休日コーデに困ったら”目的”から逆引きしてみよう

会社着はサッと選べるけれど、休日は何を着たら良いのか迷ってしまう方が多いようです。そこで、休日の主な目的別にマストアイテムとコーデをピックアップしてみました。

休日コーデに困ったら”目的”から逆引きしてみよう

休日どう過ごすか? 目的別にコーデを提案

普段オフィスなどビジネスで着る服は決まっていても、休日は「あれ、何着ればいいのかな」と朝迷うことはありませんか? お出かけ前に慌てないために、朝の貴重な時間をむだにしないためにも、休日の目的別にマストアイテムと適したコーデをご紹介します。

▼目的1:おしゃれなレストランでデート

デートに欠かせないのが「おしゃれなレストランでのお食事」ではないでしょうか。おしゃれなレストランだと普段は入らないような場所もあり、少し身構えてしまいそうですが、これからご紹介するアイテムさえあればコーデの心強い味方になってくれるはずです!

キーアイテム1

カジュアルなジャケット

レストランデートではドレスコードの有無に関わらず、ジャケットを着用するのが無難。ジャケットがあるだけで、おしゃれなレストランデートにふさわしいきれいめコーデが完成します。カジュアルジャケットなら、ほかのカジュアルアイテムにも合わせやすいですね。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム2

ローファー

ビジネスで利用するレザーシューズではなく、春先のきれいめコーデに合わせやすいのがローファー。素足で履くと、パンツからちらりと足首が見えて、おしゃれなだけでなく健康的な印象を与えられます。スラックスとの相性も良く、コーデの幅も広がりますよ。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム3

スラックス

デニムやチノパンを合わせても良いのですが、ローファーやジャケットにより合わせやすいのがスラックス。品があり、かつ脚のラインをスッキリと見せてくれるスラックスは、きれいめジャケットコーデをより美しく見せてくれる優秀アイテムなんです。

写真のアイテム詳細を見る

コーデ1

春らしく、ペールカラーでまとめた爽やかなコーデですが、インナーとローファーにブラックを使っているため全体がぼやけて見えません。こちらのコーデのように、ジャケットとパンツの裾をロールアップすると、全体がより爽やかに見えますよ!

コーデ2

パープルとライトグレーは王道のカラーコンビで、インナーとパンツのカラーに悩む方におすすめの組み合わせです。Tシャツはカジュアルですが、ジャケットとスラックスを合わせるだけできれいめコーデに早変わり。全体はモノトーン寄りですが、足元の素足見せで全体が軽く仕上がっています。

▼目的2:ちょっとそこまでランニング

春先は気温も上がり、ランニングなどの屋外エクササイズにはぴったりの季節ですよね。お手持ちのウェアで運動するのも良いですが、ここはやはりランニングに適したアイテムを身につけておきたいところ。ランニングに必要なマストアイテムをご紹介します。

キーアイテム1

ジップアップパーカー

ランニングは速度や距離に関係なく、汗をかいてしまいますよね。そんなときに重宝するのが、薄手のジップアップパーカー。これなら着脱が楽なだけでなく、体温調節もしやすくて◎。中でも、天候の変化にも対応しやすい防水・暴風加工のモノがあればなお良いですね。

価格.comで探す

キーアイテム2

ランニングパンツ

「ランニングパンツ、普通のスウェットでいいかな?」なんて思っていませんか? かっこいい見た目のパンツも大事ですが、走りの質を高めるなら薄手で裏地がないランニングパンツがおすすめ。最近は各スポーツメーカーから良デザインのモノも多く販売されています。

価格.comで探す

キーアイテム3

ランニングシューズ

ランニングパンツと同じく、走りの質をより良いモノにしてくれるのは普通のスニーカーではなく「ランニングシューズ」。最近はカラフルなモノや限定モノなど、デザインもさまざまです。通常のスニーカーよりも軽いため、走るときのストレスを軽減してくれますよ。

写真のアイテム詳細を見る

コーデ1

ランニングウェアはダーク系になりがちですが色モノはいかが? こちらは、鮮やかなブルーの『ザ・ノース・フェイス』のフルジップパーカーで明るくアクティブな着こなし。夜道を走るときなどは、このようなカラフルなモノを1点身につけておけばコーデがパッと明るくなるだけでなく、安全性も確保できますね。

コーデ2

こちらも、アウターにカラフルなモノをもってきているほか、レギンスでも色を取り入れたカラフルな着こなし。これなら、悪天候の日でもランニングのモチベーションもUPしそうですね! 暖かい日には、ロングパンツではなく、このようなハーフパンツ×レギンスの組み合わせも良いですね。

▼目的3:週末や連休を利用した小旅行

春の週末や連休にちょっと足を伸ばして小旅行に行こう! と計画している方も多くいらっしゃるのでは? ですが、いざ小旅行となると何を合わせたら良いのか迷っちゃいますよね。行き先を問わず、これだけあれば大丈夫! というアイテムをまとめてみました。

キーアイテム1

寒暖調節可能な薄手のカーディガン

旅行先の気温がお住まいの地域より低かったり、公共交通機関の空調がきつすぎたりすることも旅行にはつきもの。そんなときに役立つのが薄手のカーディガンです。1枚あれば寒暖調節ができますし、使わないときは肩にかけてコーデのアクセントにもできますね。

画像のアイテム詳細を見る

キーアイテム2

歩きやすいスポーツサンダル

春夏シーズンは、街歩き中心の旅だけでなく、河原や山など自然を楽しむ旅行に行く方も多いのでは? そんなときはスポーツサンダルが1足あれば街歩きも水遊びも幅広くカバーしてくれます。山を歩く方はカジュアルで軽めのスニーカーを代わりに持参するのも良いですね。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム3

ジーンズ

私もよく小旅行に出かけますが、旅行のたび必ず持参するのがジーンズです。ジーンズがあればどのコーデにも合わせやすいほか、なにより動きやすいんです。コーデやシューズに合わせて裾をロールアップして楽しめるため、コーデのマンネリ化も防止できますね。

写真のアイテム詳細を見る

コーデ1

デニム・オン・デニムのコーデは一見難しそうですが、シャツとボトムスのカラートーンが違うモノを選ぶと自然に見えますよ。ダークトーンのコーデですが、パープルのシューズと反対色の明るいイエローのニットを使っているため、コーデが明るく遊び心のある仕上がりになっています。

コーデ2

爽やかボーダーとホワイトのアイテムを各所に散りばめたマリンコーデは、春から初夏に挑戦したい着こなしですね。洋服だけ見るとダークカラー寄りですが、小物やシューズにホワイトのモノを使っているため、全体が明るく見えます。ビッグバッグも明るい色なら重たく見えません。ちなみに、明るいカラーを顔まわりに使うと顔色が良く見える効果もありますよ!

▼目的4:休日も頑張る人に。休日出勤オフィスコーデ

業種や時期によっては、休日もオフィス出勤しなければならない……という方もいらっしゃいますよね。そんな日は、ビジネスカジュアルなコーデを考えてみませんか? いつものシャツにカジュアルなジャケットを合わせれば、出勤準備もすぐに完了しますよ。

キーアイテム1

スリムジーンズ

ジーンズにはいろいろありますが、ジャケットに合わせやすいのはスリムタイプ。スキニーのようにピタピタしていませんが、脚の形をきれいに見せてくれますよ。ジーンズはカジュアルな印象が強いですが、このように色落ちやダメージがないものならジャケットにも合わせやすいです。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム2

シャツ

ボトムスがカジュアルなデニムなら、トップスは襟のついたシャツを選んでみましょう。襟がついたシャツなら、ボトムスとのバランスも取りやすくなりますよ。休日ですので、写真のようなストライプや花柄などカジュアル寄りなモノを選んでも良いでしょう。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム3

テーラードジャケット

休日出勤のアウターは、スーツのジャケットのようなかっちりしたモノでなく、カジュアルめのテーラードジャケットがデニムと相性抜群です。春なら、麻やコットンなどの素材を利用したモノがおすすめ。軽い着心地が楽しめるほか、通気性も良く快適に過ごせますよ。

写真のアイテム詳細を見る

コーデ1

カジュアル感が前に出やすいチェックのカラーシャツですが、同系色のテーラードジャケットを合わせるとことでカジュアル感がやわらいでいます。デニムはインディゴのモノではなく、ホワイトを合わせることで全体のかっちり感も軽減できていますね。

コーデ2

柄のあるようなシャツは持っていない方は、こちらのコーデのように無地のシャツと明るめトーンのデニムを合わせるときれいめカジュアルコーデが作りやすくなりますよ。ブラックのジャケットが重たく感じられる場合は、ネイビーやグレーのジャケットを合わせても良いでしょう。

▼目的5:子供と公園で遊ぶぞ!

世の中のパパさんたちが休日に1番楽しみたいのは「子供と遊ぶこと」ではないでしょうか。ここで重視しておきたいのキーワードは、「動きやすく、子供と触れ合いやすいアイテム」。公園で子供と全力で遊ぶために、ぜひそろえておきたいアイテムをご紹介します。

キーアイテム1

スニーカー

子供と公園で目いっぱい遊ぶのなら、砂や泥のある地面や、芝生でも子供と自由に走り回れるスニーカーがあれば百人力です。急な天候の変化にも対応できる防水仕様のモノがあればなお良いでしょう。また、子供とシューズをそろえてもかわいいですね。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム2

やわらかいニット

子供が抱きついたときにトップスにファスナーや装飾があると怪我をしかねないので、子供を安心して抱きかかえられるやわらかなニットがあれば良いでしょう。外遊びでは時間帯によっては気温が急激に下がることもありますので、重ね着ができるサイズが理想的です。

写真のアイテム詳細を見る

キーアイテム3

ストレートジーンズ

昔はワークパンツとして重宝されていたジーンズ。さまざまな動きに対応したジーンズは、子供とお外で目いっぱい遊ぶなら最適のアイテムとなるはずです。汚れが気になりそうだったらある程度色落ちしたモノが目立ちにくく、動きやすさ重視ならストレートジーンズがおすすめです。

写真のアイテム詳細を見る

コーデ1

ワイドサイズで動きやすそうなジーンズにボーダーシャツを合わせただけのコーデは、街歩きにはシンプルすぎかもしれません。が、子供と遊ぶには十分なコーデです。寒さが気になるときは、トップスの上に腰丈のセーターを合わせてレイヤードスタイルを楽しんでも良いですね。

コーデ2

タートルネックのシャツにニットを合わせたベーシックコーデは、肌寒さが残る日でも暖かく遊べますね。コーデに利用したアイテムと同じようなキッズ用アイテムも一緒に買いそろえて、ペアルックも楽しみながら遊んでも楽しそう!

ページトップへ戻る