徹底調査!デイリーに履ける革靴とフォーマルな革靴

革靴は男性の必需品。とはいえシーンに応じて革靴を履き分けることも必要です。今回はデイリーに履ける革靴とフォーマルな革靴について解説し、おすすめやコーデをご紹介。

徹底調査!デイリーに履ける革靴とフォーマルな革靴

デイリーに履ける革靴とフォーマル仕様の革靴。その違いは大きく分けてこの3つ

革靴とひと言で表現してもその種類はさまざまです。多岐にわたる違いに「革靴って何をどうやって選んだらいいのか、実はよくわからない」という方もいらっしゃるでしょう。そこで、まずは革靴のデザインや素材、そして色の違いによって“デイリーに履けるのか”、“フォーマルにふさわしいのか”を解説していきます。

違い@:まずは押さえるべき革靴の種類

はじめに解説するのは、革靴のデザインについて。着こなしにも関わることですが、ここでは革靴のデザインについてのみ言及し、その違いを説明します。

デザイン1

フォーマルに備えて、外羽根式プレーントゥ

革靴におけるもっともオーソドックスな一足といえば、外羽根式プレーントゥではないでしょうか。そもそも、“羽根”の違いについてですが、これは靴ひもを通す鳩目という穴と足の甲の部分の構造によって名称が異なります。外羽根式は、甲の部分と鳩目とが一体化しておらず、履き口が外に開く仕様となっており、活動的な場に向いているといわれています。また、プレーントゥとはその名のとおり革靴のつま先に飾りのないデザインのことをさしています。革質そのもののよさが見た目で伝わる上品なデザインですが、あまりにも武骨なデザインは年齢以上に重厚感があるのでセレクトの際はご注意を。

デザイン2

ビジネスで履きたい、内羽根式ストレートチップ

内羽根式ストレートチップとは、靴ひもを通す鳩目という穴と足の甲の部分が一体化した内羽根式と、つま先の皮の切り替えがストレートになっているシューズをさしています。丈夫な印象を与える内羽根式ストレートチップの革靴はビジネスマンの足元を固める相棒。フォーマルなシーンには向いていますが、デニムパンツをはじめとするカジュアルなパンツには不向きです。

デザイン3

チャッカブーツは時期を選んで楽しもう

チャッカブーツの特徴は、くるぶし丈であることや2〜3対の鳩目、そして着脱の容易さといったところでしょうか。シンプルでいて品よくまとめられた外見から、“チャッカブーツはドレスシューズの延長”といわれることもしばしばですが、ビジネスをはじめとするフォーマルなシーンでの多用するのは避けたほうがよいでしょう。夏場のクールビズなど、勤務中の服装に対するルールが緩和される時期や、冬に活躍するボリューム感のあるツイード製のパンツなどには好相性。もちろん、カジュアルなシーンではどんなシーズンにも◎。普段のオフコーデに、上品な味付けをするならば選んで間違いはありません。

デザイン4

どちらかといえばカジュアルなローファー

ローファーというと若かりし学生時代を思い出すのは筆者だけではないでしょう。そう、あのローファーです。そもそもローファーとは、“loafer=怠け者”を指す言葉。靴ひもを結ぶ必要がなく、着脱が容易であることがローファーという名称の由来だそう。そんな出自もあってか、フォーマルなシーンには不向きとされています。チャッカブーツと同様に、クールビズなどの時期にはおすすめしたいところですが、これもまた多用するのは避けましょう。むしろ、デニムやチノパンツなどのカジュアルなパンツに合わせてクラシカルな着こなしを楽しむのがおすすめです。

デザイン5

アメカジと好相性なエンジニアブーツ

エンジニアブーツは、1930年代のアメリカにて誕生した安全靴のこと。労働者のために作られたディテールなどを見ると、デニムの出自ともリンクしています。そんな経緯もあって、デニムパンツとの相性は抜群。経年変化も楽しめる革靴のひとつですので、「革靴を長く愛用したい」という方はぜひ購入候補のリストに仲間入りさせましょう。ちなみに、フォーマルシーンで履くことはあまりおすすめできません。あくまでもカジュアルなシーンで活用しましょう。

デザイン6

アウトドアといえばマウンテンブーツ

登山用に作られたマウンテンブーツやトレッキングブーツは、いうまでもなくカジュアルなシーンのためのもの。その頑強な見た目はデニムにはもちろん、ハーフパンツなどと合わせてアウトドアな着こなしを楽しみたい人にはおすすめです。スラックスなどと合わせて“ハズし”を取り入れるのもアリですが、フォーマルなシーンには避けるべき。あくまでも、デイリーのための一足として、秋冬の主役シューズとして愛用したいものですね。

違いA:革質の違いによる表情の変化

デザインの違いについて学んだら、次は革靴の素材について学びましょう。革質が異なるだけで表情が変わるので、それによって印象を操作することもできるのです。

素材1

革靴の素材といえば、牛革が定番

革靴の素材のなかで多く使われているのが牛革です。その理由は、丈夫であることと牛革が放つ上品な見た目。革質がよければよいほど、美しいツヤが楽しめるのも魅力で、愛好家も多くいらっしゃるのではないでしょうか。当然のことながらフォーマルなシーンには適当な素材です。ただし、デイリーに履ける革靴でも多く使われている素材のため、「牛革の革靴がほしい」という方はシーンに応じてデザインをセレクトしましょう。

素材2

紳士のための革素材、コードバン

コードバンとは、馬のお尻の真皮を使った革のこと。なめらかなツヤと硬質な頑強さを兼備する革として知られており、財布などで採用されることも多くあります。コードバンを使った革靴は、高級紳士靴の代表として数えられ、男性であれば一度は実物を手にしてみたいと思うのが本音ではないでしょうか。こちらもデザインによりますが、フォーマル向けの革靴で使用されるのがメジャーです。

素材3

スエード

スエードは、革の内側をサンドペーパーなどで起毛させることによる独特な表情が魅力です。やわらかな質感はもちろん、色みの経年変化など、その長所は挙げればキリがないほど。万能な素材で、デイリーやビジネスシーンでは取り入れられるのですが、冠婚葬祭にはNGとされていますのでご注意を。

違いB:色みの違いもチェックして

「おしゃれは足元から」という言葉が示すとおり、以外と足元には他人の目が行き届いています。デザインも大切なのですが、見た目に関する要素として色みについても注意を払うのが大人というもの。色みの違いは一見シンプルですが、奥が深いのでチェックしていきましょう。

色み1

フォーマルシーンで頼りたい、ブラック

堅固な印象を与えるブラックは、ビジネスマンがはじめの一足として持つべきシューズです。同色はもちろん、グレーやネイビーのスーツとも相性がよいため、フォーマルなシーンでは重宝するでしょう。カジュアルなシーンにおいては、足元を引き締めたい時に便利です。

色み2

幅広いシーンで使える万能色、ブラウン

ブラックやグレーのスーツともなじみやすく、デニムやチノパンツなどのカジュアルなシーンとも相性よくまとめられるのが、ブラウン系の革靴です。ブラウンといっても色みの濃淡によって印象は変わりますが、ビジネスにもフォーマルにも使える一足として活躍します。ただし冠婚葬祭などの際は、ブラウンはNG。厳粛な場においては黒の革靴を選びましょう。

色み3

春夏のカジュアルスタイルにおすすめ、ベージュ

やわらかなベージュは、実は難易度が高い色。スエードの場合は素材感と色みがマッチするため履きこなしやすいのですが、牛革になると話は別。いずれにしても、カジュアルな場面での着用がおすすめで、フォーマルなシーンで着用するのは避けましょう。「フォーマルなシーンではベージュの革靴はNG」というよりは、難易度が高いためカジュアルなシーンで履く色みであることを念頭に置くとよいでしょう。

シーン別。おすすめの革靴&コーデをピックアップ

革靴の基本を押さえたあなたに、おすすめの革靴とコーデサンプルをお届けします。デイリーのための革靴とフォーマルなシーンのための革靴、2つの違いをチェックしつつコーデの参考にどうぞ!

デイリー使いしたい革靴。おすすめ5選

アイテム1

『クラークス』デザートブーツ

なめらかなフォルムと、上質な起毛感が特徴のデザートブーツです。デニムをはじめとするカジュアルなパンツにも似合いますし、グレーのスラックスなどと合わせて上品な大人カジュアルを演出するのもアリ。

アイテム2

『ジャラン スリウァヤ』×『ビームスライツ』ペニーローファー

カジュアルなイメージが強いローファーですが、こちらの一品はアイテム自体の表情がドレッシーなため、着こなしを大人らしく見せたい時に便利。

アイテム3

『パラブーツ』×『インターナショナルギャラリービームス』別注シャンボード

高い堅固性と防水性を誇る『パラブーツ』のシャンボード。ソールにも工夫が施されているため、履き心地も抜群です。また、別注品ならではのホワイトソールや、見事なまでに美しい曲線美を描くフォルムも魅力。

アイテム4

『チペワ』エンジニアブーツ

木材を切り出して運ぶ伐採人たちの足を完璧に保護する高品質のブーツを開発することからスタートしたという『チペワ』。こちらのエンジニアブーツは、そんなエピソードの説得材料としては十分な程の堅固さを誇ります。たくましい見た目は、ぜひデニムと合わせて男らしくコーディネートしたいところ。

アイテム5

『ダナー』ダナーライトリバイバル

1980年代初頭に誕生したダナーライトをリバイバルしたモデルです。サイドパターンやヒールカウンター、シュータンの窓開きパターンなどに改良を加えつつも、オリジナルモデルを踏襲したルックスが◎。

デイリーに履ける革靴を使ったコーデサンプル

コーデ1

リネン素材のコートや白パンツで軽快に装いつつも、足元は外羽根式の革靴で引き締めています。カジュアルに寄りすぎず、品のよさを感じさせないデイリーファッションです。

コーデ2

カーキ色のシャツとデニムパンツにライトブラウンの革靴が好相性。あえてストレートチップのデザインを選択することで、大人らしい着こなしにまとめています。

コーデ3

『パラブーツ』のシャンボードを、これでもかというほどに巧みにまとめ上げた着こなしです。丈の短いデニムパンツやアースカラーでまとめたトップスに、革靴が絶妙にマッチ。デイリースタイルながら、”きちんと感”のあるハイセンスなコーデに拍手。

コーデ4

ブランドのロゴTシャツとデニムパンツというカジュアルな着こなしに、『クラークス』の革靴をチョイス。足元に品を与えるだけで、普段のカジュアルコーデが見違えます。

コーデ5

エンジニアブーツを取り入れたコーデの好例がこちら。デニムのロールアップや襟元のバンダナ使いで、おしゃれに着こなしています。

フォーマルなシーンのための革靴。おすすめ5選

アイテム1

『オールデン』コードバン プレーントゥ

コードバンをぜいたくに使用したプレーントゥは、上質な革素材による品のよさと革靴のシンプルな見た目が持つ武骨な表情が魅力。外羽根式の仕様となっているので、動きやすさも兼備されています。

アイテム2

『エディフィス』ストレートチップ

イギリスのメーカーをイメージソースとしたというストレートチップ。日本人の足型に合わせてヒールカップやウエストのシェイプが調整されているため、履きやすさは保証済み。

アイテム3

『バーウィック』内羽根式ビジネスシューズ

一枚革で作られたホールカット(ワンピースとも)といわれるデザインの革靴です。こちらもフォーマルなシーン向けの一足で、スペイン国内の上質なボックスカーフが採用されている点が特徴。

アイテム4

『ジャラン スリウァヤ』プレーントゥ

カーフレザーに樹脂加工を施したというこちらは、よりなめらかな光沢感が楽しめる一足です。シンプルな外羽根式の革靴ですので、合わせるパンツを選ばないフォーマルに履ける革靴。「革靴を新調したい」という方にはおすすめですよ。

アイテム5

『マドラス』ストレートチップ

こちらは少々変わり種。防水耐久性に優れたゴアテックスを使用しているため、雨天用の革靴として持っておくと便利です。機能性だけではなく、洗練されたフォルムも紳士が持つ革靴として申し分ありません。

フォーマル仕様の革靴を使ったコーデサンプル

コーデ1

ジャケットとチノパンツにプレートゥを合わせたビジネスカジュアルな装いです。チノパンはあえてストレートなタイプをロールアップさせ、足元に軽快さを加味。革靴の存在感も引き立つ、上級者のテクニックですね。

コーデ2

ダークトーンのジャケットとブラックの革靴で、ライトグレーのパンツをサンド。”かちっと感”を出しつつも、どこか涼しげなたたずまいで、季節感も考慮している点は、まさにビジネスコーデのグッドサンプルです。

コーデ3

ネイビーのスーツに『シップス』の革靴を合わせたフォーマルな着こなし。メガネやネクタイ、チーフ使い、さらにはレザーバッグなどの小物合わせも完璧です。

コーデ4

ネイビーのジャケットとグレーのスラックスにブラウンの革靴という色みの組み合わせで、おしゃれなビジネスファッションに。革靴以外は明るい色みをセレクトすることで、足元の存在感も引き立てています。

コーデ5

ダブルジャケットやバンドカラーシャツ、アンクル丈のパンツというクセのあるアイテムを組み合わせていますが、ブラックの革靴で引き締めることで上品にまとめています。サイズ感や色みのバランスは、ぜひ参考に。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る