ライター3人が厳選!大人の刈り上げショートヘア30選

冬だって刈り上げを取り入れた髪型にしたい。そんな大人のショートヘアを、+CLAP Menのライター3名がご紹介。大人らしさとトレンドを両立する30スタイルを解説します。

ライター3人が厳選!大人の刈り上げショートヘア30選

ヘアライター3名が厳選。この冬イチ推しのショートヘア

刈り上げを取り入れつつ、冬らしさもある大人のショート。言葉だけを見るとサンプルが限られそうですが、実は意外と多いんですよね……。だからこそ知るべきは、プロの視点ではないでしょうか。

そこで、当記事では+CLAP Menで活躍する“髪”の情報に詳しいライター3名に、それぞれがおすすめするショートサンプルを10スタイルずつ解説してもらいます。合わせて、それぞれがどんな視点でトレンドを分析したかもご紹介。

ライターCANADA氏が選ぶ、冬のメンズ刈り上げショート

解説するライターはこちら

CANADA氏

メンズファッション誌編集長を経て、現在フリーランスエディター/ライター。好きなものは海、雑誌、パン。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点

刈り上げヘアと一口にいっても、そのデザインは幅広い。大人の男性が刈り上げを取り入れるなら、エッジの効いたテイストは避けたほうが無難。オン・オフのあらゆるシーンに対応できるよう、刈り上げはあくまでさりげなくナチュラルに取り入れて。ベリーショート×刈り上げだとスパイキーな印象に仕上がってしまうので、ショート×刈り上げ、またはミディアム×刈り上げの組み合わせがおすすめ。実用とデザイン性を両取りすることができます。

セイムレイヤーでうしろに流しやすくカット。もみあげとサイドが膨らみやすい人は、そこを刈り上げることでタイトになりセットが格段にしやすくなります。やり過ぎないラフな質感で仕上げることで、ビジネススタイルに抜け感を足しています。

トップにうねるようなパーマをかけ、えり足とサイドを流しやすくするためにピンパーマをオン。サイドとえり足をコームを使ってタイトにスタイリングすると、トップのボリュームを強調できます。

サイドとえり足は短めにカットしてすっきりさせ、 表面は長めに残して柔らかいウエーブのパーマをオン。 刈り上げにしっかりグラデーションをつけることでカジュアルなツーブロックにならず、スーツにも似合う大人のツーブロックスタイルになります。

ツーブロックのパーマスタイルでビジネスシーンでもさっぱり爽やかに。トップにボリュームがあるのでサイドとバックのボリュームを押さえると大人のバランスに仕上がります。

ツーブロックスタイルをベースにショートレイヤースタイルを落とし込んだ、ビジネス、カジュアルどちらでも対応可能な万能ヘア。オンもオフもおしゃれに楽しみたいビジネスマンにおすすめのスタイルです。

サイドは刈り上げ、トップからサイドは長さを残したツーブロックショートスタイル。バングはざっくりと7:3に分けウェットタイプのワックスで手ぐしを通すようになじませてスタイリング。ツヤを意識したラフな七三ヘアで誠実さをアピールできます。

潔い刈り上げとアップバングで男らしさを、トップのナチュラルな動きで柔らかさを演出。相反する要素を組み合わせたギャップがポイントのスタイルです。黒髪で爽やかにまとめると、好感度がさらにアップ。

トップに長さを残してサイドとバックを短くしたツーブロックショート。 ポイントは高めに設定した後頭部。後頭部にボリュームを出すとスタイルアップがかない、欧米人のヘアスタイルのような雰囲気になります。

刈り上げにゆるやか毛流れをミックス。フレンチスタイル風の知的なニュアンスを醸し出しながらリラックスムードも感じさせる大人のスタイルに。大人っぽいのにカジュアル感もあるから、幅広いシーンにマッチします。

男らしい空気感をベースに爽やかさも感じるのは、ランダムに動く毛先のおかげ。中間から毛先をしっかり間引くことで黒髪の方でも軽快に見せることができます。ニュアンスパーマをかけたことで、スタイリングも1分で完了!

ライター橋本 裕一氏が選ぶ、冬のメンズ刈り上げショート

解説するライターはこちら

橋本 裕一氏

メンズファッション誌の編集部を経て、フリーランスのエディター・ライターとして独立。現在はメンズのヘアおよびファッション誌を中心に、幅広い分野のメディアで活動中。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点

メンズの髪型において、もっとも“手を施した感”が得られるデザインが刈り上げです。そんな主張の強いディテールだからこそ、大人に求められる心構えは、あくまでさりげなく取り入れるということ。そうすることで、刈り上げ自体の立ち位置が脇役にシフトし、ビジネスパーソンに必要な清潔感や爽やかさはもちろん、誠実な印象や仕事への強い意欲をアシストしてくれるんです。ビジネスの武器として、きっと力を発揮してくれるはず。

今、注目の前下がりシルエットと刈り上げをミックス。ラフに動くトップとのコントラストで、デザイン性の高さをさりげなく主張。また、サイドへの広がりを押さえて常時きれいなフォルムをキープしてくれます。刈り上げが実用と美しさを両立した好サンプルです。

サイドはツーブロック、バックはグラデーションで刈り上げをプラス。全体的に毛束をラフに散らして軽快な質感に仕上げることで、爽やかな雰囲気が備わります。前髪は短めに設定したので上げても下げてもOK。結果、豊富なアレンジを楽しめるスタイルに。

高い位置まで刈り上げても、繊細なカットによってトップへとつなげていけば自然な雰囲気に。長短をつけたトップ〜フロントはラフに動かし、ドライな質感に仕上げることで、刈り上げ特有のハードな雰囲気をセーブ。親しみやすい印象へと導いてくれます。

アクティブな束感と合わせるイメージの強い刈り上げですが、トップからやさしく流した自然な毛流れとも相性抜群です。両極な質感がそれぞれを引き立て合うことで、ヘア自体のメリハリが向上。刈り上げ本来の男らしさや毛流れによる柔らかい印象が際立ちます。

前髪をしっかりと立ち上げたアップバングスタイル。ハードさとはひと味違う、精かんな雰囲気を演出できるのは、低めに設定した刈り上げと、揺らぐような毛先の動きのおかげ。アッシュ系のカラーをのせると浮遊感のある動きが際立ち、かえって大人な印象に。

潔く立ち上げたアップバングは、両サイドを下すことで刈り上げの印象を和らげる効果があります。またほんのりと色気を漂わせることができるので、大人の男性にはうってつけです。ディテールでセンスをアピールできるということも、大人の髪型には肝要です。

刈り上げを最小限に抑えたツーブロックがベース。毛先をカールさせるパーマでニュアンスづけし、かぶさるサイドの毛をリバース方向に流すことで、よりナチュラルな空気感が得られます。前髪を流すようにアップすれば、男らしい雰囲気はしっかり維持できます。

黒髪×ツヤ感をコラボさせた男らしい雰囲気が魅力の七三分け。ポイントはツーブロックベースではなくグラデーションで刈り上げたこと。分け目を刈り上げの際でセパレートせず、あえてメリハリをつけないことで、初心者でも簡単にこの髪型にトライできます。

毛流れをタイトに仕上げれば、自ずと刈り上げの短い部分を自然になじませることができます。全体のシルエットもコンパクトに仕上げることができ、黒髪でも重たい印象はゼロ。清潔感あふれるスタイルは、オン・オフなどシーンを問わず好印象は確実です。

いわゆるショートヘアにも刈り上げは有効。ツーブロックを採用してサイドから刈り上げをチラッと見せることで、全体のシルエットも周りに与える印象も引き締まります。前髪を眉上あたりに設定すれば、アップさせて男らしいスタイルにもアレンジが可能です。

ライターAsami Kitsukawa氏が選ぶ、冬のメンズ刈り上げショート

解説するライターはこちら

Asami Kitsukawa氏

大学卒業後、フリーライターとしてファッション、ライフスタイル誌を中心に活動。メンズ・レディース問わず、足を使った情報収集が得意です。

▼冬の刈り上げヘア。ライターAsami Kitsukawa氏が考える注意点

冬の刈り上げヘアは寒々しく見せないのがポイント。刈り上げの長さもそうですが、刈り上げ部分が見え過ぎないよう、面積を減らしたり上からかぶせたりするのがベターです。夏に流行ったバーバースタイルのように長短がついたスタイルよりも、ゆるやかにつながっているほうがあたたかく見えます。

立体感のあるパーマスタイルは、冬らしい長めのトップと刈り上げのバランスが◎。このようにツヤのあるスタイリング剤でセットすればカジュアルな印象に、マットな質感にすればオフィスシーンにも合います。

9:1分けで前髪をななめに下ろしたスタイル。刈り上げ面積を少なくして、上からかぶせるようにしてるのが特徴です。しっかり分け目をつけているので清潔感があり、誠実な印象を与えてくれます。

刈り上げから徐々に長さを出してつないだカットラインが絶妙なこちら。トップから前髪にかけてはしっかりした毛束感があり、シャープかつスタイリッシュな印象を与えます。ハイライトを入れて立体感もアップ。

もみあげからつながる刈り上げラインに対して、トップは長さを残したスタイル。おでこは見せつつ、サイドからふわっとかかるようにスタイリングしてあるので、顔の形を良く、小顔に見せる効果が期待できます。

ランダムなカールの動きが印象的なこちらのスタイルは、トップにボリュームが欲しい人におすすめのスタイルです。耳下からはすっきり刈り上げているので、ニットやマフラーでえり足がもたつくこともありません。

リバース方向に作った毛流れで、大人らしい落ち着きと信頼感を感じさせるヘア。えり足からバックは自然なカーブでつなぎ、ボリュームの出やすい耳上はしっかり刈り上げるバランスが見事です。

こちらのヘアは自然に流れるフロント〜トップで、刈り上げにありがちな"いかつさ"を感じさせません。とはいえ、耳回りからバックにかけてはしっかり刈り上げているので、清潔感はばっちり。頭の形も良く見えます。

「冬の刈り上げは寒い……」という方は、このように耳回りだけを刈り上げたスタイルはいかがでしょうか。膨らみがちなハチのボリュームは抑えつつ、全体はナチュラルで寒々しい印象を与えません。

短めはキープしつつも、カールで冬らしさを感じさせるスタイル。サイドからフロントへななめに上がるラインが個性的です。耳よりうしろの部分はツーブロックではなく、つないでいるのもポイント。

ツヤのあるゆるやかなウエーブが色っぽいムードを醸し出しているヘア。ハチ下から耳うしろまではツーブロックになっていますが、バックは刈り上げずに流す感じにして冬仕様に。クセ毛の人はもちろん、ボリュームが欲しい人にもおすすめのスタイルです。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る