あなたはどっち?カジュアル派カーキと都会派ブラック

今シーズン注目のカーキとモダンな着こなしに欠かせないブラック。主役色として活用するならどちらを選ぶだろうか。それぞれの特徴を踏まえ、色別に着こなしを解説する。

あなたはどっち?カジュアル派カーキと都会派ブラック

冬のメンズファッションにはカーキもブラックも必要だ

トレンドカラーであるカーキや定番色であるブラック。どちらも冬のメンズファッションには欠かせないカラーだ。印象こそ違うもののどちらも主役色として幅広いコーディネートで活躍してくれるうえ、合わせるアイテムを選ばないという使い勝手の良さが魅力的。今回はこの2色にターゲットを絞って、それぞれの色でおすすめの取り入れ方を提案する。

テーマ別に検証。カーキ&ブラック、おすすめの取り入れ方

カーキとブラックを3つのテーマに分けて、それぞれのカラーがどのように見えるかをチェックしていこう。それぞれの特徴を理解しておけば、コーディネートも考えやすくなるはず。

テーマ1:主役として着用したときのカーキとブラック

まずはコートなどのアウター類で主役色として取り入れたときの印象の違いを検証する。着こなし印象を左右する大きなポイントなので、しっかりと違いを理解してスタイリングに生かしたい。

カーキを着こなす

ミリタリーとアメカジのMIXコーデが今っぽい

カーキのスモックパーカーを主役に薄色のデニムシャツとブラックスキニーでミリタリーとアメカジのミックスコーデを披露。カーキとブルーのコントラストがカジュアルで軽快な印象を演出している。

ブラックを着こなす

モノトーンコーデの定番色として取り入れたい

冬のスタイリングに欠かせないモノトーン配色。グレー、ホワイトも汎用性の高い色だが、ずば抜けて取り入れやすいのがブラックだ。インナーとネックレスにモノトーンに映えるレッドをチョイスし、アクセントとしている点が技ありだ。

テーマ2:黒子として着用したときのカーキとブラック

次は主役色ではなく着こなしの引き立て役として取り入れた場合を検証。差し色として主役色の存在感を際立たせたいというときに役立つテクニックなので、ぜひともマスターしてほしい。

カーキを着こなす

旬のベージュと合わせて、アースカラーがメインの配色に

ベージュのジャケットにカーキのインナーダウンを合わせて冬のジャケットスタイルを構築。どちらもアースカラーということで相性は抜群。どちらの色も今季のトレンドカラーということもあって、旬度も高めにまとまる。

ブラックを着こなす

ブラックで締めてトップスの明るさを引き立てる

ブルー、オレンジとトップスの存在感を際立たせるために、帽子、スヌード、パンツはブラックをチョイス。採用するブラックアイテムの品数は多いが、主役色の主張が強めなので重くならない。

テーマ3:ワントーンで着こなすカーキとブラックの印象

手軽にしゃれ感を演出できるセットアップなどのワントーンコーデ。また、色がもつ特性を最大限にアピールできるコーディネートでもある。単調になり過ぎないように差し色や異素材を活用して着こなしに動きを出して。

カーキを着こなす

モダンなミリタリーを演出する、差し色使いがポイント

ノーカラーのブルゾンに太めのファティーグパンツを合わせた着こなし。インナーに取り入れたグレーやスニーカーの黒がさりげないアクセントとなり、モダンなミリタリースタイルに導いてくれている。

ブラックを着こなす

シャープなスタイルに導くブラックのワントーンコーデ

アウトドア感の強いマウンテンパーカーもブラックならばアウトドア感も気にならない。インナーとパンツもブラックでまとめることで全体が締まりシャープなスタイルに。足元の適度なホワイトがうまく効いている。

色別に掘り下げる、大人が参考にしたいカーキとブラックそれぞれの着こなし

この冬マネしたいそれぞれの色の着こなしを紹介しつつ、その着こなしを実践するためのアイテムをピックアップした。色の魅力を生かした大人なスタイルを厳選したので、着こなしの参考に。

▼カーキをメインにした都会的な着こなし

カジュアル感の強いカーキカラーのアイテムをメインに取り入れた、都会的な着こなしを紹介。ミリタリー感も程よく香らせつつ、モダンな雰囲気も醸すことで大人っぽさを強調してくれるはず。

程よいラギッド感が大人っぽさを際立たせる

『バブアー』のコートをメインにコーディネート。ラギッドな雰囲気を程よく香らせつつ、パンツはコーデュロイ素材を選んで季節感も加味している。シックな色使いで大人の雰囲気に仕上げた。

今選ぶならこれ

『バブアー』×『ジャーナルスタンダード』別注ボーダー

定番モデルのボーダーを細身にアレンジした一着。裏地にはカモ柄をあしらってさりげないアクセントに。程よくボリューム感のあるシルエットは使い勝手も良く、ビジネスシーンでも活躍してくれる。

アイテム詳細を見る

土臭さを払拭したモダンなミリタリー

フィールドジャケットの土臭さをテーパードパンツとスエードのサイドジップブーツでモダンな印象に昇華させた着こなし。ネイビーとホワイトのインナーの色使いも上品な印象を際立たせている。

今選ぶならこれ

『アヴィレックス』ベーシック M-65 ジャケット

表地には撥水性のあるコットン/ナイロン素材、裏地にはサテン素材を使用している。さらにストーンウォッシュを加えてアタリを出すことでこなれた雰囲気に仕上げた。やや細身で使いやすい。

アイテム詳細を見る

シンプルにまとめた王道コーデ

こちらもM-65を使ったコーディネート。プルオーバータイプのパーカーとレイヤードして首元にボリューム感をプラス。デニムパンツとブーツというシンプルかつ王道的な着こなしだが、ジャストサイズをチョイスすることで大人っぽく着こなしている。

今選ぶならこれ

『wjk』ブラックタグ M66 フィールドジャケット

同ブランドを代表するフィールドジャケット。頑強な生地に負けないように巻き縫い製法を施し、独自のパッカリングで武骨な雰囲気を構築。ライナーにはダウンベスト付きで保温性が高い。

アイテム詳細を見る

ミリタリーを加えたスポーツミックス

人気のジャージを使ったスポーツミックスコーデにカーキのブルゾンでミリタリーなエッセンスをプラス。ブルーの爽やかなニットとレイヤードすることできれいめ感とアクセントを与えている。

今選ぶならこれ

『ナンバーナイン』コーデュラナイロンMA-1ブルゾン

『ナンバーナイン』と『ステュディオス』のコラボアイテム。細身のシルエットに仕上げて野暮ったさを払拭したミニマルなデザイン性が特徴。シンサレートの中綿の量を抑えめにしているので着膨れする心配もない。

アイテム詳細を見る

▼ブラックをメインにした洗練された着こなし

スタイリッシュな着こなしに欠かせないブラックのアイテム。定番カラーだからこそ、個性をうまく取り入れて周りと差をつけた着こなしを心がけたいところ。この冬参考にしたい着こなしと活用したいアイテムをご紹介。

コートのシルエットを生かした着こなし

ロング丈のステンカラーコートとインナーにMA-1を使ったスタイリッシュなコーディネート。ワントーンでまとめ、よりスマートな印象を演出。インナーからのぞくカモ柄も好アクセントになっている。

今選ぶならこれ

『ビームス』カットパイルツイルスタンドコート

オン・オフ使えるスッキリとしたスタンドコート。シンプルでむだのないデザインなので幅広いスタイルに対応してくれる。軽く弾力のあるカットパイルツイルを使用しているので軽快な着心地が楽しめる。

アイテム詳細を見る

王道のストリートスタイルはジャストサイズで

コーチジャケットとパッカブルパーカーのレイヤードスタイル。細身のデニムでスタイリッシュなシルエットを作り上げれば大人の装いにもマッチしてくれる。白やグレーの差し色もグッド。

今選ぶならこれ

『チャンピオン』×『フリークスストア』別注ベースボール コーチジャケット

シンプルなデザインでストリート色を弱めた『チャンピオン』のベースボールジャケット。表地には微光沢を帯びたサテン生地を、裏地には起毛感のあるトリコット生地を採用して十分な保温性を確保した。

アイテム詳細を見る

モッズコートも黒ならこなれた雰囲気に

黒のモッズコートだけでも洗練された雰囲気を醸しているが、スヌードで首元にボリューム感出すことでよりこなれた印象に。オールブラックでまとめ、Tシャツの白を差し色に加えた。

今選ぶならこれ

『ハレ』ファーモッズコート

厚手のコットンを使用した重量感のある本格的なモッズコート。フードの前合わせが深く、首元にボリューム感を出しているのでこれ一着でも十分こなれた雰囲気を醸してくれる。

アイテム詳細を見る

オーバーコートを柄パンツで個性を演出

オーバーコートとジャージのトップスで現代的なスタイルに仕上げつつ、柄のあるパンツで個性を主張。全体的に重めの色使いとなっているのでインナーとソックスで白を取り入れて適度に軽さを出した。

今選ぶならこれ

『ジャーナルスタンダード』ハリスツイード ステンコート

ハリスツイードを使用したステンカラーコート。ややゆったりめのAラインシルエットに仕上げているのでジャケットの上から羽織ってオーバーコートとしても活用することが可能。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る