ロングアウター×ワイドパンツ。旬を着こなす三大法則

アウターが必要となる季節こそ気になるのがパンツとの組み合わせ。旬を取り入れるならロングアウターとワイドパンツを組み合わせたスタイリングを攻略しましょう。

ロングアウター×ワイドパンツ。旬を着こなす三大法則

安定の組み合わせ? ロングアウター×ワイドパンツは、なぜおしゃれに見える?

ロングアウターにワイドシルエットのパンツを組み合わせると、何だかおしゃれに見えませんか? その理由は、重心が足元へ集まり安定感があるファッションとなるため。また、体のシルエットを隠してくれるので、体型を気にすることなくコーディネートを楽しめます。一度マスターするとクセになるヘビロテコーデとなるでしょう。

コツが知りたい! ロングアウター×ワイドパンツ。着こなし上手になる3大法則

では、実際にロングアウターとワイドパンツを組み合わせる際のポイントをご紹介します。+CLAP Men世代にふさわしい、大人カジュアルな着こなしをカッコよく楽しむ方法をチェック。コツをつかめば簡単にアレンジが可能になり、自分なりのバリエーションも増やせるはずです。

法則1

落ち着いたトーンの配色を意識する

ロングアウタースタイルで大人っぽくまとめるなら、カラーリングが大切。トーンを落とした落ち着きある色合いで、全体的なまとまり感を大切にしましょう。コーディネートの最大のポイントはシルエットなので、カラーで主張する必要はありません。

カーキのロングアウターを取り入れたスタイル。インナーやワイドパンツもブラウンやブラックで秋冬にふさわしいカラーリングでまとめています。モノトーンやブラウン以外の色みが欲しいなら、カーキは使える色みの1つです。

ネイビーやブラックなど、ダークカラーの中でもよりブラックに近い色みを取り入れるなら、インナーで明るいカラーを取り入れるとメリハリが出ます。その際、ブルーやグリーンなどのカラーが自然体なメンズファッションにまとまります。

こちらもブラックカラーでまとめたロングアウターワイドパンツの着こなし。キャップやシューズなどもダークトーンを取り入れれば、統一性あるコーディネートに仕上がります。インナーにホワイト系のカラーを差し込むだけで違和感のないスタイリングが完成です。

法則2

ボトムスの丈に注意して

ロングアウターとワイドパンツを組み合わせる狙いは、視線を下半身にもっていくこと。そのため、パンツの丈はいつも以上に気をつけたいところ。ワイドなシルエットだからといってブカブカしたルーズな丈は厳禁です。ご紹介する3パターンから好みに合わせてスタイルを選びましょう。

動きがある足元となるもっともナチュラルな丈の長さは、裾が足の甲に当たり、ワンクッションとなっている状態です。カジュアルなシーンでマッチして、ラフな着こなしにまとめることが可能。少し短めのハーフクッション程度なら、もう少しスマート感が出るので、ラフかスマートかで長さを微調整しましょう。

より大人っぽく見せたい方におすすめな丈の長さが、ソックスがチラっと見える状態。くるぶしあたりの長さにすることで、足元をスッキリさせ、白ソックスによる清潔感を演出することが可能です。ソックスの色や柄でも遊べる、差し色ファッションにも効果的。スタイリングの幅が広がります。

足元にボリューム感を加え、さらに視線を集めるのに有効テクニックが、ロールアップ。丈の長さを自由に調節することが可能なので、その日の気分でアレンジ可能なメリットがあります。ロールアップすることでストンと落ちたシルエットとなり、ワイドパンツの形を強調することとなる存在感ある丈の長さです。

法則3

カジュアルにまとめるならスニーカーと合わせて

ロングアウターで上品さを取り入れているなら、コーディネートにはスニーカーでカジュアル感をプラスするとバランスが取れたスタイリングとなります。ワイドパンツとの相性も良く、大人のリラックスした雰囲気にまとめることができます。

ステンカラーコートにシャツを合わせたカッチリとしたスタイリングにも、ワイドパンツにスニーカーを組み合わせることでカジュアルらしさをプラス。ブラックカラーのスニーカーで、堅くなりすぎないバランスを取り入れることが可能です。

落ち着きあるロングアウターで、マイルドな雰囲気が楽しめるカラーがベージュ。クラッチバッグも持った大人スタイルに、少しハズしとなる『ナイキ』のシューズを取り入れた着こなし。これだけで程よくカジュアルにまとまった休日スタイルが完成です。

グレーを中心に、モノトーンでまとめたワイドパンツとロングアウターの着こなし。少しテーパードのかかったワイドパンツには、ボリュームあるスニーカーが、さらに存在感を増すコーディネートを演出してくれます。『バンズ』のストリートな雰囲気もロングアウターにマッチします。

買い足すなら? この冬狙いたいロングアウターとワイドパンツ

ロングアウターとワイドパンツの着こなし方法がわかったなら、次に知りたいのはイチオシの商品たち。妥当な値段で今年の冬に活躍するアイテムをご紹介します。今回は、セレクトショップが扱うコーディネートしやすいアイテムを中心にピックアップ。買い物に出かける前にしっかりチェックしておきましょう。

『グリーンレーベル リラクシング』トレンチコート

ロングアウターの中でも定番アイテムといえるトレンチコート。スタイリッシュな細身スタイルだけでなく、ワイドパンツともマッチします。『グリーンレーベル リラクシング』のトレンチコートは、シンプルなディテールで抵抗感なく気軽にスタイリング可能です。

『アーバンリサーチ サニーレーベル』メルトンチェスターコート

厚手のウール生地でボリューミーなチェスターコートこそ、パンツはワイドなシルエットが好相性。ジャケットのようなラペルで決してだらしない雰囲気にならない、確かな信頼性があるアウター。断熱性の高い素材を使用した『アーバンリサーチ』のチェスターコートは冬に活躍することでしょう。

『グローバーオール』×『ビームス』別注 ダッフルコート

カジュアルでソフトな印象にまとめるならダッフルコートが好感度アップなアイテム。『ビームス』が手がける別注のダッフルコートは英国の老舗ブランドである『グローバーオール』のもの。上質感のあるアイテムと、カジュアルなワイドパンツとの組み合わせが実に今季的なスタイリングです。

『ユナイテッドトウキョウ』スリーレイヤーギャバステンカラーコート

上品でメンズの大人っぽさをしっかり取り入れることができるステンカラーコート。Aラインのシルエットがワイドパンツをはいた際にもじゃましない相性の良さを兼ね備えています。仕事用としても兼用できるので幅広いシーンで使える便利なロングアウターです。

『トラディショナルウェザーウェア』クリストン

カーキカラーがメインとなるモッズコートもワイドパンツとのコーディネートに役立つロングアウターです。フードがあるので、よりカジュアルな雰囲気にまとめることができ、オーバーサイズで着こなすことも可能なアウター。『トラディショナルウェザーウェア』のモッズコートは、ボンディング生地と呼ばれる撥水性の高い生地で作られているので機能性も信頼できるアイテムです。

『ステュディオス』カラー ワーム イージーワイドパンツ

日本人の体にあったパンツをデザインするのが『ステュディオス』のオリジナルライン。くるぶし丈の絶妙な丈とストレッチが効いたはき心地の良さが魅力的です。ブラックのカラーリングで、どんなロングアウターともマッチするベーシックなワイドパンツとして人気です。

『ディッキーズ』×『グリーンレーベル リラクシング』ワイドパンツ

メンズのパンツといえばワークパンツ。その代表である『ディッキーズ』が『グリーンレーベル リラクシング』別注として作ったワイドパンツがこちら。プリーツを1つ大きく入れることで、品のあるロングコートのムードとさり気なくマッチしています。

『ジャーナルスタンダード』フラノ1Pイージーパンツ

ワイドパンツのシルエットでありながら、テーパードがかかったデザインで上品さを加えた『ジャーナルスタンダード』のアイテム。イージーパンツとしてゆったりとはくことができ、休日スタイルに最適なスタイリングが可能です。リラックスできるのにキレイめな印象もあるので、丈の長いコートとも◎。

『シップス ジェット ブルー』ベルトパンツ

『シップスジェットブルー』が提案するのはミリタリーパンツをもとにデザインされたワイドパンツ。ウエストベルトが付いたディテールがポイントであり、ゆったりとしたシルエットが特徴的です。ワンクッションで少しルーズにはいてもサマになる形が多くのメンズから支持を得ています。

『グラミチ』ワイドパンツ

多くのセレクトショップが取り扱うクライミングパンツブランドが『グラミチ』。クライミングスタイルを飛び出しタウンユースなパンツとしても愛用者が多いブランドです。ワイドパンツのモデルのゆったり感はもちろん、動きやすさを重視したデザインが魅力。ロングコートと合わせて、きれいめとアウトドアのミックススタイルを楽しんでみては?

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る