ランニングシューズで即実践。軽快な春の旬コーデ

今春も注目度が高いスポーティな着こなし。難しいと思われがちですが、ランニングシューズを活用すれば簡単に実践できるのです。その方法を着こなし例とともに紹介します!

ランニングシューズで即実践。軽快な春の旬コーデ

ランニングシューズが春コーデに使える理由

春のコーデには、“軽快さ”が欲しくなるもの。ただし、軽快さをどのように演出するのかを毎日考えるのは、なかなか大変だったりしますよね。そこでおすすめしたいのが、ランニングシューズをコーデに取り入れること。その理由を挙げるとこんな感じでしょうか。

●通気性を加味した素材感が、春の空気感にマッチ
●豊富なカラー展開で、足元の好アクセントに
●レトロもハイテクも、“ハズし”に使えるルックスばかり
●1万円前後で手に入るのでお財布にやさしい

上記の理由から、春コーデにランニングシューズを活用するのがおすすめです。

ランニングシューズを使った春コーデ。3タイプの着こなし方

ランニングシューズを着こなしに取り入れるとはいえ、どんなコーデがよいのでしょうか。ここでは、そのヒントとなる3タイプの着こなし方を紹介します。手持ちのアイテムやあなたの気分に合わせて、春のコーディネートを楽しみましょう。

@ランニングシューズで上品コーデに“ハズし”を加える

大人の着こなしには清潔感がマスト。そのため、手持ちのアイテムも上品なものが多くなるでしょう。そんな大人の日常着であるジャケットやコートとランニングシューズで“ハズす”のが、春コーデを攻略する方法のひとつです。

着こなし1

白のタートルネックカットソーと、グレーのスラックスという上品な組み合わせ。ここに、レトロなルックスのランニングシューズを取り入れるだけで、カジュアルダウンが成立します。シューズの色みをトップスやパンツと合わせているので、シックな雰囲気が損なわれていない点も大人らしいまとめ方ですね。

着こなし2

先程とは反対に、黒のセットアップとは真逆の白いランニングシューズが軽快。パンツの丈を短くすることで、より春らしい表情にスタイリングしています。

着こなし3

ダークトーンな装いながらも、ランニングシューズのホワイトのアウトソールが軽さをアシストしています。洗練されたフォルムの『ナイキ』エアマックス90ならば、大人でも難なく履きこなせるでしょう。

着こなし4

ネイビーのジャケットとデニムパンツでカジュアルシックなルックスに仕上げつつ、足元でハズしている点がおしゃれですね。シューズ自体の色みは落ち着いていながらも、イエローのシューレースでアクセントを加え、足元に春らしさを集中させているところが実に参考になりますね。

着こなし5

セットアップスーツのインナーに、トラックジャケットを取り入れた上級者の着こなし。特筆すべきは、『アディダス』のランニングシューズでさらにスポーティな要素を加えていること。トラックジャケットとの色合わせも計算されていて見事です。

着こなし6

ジャケットを使った大人のカジュアルコーデに、『サッカニー』のランニングシューズが好相性。レトロな表情の顔立ちながらも、ほかのアイテムとなじんでいるのは色を使ったテクニックのおかげ。ランニングシューズのタンやロゴと、カットソーのボーダー柄との色がリンクすることで統一感を高めています。

Aランニングシューズでカジュアルコーデをスポーティに

カジュアルな着こなしは大人の休日に欠かせません。ただし、休日だからといって「何でもいい」わけではありませんよね。陽気な春こそ、軽快なランニングシューズを取り入れて季節感を演出していきましょう。

着こなし1

カーキのパンツとジップアップパーカーという、男らしさ全開のコーデ。ここに『アディダス』のランニングシューズを取り入れるだけで、足元に軽さを加えることが可能です。トップスやパンツがベーシックな色みなら、足元はカラフルな色みをセレクトするのもアリですね。

着こなし2

上下にスウェット素材を用いながらも野暮ったく見えないのは、色の合わせ方と足元のランニングシューズが要因です。『アディダス』がここ数年リリースしているブーストシリーズなら、ルックスの鮮度が高いため汎用性も抜群。カジュアルなコーデも、大人顔にしてくれます。

着こなし3

『ナイキ』往年のレトロなランニングシューズがカジュアルコーデにマッチしています。トップスやパンツは控えめの色みながら、足元で引き締めるテクニックは実践しやすいのでは?

着こなし4

トラックジャケットが主役のスポーティな着こなしです。こちらのように、スポーツ要素が高いアイテムをコーデに取り入れる時は、シックな色みのランニングシューズをセレクトするのが正解。

着こなし5

黒と白を使ったモノトーンな着こなしながらも、リブパンツやランニングシューズで軽快に仕上げたコーディネート。バケットハットなどの小物のセレクトにもトレンド感がありますね。

着こなし6

ざっくりとした表情のニットとアンクル丈のパンツを合わせたカジュアルな着こなし。『ナイキ』のランニングシューズが着こなしを邪魔することなく、大人らしい表情にまとめてくれています。

Bランニングシューズでシンプルコーデにアクセントを

レトロなモデルであれ、ハイテクなモデルであれ、ランニングシューズにはそれぞれに“走る”ことに特化したスペックが組み込まれています。このような要素は、その見た目にも反映されているため、シンプルなコーディネートにアクセントを加えたい時にぴったり。ランニングシューズがあれば、春先の着こなしをよりおしゃれに演出してくれるでしょう。

着こなし1

デニムシャツとリブパンツに合わせたランニングシューズで、一気に春のムードを盛り立てています。鮮やかなカラーのランニングシューズは、着こなしに変化を与えてくれるので、一足は持っておいても損はありません。

着こなし2

『アディダス』のランニングシューズが印象的。ほかのアイテムを見ると、ベーシックなものや色みばかりですので、ランニングシューズの鮮やかさが際立っています。

着こなし3

暖かな日には、ボーダーTシャツ一枚で過ごしたいもの。タイトな黒のパンツと合わせた『ナイキ』のエアマックスで、都会的なルックスに仕上げています。ベーシックながらもストリート感があり、休日におすすめしたいコーデです。

着こなし4

MA-1やリブパンツなどの旬アイテムは、控えめなカラーをチョイス。ここにカラフルなランニングシューズを投入し、春らしい軽快なコーデにまとめています。鮮やかなランニングシューズを取り入れる際は、ほかのアイテムは落ち着いた色みを選択するとおしゃれにキマる、という方程式が実証されていますね。

着こなし5

ノーカラーのジャケットやバンドカラーのシャツ、細身のパンツなど、どのアイテムを取ってみてもおしゃれ度は抜群。ただし、インパクトを誘うのはネオンカラーのソールが印象的な足元ではないでしょうか? もちろん、ブーツなどで足元を固めるのもアリですが、やはり春はランニングシューズで季節感を楽しむのが正解のようです。

着こなし6

こちらもネオンカラーのソールが印象的な着こなしですね。マウンテンパーカーやクライミングパンツなど、アウトドアな装いながら、ハイテク顔のランニングシューズでアーバンな雰囲気を演出しています。

まとめ:ランニングシューズで春を先取りしましょう

ランニングシューズを使ったコーディネートは、そのバリエーションが実に膨大。今回紹介した3つのタイプに沿って春コーデを実践するのも、ご自身ならではの着こなしを楽しむのもアリでしょう。

なんといっても、手持ちのアイテムを使った着こなしにランニングシューズを取り入れるだけという簡単なテクニックですから、挑戦しないともったいない!

紹介した着こなし例も合わせて参考にしつつ、ぜひとも春の気分にマッチするランニングシューズのコーデを楽しんでください!

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る