本場スイスにも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

本場スイスにも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

日本の腕時計ブランドと時計のメッカ・スイス。実力の差は……

世界最古の時計ブランドといえば、スイスのものであることに間違いはありません。なぜなら、彼らは日本の江戸時代の時から時計作りに精を出してきたのですから。そう考えると、「日本の時計は遅れている……」と感じてしまうかもしれませんね。しかし、そうではありません。日本はクォーツ腕時計の歴史を切り開いたパイオニアであり、また腕時計におけるあらゆる分野でジャパンメイドの品質は高く評価されています。その評価は国内だけではなく、海外からも賞賛を受けるほど。つまり日本の腕時計の品質は、世界中で認められており、本場スイスにだって引けをとらないのです。

日本発の腕時計ブランド、その魅力とは?

日本の時計製造は1892年からスタート。腕時計に関しては1915年からで、スイスの腕時計製造時期からそれほど遅れをとっていないのです。その古き歴史の過程で築かれた、日本の腕時計の魅力を解説します。

魅力1

古くから蓄積された時計製造技術が自慢です

20世紀前半から続く時計製造技術は、精度においてスイス製を凌駕しています。むしろ、日本発のクォーツショックをはじめとする技術の目覚しい進歩は、世界の中でもトップクラスといえるでしょう。高精度を極めたハイエンドでも、コスパを追求したローエンドでも、日本の腕時計には技術の極みであるムーブメントが組み込まれているのです。

魅力2

世界をリードするハイテククォーツ

世界初のクォーツ腕時計は、1969年に『セイコー』が開発。以降、国産メーカー同士の切磋琢磨により超高精度クォーツはもちろん、電波時計や光発電、クォーツと機械式の融合、そしてGPS時計へと発展。これらの先端的分野へのチャレンジは、日本だからこそ成しえたことであり、その実績は世界を大きくリードしているのです。

魅力3

独自性が高い外装技術とデザイン

日本の高級時計には、日本の企業文化を象徴するかのような生真面目さが滲み出ているクラシカルなモデルが多く存在します。そのほとんどは、”日本発”の表情を持ち、国内での支持は絶大です。その一方でGショックのように、その見た目と機能から世界中で絶大な支持を得たモデルも存在します。Gショックのようなストリートカルチャーを牽引するデザインもあれば、和の伝統工芸を導入した文字盤を展開するなど、その外装へのこだわりは周知のとおりではないでしょうか。

日本が誇る腕時計ブランド10選

国産の腕時計ブランドといえば、技術力と層の厚さで『セイコー』や『シチズン』、『カシオ』が傑出していますが、そのほかにも追随するメーカーやブランドも多数存在しています。流行や周囲の評価は抜きにして、あなたの好みを探ってみては?

ブランド1

日本最高峰の高精度『グランドセイコー』

1960年にスイスの公認クロノメーターを超える精度を目指して創設され、現在は年差クォーツや超高精度の機械式、またクォーツと機械式を融合させたスプリングドライブをラインアップ。こちらは、ゼンマイ式の自己発電機能で電力を生み出し、クォーツで調速するという類を見ない仕組みとなっています。

ブランド2

あらゆる時計をラインアップする『セイコー』

『セイコー』は、1903年創業の服部時計店を前身とし、廉価なクォーツからハイエンドの機械式まであらゆる腕時計を世の中に提案してきました。その功績は広く知られているとおり、世界初のクォーツ腕時計を生んだ時計メーカーとして歴史に名を刻みました。近年はこのプレサージュ 漆ダイヤルモデルのように、伝統工芸の美と優れたコスパを兼備するものまでラインアップしています。

ブランド3

機械式もラインアップ開始!『カンパノラ』

『カンパノラ』は『シチズン』の最高峰クォーツブランドで、“宙空の美”を標榜する芸術的な文字盤が魅力。そこに2014年から機械式時計も加わりました。『シチズン』の傘下に入ったスイスのムーブメントメーカー、ラ・ジュウ・ペレ社のセミコンプリケーションを搭載するこのメカニカルコレクションのクオリティは、文字通り完璧に近しいものなのです。

ブランド4

真に親しまれる時計ブランド『シチズン』

『シチズン』は、1918年から懐中時計を作り始めた尚工舎を前身とし、その名称には市民に親しまれるようにとの願いがこめられています。電波腕時計や光発電のパイオニアとして知られ、人工衛星の電波による時刻補正でも先鞭をつけたアテッサ サテライトウェーブは、GPS電波による世界最短の補正時間を誇る名作。独自のケース表面の加工も見事です。

ブランド5

圧倒的信頼性を誇る『カシオ』

電子機器製造のトップメーカー『カシオ』が、1983年に耐衝撃ウォッチ、Gショックを発売。この壊れない時計はアメリカで大ブレイクし、その人気が日本へ逆輸入されました。以来、国産腕時計のトップクラスとして定着。先端的な腕時計の開発で右に出るものはなく、海外から逆輸入されたこのGショックからもわかるように、世界中から愛される人気者なのです。

ブランド6

コストパフォーマンスに優れた『オリエント』

『オリエント』は1920年から時計を製造する吉田時計店が前身で、戦後は1950年代に輸出で成功を収めました。機械式の自社ムーブメントも擁するマニュファクチュールで、優れたコストパフォーマンスを誇ります。回転ディスクで時刻を表示するこの時計のように、独創的な機能やデザインに挑戦する姿勢も大きな支持を得ている理由です。

ブランド7

ケース構造が独創的な『ミナセ』

切削工具や特殊工具を製造する協和精工が時計作りに挑み、誕生したのが『ミナセ』。工房が所在する秋田県の知名に由来しています。代表モデルのこちらは、角形ケース内にムーブメントをホールドするインナー構造が組み込まれており、特にこのHIZホライゾンはケースと風防が一体的に湾曲しているのが特徴です。この湾曲に合わせて、文字盤も立体的にカーブを描く芸術的な仕上がりは、誰もが目を奪われることでしょう。

ブランド8

陸海空のいずれにも傑作をラインアップ『ケンテックス』

『ケンテックス』は、1989年に委託製作を手がけるメーカーとして発足し、1998年からオリジナルモデルを手がけています。驚くほど廉価なトゥールビヨンや、自衛隊とのコラボモデルで時計ファンにはおなじみのブランドで、陸海空のシーン別でプロ仕様のモデルもラインアップしています。このスカイマンパイロットも視認性などに優れたクラシカルな一本に仕上がっています。

ブランド9

時計ショップの現場から生まれた『ジーエスエックス』

国内で最大の取り扱いブランド数を誇る時計ショップ、BEST販売が1995年に創立した『ジーエスエックス』は、“メイド・イン・ジャパン”をテーマにコレクションを提案し続けています。このGSX221SWH-5 SMART no.106TOKYO IIIは、スマートで都会的な洗練さにあふれ、国産ウォッチのよさを伝える一本です。

ブランド10

誰もが納得するデザインをコスパ良く提供する『ノット』

2015年3月にスタートし、腕時計好きはもちろん、おしゃれな大人に人気を集めている、こちらの『ノット』。クラシカルかつミニマルな見た目と、“ベルト別売り”という販売方式で注目されています。また、ほかのメーカーでは10万円オーバーするほどのスペックが、アンダー5万円で購入できるコスパも魅力。2016年7月に登場したブランド初の機械式モデルは即完売。ほかのモデルも品薄状態が続いているので、好みのデザインに出会えたら即購入するのがベストです。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る