初売りで買って春まで活用。息の長い便利アイテム10選

冬物がお手頃価格で入手できる初売りセール。賢い大人ならば、今の時期から春先まで着回せる、息の長いアイテムを狙いたい。そんな万能アイテムのなかでもおすすめを紹介。

初売りで買って春まで活用。息の長い便利アイテム10選

セールで買ってお得! 今から春先まで使える万能アイテムとは?

外はすっかり寒さが強くなってきたが、年明けとともに初売りセールの時期がやってくる。そこで販売されるアイテムって、実は汎用性にすぐれたものが多いのはご存じだろうか? たとえばアウターもスタイリングによっては春先まで使え、プルオーバーやスウェット、ニットなどのインナーも同じことがいえる。だからこそ、おしゃれに敏感な+CLAP Men読者は今からチェックしておくのが賢い選択だ。

冬から春まで着回し可能! 息の長いアイテムと活用術

息の長いという定義は、冬から春先まで着られること。そんな定義にふさわしい優秀なアイテムたちをご紹介。しっかりチェックして、初売りセールの対象となるかは定かではないが、割引対象となったらスグにゲットしよう!

▼アイテム1:シティコート

ワックスコーティングを施したオックス地を使い、ぬめりのある顔つきとハリ&コシ、そして重厚感のあるルックスに。着脱式ライナーを採用しているので、気温によって使い分けができ、ビジネスからカジュアルでも使える、その万能性が魅力だ。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

保温性抜群のライナーを搭載したコートは、旬のミリタリーカラー。インナーはアースカラーのベージュのニットを、パンツはシックにグレーのリブパンをセレクトすれば、真冬でも旬を気取れる。

春コーデ

ほんのりと暖かさを感じてきたら春先には、ライナーを外しインナーはシャツとニットで軽やかに。その際に、シャツの裾部分をちらっと見せると、こなれた雰囲気を漂わせるので、覚えておこう。

▼アイテム2:ミリタリーコート

肉厚なナイロンツイルを採用したコートは武骨な印象だが、軽快さを加速させるためスポーツライクにブラッシュアップ。素材が軽いため重量感がなく、インナーとの干渉が少ない。適度な光沢感があり、品のあるスタイリングをかなえてくれる。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

インナーに肉厚なプルオーバーを、そしてデニムにキャップを合わせれば、適度な抜け感のあるカジュアルコーデに。コート自体に光沢感があるので、大人っぽい印象を植え付けられる。

春コーデ

インナーをTシャツにするだけで、春先はOK。足元のスニーカーも同系色にすることで統一感をだしフェルトハットをかぶれば、イマドキの空気を演出できる。

▼アイテム3:インナーダウン

福井県坂井市にて創業した、老舗織物が提案する一枚は、軽量でありながらも河田フェザーを採用することで抜群の保温性を確保。上品な光沢感があり、1枚でもサマになる、そのデザイン性の高さが魅力だ。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

ベージュのチェスターコートに、同系色のインナーダウンを合わせることで、美しいグラデーション効果が。パンツはブラックワイドパンツでスタイリングを引き締め、白スニーカーで軽快さを加味。

春コーデ

春先はインナーダウンを主役にしたコーデを。インナーにネイビーのプルオーバーを、そしてグレーのベレー帽で、着こなしにニュアンスを。この着こなしでベージュのジャケットが映えやすい。

▼アイテム4:ジージャン

人気ブランド『ヒステリックグラマー』とアメリカの老舗ブランド『ペンドルトン』のコラボ。表地にはウマティラウールを採用することで高い保温性を確保している。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

保温性や透湿性に優れた上質なウマティラウールを採用しているため、見た目以上に暖かい本作。着こなしでは、ジャケットの色を合わせるモノトーンコーデが成功例。これでシックな大人カジュアルが完成する。

春コーデ

春先はシンプルに、インナーに白T1枚で挑みたい。そこにクリース入りのパンツをはけば、きちんと感をプラスできる。また足元は黒シューズでモードな趣を演出するのが、今春のコツだ。

▼アイテム5:プルオーバーパーカー

洗濯しても型崩れしにくい、リバースウィーブを採用したプルオーバー。11.5オンスの程よい肉厚な生地は、着用するたびに体になじんでいき、経年変化が楽しめる。定番ブランドならではの安定感ある一枚。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

ネイビーのチェスターコートに、程よく色落ちしたデニムパンツ。そこにプルオーバーを合わせればきちんと感とともに適度なゆるさを演出できる。また足元は、目下流行のスニーカーがベストだ。

春コーデ

淡いグレーのプルオーバーに、濃グレーパンツを合わせたワントーンコーデ。上下にグラデーションが生まれ、こなれた雰囲気に。足元はシックなブラックを選び、ソックスは白で軽快さをプラス。

▼アイテム6:リブパンツ

股下から裾にかけて細くなるテーパードを用いたリブパンツは、ウール地からなる。暖かみのある見た目も共存しているので、今冬から来春まで十分重宝できる。またスニーカーや革靴との相性も非常にいい! 

アイテム詳細を見る

冬コーデ

冬の定番、ダウンジャケットとも文句なしの相性を誇るリブパン。インナーにはウォーム感のあるバーガンディのタートルネックを差し色とし、さらに季節感を意識するなら、足元は短靴が正解だ。

春コーデ

ドレスダウンにも使えるのが、リブパンのいいところ。その際にジャケットは存在感を引き立たせるためグレンチェック柄がグッド。またインナーは薄手のタートルネックで、足元は素足履きのローファーで爽やかに。

▼アイテム7:シェットランドニット

スコットランドのシェットランド島にある老舗ニットブランドが編み上げた逸品。流行に流されないクラシックシルエットを用い、つなぎ目のないシームレスな編みにより、抜群の着心地を味わえる。また品のあるカラーもポイント。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

ボリュームのあるダッフルコートに太めのデニムを合わせて、サイズ感を意識。ニットの色を映えやすくするため、上下ネイビーで統一している。今冬のワントーンは注目のひとつで、マネしやすい一例だ。

春コーデ

落ち着き感のあるカラーのため、春先はニットの一枚着で挑みたい。その際に、パンツはシックにブラックをチョイスするとトップスの存在感が際立ち、おしゃれなイメージを演出できる!

▼アイテム8:アウトドアシェル

ゴアテックス マイクログリットパッカーを採用したシェルは、ライトな仕上がりで着心地は快適。撥水機能を備えているため雨の日も安心で、風を通しにくいので体内温度もスムーズに調整できる、しかもコンパクトに収納できるので、持ち運びも容易。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

迷彩柄コートジャケットにグレーのパンツのラフなコーデ。インナーにシェルを合わせることで、シャイニーな素材がワンポイントとなり、大人のシャレ感を演出できる。しかも保温性も確保と、いいことずくめなスタイリングだ。

春コーデ

春先ならシェルの下にシャツを羽織る、そんな軽快なスタイルが好都合。全体はワントーンでまとめ、パンツの裾をくるっと折り曲げる。そして白ソックスを見せると、季節感を強調できる。

▼アイテム9:スタジャン

1枚あるだけで何かと守備範囲が広がるスタジャン。袖には柔らかいシープスキンを採用し、着ていくにつれて体にしっかりとフィットしていく、身頃裏はフリース仕様のため、保温性は納得だ。また胸の刺しゅうが、着こなしのアクセントに。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

スタジャンだけでも十分すぎる保温性を誇るが、寒さが厳しい季節なのでニットをインナーにチョイス。白なら黒のトップスとのコントラストがつきやすく、爽やかな印象を与えられるので便利。またデニムにスニーカーは、今冬もお約束の組み合わせ。

春コーデ

スタジャンだけではちょっとシンプルなので、プリントTをインして着こなしのスパイスに。またペイント加工を施したややワイドなデニムで、旬を意識したい。さらに白スニーカーなら、春の季節を披露できる。

▼アイテム10:MA-1

昨今のトレンドから外せないアウターのひとつ、MA-1。現在ではシルエットもミニマムになり、昔のやぼったいイメージがまったくない。中綿がしっかり入っていることで防寒性は抜群で、厳しい冬場もしっかりと着られる。もちろん。ほんのり暖かくなってきた春先でも使える。

アイテム詳細を見る

冬コーデ

元々フライト用に開発されたジャケットだけあり、インナーにワッフル地のロンTだけでも十分冬場をしのげる。ジャケットのカラーと相性を考えると、黒やグレーといったシックなものをチョイスしたい。

春コーデ

シンプルなデザインだが唯一無二の存在感を放つジャケット。それだけに、春はシンプルに合わせるのが基本だ。その一例がこちらで、白Tにデニム、そしてフェルトハット&色つきサングラスが◎。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る