかく流行っています。日除けの意味でも夏に向けて取り入れてみては?

平 格彦

帽子トレンドの次なる本命はフェルトハット

帽子トレンドの次なる本命はフェルトハット

ここ2、3年大流行したベースボールキャップとニットキャップ。でも早い人はすでにこっちにいってます。それがフェルトハットです。

桐田 政隆

春夏マスト。帽子とサングラスのいい相性って?

春夏マスト。帽子とサングラスのいい相性って?

温かな気温に触発され活発に動きたくなる夏。気を付けるべきは照りつける強い日差しだが、帽子とサングラスさえあれば心強い。ここではそんな両者の最適コンビを探りたい。

菊地 亮

キジマ タカユキのハットが大人を魅了する理由とは?

キジマ タカユキのハットが大人を魅了する理由とは?

だんだんと薄着になっていくこれからの季節。コーデのポイントになるのが帽子です。おしゃれ上級者から注目を集めるブランド、キジマ タカユキの帽子をチェックしよう。

CANADA

届け、オレの願い!チョコッと価格でうれしいモノList

届け、オレの願い!チョコッと価格でうれしいモノList

来る2月14日。チョコだけでも感涙ですが、プレゼントもあったらもう! 男からお願いするのもカッコ悪いかもですが……。それ、チョコッと価格のU-3,000円ならかなうかも!?

編集イトウ

おしゃれでエレガント。キジマ タカユキのハット

おしゃれでエレガント。キジマ タカユキのハット

おしゃれ小物に欠かせないハットだが、中でもおすすめは『キジマ タカユキ』。一度かぶればシャレ感やエレガントさがのぞく、その逸品は業界からもひと目を置かれる存在。

菊地 亮

ボルサリーノの帽子:パナマ・フェルトハットの魅力

ボルサリーノの帽子:パナマ・フェルトハットの魅力

ボルサリーノの帽子の特徴や魅力、おすすめのハットについて紹介しています。人気のパナマハットやストローハットを取り入れたコーデも参考にしてみてください。

ライターF.W

2016春夏メンズコーデにハマる帽子の選び方とかぶり方

2016春夏メンズコーデにハマる帽子の選び方とかぶり方

+CLAP Men世代のための、大人がかぶれる帽子の種類やブランドを公開。帽子の種類に合わせて選び方やかぶり方も解説します。春夏必須の小物だからこそ、要チェックですよ。

+CLAP Men編集部

CA4LA(カシラ)の帽子で作る大人メンズの旬コーデ

CA4LA(カシラ)の帽子で作る大人メンズの旬コーデ

帽子がひとつあるだけで、着こなしの印象は変わるもの。だからこそデザインや品質にこだわりたいのは当然だ。ここではそんなニーズをかなえるCA4LAの帽子とコーデを紹介。

NAKAYAMA

冬メンズコーデを格上げ!旬な帽子の選び方と着こなし

冬メンズコーデを格上げ!旬な帽子の選び方と着こなし

「冬のヘッドウェアはニット帽だけ!」という人も多いはず。でも帽子のバリエーションを増やすことで、着こなしの幅がグンと拡がるのだ。今回はオススメの3タイプに注目!

TERAONO

今さり気なく使いたい、アクセ&小物とその取り入れ方

今さり気なく使いたい、アクセ&小物とその取り入れ方

アクセの重ね付けが流行った夏も過ぎ去り、季節は冬。洋服にボリュームの出るこれからは、「アクセや小物はさり気なく付ける」が鉄則です!

CANADA

2015秋、注目カラーのカーキは小物で取り入れよう!

2015秋、注目カラーのカーキは小物で取り入れよう!

色は今っぽさを表現するコーデのカギ。紺やモノトーンが猛威をふるう昨今だが、今季はカーキに台頭の予感が。手始めに、小物で取り入れれば手軽に旬をアピール可能だ。

菊地 亮

総額3万円で作る! “最旬”“おしゃれ”が叶うコーデ

総額3万円で作る! “最旬”“おしゃれ”が叶うコーデ

投資をすればするほど結果は得られやすいが、おしゃれはそれがすべてとは言えない。押さえるべきポイントを見極めれば、誰もが“コスパ”と“洒脱”を両立できるのだ。

菊地 亮

総額3万円で作る! 大人のスウェットショーツスタイル

総額3万円で作る! 大人のスウェットショーツスタイル

春はスウェットパンツを使ったリラックスコーデが流行となりましたが、夏はやっぱりショーツ! スウェットショーツを軸にした、大人コーデのアイテム選びを伝授します。

CANADA

涼のある暮らしを!夏を快適に過ごす生地・素材まとめ

涼のある暮らしを!夏を快適に過ごす生地・素材まとめ

夏のファッションに欠かせない素材とそのアイテムをピックアップ。「涼しげ」で「ナチュラルに」、そして「心地よい」を届けてくれる素材で、快適に夏を過ごしましょう。

+CLAP Men編集部

男も美白が常識! チェック必須の紫外線対策グッズ

男も美白が常識! チェック必須の紫外線対策グッズ

「黒いのがカッコイイ」という考え方はもう古い!? 今やモテる男性のキーワードは肌が白くて美しいこと、なんて説も。まずは紫外線対策から始めてみませんか?

鈴木 絢子

ニューエラのコラボキャップ&ハットが欠かせない

ニューエラのコラボキャップ&ハットが欠かせない

世界最高峰のヘッドウェアブランド『ニューエラ』。少し前までは特定の人が被るイメージだったが、今やファッションに欠かせないおしゃれアイコンになっている。

NAKAYAMA

BACK