ライター指南!ランニング時に活躍する腕時計の選び方

涼しくなったし、毎日走ろう……なんて思っても、ただ走るだけでは、なかなか続きません。ランニングをサポートする機能付きの腕時計で、張り合いを持たせましょう!

ライター指南!ランニング時に活躍する腕時計の選び方

ただ走るだけでは、なかなか続きません

ただ走るだけでは、なかなか続きません

自分でも経験がありますが、何となく漠然と「走ろう」と思っても、継続できません。ただやっているというのは、苦役にほかならず、何かしらの別の目標があってこそ、それを達成するために「続けよう」という意志が生まれます。それも具体的であればあるほど、気持ちに張りができるものです。

長続きさせるには、タイムもひとつの重要な要素になります

長続きさせるには、タイムもひとつの重要な要素になります

筆者の場合、減量が非常に大きなファクターでした(笑)。もう少し頑張り屋さんなら、走ること自体に関わる目標を持った方が、強い動機付けになるかもしれません。端的に言えば、一定のコースを走りきるタイムです。走る行為の端的なメルクマールで、ダイエットなどのほかの目標とも組み合わせやすいメリットもあります。

ランニング時に身に着ける時計もそれなりに考えたい

ランニング時に身に着ける時計もそれなりに考えたい

タイムを計るなら、キチンとクロノグラフ=ストップウォッチ機能を持つ時計を選びたいところ。素人のランニングなら、耐衝撃性や防水性は強く意識しなくても大丈夫。操作性や見やすさを考慮していくと、コストパフォーマンスの高いデジタルウォッチが並びます。新調して、心機一転の上で取り組むというのもアリでしょう。

ランニング時に活躍する、軽快なデザインで機能も視認性も◎の時計を集めました

機能性満点のランナーズウォッチ

『セイコー』プロスペックス スーパーランナーズ SBEF029

トノー型(樽型)のケースを採用し、4つのボタンの操作も行いやすい時計です。1/100秒計測で100時間まで計測でき、300ラップもメモリーできるクロノグラフ機能は、ランニング以外での用途にも広く用いることができそうです。文字盤も液晶ディスプレイが明瞭で見やすく、1万数千円で買えてしまうのだから言うことなしです。

価格.comで探す

伝説的モデルでヤル気アップ

『タイメックス』アイアンマン TW5K93300-J

アイアンマンは、トライアスロン用の時計という触れ込みで人気がブレイクし、アメリカに残る数少ない時計メーカー『タイメックス』の屋台骨を支えた生きる伝説級の時計です。操作性高い形状とボタン、独自の発光機能インディグロライト、50ラップメモリー可能なクロノグラフなど死角のないランニングウォッチです。

価格.comで探す

目が釘付けになるカラーと意匠

『アディダス パフォーマンス』デュラモ ADP3184

ウレタンケースの表面に、細かなストライプが刻まれ、そこにホワイトとブラックのカモフラージュパターンが施されているため、画像で見ると目が変になったかと思いますが、仕様です(笑)。その分、ディスプレイが浮かび上がるようで、視認性はバッチリ。クロノグラフの操作性も優れており、さすがのデキです。

“チープシチズン”もなかなかやります

『シチズン』Q&Q ランニングウォッチ MHS6-300

Q&Qはシチズンのブランドで、低価格路線を突き進む“チープシチズン”と言うべき存在です。近年は、デザイン重視とスペック重視の2路線で、実勢5,000〜6,000円の価格帯に見るべき時計があり、この時計は、スペック重視の10気圧防水・ソーラー電波機能付きのクロノグラフです。惜しみなくランニングで使い込めます。

価格.comで探す

コスパが素晴らしい

『カシオ』スポーツギア STL-S300H-1AJF

チープカシオ ”とGショック の中間に当たるアンダー5,000円の実勢価格が魅力的。耐衝撃性では一歩譲りますが、必要十分以上のスポーツユースに持ってこいの時計です。ソーラー充電機能を備え、使用に安心感があり、操作しやすいクロノグラフにプラスしてワールドタイム機能もあるので、ビジネスシーンにもOKな時計です。

価格.comで探す

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る