リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

好印象を与える春のシャツスタイルを作るならリネンシャツを選ばない手はありません。その軽やかな素材感は、着用するだけで爽やかさと清潔感をアピールできますよ。

リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

春夏らしさを発揮する、リネンシャツを取り入れよう

麻(=リネン)を用いたリネンシャツはシャリっとした素材感が春夏にふさわしく、涼しげな印象を与えることができます。また、この素材は天然繊維のためナチュラルな風合いを持ち合わせており、コーディネートに軽やかな空気感をプラスしてくれるでしょう。それとともに品のよさを加えつつも、どこか肩の力の抜けたリラックス感も表現することができます。リネンシャツは、1枚羽織るだけで季節感を演出してくれる春夏の必須アイテムなのです。

リネンシャツの特徴

コットンやシルクに比べて、吸水、発散性にすぐれているのが特徴。そのため、水分を素早く吸い取り発散させ、清潔感をキープできます。また、リネンは天然素材のなかでももっとも汚れが落ちやすく、洗濯にも強い素材です。そんなリネンシャツの長所を、よりくわしく見ていきましょう。

特徴1

カジュアルすぎず、きれいめすぎないバランス感

リネンシャツの特徴の1つとして、そのきれいめな部分とカジュアルな部分の絶妙なバランス感が挙げられます。というのも、本来シャツが持っているカッチリとした印象はそのままに、リネンの持つシャリっとした風合いある素材感が“きれいになりすぎる”のを防いでくれているのです。私服ですからあまりにカッチリしすぎるのも考えもの。リネンシャツはそのちょうどよいバランスを1枚で実現してくれるすぐれものなのです。

特徴2

ノーアイロンでOK! リネンならではのシワ感が味になる

リネン素材の特徴として、シワができやすいことが挙げられます。このシワによって、リネンシャツならではの風合いが楽しめるのです。ならば、それを生かさないのは宝の持ち腐れ。ノーアイロンで羽織り、リネンならではの素材感を存分に楽しみましょう。1枚のシャツを着ているだけなのに、不思議とコーディネートにこなれた表情が生まれてくるはずです。アイロンをかけてパリッと着こなすのもありですが、本来の魅力が半減してしまうかも……。

特徴3

気分に合わせてチョイスできる、豊富なカラーバリエーション

リネンシャツは色のバリエーションが非常に豊富。しかもうれしいことに、そのカラバリそれぞれが春にふさわしいものばかり。白をはじめとして、ペールトーンのピンクやグリーン、イエローといった具合にそのきれいな色みは季節感を演出するのに最適です。またそれ以外には、爽やかで涼しげな印象を与えるサックスブルーだったり、軽快な装いにピッタリなチェック柄だったりと、気分に合わせて色や柄を選べるのが◎。

色別。リネンシャツの着こなしグッドサンプル

さて、ここまではリネンシャツの持つ魅力について触れてきました。ここからは実践編。各色に合う着こなしについて触れていきましょう。そんなに難しく考える必要はありません。ポイントさえ押さえればとても簡単!

着こなし1

絶対に押さえたい白系リネンシャツを取り入れた着こなし

まず押さえたい色といえば、やはり“白”でしょう! リネンシャツを着こなすにあたって、押さえておくべき色がいくつかあります。その中での筆頭候補といえばやはり“白”。どんな色のアイテムとも相性がよいこの色は、着こなしやすいので押さえておきましょう。

白リネンシャツの爽やかな印象を生かすべく、インナーにボーダーTシャツを取り入れてスタイリング。きれいめな印象に偏りすぎないように、色落ちしたデニムとスニーカーでカジュアルダウンを施しています。

季節感を出すべく上品な薄いグレーのパンツでコーディネート。足元にシャツと同色のスニーカーをチョイスしたのも、軽快な印象を与えるのに一役買っています。さらにパンツの裾をまくり抜け感も出した点も注目です。

シャツをひときわ目立たせたい時は、濃紺などのパンツを合わせて上下でメリハリをつけるとよいでしょう。コントラストが強く出ることで、より人の視線が明るいシャツに集中します。ハットでその効果を高めるのも吉。

ショーツを合わせながらもシャツは第一ボタンまで締め、またレザーシューズを履くことでキッチリした雰囲気はキープしたコーディネート。色みを抑えていることで子どもっぽく見えず、“大人感”を出すことに成功です。

より暖かくなってきたら、サンダルに合わせてスタイリングするのがいいでしょう。その際はシャツのフロントは開けて着るのがおすすめ。ロゴのあるプリントTをのぞかせてアクセントを加えるのがポイントです。

着こなし2

コーデにすんなりハマる。青系リネンシャツを取り入れた着こなし

なじみのある爽やかなブルーのリネンシャツは初心者でもコーディネートに取り入れやすい存在。取り入れるだけで涼感が出せ、1枚持っておけばこの時期何かと重宝するはずです。女性からの好感度も期待できそう!

涼しげな雰囲気のスカイブルーの一枚には、同じく薄めのグレーパンツでその涼感の相乗効果を狙うのがおすすめです。全体が淡い印象でぼやけてしまわないように、濃色のスニーカーを選んでいます。

リゾート感ある白のショーツとブルーのリネンシャツの組み合わせは、まさにこれからくる季節にふさわしいマッチングの1つ。サーフな柄スニーカーを合わせれば、気分はもう夏そのものです!

都会派マリンスタイルを気取るなら、インナーはやはりボーダーTがいいでしょう。そこにはテイストを合わせた、細身の白パンとキャンバストート、そして同じく白でまとめたサンダルを。これで清潔感はバッチリです。

着こなし3

春らしさ満開。ピンク系リネンシャツを取り入れた着こなし

桜をほうふつとさせるピンクは、まさに春ならではの色です。着こなしの注意点として、子どもっぽくならないように合わせるアイテムは色数を抑えて。また女性色の強い色ですので、フェミニンにならないように。

ピンクのシャツを羽織りながらも男らしい風格が漂うのは、濃色のショーツを合わせているから。また腕まくりをし、シルバーのブレスレットをしているも見逃せないポイント。小物使いで男度を上げるテクはぜひ参考に。

こちらのコーデは小物で全体を引き締めたスタイル。淡いピンクのシャツに対して、大きめの黒のリュックを足すことでその効果を生み出しています。また迷彩柄のスニーカーで男らしい印象を足したのもぜひ参考に。

いくら流行しているとはいえ、やはり女性的な印象の強いピンクはメンズファッションに取り入れるのが難しいと思う方も多いはず。そんな時はこのコーデを参考に、男性的な印象の強いダークネイビーを合わせるといいでしょう。

着こなし4

コーデのアクセントに。イエロー系リネンシャツを取り入れた着こなし

イエローなどに代表されるポップなカラーリングは、着こなしのアクセントとしてまさに最適の色合い。ナチュラルな風合いのリネンシャツで取り入れることで主張しすぎず、嫌味なくコーディネートに取り入れられます。

コーディネートの主役であるシャツを目立たせるべく、パンツはシンプルに細身の黒パンを採用。ただそれだけだと味気がなくなってしまうので、パンツと色を合わせたハットを加えて、周囲と差をつけています。

ペールトーンのリネンシャツに白パンは相性のよい存在です。ここでは黄色の一枚と組み合わせたことでやさしげな表情に仕上がっています。また足首を出すことで抜け感を出しているのもポイントです。

さりげなくシャツと色みを合わせたボーダーTで、着こなしに奥行きを表現しています。また、ショーツを履くと子どもっぽく見えてしまうのが嫌な場合は、こんな風にレザーシューズを合わせるのがおすすめですよ。

着こなし5

悪目立ちしない。チェック柄リネンシャツを取り入れた着こなし

これまで無地の着こなしを紹介してきましたが、チェック柄などもおすすめです。シャツが持つ独特の風合いやシワ感で、大人が着るのにちょうどよい質感のチェック柄に仕上がるのがその理由。ぜひ試してみましょう。

チェックシャツとショーツの組み合わせと聞くと、つい子どもっぽくなりそうと想像しそうですが、リネン素材ならそれも皆無。大人のリラックス感が漂う着こなしが完成します。あえてアクセを付けずにラフさを演出。

こちらはグレーデニムと合わせた着こなし。リネン素材と合うように、腕時計やスニーカーを白でまとめた点にも注目です。重い色の組み合わせを避けることで、コーディネートに爽快感が加わっていますね。

こんなちょっと難しそうなチェック柄もリネンシャツなら取り入れやすい一枚。インナーにシンプルな白の無地Tを差すことで柄のインパクトをほどよく中和しています。パンツはチェックの色を拾ったもので統一感を。

春夏に重宝する。大人が選びたいリネンシャツ

リネンシャツをコーディネートに取り入れるコツはお分かりいただけたでしょうか。ここからは、今季の流行を取り入れた「今こそ着たい」リネンシャツを10点に厳選してご紹介します。

『ナノユニバース』

吸水速乾性に優れた「クールマックス」機能を施した、デザイン・機能ともに満足の一着。リネンの風合いを生かしつつ、コットンを混紡することで強度をもたせてあります。

アイテム詳細を見る

『ビームスライツ メンズ』

ネルシャツ感覚で着られるチェックパターンのリネンシャツは、長袖仕様のためそのまま着たり、ロールアップしたりと一枚で様々なコーディネートを楽しむことができます。

アイテム詳細を見る

『アーバンリサーチ ロッソメン』

上質なヨーロッパリネンを使用した一着。ベーシックなカラーの他に、紹介しているレモンイエローなど春夏ならではの爽やかなカラーが展開中です。やや長い着丈がスリム効果あり。

アイテム詳細を見る

『キャサリンハムネットロンドン』

小ぶりな襟や白蝶貝風のボタンを起用したどこか、クラシカルなデザインが魅力のリネンシャツは『キャサリンハムネットロンドン』の一着。上質なリネンを使用し吸水速乾性も良し。

アイテム詳細を見る

『ジーアールエヌ』

ベーシックなデザインながら、べっ甲調のボタンが重厚感を醸し出す一着。一見ネルシャツのようにも見えますが、リネン素材で軽く薄くできています。腰に巻くなどしても◎。

アイテム詳細を見る

『ジャーナルスタンダード レリューム』

通常、リネンシャツに多く使われる「60番手」の糸よりも、やや細めの「70〜80番手」の糸を使用し、繊細な表情に仕上げたリネンシャツ。尖った襟がややクラシカルな表情です。

アイテム詳細を見る

『ニコアンド』

フランス語で「洗いざらし」を意味する「デラベリネン」を使用したリネンシャツ。主張の強い色を使用していますが、名前の通り「洗いざらし」て程よく色落ちしたような風合いが魅力です。

アイテム詳細を見る

『ティーケータケオキクチ』

フランダース地方を中心に収穫された高品質のリネン「フランダースリネン」を使用。カジュアル過ぎず、また重たさも軽減された7分丈は春夏から秋口のレイヤードにかけて活躍しそうです。

アイテム詳細を見る

『マッキントッシュ フィロソフィー』

発色の良いカラーリネンシャツ。トレンドのレモン系やピンク系カラーを楽しみたくなります。顎下で水平に切り落としたような「カッタウェイ」の襟はビジカジスタイルにも◎。

アイテム詳細を見る

『アバハウス』

その特徴であるシワ感から、カジュアルシーン用のデザインが多いリネンシャツですが、こちらはジャケットを羽織っても様になりそうなストライプパターンの一着です。

アイテム詳細を見る

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る