[第5回]編集部員が実践!目からウロコの腕立て伏せ

簡単かつ効果的な筋トレ術を“カラダ作り”のプロに学ぶ当企画。第5回では、胸筋を鍛えるための腕立て伏せをご紹介。胸全体に刺激を与えるポイントを解説します。

[第5回]編集部員が実践!目からウロコの腕立て伏せ

企画開始から4か月。いよいよアノ季節がやってくる……

春らしい、というかむしろ「暑っ」という気温になってきましたね。どうも、編集フカザワです。

先日、お花見をしてきましてね。それはもうキレイでした……。しかしながら花より団子の私です。ビールを飲んで、お肉を食べて、そんなことをしているうちにふと思いました。

企画開始から4か月。いよいよアノ季節がやってくる……

「おれ、ダイエット企画やってるよね?」

そう、私編集フカザワはダイエット企画真っ最中なんですよね。ダイエット企画というか、夏にTシャツ1枚でモテまくるための美ボディ作りの道半ばなワケです。って、もうすぐ夏になっちゃいますね。トホホ……。ビール飲んでる場合じゃないかも。日本酒も控えなくちゃ。

お腹を凹ませるだけじゃダメ。美ボディには“美胸筋”が欠かせません

お腹を凹ませるだけじゃダメ。美ボディには“美胸筋”が欠かせません

第4回にしてわずかながらお腹が凹みはじめた私でしたが、横っ腹の油断肉(←お気に入り)がまったく落ちていないことが発覚。なかなか凹まない油断肉と、今もなお格闘中です。

参考記事:編集フカザワのトレーニングの軌跡

お腹を凹ます、という命題には果敢に、それはもう果敢に取り組んでいきますが、今回はちょっと場所を変更して筋トレ術を解説します。

あ、お腹のトレーニングに飽きたわけじゃないんです。原因はおなじみ、私の先生でもある森 俊憲さんです。

監修/森 俊憲さん

2007年株式会社ボディクエストを設立。個人のボディデザインサポートや、企業向けの健康指導、メディア媒体への出演や企画監修など、幅広く活躍中。著書に「へやトレ」「手に入れたのはカッコいい体と●●だった」 (いずれも主婦の友社刊)などがある。

監修/森 俊憲さん

■森さん、森さん。ずっと思っていたのですが、森さんの胸筋ヤバいですよね。

「ヤバいって何ですか?笑」

■超出てますよね!? なんかドラゴン○ールに出てきそうです!

「世代がバレますね。この会話……」

■それはともかく、どうしたらそんな美しい胸筋が育つのでしょうか? 才能ですか??

お腹を凹ませるだけじゃダメ。美ボディには“美胸筋”が欠かせません 2枚目の画像

「才能じゃないですよ。これも“へやトレ”というか誰もが知ってるトレーニングで鍛えたモノです」

■teach me!

「(スルーしよう)。そのトレーニングとは、腕立て伏せです」

■……!?

「中学校や高校で運動部だった方は、きっと体験済みですよね」

■いやいや、やりましけども。そこまでバランス良く鍛えられなかったですよ。むしろ私は“ぽちゃ胸なう”です……涙。

森さんのようにバランスが整った胸筋は、全男性が憧れることでしょう。そんな憧れの胸筋がなんとアノ腕立て伏せで手に入るとは衝撃でしたね。とはいえ、トレーニングのプロフェッショナルが指す腕立て伏せと、私のような一般ピーポーが考える腕立て伏せにはやはり天と地ほどの差があったのです。

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは?

腕立て伏せとは、そもそも勘違いされがちですが“腕を鍛えるトレーニング”ではありません。もちろん腕にも負荷がかかりますが、“胸筋を意識する”ことで胸筋に刺激を与えるトレーニングです。

って、もっともらしいことを解説しましたが、すべて森先生の指導のおかげ。ここまでの話を踏まえて、さっそくトライしてみます。

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは?

■まずは手のひらをついてっと……

「そうですね。これは誰にでもできますよね」

■泣

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 2枚目の画像

■よっ……。

「そうそう。体を沈める際も胸筋に負荷がかかっているかどうかを意識しましょう。上体を定位置に戻すときも同様です」

■おりゃっ!

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 3枚目の画像

■できた!

■森さん、森さん。できちゃいましたね。さすが私ですね。

「さすがかどうかはともかく、胸筋を意識すると胸がジンジンとしてきませんか?」

■たしかに。いや〜、今回のトレーニングは実にスムーズですね。ベリーイージーです。

「何言ってるんですか? ちょっと前からの様子を見てみましょう」

■(うわ。コレはキッツいのがくるパターンだ)

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 4枚目の画像

「フカザワさんが今行ったのは、基礎中のキソ。誰もが習得できる腕立て伏せです。より胸筋の広範囲に負荷をかけるためには、ちょっとやり方を変える必要があるんですよ」

■腕立て伏せにやり方なんてあったのでしょうか?

「簡単です。地面に接している手の位置をちょっとずらしてみましょう。そうですね、左手をマットの外側に置いてみましょうか」

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 5枚目の画像

■ほっ。

「いいですね。上体は曲がらないようにしましょう。で、そこから腕立て伏せをやってみましょうか」

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 6枚目の画像

■(手の位置が変わったくらいで、おれの腕立て伏せに問題はないさ)。分かりました!

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 7枚目の画像

■まずは体を落として……。そして上げ……。

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 8枚目の画像

■上げ……。あれ? 上がらない……。

「でしょ?」

■いや、森さん。これ結構キツいですよ。

「見て分かりますよ。プルプルしてますし、顔も赤くなってきましたね。はい、胸筋で体を上げるイメージを忘れずに」

■ふううぉおおお……

いよいよ本題。胸筋全体を刺激する腕立て伏せとは? 9枚目の画像

■できた! なんか胸筋というか胸筋の外側がいたいんですけど?

「外側に刺激が与えられている証拠ですね。何回かトレーニングを行った成果なのか、筋肉に意識を置いてトレーニングをするのが上達しましたね」

■ありがとうございます! でもこれ、1回じゃないですよね……。

「もちろん。慣れるまでは10回できればいいですね」

■マジすか……。

「大マジです」

胸筋の鍛え方も習得! 編集フカザワの新たな課題とは?

胸筋の鍛え方も習得! 編集フカザワの新たな課題とは?

ジムに行かずとも、器具を使用せずとも鍛えられるのが森さん直伝“へやトレ”のメリット。腹筋だけではなく、胸筋の筋トレ術も習得したことで編集フカザワはまたもや有頂天になっていました。だってほら、意味不明なポーズでしょコレ。やはり無様です。

胸筋の鍛え方も習得! 編集フカザワの新たな課題とは? 2枚目の画像

調子に乗った私の耳に、森さんの言葉が刺さります。

「フカザワさん、前回も今回も結構グラついてましたね。おそらく体幹を鍛えないとダメでしょう。次回は体幹をしっかり鍛えるためのトレーニングをやっていきましょうか」

まだまだ当企画は終わらないようです。というか夏までにどうにかなるのでしょうか!? 誰もが頭によぎる不安を解消すべく、編集フカザワは何を行っていくのでしょうか?

というワケで次回は体幹トレーニングについて解説します!

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る