WEARから学ぶ着こなしの極意。今冬のリアルトレンド集

今リアルに流行っているコーデやアイテムが瞬時に見渡せる「WEAR」から厳選。旬の着こなしのヒントとなる好例を最新のトレンドキーワードとともに一挙紹介します。

WEARから学ぶ着こなしの極意。今冬のリアルトレンド集

WEARで今流行っているコーデが丸わかり! 冬のスナップ大特集

ファッションを楽しむ人たちが日々のコーディネートをウェブ上にアップするWEARでは、瞬時にその時期の旬アイテムやトレンドが画面に映ります。今流行している、あるいはこれから流行するリアルな動向を、おしゃれに見せるコツとともに紹介します。

トピックス1

チェスターコートとパーカーの重ね着は、大人カジュアルの定番!

オンでも活躍する上品さがウリのチェスターコート。あえてパーカーのようなスポーティーなアイテムと組み合わせてカジュアルダウンするテクニックは、異なるイメージを掛け合わせることでこなれて見せることができます。かっこよく見えて、寒さ対策も抜群。この冬すぐにまねしたい装いですね。

スポーティーなスウェットパーカーに、ドレス感の強い細身のチェスターコートを重ねたレイヤースタイル。インナーや小物もモノトーンで統一しているので、すっきりして上品な印象です。

黒×白に色を絞って、チェスターコートとフーディーを重ね着。上半身にボリュームが出る分、スリムなシルエットのボトムスですっきりと足長に見せるバランスは、まねしたいポイントです。

パーカー+デニム+スニーカーというカジュアルコーデに、チェスターコートをふんわりと羽織ることでぐっと上品で大人っぽい印象に。やさしいグレーのコートをチョイスすることで、装いが柔らかになりますよ。

トピックス2

カーキのアウターを都会風に着こなすのが今季的。

これまでのカーキのアウターの着こなしといえば、ミリタリー系やアウトドアテイストが中心でした。今季はクリーンなアイテムをミックスして、都会的なスタイルに格上げする着こなしが主流のもよう! 「WEAR」で見つけたアーバンミリタリーなコーデを紹介します。

ボリューム感のあるカーキのダウンジャケットは、ボトムスに黒スキニーを合わせることで、バランスの良いシルエットに。ダウンジャケットの上品な光沢感や、色数を絞って抑えたカラーリングが、着こなしをあか抜けた印象にまとめています。

ダークグレーのシャツとパンツに、渋いカーキのMA-1ジャケットをオン。ダークカラー同士を重ねても全体的に重く見えない秘訣は、パンツの裾丈を短めに設定して足元をすっきりと軽く見せているから。

ハリ感のあるオーバーサイズのカーキ色トレンチが主役。インナーとスニーカーを白で統一してアクセントを効かせることによって、清潔感のあるコーデにまとまります。

トピックス3

冬だからこそ楽しめる、ミドルゲージのタートルニットに注目!

昨年の春夏シーズンからトップス・ボトムスともゆったりしたシルエットのアイテムが流行。その人気の延長で、リラックスムード漂うざっくりとしたミドルゲージのタートルネックニットが流行しています。さまざまなカラーのものがリリースされているので、ぜひ自分のお気に入りを見つけてください。

程よく色落ちしたきれいめデニムに、ざっくりとしたケーブル編み模様が印象的なタートルネックのニットをオン。インナーに着用したシャツを襟元からチラ見せすることで、きちんと感と上品さを上手にプラスしています。

ジージャンとスウェットパンツというカジュアル色の強い組み合わせに、白のタートルネックニットを挟むことでぐっと大人っぽい印象に。ざっくりしたミドルゲージの編み地なので、程よいリラックス感も演出できます。

レザーのライダースジャケットを主役に、ブルーのタートルニットとドレスパンツを合わせて上品な着こなしに。白スニーカーがアクセントとなって、清潔感もプラスしてくれます。

トピックス4

キャメル×黒で作る上品コーデが大人におすすめ!

キャメルやベージュカラーのアイテムは、それひとつでエレガントや上品さを演出するやさしいイメージ。黒やモノトーンのアイテムと組み合わせることでより一層シックなコーディネートが完成します。上質アイテムの価値がわかる知的な大人メンズにこそチャレンジしてもらいたい着こなしです。

キャメルのステンカラーコートは単品で十分エレガントですが、シックな黒を合わせることで一層上品なイメージに。キャップやスニーカーでカジュアルテイストをプラスして、ラフな抜け感を演出しています。

スポーティーな印象が強いフード付きパーカーも、ベージュ色を選択すればぐっと都会的な印象に。スキニーパンツやスニーカーと組み合わせるいつものカジュアルコーデも、落ち着きのある知的な印象に様変わりします。

キャメルのスエードブルゾンは、冬から春先にかけて長く着回すことができる優秀選手。ワイドシルエットの黒ボトムスと合わせてリラックス感を出しつつ、白のインナーやスニーカーを合わせて清潔感をプラスしています。

トピックス5

大人がハマっているのは、洗練されたスウェットパンツの着こなし

今季はタウンユースな着こなしにスウェットパンツを取り入れるスタイルがグンと増えました。決して部屋着じゃない、洗練された大人風にスウェットパンツを着こなすコツは2つ。1つはジャストサイズで細身のシルエットのものを選ぶこと。もう1点は、全体のコーディネートの色数を絞ってすっきりと見せることです。

ジャケット+シャツというドレスアップのスタイルを、細身のスウェットパンツで程よくカジュアルダウン。レザーシューズやクラッチバッグを合わせることで、スポーティー×ドレスのバランスを上手に取っています。

ネイビーのカーディガン×白のスウェットパンツで作る上品スタイル。クラシックな雰囲気のアイウェアやスエードシューズを合わせることで、よりシックな大人スタイルに仕上げています。

スウェットパンツ、ブルゾン、スニーカーやニットキャップといったカジュアルアイテムを重ねても、スリムなシルエットと絞った色数という基本さえ押さえれば、洗練された大人の装いに仕上がります。

トピックス6

安定カラー”ネイビー”のワントーンコーデが増えています

ネイビーカラーの人気は今季も継続。デニムなどを織り交ぜたワントーンコーデも旬のトレンドです。ネイビーコーデを取り入れるメリットは、全体が引き締まって見え、そのうえ知的な印象にまとまること。全体が重い印象にならないように、異素材を組み合わせることとハズしのポイントをどこかに必ず作ることが重要です。

ネイビー系で統一して、光沢感のあるオーバーコートやコットン地のパーカーをレイヤードしたスタイル。足元のスニーカーやシャツの裾に明るいホワイトを挟むことで、着こなし全体に抜け感が出ます。

デニム・オン・デニムにスウェットを挟んだカジュアルテイストのコーディネートも、アイテムをネイビー系で揃えることによって上品な印象に。デニムの色落ち具合が上下で違ってグラデーションを生んでいるので、単調に見えないのも効果的です。

オーバーサイズのコートやワイドパンツを合わせたモード寄りの装いも、ネイビー系で色を揃えると落ち着いた印象になります。足元に白スニーカーを差して、軽快感をプラスしているのも好印象。

トピックス7

要チェック! 冬こそ積極的に取り入れたい白スニーカー

冬場のコーディネートは、ボリューム感のあるアウターやダークカラーのアイテムなど、見た目に重く暗いものになりがちです。白スニーカーは春夏のイメージが強い小物ですが、清潔感や抜け感をプラスしてくれる効果が大きいので、冬だからこそ、おしゃれ上級者は積極的に着こなしに取り入れています。

ベージュ〜ブラウンの中間色を重ねた難しいカラーリングのコーデも、アクセントとして白スニーカーを組み合わせることでぐっとまとまり感を演出しています。何気ないローテクスニーカーというのもさり気なくて好ポイントです。

つい無難にブーツなどに頼ってしまいがちな冬のコーディネートですが、ダークカラーの多い季節だからこそ白スニーカーの魅力が最大限に発揮されます。濃グレー〜黒のスタイリングの足元にホワイトを差して、清潔感をプラスしています。

セットアップのジャケットスタイルに、白のレザースニーカーを合わせることで程よくカジュアルダウン。大人ならではの余裕を感じさせるきれいめカジュアルコーデの完成。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る