今春の注目アイテム。シャツジャケットが超使える!

アウターだと暑くて、トップス1枚だとちょっと寒い今の時期、とにかく役立ってくれるのがシャツジャケット。今季の流行アイテムなので、持っておかない手はないでしょう。

今春の注目アイテム。シャツジャケットが超使える!

シャツジャケットとは?

基本的にはシャツのような薄手の生地を使ったジャケットのことを指します。シャツのような軽快さを持ちつつも、仕立てはあくまでジャケットなので、着こなしが軽く見えすぎることがないんです。つまり、気温が非常に曖昧な今のシーズンにうってつけの存在というワケ!

画像のアイテム詳細を見る

だから手放せない。シャツジャケット3つの魅力

その1

今季のビッグトレンドだから旬度を即座にアピール可!

いわずもがな、シャツジャケットは今シーズンの一大トレンドアイテム! 今っぽさをアピールするために、これほどうってつけなものはありません。春夏のメインアイテムとなってくれることは間違いないので、何枚か押さえておくのがセオリーといえます。

その2

ちょっと肌寒い日から盛夏まで対応

ジャケットとシャツの中間的なアイテムだから、幅広いシーズンに対応可能。少し肌寒いときはもちろん、袖をくるっとロールアップすれば盛夏だって難なく着こなせるんです。1着あれば春・夏・秋と使えるので、コストパフォーマンスに関しては申し分ありません。

その3

さらりとラフに着ても十分「サマ」になる!

カットソーなどの上からさらっとラフに着ても、それなりにサマに見えるというのも大きなストロングポイント。つまりは、ごちゃごちゃと着飾らないベーシックスタイルでもおしゃれにみせられるということ。小難しいコーデテクニックが不要なんです。

スタイリングのテイスト不問。即戦力として使えるシャツジャケット10選

着こなしの主戦力となること確実な、“使える”シャツジャケット10点をここでピックアップ。どれもセンスがきらりと光る逸品なので、いつものコーディネートをワンランク格上げしてくれるハズ。気になるモデルは即チェックを!

アイテム1

『ビームス』

引き裂き強度に富むリップストップコットン生地で仕立てたCPOシャツジャケット。ミリタリーウェア特有の武骨感を放ちながらもシルエットはモダン仕様なので、さまざまなテイストの着こなしに落とし込めます。

アイテム詳細を見る

アイテム2

『シップス』

ざっくりとエアリーなタッチのカラミ素材を駆使した1枚。リネン混らしく、通気性と速乾性に優れているのもポイントです。また、春夏シーズンらしい爽快なカラーリングなので、季節感の演出にはぴったり!

アイテム詳細を見る

アイテム3

『アーバンリサーチ ドアーズ』×『リー』

やわらかな風合いのコットンウールを用いたコラボモデル。シャツ生地ながらも、ヴィンテージのカバーオールのようなルックスです。袖裏部分には別生地を貼り合わせているので、ロールアップした着こなしもおすすめ!

アイテム詳細を見る

アイテム4

『センスオブプレイス』

オールラウンドに活用できるコーチジャケット型。極薄のポリエステルなのでさらっとした肌触りです。加えて、4WAYストレッチ機能も着心地の良さをアシスト! シルエットは少しゆったりめの設定となっています。

アイテム詳細を見る

アイテム5

『ブルーワーク』

高級素材として名高いギザコットンを惜しみなく使用。かなり高密度で織り上げているため、ほんのりとした微光沢を備えています。洗いざらしのナチュラルな風合いで、気負わずに着られる点もグッド!

アイテム詳細を見る

アイテム6

『アバハウス』

コットン60%×リネン40%の混紡生地はインディゴ染めが施されているため、着込むほどデニムのように味わいが深まっていきます。共地のパンツもラインアップされるので、セットアップで着用するのも◎。

アイテム詳細を見る

アイテム7

『ワイルドシングス』

ナイロン素材のシャツジャケット。中綿にはアウトドアシーンでおなじみのハイテク素材、「プリマロフト」を採用しているので、軽量性&保温性に優れています。あえてきれいめのパンツを合わせてスタイリングしても良さそうですね。

アイテム詳細を見る

アイテム8

『オムニゴット』

フランスのワークウェアがイメージソースとなった今作。平織りのコットンシーチングは厚みがあってタフなので、ヘビーローテーションも余裕です。さらに、仕上げにウォッシュ加工を施すことでしなやかな質感に。

アイテム詳細を見る

アイテム9

『マージン』

風合い豊かなモールスキン素材のファティーグシャツジャケットは、ストレッチ性が高くノーストレス。加えて、バイオストーンウォッシュによる生地加工でヴィンテージ感たっぷりに。『マージン』らしい洗練シルエットも◎。

アイテム詳細を見る

アイテム10

『ザ ドローイングルーム』

オリジナルのモールスキン素材を上身頃に使い、一方の下身頃にはデニム生地を用いたユニークなモデル。デザインは40’sに米国で見られたユーティリティーシャツからインスパイアされています。無彩色なので意外にもすっきり着用可。

アイテム詳細を見る

おしゃれに着こなそう。シャツジャケットのグッドサンプル集

ハズせない注目アイテムであるシャツジャケットですが、どう着こなせばいいかわからないという人も多いのでは? ということで最後は、街のおしゃれ達人のサンプルコーデを一挙にお披露目。彼らからコーデのヒントを盗み取ってください!

コーデ1

ミリタリーテイストなシャツジャケにユーズド加工のジーンズを合わせて男っぽく。ただし、鮮やかなカットソー素足履きしたレザースリッポンでほのかにリラックスムードも注入しています。

コーデ2

グレーのシャツジャケット&ブラックパンツでシックなモノトーンスタイルを構築。あっさりとしすぎないように、インナーにはバイカラーのシャツを投入して着こなしに緩急を生み出しました。

コーデ3

涼しげない色合いをまとったシャツジャケットで春夏っぽさ満点に。帽子は同系色をチョイスして、一体感を描き出しました。インナーとパンツのホワイトが着こなしの清涼感を一段と加速します。

コーデ4

ワークテイストのシャツジャケ&ツイルパンツで武骨な雰囲気にスタイルメイク。ホワイトのカットソー&ローテクスニーカーで抜け感を出したり、アイウェアで大人っぽさを出したりと小技も光っています。

コーデ5

両胸ポケットが付属するワーク風味なシャツジャケットでワイルドさを醸し出しつつ、テーパードジーンズでキッチリ感も封入。バランスのとれた好コーデに仕上がっています。インナーで軽さを出したのもカギ。

コーデ6

ワッペン付きのミリタリージャケットにダメージジーンズ、足元にはレザーブーツと男らしいアイテムを多用。それなのに野暮ったい印象に見えないのは、中にサンドイッチした襟付きシャツのおかげ。硬軟の付け方が実に巧みです。

コーデ7

コーチジャケット風の1着をアウター感覚で投入。プルオーバーパーカーと重ねて緩い雰囲気のスタイルを構築しました。ボトムスにジーンズを持って来れば、今季的なスポーツアメカジスタイルの完成です!

コーデ8

落ち着いたカラーリング&シンプルな組み合わせで、中綿入りのシャツジャケットをすっきりと着こなしています。ネイビーやブラックといった重ためのカラーを用いた分、各所にホワイトを挿して適度にトーンアップ!

コーデ9

春夏では重たく見えがちなグレーのテーラードですが、シャツ地のものであればヘビーに映ってしまう心配はありません。膝上丈のショーツも重さの払拭に一役買っています。くだけ過ぎはNGなので、色使いはシックめに徹しました。

コーデ10

こちらもシャツ素材のテーラードを用いた着こなし。インナーもホワイトを選ぶことで軽さを強調しています。ただし、ぼんやりとしたイメージにならないようにネイビーのボトムスでさりげなく引き締めました。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る