スリッポンの選び方とメンズコーデのおしゃれな実例集

春夏の足元を彩るアイテムとして人気の「スリッポン」。どのように身につけるのが旬なのでしょうか。選び方や着こなし方をチェックしてみましょう!

スリッポンの選び方とメンズコーデのおしゃれな実例集

スリッポンとは

スリッポンは、靴ひもや金具などがない靴で、「足を滑り込ませる(スリップさせる)だけで履ける」という意味("SLIP-ON"『スリップオン』)から命名された靴です。
甲部分にあるひもや金具用の加工がないため、甲部分に伸縮性のある素材が使われることが多いスリッポン。甲高の方や靴をより気軽に履きたい方を中心に愛されている靴でもあります。装飾が少ないため、あらゆるコーデにも合わせやすいんですよ。

スリッポンの魅力といえば脱ぎ履きのしやすさ!

スリッポンの魅力なら、「履きやすさ」にダントツで軍配が上がるでしょう。足を滑り入れるだけで履け、伸縮性もあるため脱ぐ際もすぐにスポッと脱げます。靴ひもや金具などがないため、靴の着脱時の手間が大幅に省けるんです。お座敷のある場所や友人の家に行くときもストレスフリーで着脱できるでしょう。

スリッポンが春夏の装いにおすすめな理由

カジュアルでリラックス感あるスリッポンは、春夏のハーフパンツやロールアップパンツと相性抜群。履きこみが浅いため、フルレングスパンツでもくるぶしを見せて清涼感のある着こなしを実現させることができます。甲の部分も通常のスニーカーに比べて浅めなので、コーデ全体をより軽い仕上がりにすることもできますよ。

スリッポンを選ぶポイントとは

着脱がスムーズで、春夏のコーデに合わせやすいスリッポンですが、実際に選ぶ際はどのようなポイントに着目して選べば良いのでしょうか?素材・色・サイズの観点でおすすめの選び方をご紹介します。

ポイント1:素材選び

ポイント1:素材選び

ほかのシューズと同じく、スリッポンにもキャンバスやスエード、レザーなど、多様な素材が使用されています。素材が違うだけで質感や見た目、印象さえも変わるため、デザインだけでなく「素材で選ぶ」という選択肢は重要といえるでしょう。
では、スリッポンによく使われる3素材、キャンバス・レザー・スエード素材の特徴ご紹介します。

キャンバス

キャンバスはマットな質感で、若々しい印象を与えるコーデに仕上がりますよ。乾燥もさせやすく、履くうちに柔らかくなり、経年変化も楽しめる素材として人気の生地です。

レザー

レザー(本革)は独特の光沢があり、大人っぽいコーデきれいめコーデに仕上がる素材です。使い込むほどになじみやすく、カラーの変化も楽しめることで人気の素材です。

スエード

スエード素材は、マットながらベルベットのような上品な光沢がある生地です。カジュアル・きれいめコーデ両方に使いやすく、シーンを選ばず使いやすい生地として人気です。

ポイント2:色選びについて

ポイント2:色選びについて

フォーマルなきれいめコーデに使う場合はブラックやブラウン、ホワイトなど無彩色のものを使うとコーデ全体が落ち着きますよ。
カジュアルコーデやシンプルコーデの場合もベーシックなカラーを使うのがおすすめですが、アクセントカラーとしてレッドやブルーなどの明るいカラーを使うのもコーデ全体がこなれた印象に。

ポイント3:サイズ選びについて

ポイント3:サイズ選びについて

サイズ調整ができる靴ひもやベルトなどがないスリッポンはサイズ選びが重要です。収縮性があるスリッポンとはいえ、ワイドの調節がしにくいため、購入の際は足の長さだけでなく足の「ワイド」も基準に選ぶことをおすすめします。せっかく履きやすいスリッポンなのに、買った後に「足幅が合わない……」となると、残念ですもんね。

スリッポンの着こなしのポイントは?

ここまでカラーや素材など選び方をご紹介してきましたが、実際に履くときはどんなポイントに気をつけて履きこなすと良いのでしょうか?おすすめ履きこなしポイントを5つのパートに分けてご紹介します。

ポイント1:ソックスはフットカバー着用で靴下がはみ出ないように

スリッポンは履きこみが浅いシューズです。そのため、通常のソックスを履くとソックスだけ浮いてしまうだけでなく、脚が短く見えてしまうという残念な結果に。
スリッポンを履く際は、このようなフットカバーを使って足元をすっきりと見せるのがおすすめです。
素足で履いているかのようにきれいにスリッポンを履きこなせます

ポイント2:軽快に着るなら、ボトムスはくるぶし丈ORロールアップが◎

春夏らしく軽快な着こなしをするなら、ボトムスはロールアップすると全体の印象がより軽く仕上がりますよ。また、ロールアップをしない場合はくるぶし丈のパンツやデニムを合わせるのも良いでしょう。
きれいめコーデなら、くるぶし丈のスラックスなどを合わせても軽く上品に仕上がりになりますよ。

ポイント3:ルーズなパンツでスケーターっぽく着るのもあり

スリッポンはバンズやコンバースなど、スケーター御用達ブランドからも多くリリースされており、ストリート系コーデやスケーターコーデにもばっちり合うのも魅力。
ルーズなパンツはもちろん、カーゴパンツやスウェットシャツなどを使ったコーデにも合わせやすく、靴ひもがないシンプルなスリッポンと相性抜群です。

ポイント4:ショートパンツと合わせても大人っぽくきまる

「ショートパンツにはどんなシューズを合わせたら良いんだろう?」「自分がショートパンツをはくとどうしても子供っぽくなる……」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?デザイン・形ともにすっきりとしているスリッポンなら、足元がシンプルに演出されるため、ショートパンツを使ったコーデでも自然かつ大人っぽくきまりますよ。

ポイント5:きれいめコーデのハズしアイテムに

ジャケパンスタイルやセットアップコーデにフォーマルシューズなどを合わせると、どうしても「すきがない」「型にはまりすぎる」コーデになるときがありますよね。そんなときにもスリッポンが大活躍。靴ひもやフォーマルシューズによくあしらわれている金具などもないため、「きれいめコーデのハズしアイテム」として重宝しますよ。

今選ぶべき、人気ブランドのスリッポン

さて、現在どんなスリッポンが人気なのでしょうか?人気ブランドのスリッポンを10点ご紹介します。
どれも使い勝手が良く、コーデを選ばずに使えるベーシックなものばかり。スリッポン初心者の方にも選びやすいはずです。

『バンズ』スリッポン

「キングオブスリッポンブランド」といっても過言ではないであろうブランド・バンズの定番スリッポンです。キャンバス地のこちらのアイテムは、デニムやハーフパンツにとても合わせやすく、スリッポン入門モデルとしてもおすすめのアイテムですよ。

『ナイキ』トキスリップ キャンバス

こちらのナイキのスリッポンは、グリップに優れたソールを使っているため、タウンユースだけでなくアウトドアシーンにも使いやすいモデルです。名前にウィメンズとありますが、サイズ豊富で男性でも履けるサイズが豊富に用意されていますよ。

『コンバース』オールスター スリップ 3 OX

あのコンバースのローカットスニーカーにもスリッポンバージョンがあるんです。
こちらは超定番モデルのロースニーカーだけあり、男女問わず人気のベーシックモデル。
シンプルコーデやマリンコーデにも使いやすく、1足あれば重宝間違いなしのアイテムです。

『トムス』リネンロープソール クラシックス

2006年に登場した新しめのシューズブランド・トムスのアイテム。
リネンで作られた軽くマットなスリッポンは、春夏にぴったりの仕上がりになっていますよ。スリッポンの甲部分にゴムで伸縮加工済みのため、伸縮しにくいリネン素材でも足にフィットしやすい仕様に。

『デデス』デデス 5116

スエード素材を全体にあしらったスリッポンは、色が鮮やかでシンプルコーデやモノトーンコーデなどの差し色として使いやすいアイテム。カラバリ豊富なので、鮮やかカラーだけでなくブラウンやブラックなど普段使いしやすいカラーもまとめ買いするのも良さそうですね。

『オニツカタイガー』アッピア

こちらはレザーの光沢がまぶしいオニツカタイガーのスリッポン。
スニーカーブランドのアイテムらしくスポーティーさが強く感じられるアイテムですが、柄も装飾も何もないため、スポーティーコーデだけでなくカジュアルコーデなど普段使いしやすい仕上がりになっています。

『アルフレッド バニスター』スラッシュスリッポン

こちらは大人っぽいシューズで人気のアルフレッド バニスターのアイテム。
合成皮革×スエードの異素材コンビは、きれいめコーデにもカジュアルコーデにも合わせやすいデザインに仕上がっています。モノトーンコーデやセットアップのハズしとして使うのも良いですね。

『リビエラ』CLASSIC 20° メッシュ スリッポン

スペインの人気シューズブランド・リビエラのスリッポン。
甲部分がメッシュ素材で足をムレから解放してくれること間違いなしのアイテムです。
また、インソールの取り外しが可能なためお手入れも簡単。風合いある素材使いは上品なリゾートスタイルにもぴったりです。

『ミスターオリーブ』ウォータープルーフシュリンクレザー オペラスリッポン

撥水加工を全体に施されている、梅雨時にも雨シミや浸水を気にせずに履けるハイスペックモデルのスリッポン。ソールにはコルクが採用されており、履き心地も軽いのが特徴です。こちらもカジュアル?きれいめコーデと幅広く使えるアイテムとなりそうです。

『ガイモ』エスパドリーユスリッポンシューズ

スペインのシューズブランド・ガイモのエスパドリーユスリッポン。こちらもリネン製で一見伸縮性がないように見えますが、サイドに施されたゴムバンドで履きやすさは抜群。女性サイズも人気のブランドシューズですので、彼女や奥さんとおそろいで履くのも良いですね♪

きれいめからカジュアルまで! スリッポンの着こなしを紹介

ここまでスリッポンについてお話してきましたが、スリッポンに合うコーデにはどのようなものがあるか気になる方も多いのでは?ここからは、スリッポンを使ったきれいめ・カジュアルコーデをそれぞれご紹介します。

▽きれいめ編

きれいめコーデでは、スリッポンと服は無地のものでまとめると全体がより大人っぽい仕上がりに。
全体を無地で統一することでカジュアル感もなくなり、よりきれい見えしますよ!

かっちりしがちなジャケットコーデも、タイトめデニムとパステルブルーのスリッポンを合わせることでうまくカジュアルダウンできていますね。全体が同系色でまとまっているだけでなく、ジャケット・ボトムスともにロールアップされており、長さバランスも均一です。

こちらは光沢感のあるセットアップに、マットな質感ながら光沢が美しいレザースリッポンが映えている大人コーデ。インナーシャツとスリッポンのカラーがブラックで統一されているため、セットアップは膨張色ながら全体が引き締まって見えますね。

こちらは全体の質感が統一されたきれいめコーデ。マットな質感のスリッポンを使うだけで、全体のきれいさがほどよくカジュアルダウンされていますね。足元のすっきり感とチェスターコートのストンとしたデザインもきれいにマッチしています。

こちらも色数が限定されたコーデ。ジャケットのネイビーとスリッポンのネイビーが統一されており、清潔感だけでなく清涼感も感じられる仕上がりに。ネイビーを上下に使うことでインナーとパンツのペールカラーがより引き立つ効果が生まれています。

ジャケパンに合わせるのはレザーシューズ……ではなく、コンバースのスリッポン!こちらも飾りっ気がないベーシックなシューズのせいかジャケパンコーデに合わせてもまったく違和感がありません。裾のロールアップで足首を見せてより夏らしさの感じられるコーデに。

▽カジュアル編

春夏シーズンらしく着こなすなら、淡いカラーや、ポイントカラーとして明るめカラーのスリッポンを合わせるのがおすすめ。服のカラーやコーデを選ばず、爽やかな仕上がりになりますよ。

全体をネイビーでまとめた夏らしい爽やかコーデですが、足元にペールブルーのスリッポンを合わせることで全体に抜け感が感じられるコーデに。ここをネイビーで合わせても良いのですが、あえてトーンの薄いペールブルーを合わせることで全体がより生き生きした印象に。

全体がグレーやアイボリーでまとまったコーデですが、足元にオフホワイトのスリッポンを合わせるだけで全体のトーンが明るくなった視覚効果が感じられるコーデです。ここで同トーンのベージュやグレーでなくホワイトを合わせることでより清涼感のある仕上がりに。

こちらのマリンテイストコーデにもホワイトのスリッポンが使われていますね。マリンボーダー×ホワイトは鉄板のコンビ。初心者の方でも簡単に取り入れやすい色・柄の組み合わせですよ。青みの強いデニムも、ボーダーとホワイトスリッポンの明るさをより引き立てています。

カーキなどで統一されがちなアウトドアコーデですが、足元にレッドのスリッポンを差し色にすることで全体がよりこなれた印象に。
ほかのアイテムではレッドの面積が広くなるためミスマッチが起こりがちですが、シューズにレッドを使うことで全体が引き締まって見えます。

ボトムスにブラック、シューズにサンドカラーのスリッポンを合わせることで、若草色シャツがより明るく見える仕上がりに。こちらのように渋めトーンの服を合わせる場合は、服よりも色みが少ないものを合わせると渋めトーンの服がより鮮やかに見えますよ。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る