いつか欲しい!失敗しない極上ブランドのあのアクセ!!

タスクラ世代なら、誰しもが雲上ブランドのアクセサリーに憧れを抱いているはず。一度は身に纏いたい、ラグジュアリーブランドのなかでも“これ”というアクセをお披露目。

いつか欲しい!失敗しない極上ブランドのあのアクセ!!

1点投入するだけで、装いのクラス感が変わります!

雲上ブランドのアクセサリーはいずれも洗練された見栄えで、装いに取り入れれば比類なき存在感を発揮。なおかつ、大人にとって一種のステータスと言えるものだけに、所有欲も同時に満たしてくれます。

ここでは、ネックレスやリングといったアクセの王道から、カフスなどビジネスユースの逸品まで、幅広くチョイスしてみました。

“この極上ブランドならあのアクセ”というアイテムを選びましょう

極上ブランドというだけあって、どのアイテムを選んでも基本的には高額になってしまうのは仕方のないことですが、それだけに安定した人気のデザインを選びたくなるのが人間の性。

そこで今回は、着こなしのクラス感を格上げしつつ、“このブランドといえばあのアイテム”といえる商品を厳選してみました。

大人のセンスを格上げする、極上アクセ8選

Item1

『フレッド』のブレスレット

女子人気も高いパリのモダンジュエリーブランド、『フレッド』の看板シリーズとして君臨するフォース10。デザインはヨットに使われるケーブルとシャックルからインスパイアされています。さまざまなバリエがありますが、今作はステンレススティールを束ねたケーブルと18Kイエローゴールドのコンビ素材。

価格.comで探す

Item2

『ダミアーニ』のネックレス

セレブリティの中にも愛用者が多い、イタリアのトップジュエラー『ダミアーニ』。高層ビルと碁盤の目状に広がる街から着想されたメトロポリタンドリームは、ブランドのアイコニックなシリーズです。ユニセックスなデザインのネックレスだから、パートナーとのシェア使いもオススメ!

価格.comで探す

Item3

『ルイ・ヴィトン』のベルト

『ルイ・ヴィトン』は1854年に創業したパリの旅行鞄店に端を発し、現在ではもはや説明不要のラグジュアリーブランドに。ここお得意のダミエグラフィットが配されたベルトは、シックなカラーリングゆえ多種多様なスタイルにフィットしてくれます。バックルに採用されたLVロゴもコーデの格上げに貢献。

価格.comで探す

Item4

『クロムハーツ』のキーリング

1988年に設立された、アメリカが誇るシルバーアクセ界の重鎮ブランド。ジュエリー=女性的というイメージを打ち破る、ラギッドなアイテムが『クロムハーツ』の十八番です。このキーリングも、クロス×ダガーの男らしさに満ち溢れるデザインとなっています。デニムスタイルにさらっと取り入れるのが◎。

価格.comで探す

Item5

『ロンワンズ』のリング

『クロムハーツ』創設時のメンバーにより立ち上げられたジュエリーブランドとしておなじみ。本モデルはブランドの主軸であるメイティングフライトコレクションより。繊細な模様が配された18Kローズゴールド製のハンドメイドボディに、2石のダイヤモンドをセットした品格漂う仕上がりです。

価格.comで探す

Item6

『ブルガリ』のカフス

みなさまご存じ、1884年に創設されたイタリアきってのメゾンブランドから。こちらはピンクゴールドとシェルの高鮮度なコンビ素材となっており、チラ見せでも主張度は十分です。カフスはビジネススタイルにおいて着用が許される数少ないアクセだけに、周囲とは一線を画す逸品で差をつけたいところ!

価格.comで探す

Item7

『パテックフィリップ』のタイバー

世界3大時計メーカーにも数えられるスイスの名門『パテック フィリップ』。実は、こんなタイバーをリリースしていることはご存知でしたか? イエローゴールドを使った贅沢なデザインですが、ここらしく時計をイメージソースとしていて程よいお茶目感も兼備。上質かつ洒脱な好アイテムなんです。

Item8

『エトロ』のバッグ

1968年にミランで生まれた『エトロ』は元々生地メーカーだっただけあり、他にはない独創的なファブリックを強みとしています。この2WAYバッグでは、洗練されたカシミール模様の生地をボディに採用。華やかなコーディネートを演出してくれます。A3大のサイズ&多ポケット仕様で、使い勝手もハイレベルです!

価格.comで探す

ページトップへ戻る