時計ライター厳選!5万円以下の“買い”な腕時計15選

5万円あれば、機械式の腕時計だって買えちゃう時代。ただし、セレクトに悩む人も多いはず。ということで今回は、高品質&安心価格をモットーに、選りすぐりの15本をご紹介。

時計ライター厳選!5万円以下の“買い”な腕時計15選

5万円以下では選択に大いに悩みましょう

これまで、ケースはプラスチックか真鍮、メッキでしたが、現在はステンレスが選択肢に加わり、信頼性が格段にアップ。精度にこだわらなければ、機械式時計も選べます。デザインに力の入った時計も多くなり、時計選びが楽しくなるはず。1万円以下で買える時計選びの記事 とも比較してみては?

5万円以下の腕時計で求めたい機能1:攻めのデザインが魅力的なんです

お財布にやさしい価格とはいえ目につくのが、デザインに手間を掛けていると分かる時計のオンパレードであること。デザインの付加価値が高くなり、そこに加わるうんちくも一気にディープになります。これがステンレスケースで提供されるわけですから、安心感も高く、いつでも着けて見せびらかせそうなものを選びたくなります。

アイテム1

『セイコー』

『セイコー』は時計にまつわる数々の”世界初”を生みました。そしてこちらは、1983年に世界初アナログクォーツ腕時計として発表されたクロノグラフ。しかも、車のデザインで著名なジウジアーロとのコラボ。その前衛的デザインを、限定3000本で復刻したのです。狙っている人も多く、売り切れ御免の貴重モデルです。

価格.comで探す

アイテム2

『カシオ』

発売当初は近未来的だったGショックのオリジンも、今現在なら抑制の効いたデザインに感じられ、「多少のカラーバリエーションでは驚かない」という人もいるでしょう。しかし、この時計はブラックとホワイトのモノトーンで、オリジンのイメージを一新しています。ゼブラ調のカモフラージュパターンは、極めて斬新で、目にも新鮮に映ります。

価格.comで探す

アイテム3

『インディペンデント』

『インディペンデント』とは、デザイン的にも機能的にも面白い『シチズン』のデザイン系ブランド。この角型時計は、カラーリングに加え、リューズガードの造形など細部も個性的です。ステンレスのコマにラバーをコートし、鮮烈カラーと装着感を両立させたブレスレットや、往復運針する6時位置の24時間表示も、時計をユニークに仕立てています。

価格.comで探す

アイテム4

『ディーゼル』

まさにブルージーンズをイメージさせるモデルで、デニム製ベルトが抜群に個性的です。秀逸なのは、その色味と形。デニムと同じブルーに染められた文字盤と、ケースの一部に加えて、アシンメトリーなフォルムで個性を主張しています。さらに、文字盤の12時位置と6時位置にはベルトがケースからあふれてインサートされていると思わせるよう、ブルークリスタルを配して個性を強調しています。

価格.comで探す

アイテム5

『アイスウォッチ』

ベルギー発のデザイン系ブランドですが、よく知っている人なら『アイスウォッチ』らしからぬ控えめな色使いと思うかもしれません。クォーツウォッチらしい薄型のケースをはじめ、シンプルで抑制の効いたクラシックデザインに徹しています。それだけに、極北の海を思わせる深いブルーが印象的で、エレガントの極みです。

価格.comで探す

5万円以下の腕時計で求めたい機能2:機械式だって選べます

本当に時計が好きで、やっぱり機械式時計で本格的に時計趣味にハマりたいという人は、このランクで、そのエッセンスに触れることができます。1週間もすると時間を調整する必要がでてきますが、それでも実用性に苦痛のないレベルです。デザイン面でもスグレものが見つかります。

アイテム1

『セイコー』

正直、アンダー5万円というのが信じられない作りです。ステンレスケースで、サファイアガラス風防で、10気圧防水でと書き連ねると、完全にオーバースペックな機械式時計です。1970年代のスポーツモデル風のレトロなデザインに加えて、シースルーバックから搭載ムーブメントの動作まで鑑賞できる上質さです。

価格.comで探す

アイテム2

『セイコー』×『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』限定販売で500本の希少な別注モデルです。防水は10気圧ですから、浜辺のスポーツユースには十分な防水性能を持ち合わせています。ダイバーズ風のデザインはしっかりしており、45.9mmの大型ケースはダイナミックで、スポーティな格好にマッチします。これで税込3万円台というのは、破格過ぎる値段です。

価格.comで探す

アイテム3

『オロビアンコ』×『チックタック』

縦にロングなトノー(樽)型ケースは、厚みもあって、存在感がたっぷりです。文字盤の8時位置に、時計の規則正しい運動を律する脱進機が見えるように窓を開けたオープンハート仕様で、これができるのも機械式時計ならではです。ベージュがかった文字盤、レッドの秒針はショップ別注によるあつらえで、スペシャル感があります。

価格.comで探す

アイテム4

『オリエント』サン&ムーン

タフな仕様とスポーティなデザインにより、海外で成功したシリーズを日本で展開したものです。分インデックスを大きくし、時間インデックスは小さく内側に配するデザインは、第二次世界大戦までのミリタリー航空時計に見られたデザインで、モダンな雰囲気。42mmケースで10気圧防水とスポーツユースにぴったりです。

価格.comで探す

アイテム5

『フォッシル』

ミリタリー調のデザインの時計をベースに、文字盤は外周のみを残し、大胆にオープン。ムーブメントも地板・受け板にエッチングを施し、廉価な時計でも近年流行しているスケルトン化しています。まさに精密なマシーンを見せつける時計。ベゼルやリューズをローズゴールドでコートし、華やかに仕上げています。

価格.comで探す

5万円以下の腕時計で求めたい機能3:控えめデザインも堂に入っています

クォーツ時計だからと言って、今風のデザイン、ギアっぽいデザインでなければならないというルールはありません。昔ながらの装飾性を配した機能的デザインで、クォーツムーブメントを仕込めば、上質な仕上がりながらこの価格帯での提供だって可能になります。この時計など、アンティークと間違えそうなくらいです。

アイテム1

『ツェッペリン』

1900年に初飛行したツェッペリン飛行船を記念して2000年から展開されているモデルで、この時計は、クォーツムーウメントを搭載しながら、アンティーク調のケースや文字盤を採用し、シンプルで格調高いデザインです。2本の時針を装備し、24時間制で現地時刻と本国時刻を表示させることができるGMTウォッチです。

アイテム詳細を見る

アイテム2

『ベーリング』

ポーラー ナイトとは、北極圏の冬の太陽が昇らない「極夜」を意味し、その夜空の微妙な変化をイメージし、ヘアライン装飾でダークブルーの文字盤の明るさを変えています。ブラックのセラミックケースやステンレスのメッシュブレスも美しい仕上がり。北欧デザインのシンプルさに、カラーリングの妙が息づいたモデルです。

価格.comで探す

アイテム3

『ヤコブ・イェンセン』

シリンダー状のケースと薄いベゼルで文字盤を広く見せるのは、アンティーク風のデザインですが、文字盤はブラック一色で、プレーンな仕上がり。「イエロー=時」「レッド=分」「ブルー=秒」で先端を塗り分けた針が、強く自己主張します。これも北欧デザインの名デザインを継承する時計で、チタンケースの実用性もバッチリです。

価格.comで探す

アイテム4

『トリワ』

機械式時計では、日付表示にプラスして曜日表示も付くと価格が跳ね上がりますが、廉価なクォーツではコストも控えめです。そんなカレンダー機能を慎ましやかに3時位置に配してシンプルな文字盤に仕立てています。一方で、ケースはエッジを立て、スウェーデン語で“刀の刃”を意味するモデル名にぴったりなシャープさです。

価格.comで探す

アイテム5

『ニューヨーカー』

マッシュルーム型のプッシュボタン、オニオン型のリューズ、レイルウェイが外周を取り巻く文字盤やインダイヤルは、まるで1930〜40年代のアンティークモデルを見ているようです。ビンテージ風のレザーベルトもたまらない雰囲気で、NATOタイプだから取り替えも自在。オールドファンにも日常使い用にすすめたいほどです。

価格.comで探す

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る