旬のネイビーに合うのは何色?大人の配色着こなし講座

ネイビーがメンズカジュアルの主要カラーとなって久しい昨今。もはやそれを取り入れるだけでは物足りない。1歩先行く大人は、相性のいい色との併用でワンランク上を狙う。

旬のネイビーに合うのは何色?大人の配色着こなし講座

今シーズンはネイビーが旬! ネイビーの魅力とは

収縮色であり鎮静色でもあるネイビーは我々にとって頼りになるカラー。それは、顔なじみのジーンズやここぞの場面で袖を通すスーツからも理解できるはず。そして今、ブルー系のすがすがしさと都会的な洗練さを持ち合わせた色として、さらなる脚光を浴びている。

ネイビーのトップスと相性抜群の色とは?

ネイビーの絶大な威力と安定感は先刻承知。狙うべきは相性のいいカラーとの相乗効果だ。そこで、ネイビートップスに抜群の相性を発揮するカラーボトムスをピックアップ。

パターン1

▼ネイビー×ベージュ

アイビーでおなじみの紺ブレ×チノパンからもわかるように、ネイビーとベージュは昔から蜜月の関係。ベージュのマイルドな色みが紺を立てながらライトな印象をプラスする。

ラフさが先行しがちな夏のスタイリング。しかし、濃紺のポロシャツをトップまでボタンを留めながらしっかりとフォロー。タック入りのチノパンも清楚感を後押ししている。

軽やかなブルゾンにB.D.シャツ、チノパン、ローファーと、王道のアイビースタイルに沿った構成。タイも含め、胸元をブルーの濃淡で表現したことにより立体感を生み出している。

デニムジャケットをメインに、アイビーをよりアメカジ的解釈で表現。マリン風味のインナーやきれいめなチノパンによる清楚な着こなしに、土っぽいアウターでアジをのせた。

パターン2

▼ネイビー×カーキ

控えめなカラートーンで同じ寒色系。引かれ合う要素を十分に備えているため、関係性はいたって良好だ。カーキのほうが印象的に強いため、ボトムスに採用するのがベター。

フットボールTにショーツの着こなしは、えてして幼さが顔を出しかねないが、それを抑制したのがトップスのブルーレイヤード。カモ柄の辛口な味付けでさらに今感も加味。

全体のカラートーンを抑えたことで、ショーツスタイルがグッと大人めへシフト。裾からのぞかせたライトグレーのインナーや、足元のスニーカーがいいアクセントになっている。

紺ジャケに白T、そしてスウェットパンツを合わせた着こなしは今季も安定の人気。技ありはそのスウェットパンツをカーゴ型へとチェンジした点。それによりフレッシュさがアップ。

パターン3

▼ネイビー×ペールブルー

1色コーデが着こなしの主流として台頭している今のシーンからも、鉄板コンビであることに疑いの余地はない。濃淡の巧妙な変化で、一風変わったワントーンコーデを楽しめる。

スウェットシャツにジーンズと、いたってシンプルに表現したスポーツミックス。ただ、腰に巻いたシャツ、イージー型ボトムス、レトロスニーカーとさり気ない遊びで違いを創出している。

淡いブルーのパンツを選んだことでコーデに季節感をプラス。ブルー系をベースにしながら、周辺のアイテムにグレーやブラウン、ブラックを取り入れ上質感を上乗せしている。

ヒッコリーストライプを思わせるようなブルー×ホワイトのパンツがなんとも個性的。ただ、トップスに濃紺のポロシャツ、足元に革靴をフィックスし、絶妙なアク抜きを実践。

ネイビーのパンツと相性抜群の色とは?

濃紺ジーンズを愛用してきただけに、ネイビーパンツは我々にとって親しみのある一本といえるだろう。それを今の気分で合わせるなら、キーとなりそうなのがモノトーンだ。

パターン1

▼ネイビー×ホワイト

同じマリンカラーを構成する要素なだけに、白とのコンビはもはや夏に欠かせない。白をボトムスで取り入れるのもいいが、爽やかな印象を存分に生かすならトップスが効果的。

白のポケットTシャツにネイビーボトムスとくれば、いの一番にデニムパンツを想像しがち。ただ、ここではスタイリッシュなコットンパンツを選んだことで見た目がグッと都会的へシフト。

透け感のある白シャツをサラリと合わせ、下からさり気なくのぞかせた太ピッチのボーダーがちょうどいいポイントに。ボーダーのカラーを拾ったショーツや小物の採用も秀逸だ。

細ピッチのボーダーをあしらったバスクシャツ中心のベーシックなマリンスタイル。上下ともに半端丈&ジャストフィットなサイジングで、爽やかさとスマートさをアピール。

パターン2

▼ネイビー×グレー

ビジネスシーンでも無類の安定感を披露する2色。両者ともにさまざまな色と引かれ合う柔軟さと持ち前のシックな趣をあわせ持つオールマイティーなカラーだけに合わないはずがない。

夏っぽさを演じるライトグレーのジャケットと、相反する落ち着きを備えた紺パン。対極にあるアイテムを同時起用することで、大人としての威厳と清潔感の両得をかなえた。

必要最低限のアイテムを駆使して仕上げたミニマルなスタイリング。配色はこの上なく大人びているが、シルエットや素材感で自由を満喫。大人が目指す理想のTシャツスタイル。

無表情に見えがちなワントーンでも、軽妙な変化を誘発する+αで違いを生み出せる。こちらは、グレーカーデの肩掛けでこなれ感を高め、意表をつく色を足元に差し鮮度もアップ。

パターン3

▼ネイビー×ブラック

黒はトーンが似通っていることもありネイビーとはウマが合う。シャープなイメージを振りまくモードカラーとの併用では、やや重な印象を払拭するのがこなれを生むポイント。

Tシャツとジャージーパンツを駆使したオーセンティックなスポーツミックス。個性派と捉えられそうだが、黒×紺の配色が都市にフィット。足元の鮮やかな色みが巧妙な味付けに。

スウェットシャツとジーンズ、さらにはB.B.キャップと、90年代後半のストリートフレーバーが香る着合わせ。ただ、ブラックを中軸に組んだことで、モードさながらのルックに。

おなじみのバスクシャツを交えた、マリン感たっぷりなコーディネート。のように見えるが、トップスのベースカラーを黒にしたことでシャープさが増しストリートなムードに。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る