別注・コラボレーション

ノスタルジーを宿して。あの名作“BTTF”が送る初の公式ウォッチ

ノスタルジーを宿して。あの名作“BTTF”が送る初の公式ウォッチ

未来都市、宇宙戦争、はたまたタイムトラベル……。子供の頃、そんな“SFモノ”の映画をワクワクしながら見ていた経験は、男なら誰もがあるに違いない。奇しくもTASCTAP世代…

山崎 サトシ

定番の1足にスタッズが。USブランドのコラボサンダルに熱視線

定番の1足にスタッズが。USブランドのコラボサンダルに熱視線

ハワイを拠点とするサンダルブランド『アイランドスリッパ』。実は福島からハワイに移住した日本人、本永瀧蔵氏が立ち上げたブランドなんです。同ブランドのサンダルは日…

髙須賀 哲

エヴァ×フラグスタフ。傑作コラボTシャツで高める新作への想い

エヴァ×フラグスタフ。傑作コラボTシャツで高める新作への想い

いよいよだ。我々は、前作の公開から約7年半も待ち続けた。“さらば、全てのエヴァンゲリオン。”そう謳う劇場版最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は近日公開予定だ…

増山 直樹

攻めのコラボ再び。新旧合体デニムで個性を演出

攻めのコラボ再び。新旧合体デニムで個性を演出

2019年、『リーバイス』と『ビームス』のコラボレーションによって展開された「インサイド・アウトコレクション」。セルビッジが表になるように生地を裏返したり、“BIG E…

髙須賀 哲

人気者同士のコラボキャップ、再び。都会の春に似合う新色に酔う

人気者同士のコラボキャップ、再び。都会の春に似合う新色に酔う

春だというのに不安定な気候が続くこの頃。都会にいながら、アウトドアスペックのアイテムが恋しくなる日もある。アウターにシューズとその選択肢はままあれど、気軽に取…

牟田神 佑介

異色のタッグ。ハズキ×ユナイテッドアローズはどうして生まれた?

異色のタッグ。ハズキ×ユナイテッドアローズはどうして生まれた?

大手セレクトショップ『ユナイテッドアローズ』による、メガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」でお馴染みの『ハズキ』への別注アイテムがリリースされた。限定商品ならではの魅…

TASCLAP編集部

週末に張り合いのないサッカーファンへ。東京らしさを感じる異業種コラボ

週末に張り合いのないサッカーファンへ。東京らしさを感じる異業種コラボ

未曾有の緊急事態に違いない。おしゃれをして街に繰り出すことはおろか、休日は近所のコンビニに行くこともはばかられる。当然、各イベントはどこもかしこも延期や中止。…

増山 直樹

“らしさ”はそのままに新コンセプト。地球環境を考えた、アイス ソーラーパワー

“らしさ”はそのままに新コンセプト。地球環境を考えた、アイス ソーラーパワー

ポップなデザインでファッション界から支持される、ベルギー発の腕時計ブランド『アイスウォッチ』。2020年の新たなコンセプトに“セーブ・ザ・プラネット”を掲げた同ブラ…

夏目 文寛

韻を踏んだ名前にアップデート。2つの“気持ち良さ”で軽快な足元を

韻を踏んだ名前にアップデート。2つの“気持ち良さ”で軽快な足元を

いつの間にか桜の季節となり、気持ちは春夏へ。となれば、足元でも新しい風を感じたいところ。こんなときには、『キーン』の代表作「ユニーク」の軽さがちょうど良い。2…

増山 直樹

中も外も“MIL”仕様。大人が喜ぶタフ&クレバーな腕時計とは

中も外も“MIL”仕様。大人が喜ぶタフ&クレバーな腕時計とは

GPS機器の製造を出自とし、その技術を生かして展開する高機能ウォッチも注目を浴びる『ガーミン』。この春、そんな実力派メーカーと人気セレクトショップ『ビームス』と…

増山 直樹

ファッションをもっと気ままに。渋谷で体験するシップスの新たな試み

ファッションをもっと気ままに。渋谷で体験するシップスの新たな試み

アパレルショップが集う神南坂エリアにビルを構える「シップス 渋谷店」。その地下1Fフロアがこの春新たな動きを見せています。白を基調とした明るくクリーンな店内に並…

TASCLAP編集部

夏まで待てない!? スタイリスト界の巨匠がデザインするレトロポップなサングラス

夏まで待てない!? スタイリスト界の巨匠がデザインするレトロポップなサングラス

2月も下旬に入りようやく温かな春の兆しを感じ始めたなか、ファッション界は早くも夏を睨んで動き出している。例えばこちらのサングラス。カジュアルプライスと豊富なデ…

増山 直樹

ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

ジャケパンスタイルやバックパックでの通勤がOKになるなど、近年、ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。それは足元も例外ではなく、歩きやすくてカジュアルめ…

髙須賀 哲

フリークス ストア×デニム大国が贈る、今っぽいシルエットの“サステナ”な服

フリークス ストア×デニム大国が贈る、今っぽいシルエットの“サステナ”な服

2015年に国連でSDGs(=持続可能な開発目標)が提唱されたのを機に、世界中で“サステナブル(=人類・地球環境の持続可能な発展)”という言葉が注目されています。SDGsに…

髙須賀 哲

スポーツMIXの一歩先へ。メゾンのエッセンスで格上げを狙う

スポーツMIXの一歩先へ。メゾンのエッセンスで格上げを狙う

100年以上の歴史を誇るフランス発のメゾンブランド『ランバン』。そのエッセンスを取り込みながら、よりデイリーに着られるデザインへと落とし込まれた『ランバン オン…

TASCLAP編集部

プレーンだけど特別。アメリカが誇る名門ブランドの別注シューズを“洋品店”で

プレーンだけど特別。アメリカが誇る名門ブランドの別注シューズを“洋品店”で

『アダム エ ロペ』のコンセプトショップとして東京・恵比寿に誕生した『ワイルド ライフ テーラー』。“大人たちが通う洋品店”のスタイルを提案する店内には、アメリカを…

TASCLAP編集部

ビズシーンの新たな相棒に。頼れるコラボアイテムで心機一転

ビズシーンの新たな相棒に。頼れるコラボアイテムで心機一転

大きな話題を呼んだ、『ナノ・ユニバース』が展開するライフスタイルブランド『ウィルラウンジ』とラゲッジブランド『ブリーフィング』の共作シリーズに、今季第2弾がお…

菊地 亮

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

世代を超え世界中で愛されるスカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」がいよいよ完結する。シリーズファイナルを飾る「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの…

増山 直樹

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年も終わりに近づく中、またもスニーカー界からビッグニュースが舞い込んだ。発信源は、言わずと知れた『ナイキ』。パーツごとの異素材MIXと大胆なビジブルエアで…

増山 直樹

時を忘れる腕時計? “キャンパー”のためのキャンパーが登場

時を忘れる腕時計? “キャンパー”のためのキャンパーが登場

“ミリタリー”や“アウトドア”という言葉に弱い我々。そこに“コラボ”や“限定”というキラーワードが内包されていればなおさらである。そんな魅惑のプロダクトとしてこの冬誕…

TASCLAP編集部

周年&コラボがダブルでめでたい!アニバーサリーコレクションの第2弾に注目

周年&コラボがダブルでめでたい!アニバーサリーコレクションの第2弾に注目

1954年に生まれ、59年にはアメリカ国防省の御用達。わずか“5歳”から超エリートコースを歩んだ結果、今やキング・オブ・ミリタリーと謳われる存在にまで成長。それが『ア…

増山 直樹

デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

『エドウイン』と『ミズノ』。言わずもがな片やデニム界、片やスポーツ界をリードし続ける日本を代表するブランドだ。この両者がタッグを組み日本のクラフトマンシップを…

TASCLAP編集部

キルティングジャケットと言えばココ。ラベンハムの定番&別注モデルを総まとめ

キルティングジャケットと言えばココ。ラベンハムの定番&別注モデルを総まとめ

クラシック回帰の流れを受け、人気再燃のキルティングジャケット。その定番ブランドといえば『ラベンハム』です。オン・オフ使える頼もしい逸品たちは、大人の良き相棒に!

山崎 サトシ

存在感満点。秋のおしゃれを約束する、良センスのモジーンがある

存在感満点。秋のおしゃれを約束する、良センスのモジーンがある

「おしゃれは足元から」なんて言い古された名文句があるが、シンプルなファッションを好む我々にこそ実はしっくりくるのかもしれない。例えばTシャツにデニム、シャツに…

TASCLAP編集部

素朴な顔立ちがクセになる。この秋履くなら、栃木レザー製のチロリアン

素朴な顔立ちがクセになる。この秋履くなら、栃木レザー製のチロリアン

この秋冬も人気を集めるアウトドアスタイル。アーバンアウトドアと呼ばれる街での装いも、今ではすっかり定着している。では、そのコーディネートの足元は? というと、…

TASCLAP編集部

ロマンと実用性を両立する、現代的なヴィンテージとは?

ロマンと実用性を両立する、現代的なヴィンテージとは?

古き良きモノへの憧れは、男にとって抗えないロマンを秘めている。その代表格に当たるファッションアイテムといえば、やはりヴィンテージデニムだろう。今回紹介するのは…

増山 直樹

クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

一般的に“非効率”というとネガティブな印象があるかもしれない。しかしながら時として、人の手を掛け、時間をかけた“非効率”から生まれたプロダクトはただならぬ魅力に溢…

TASCLAP編集部

やってくれたぜビームス ジャパン! 男が惚れる男との仰天コラボ

やってくれたぜビームス ジャパン! 男が惚れる男との仰天コラボ

流行は、服とは切り離せない。そこにうまく乗ったり、あえて乗らなかったりがコーディネートの醍醐味ともいえるだろう。大前提として、おしゃれは時代によって変わる。ダ…

増山 直樹

スマホより、インスタントが気分。特別なチェキで、特別な夏を

スマホより、インスタントが気分。特別なチェキで、特別な夏を

旅先の出会いも、おいしい料理も、気に入った洋服も、すべてスマホで撮ってすぐにアップ。今や当たり前の光景だ。自らの体験をネット上で公開し、共感を得る。でも、感動…

増山 直樹

スポーツとファッションの融合。ビームスのコラボは、やっぱりセンスフル

スポーツとファッションの融合。ビームスのコラボは、やっぱりセンスフル

“コラボ”という響きに敏感な我々。見れば見るほど目が肥えていくにも関わらず、毎度期待を越えてくるショップやブランドには頭が下がる。なかでも『ビームス』のそれは、…

深澤 正太郎

BACK