バランスが肝心。ゆったりアイテムで作る旬コーデ

オーバーサイズのトップスにワイドパンツを組み合わせるリラックスコーデが旬の気分。ルーズになりすぎず大人の余裕を演出するゆったりスタイルの秘訣を紹介します。

バランスが肝心。ゆったりアイテムで作る旬コーデ

今季流行の“ゆったりアイテム”って?

今旬のゆったりトップスは、ドロップショルダーや余裕のある首周りの仕立てでリラックス感を演出する一方、袖や着丈の長さは程よいバランスで収まっているのが特長です。清潔感のある「大人のゆったり」は、ルーズやだらしなさとは関係ありません。普段より大きめサイズでゆったりアイテムを購入するときは、サイジングに注意しましょう。

大人の男性がチョイスすべきゆったりめのボトムスは、裾まで幅広をキープしたリラックススタイルでありながら、パンツ丈はジャストをやや短めで収め、きちんと感をアピールできることが重要です。パンツ素材の落ち感やハリ感によって、タイトなボトムスにはない大人の余裕とリラックス感を演出することができます。もちろんはき心地の良さも魅力の1つ。

絶妙なバランスに注目。ゆったりアイテムで作るリラックスコーデ

トップス・ボトムスどちらもルーズになりすぎないアイテムを組み合わせてリラックススタイルをつくり上げることが、大人ならではのゆったりコーデ。おしゃれの上級者が見せる旬のスタイルを一挙10選紹介します。

モノトーンに絞った上品ゆったりコーデ

幅広な布地がつくり出すドレープがきれいなグレーのワイドパンツを黒のゆったりニットと組み合わせ、きちんと感を残したコーディネート。白スニーカーやアイウェアが上品なスタイルを引き締めます。

色のメリハリで見せるビッグシルエットコーデ

ネイビーのビッグシルエットシャツを、明るい茶色のワイドパンツとコーディネート。色の対比にメリハリがあるので、全体の印象をぼんやりとさせません。ゆるくタックインした着こなしもルーズに見せないポイント。

ゆったりアウターで大人の休日スタイル

ドロップショルダーでゆったりと羽織るガウンコートをコーデの主役に、フラノ素材のワイドパンツと組み合わせた装い。どちらもビッグシルエットでバランスが難しいところを、白シャツや白スニーカーでぴりっと引き締めています。

ワントーンコーデでスッキリした印象に

ワイドパンツ初心者がまず挑戦するならダークカラーのゆったりボトムスがベター。スタジャンが持つ武骨さを残しつつも、スマートに仕上げています。差し色や小物使いのバランスも絶妙。

トップス×ボトムスとも短め丈で軽快に

ボックスシルエットのグレーシャツと黒のワイドパンツを組み合わせてもなお全体のイメージがタイトに見える秘策は、どちらも短め丈のアイテムであること。ウェスト周りや足元のスマートさが強調され軽やかに見えます。

ゆったりシルエットならではの上品なモノトーン

凝った編み柄が特長的な白のハイネックニットを柔らかな風合いのグレーの幅広パンツとコーディネート。着こなし全体の上品さは、淡いモノトーンのカラーリングだけでなく、このゆったりシルエットがつくり出す賜物です。

ゆったりアウターをスッキリ見せるレイヤーの工夫

オフショルダーのゆったりシルエットのチェスターコートに、グレーの上品な幅広パンツをコーデ。長すぎないパンツ丈やレイヤーで中に着た短丈のジャケットがきちんと感を演出してくれるので、重苦しくなりません。

モノトーンコーデで太めシルエットをスマートに

太めシルエットのアイテムが苦手な人にまずチャレンジしてもらいたいのは、モノトーンで全体をまとめたコーディネート。ボックスシルエットのシャツジャケットやワイドパンツを組み合わせても、ルーズになりすぎません。

重厚感あるゆったりアウターにソックスで差し色を

ショールカラーのコートはオフショルダーに長め丈のしっかりボリューム感があるアウター。ワイド幅のデニムと組み合わせる際にはパンツ丈を短めに設定することで、白ソックスを見せ足元の軽さを演出することができます。

ダークトーンで全身をまとめた大人のリラックススタイル

編み地の厚みが上質感を醸し出すカーディガンを主に、カーキのゆったりボトムスとコーディネート。インナーに着用したチェックシャツも含めすべてダークトーンでまとめているので、大人の余裕あるリラックス感が印象的です。

おしゃれにキマる。好相性なコンビ5選

ゆるトップスとゆるパンツを組み合わせた大人ならではのコーディネート例を5選紹介します。ボリューム感や素材合わせの参考にして、自分なりのリラックスコーデを早速考えてみましょう!

コンビ1

きれいめ×きれいめのコンビながらサイズ感で旬を演出

カーディガンとウールパンツはきれいめコーデの代表コンビ。ややオーバーサイズのアイテムをセレクトすることで、今らしい表情に仕上げることができます。

『ジャーナルスタンダード』カーディガン

フロントボタンなしのカーディガンでリラックスしたムードながら、ミラノ素材で上質感をカバー。見た目も良し、暖かさも十分な一枚は冬に重宝します。

『ジャーナルスタンダード』ウールパンツ

クラシックな風合い豊かなフラノウールの中でも薄グレーのワイドパンツは特に上品な大人のイメージ。ゆったりボトムスの足元をアンクル丈でスッキリまとめることで、上質なスタイリングに格上げすることができます。

コンビ2

シンプルなワントーンコーデで大人カジュアルに

カットソーとジーンズのコンビは、カジュアルの定番。過度にカジュアルな印象に転ばないよう、ネイビーの組み合わせが気分です。

『チャンピオン』八分袖Tシャツ

旬のビッグシルエットに仕上げたチャンピオン別注の濃紺カットソーは、ハリ感のある生地がオフショルダーのシルエットをキープしてくれるため、ゆったりしたスタイルを長く楽しむことができるお得アイテムです。

『レイジブルー』ワイドジーンズ

ゆったり幅のボリューム感あるデニムパンツは、濃いインディゴ色とジャストの裾丈が大人のリラックススタイルにぴったりの一着。濃紺のトップスと組み合わせれば、クリーンな印象のワントーンコーデが完成します。

コンビ3

旬素材でみせるセンスアップコンビ

冬らしい素材感の組み合わせで、季節感を演出するのもおしゃれのテクニック。上品なアイテムのコンビならば大人らしさも演出できるのでおすすめです。

『ジュンレッド』ミラノリブボックスシルエットニット

ボリューム感が旬のミラノリブのキャメル色ニットは、裾スリットで軽さをプラスした一枚でも様になる計算されたデザイン。タイトなボトムスとの組み合わせも無難ですが、今年はワイドボトムスと合わせるのが旬の空気感です。

『ジュンレッド』ウォームクロスワイドテーパードパンツ

温かみのある起毛素材の幅広パンツは、わずかにテーパードが効いているのでさまざまなコーデに対応できる活躍選手。ほかのアイテムの個性を引き立てるブラックのゆったりボトムスは1本持っておきたい旬のアイテムです。

コンビ4

冬にまとう白が、今新鮮

ダークトーンに偏りがちな冬コーデですが、時には白やベージュなどの明るい色みも取り入れましょう。上下で濃淡をつけるとともに、今らしいサイズ感のアイテムを取り入れればやぼったくは見えません。

『エストネーション』ローゲージガウンニット

ローゲージで編み上げたショールカラーのロングカーディガンは、ガウンのようにゆったりしたアウター感覚で着用できるオーバーサイズシルエットのニット。ふっくらとした素材感で着こなしにリラックス感をプラスします。

『エストネーション』ウールジャージーイージーパンツ

ウールにナイロンを混紡したハリ感のあるワイド幅のパンツは、程よくゆとりがあり楽なはき心地で着回しを楽しめる頼りがいのあるボトムス。風合いある素材感が、ざっくりニットとの組み合わせにもハマります。

コンビ5

色みと長短のメリハリでおしゃれに

上下で明るいカラーリングを取り入れることに抵抗がある方は、色みでメリハリをつくりましょう。また、ロングコートとワイドパンツを組み合わせる場合は、ボトムスを裾上げをしたり、ロールアップしたりと、トップスの長さを強調することで“こなれ感”を演出するのがベターです。

『トランスコンチネンツ』ダブルフェイスタイロッケンコート

身頃にゆとりがあるダブル仕立てのコートは、混紡ウールのハリ感がしっかりとしたAラインを描くボリュームのあるデザイン。襟部分の切り替えがアクセントになっているので、シンプルなボトムスと合わせてもコーデが決まります。

『リーバイス』ホームランチノ

肉厚のコットン100%で仕立てられたアイボリーのワイドチノは、ダークカラーが多くなりがちな秋冬のコーデにも軽快さをプラスする貴重なアイテム。ジャスト丈の裾合わせで着用することで、一層きちんと感が高まります。

最後に忘れないで! 幅広&丈長のルーズ過ぎるのはNG

ゆったりアイテムを掛け合わせた旬のリラックスコーデは、「ルーズ」や「だらしなさ」とは別物です。丈長や幅広過ぎは避けて、大人メンズならではの余裕あるスタイリングを楽しみましょう。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る