春の気候に最適なアイテム選びと着こなしのポイント

4月から5月のこの時期は、寒暖差が激しい時期ですよね。こんな時期はどんなものを身につけるべきなのでしょうか? 気温別おすすめアイテムをピックアップしてみました。

春の気候に最適なアイテム選びと着こなしのポイント

暑かったり、肌寒かったり……。この時期何を着るか迷いますよね

暑かったり、肌寒かったり……。この時期何を着るか迷いますよね

4月から5月のこの時期は微妙に肌寒かったりと、日中と晩の気温差が激しい日が多いですよね。朝は忙しいのにもかかわらず、毎朝何を着たらいいのか迷う……という方も多いのでは? ただでさえ忙しい朝なのに、服を選ぶのに時間を取っているのももったいないですよね! 気温別に適した服装を知り、朝の時間の節約だけでなくスマートな着こなしもマスターしてみましょう。

コーデに迷ったら、気温20度でジャッジ!

コーデに迷ったら、気温20度でジャッジ!

気温による衣類の選び方はいつも迷いがちですよね。そんなときの服装ジャッジ方法には簡単なものがあります。それは、「気温20度で判断する」というもの! 実は、気温20度は、この時期に一番多い気温で、長袖服・半袖服を決める境目の温度ともいわれています。ですが、ひと言で「気温20度」といっても、最低気温20度と最高気温20度では着る服が異なります。どんな服が最低・最高気温20度の日に適しているのでしょうか?

▼最高気温20度なら軽い羽織があると活躍します

その日の最高気温が20度の場合、朝や夕方以降は20度以下になることが予想されます。そんな日の服装は、シャツなどの軽い服装+ナイロンやコットンなどの軽めのアウターで重ね着するとちょうどいいですよ。

さっと羽織るのなら、きれいめ・カジュアルコーデ両方に使いやすいカーディガンがおすすめ。素材は4月〜5月でも温かくなりすぎない、軽いコットン製のものがよいでしょう。通気性もよく、程よく保温してくれるため、肌寒いときに羽織る分にはちょうどいいですよ。羽織るだけでなく、肩周りに巻いたりできるなど、春コーデのアクセントアイテムにもなるありがたいアイテムですね。

アイテム詳細を見る

カジュアルコーデに最適! フルジップパーカー

パーカーにもいろいろな種類がありますが、春の気温に悩む際におすすめなのは「フルジップパーカー」。ジップで簡単に着脱できるため、暖かい時間帯とそうでない時間帯での寒暖調節も簡単にできますよ。フルジップパーカーも、軽い仕上がりのコットン製のものが冬っぽくなりすぎずおすすめです。

アイテム詳細を見る

今季トレンド! シャツアウター

程よい厚みのあるシャツアウターは、この時期のシャツやカットソーコーデの軽いコーデにも映える仕上がり。アウターの割には薄めのアイテムですので、この時期に着るアウターに悩んでいる方や冬物アウターからなかなか抜け出せない方にもおすすめです。シャツシルエットですので、パンツを選ばないところも高ポイントなアウターですよ。

アイテム詳細を見る

軽くてさっと羽織れる! 薄手のジャケット

春先のきれいめコーデでは、このような薄いジャケットも1枚あれば重宝するでしょう。
スーツジャケット1枚だけの通勤では寒く感じられるときや、きれいめコーデで肌寒さを感じる際に使い回せるため、春先のマストバイアイテムとして購入する方も多いアイテムなんですよ。

アイテム詳細を見る

カジュアルコーデのアウターに悩んだらジージャン

カジュアルコーデを考えるときにもう1つおすすめしたいのが、ジージャン! 程よい厚みで微妙な肌寒さを防いでくれるだけでなく、細身のシルエットを選べば、ジーンズやチノパンだけでなく、スラックスなどのきれいめのボトムスにも合わせやすくなりますよ。

アイテム詳細を見る

▼最高気温20度なら、こちらの着こなしを参考に

ここからは、ご紹介したアイテムを使用したカジュアル・きれいめコーデをご紹介。それぞれのアイテムを使った気温に見合ったちょうどよいコーデをチェックしながら、おしゃれを楽しみましょう。

カバーオールのような仕立てで、アウター感覚で羽織れるシャツジャケットはこの時期活躍。Tシャツにさらっと羽織ればちょうどいい塩梅です。シンプルな着こなしながら、シャツのヴィンテージ感ある風合いが、こなれ感を演出。インナーに白のカットソーを投入することでクリーンな印象に仕上がっています。

さすがにカラーシャツ1枚だけじゃ寒い……という日におすすめなのが、ジージャンでカラーシャツの薄さと寒さをカバーする方法。ジージャンで寒さが防げるだけでなく、カラーシャツのフォーマル感をうまくカジュアルダウンしてくれる効果もありますね。ジージャンとボトムスのトーンがほぼ同一のため、カジュアルながらまるでユニフォームのようなきれいさも感じられます。

くるぶし丈のパンツと程よくたくし上げたカーディガンの丈がきれいなコーデですね。ほぼモノトーンで決まっているため、全体が落ち着いた印象に。スニーカーではなくレザーシューズを合わせることにより、さらにきれいめなコーデに仕上がっています。インナーシャツに丈長めのものを代用してレイヤードスタイル(重ね着スタイル)を楽しむのもよいですね。

こちらは先ほどのコーデとはうって変わって、ホワイトをメインにした明るい仕上がりに。春の日差しにもぴったり合うさわやかコーデですね。カーディガンは真っ白なオフホワイトでもきれいなのですが、やや暖かみのあるアイボリーカラーを使うことで、全体の印象がよりやわらかな印象になっています。ボトムスのロールアップも今の時期らしくさわやかですね。

こちらはフルジップアップパーカーを上まで閉じ、プルオーバーのスウェットのような感覚で着こなしたコーデ。ややタイトめパーカーにやや余裕のあるボトムスを合わせているため、全身のバランスがよく整っています。また、ボトムスの若草色とパーカーのグレーもよくマッチしていますね。パーカーのインナーには、首元がすっきりとしたラウンドネックやVネックを合わせると首回りが詰まって見えませんよ。

カーディガンにはカラーシャツを合わせてビジネスカジュアル風に着こなすのもよいですが、このように首回りがきれいにあいたプレーンなカットソーを合わせるとより大人っぽくナチュラルな着こなしが楽しめます。スラックスとレザーのローファーを合わせることで、よりモダンな印象に仕上がっていますね。

カラーシャツやローファーを使ったきれいめコーデですが、ジョガーパンツを合わせてうまくカジュアルダウンさせたコーデです。シャツ1枚でもきれいですが、ここで薄めのテーラードジャケットを使うことで、きれいめコーデのバランスを崩さずに寒暖調節ができる着こなしになっていますね。

▼最低気温20度なら1枚でサマになるカットソーやシャツが最適

最低気温が20度となると、人によっては少し動くだけでも汗がにじむ……という方もいらっしゃるのでは? 最低気温が20度の場合は、昼間になるとさらに気温が上がるため1枚でもサマになるカットソーやカラーシャツなどを使うのがおすすめです。

着方さまざま。7分袖カットソー

春先の少し日差しがきつい日でも「まだ半袖はちょっとな」と感じるときに最適なのが7部袖カットソー。程よく涼しく、万が一肌寒さを感じたときも重ね着しやすいのがメリットです。また、アクセサリーや時計が映えるだけでなく、暑いときは少しロールアップするだけで半袖にも切り替えられ、とても便利ですよ。

アイテム詳細を見る

1枚でスポーティーコーデの完成! スウェットシャツ

スポーティーなコーデやアクティブなコーデをしたいけど、気温に見合ったものが見つからない……とお嘆きの方もいらっしゃるのでは? そんな方におすすめなのが、スウェットシャツ。スウェット程度の厚さなら、この時期の気温でも1枚だけで着ることができ、ボトムスにジーンズやカーゴパンツ、ショートパンツを合わせるだけでアクティブな印象が与えられますよ。

アイテム詳細を見る

きれいめコーデにも合わせやすいカラーシャツ

最低気温20度程度なら、カラーシャツを1枚さらりと着るだけでもいいほどの気温です。ボトムスにスラックスを合わせてきれいめに、ジーンズやハーフパンツを合わせてカジュアルに……と、さまざまな着こなしができる魅力的なアイテムですよ。1枚さらりと着るだけでなく、Tシャツのアウターとして羽織るのもアリですね。

アイテム詳細を見る

ジャストサイズで大人っぽく。アメカジシャツ

アメカジのチェックシャツというと秋冬のイメージがありますが、この時期なら1枚で着るととてもさわやかに見えるんです。ただ、ダボついているとだらしなく、子供っぽく見えるため、1枚で着る際にはジャストサイズで着ることをおすすめします。タイトめのジーンズやチノパンと合わせるとアメカジらしい着こなしに。

アイテム詳細を見る

バスクシャツで暖かい日のコーデもさわやかに!

バスクシャツは通常のシャツよりも糸を多く使用して作られているため、1枚で着用しても寒さを感じにくいのが特徴。また、マリンボーダー柄は季節感も感じられ、さわやかなこの季節にはぴったりの1枚です。ジーンズやスラックス、スニーカーを合わせるだけでトレンド感のある着こなしができますよ。

アイテム詳細を見る

▼最低気温20度なら、こちらの着こなしを参考に

最低気温20度というとあまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、ここからは、最低気温20度の温かい〜暑めの日のきれいめ・カジュアルコーデサンプルをご紹介します!

少し青みのあるバンドカラーシャツをジャストサイズで着こなしたコーデ。ここでブラックのスラックスを合わせてもはまりますが、ここでライトグレーを合わせることで、最低気温20度の日でも涼やかかつさわやかに仕上がっています。

最低気温20度の日のビジネスコーデで服選びに苦労している方は多いのでは? 服選びに迷ったら、ホワイトの無地カラーシャツをグレーのスラックスに合わせるとシンプルかつさわやかな印象になりおすすめです。こちらもジャストサイズで合わせるとよりしっくりと決まりますよ。やや暑さが感じられる日にも、暑苦しさを感じさせないカラーコンビです。

ビジネスで使うことも多いカラーシャツも、ビジネスライクにタックインせず、スニーカーを合わせるとこんなにカジュアルに仕上がりますよ。ボトムスのロールアップに合わせて、シャツの袖も同じようにロールアップすると、よりこの季節らしい仕上がりに。

アメカジ系のネルシャツならチノパンかジーンズあたりを合わせるのが定番ですが、今回ご紹介するのはテーパードスラックスにレザーシューズを合わせたきれいめな着こなし。茶色のシューズと赤系のシャツの色みがマッチしており、レザーシューズ・スラックスといったきれいめアイテムがうまくカジュアルダウンされています。大人コーデをめざすなら、このようなネルシャツの使い方もアリですね。

重たすぎないライトグレーにくるぶし丈のボトムスを合わせたシンプルなコーデ。こちらも、7分袖の丈感とボトムスのくるぶし丈感がきれいにマッチしていますね。ソックスをアンクルソックスに変えて素肌を少し見せる、または素足にサンダルを合わせるとより涼感のある仕上がりになるでしょう。

すべてブラックのアイテムを合わせたコーデですが、トップスにボーダーをもってくることで、全体にさわやかさが感じられる仕上がりに。モノトーンのコーデが好きだけど、暖かい日にはちょっと暑苦しさが心配……という方は、ぜひこちらのコーデのようにマリンボーダーシャツを合わせてみてはいかがでしょうか?

コーデに動きが欲しいときは、トップスにスウェットシャツを合わせるだけでアクティブな着こなしが完成しますよ。また、ボトムス・スウェットシャツ両方をロールアップしているのもこの時期ならではの着こなしですね。スウェットシャツ単体だと落ち着きすぎるときは、こちらのコーデのように長さのあるインナーをチラ見せしてレイヤード風にアレンジするのもおすすめです。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る