3万円台で厳選。オン・オフ使えるおすすめの革靴一覧

革靴はビジネスマンの大切な相棒。見た目もこだわりたいところですが、価格が気になるのも事実では? そこで、3万円台の革靴をご紹介。大人ならではの4タイプ、必見です!

キーワード:

3万円台で厳選。オン・オフ使えるおすすめの革靴一覧

突然ですが……。革靴って何足持っていますか?

突然ですが……。革靴って何足持っていますか?

日々のハードワークをともにするからこそ、愛着が持てる一足を選びたいもの。しかし、こだわりが強すぎて「1足しか持っていない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? でも、本来は3、4足を履きまわすのがベター。その理由をさくっと解説します。

革靴を複数所有しなければならない理由

あなたの汗は、革靴に対するダメージの源

理由1

あなたの汗は、革靴に対するダメージの源

革靴を履いているだけでも、足は相当量の汗をかいています。靴下でカバーしているとはいえ、毎日同じものを履き続けてしまうと、それにともなう革靴への負担も大きいのです。履いた革靴を換気して、清潔な状態を保つためには、やはり何足かの革靴をローテーションすることが望ましいでしょう。

革靴だって、休みたい

理由2

革靴だって、休みたい

革靴に使われているレザーは、日々のダメージを敏感にキャッチします。これが重なると、ボロボロになったり、革ならではの光沢感が損なわれたりと、品質を落としてしまうことにつながります。少しでも負担を減らすために、一度履いた革靴は休ませてあげるとよいでしょう。そのためにも何足か保持することが、お気に入りの一足を1軍に、休日でも履けるカジュアル顔の革靴を2軍に、といったコーデ術を可能にします。悲鳴を上げて履けなくなってしまう前に、十分な休息期間が必要なのです。

ビジネスマンの1軍選手。“黒スト”を、3万円台で新調しよう

ここからは、3万円台で狙いたい革靴をピックアップしてご紹介。はじめは、大人ならば誰もが持っていたい黒のストレートチップから。ビジネスはもちろん、冠婚葬祭でも使える革靴ですから、黒のストレートチップを複数所有するのもアリですよ。

アイテム1

『ジャラン スリウァヤ』/30,240円(税込)

ここ数年の間で、セレクトショップ御用達のブランドとなった『ジャラン スリウァヤ』。ハンドウェルテッドグッドイヤー製法でありながら、3万円台で購入できること、さらに洗練されたルックスで注目を集め続けているブランドです。

アイテム2

『タケオキクチ』/28,080円(税込)

甲の内側にゴムが入っているため、フィット感は抜群。また、住友スリーエム社が開発した撥水効果が高い保護剤を浸透させたレザーを採用しているため、水や油、汚れに強いのが特徴です。

アイテム3

『アルフレッドバニスター』/22,680円(税込)

雨天用のストレートチップも、一足はそなえておきたいもの。そんなニーズに対応するのがこちらのシューズです。透湿防水に長けたアッパー素材やソールなど、その機能性は十分。それでいてベーシックな顔つきですから、おすすめしないわけにはいきません。

アイテム4

『リーガル』/25,920円(税込)

忘れてはいけないのがこちらのブランド。コスパ抜群のシューズブランドとして誰もが愛用しているであろう『リーガル』です。こちらのモデルは一見シンプルなストレートチップですが、ライニングにクールマックス(R)素材を採用し、シューズ内部のムレを低減してくれるのです。春から夏にかけて狙い目の一足ですね。

アイテム5

『シップス』/38,880円(税込)

セレクトショップのオリジナルモデルらしい洗練サタ印象がたまりません。半カラス仕上げのソールが、ドレッシーな表情をさらに品よく仕上げています。さまざまなこだわりから生まれた一足は、毎日のハードワークの相棒として申し分ないのでは?

シーン不問。オン・オフ履ける万能選手とコーデをチェック

「黒のストレートチップは持っているから、もう少しカジュアルな革靴がほしい」。そんな男性におすすめしたい革靴をピックアップ。ビジネスでも履けるルックスですから、買い増しを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめ1

▼茶系の革靴ならば休日も履ける

ここで紹介するのは、茶系の革靴です。色みにもよりますが、茶系の革靴はオン・オフでも履けるため使用頻度が多くなるはず。ですから、好みに合わせてじっくりと選ぶことが重要です。

アイテム1

『グリーンレーベルリラクシング』/21,600円(税込)

外羽根のストレートチップは、まさにビジネス顔の一足。休日に着用するデニムパンツやチノパンツとも相性がよく、1足は持っておいても損はしないでしょう。

アイテム2

『アルフレッドバニスター』/24,840円(税込)

渋〜い色みが男心に刺さる『アルフレッドバニスター』のサイドゴアブーツ。黒のストレートチップ同様に、こちらも透湿防水素材を採用しています。機能も見た目も◎……。『アルフレッドバニスター』、スゴい!

アイテム3

『ジャランスリウァヤ』/32,400円(税込)

紳士的なルックスが魅力のセミブローグシューズ。これからの季節ならば、グレーのスラックスや白パンツと合わせて履きたいですね。シンプルなコーディネートでも、こんなルックスの足元ならば大人らしいムードが演出できるでしょう。

着こなし1

ダウンベストやチェックシャツ、キャップなどカジュアル色が強めのコーディネート。ここに淡いブラウンの革靴を投入するだけで、大人らしい着こなしに。

着こなし2

アウトドアのイメージが強いマウンテンパーカーが主役のコーデながらも、スキニーパンツと革靴で上品な趣に。アウターと革靴の色みを同系色でまとめているのもポイントです。

着こなし3

カーキのワントーンコーデで、おしゃれなムードたっぷりの着こなしです。足元は茶系の革靴で、品のよさを加味しています。カーキとの相性もよく、バランスが取れた着こなしといえるでしょう。

おすすめ2

▼冠婚葬祭用のプレーントゥだって、コスパ良く

過度な装飾が無いプレーントゥも、冠婚葬祭に備えて所有しておきたい革靴の一種です。誰もがイメージするであろうぽってりとしたフォルムのモデルや、シルエットが引き締まり洗練されたモデルなど、近年ではさまざまな形がラインアップされています。

アイテム1

『シップス』/20,520円(税込)

マッケイ製法で作られたオックスフォードシューズ。シャープに偏りすぎないフォルムが、落ち着いた大人の足元を演出します。

アイテム2

『ジャランスリウァヤ』/36,720円(税込)

カーフ素材に樹脂をかけ、光沢感を出したハイシャインレザーを採用したプレーントゥ。適度なボリューム感とスッキリした印象のバランスがよく、都会的なルックスに仕上がっています。

アイテム3

『ロンドンシューメイク』/28,080円(税込)

プレーントゥらしい、ぽってりとした表情が愛らしい一足。スラックスはもちろん、濃紺のデニムパンツやチノパンツと合わせて、野暮ったさをあえて狙うのもアリかも!?

着こなし1

レザージャケットと革靴の相性は抜群。こちらのコーデは、チノパンやカットソーでカジュアル感を加味している点がおしゃれです。シンプルながらも、品よくまとめた大人らしい着こなしですね。

着こなし2

プレーントゥのルックスがジャケットとマッチした上品なコーディネート。シューレースの赤が、着こなしの好アクセントとして機能しています。

着こなし3

ぽってりとしたルックスのプレーントゥシューズには、程よくスリムなストレートパンツがよく似合います。パンツをロールアップさせて旬を取り入れることで、遊びを加味している点が参考になりますね。

おすすめ3

▼ローファーならばカジュアルにも対応

この春注目すべき革靴といえば、ローファーです。今季はアンクルカットのパンツや、ロールアップしたデニムパンツと合わせて軽快なコーデが楽しめるため、買い増しリストの候補に仲間入りさせてはいかがでしょうか?

アイテム1

『ジャランスリウァヤ』×『ビームスライツ』/34,560円(税込)

アッパーにカーフを使用した自然な光沢感のローファーです。ダイナイトソールを装備し、耐久性に優れ、水を吸わないというメリットも。ビジネスシーンでも活躍してくれることは間違いありませんね。

アイテム2

『ジャランスリウァヤ』/34,560円(税込)

同ブランドオリジナルのローファーは、スタイリッシュなルックスが持ち味。スラックスにはもちろん好相性ですが、ラフなデニムパンツを品よく見せたい時にも重宝します。

アイテム3

『シップス』/20,520円(税込)

『シップス』オリジナルのスエードローファーは、イタリア調のスマートな表情が◎。ていねいに縫られたモカ縫いは、ビジネスシーンはもちろん、カジュアルなファッションでも男前度をアップさせてくれるはず。

着こなし1

チノパンツとレジメンタルタイでアイビーなコーデを確立。淡いベージュのローファーで、着こなしをやわらかくまとめています。

着こなし2

アンクル丈のデニムパンツやボーダーのトップスなどが持つカジュアルな要素を、小物でドレスアップさせています。とくに、黒のローファーがコーデを引き締めている点が見事。

着こなし3

デニムジャケットと白パンツというシンプルな着こなしながら、ローファーで大人顔にまとめたコーディネート。パンツの丈を短めに設定することで爽やかにまとめている点は、春コーデの参考にしたいですね。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る