トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

編集ムタガミ

カルバンクラインは腕時計も高感度。大人に似合う理由とおすすめ10選

カルバンクラインは腕時計も高感度。大人に似合う理由とおすすめ10選

米国を代表するブランド『カルバン・クライン』は、ウォッチラインも評判です。感度の高いデザインと、信頼性抜群の機構を持つ傑作群にフォーカスして魅力を紹介します。

夏目 文寛

“魅せる”腕時計。ニクソンで探す大人のファッションウォッチ

“魅せる”腕時計。ニクソンで探す大人のファッションウォッチ

時刻を知るギアとしての役割はもちろん、おしゃれさを求めることが増えている腕時計。なかでもセンスの光る『ニクソン』の魅力を解説していきます。

MASAFUMI YASUOKA

3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

腕時計の世界は奥が深い。計器としての信頼性やモノとしての価値を大切にしながら、ブランドの歴史と背景が複雑に絡み合って1本の時計として表現される。特にクラシカル…

増山 直樹

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』のスポー…

TASCLAP編集部

イッセイ ミヤケの腕時計には、プロダクトデザイナーの意欲作が揃う

イッセイ ミヤケの腕時計には、プロダクトデザイナーの意欲作が揃う

三宅一生氏が興したアパレルブランド『イッセイ ミヤケ』は、ディレクションの立場で腕時計も参画している。そのスタイリッシュなデザインは好評で独創性に満ちたものだ。

ワダ ソウシ

本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

TASCLAP編集部

いい腕時計はお早めに。セイコーの名作がナノ・ユニバース監修で復活

いい腕時計はお早めに。セイコーの名作がナノ・ユニバース監修で復活

時を経ても価値がある、と言うよりかえって価値が上がっていく――。いい腕時計はそうした側面を持ち合わせている。日本が誇るウォッチメーカー『セイコー』の「サス」も、…

増山 直樹

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

夏目 文寛

大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

数あるペアアイテムのなかでも、よりさり気なく身に着けられるペアウォッチ。実用性も高い人気ウォッチブランドのアイテムを、3つのカテゴリでそれぞれ紹介していこう。

大中 志摩

新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。TASCLAP読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

編集フカザワ

機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

スポーツウォッチの名作を数々輩出してきた『エドックス』は、2007年に日本上陸を果たした。圧倒的なスペック、クールなデザイン、高コスパで市場を席捲し続けている。

ワダ ソウシ

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

編集ムタガミ

スイスの老舗から、“限定”に弱い我々へ。新生活にうれしい腕時計が到着

スイスの老舗から、“限定”に弱い我々へ。新生活にうれしい腕時計が到着

多少なりとも腕時計に興味を持つ人であれば、スイスメイドの、しかも機械式ムーブメントを搭載した本格派ウォッチに憧れるのは当然だ。だがファッションウォッチとは異な…

編集ムタガミ

圧倒的センスで業界震撼。ブルガリの腕時計に愉悦する

圧倒的センスで業界震撼。ブルガリの腕時計に愉悦する

ジュエラーとして名高い『ブルガリ』が時計界に進出して約半世紀。現在はムーブメントも内製化するほど躍進を遂げている。改めて、時計ブランドとしての実力を検証しよう。

ワダ ソウシ

デザイナーの遊び心が見え隠れするポールスミスの腕時計

デザイナーの遊び心が見え隠れするポールスミスの腕時計

クラシックさやレトロ感の中にも、他にはないポップさが加味された『ポールスミス』の腕時計。コーデのスパイスとしても、もってこいのデザインです。

八木 悠太

トゥールビヨンの基礎知識。成功者が手にする超絶機構の教科書

トゥールビヨンの基礎知識。成功者が手にする超絶機構の教科書

機械式時計のムーブメントは緻密な設計のうえに成り立っており、高度な機構を持つものを複雑時計と呼ぶ。その象徴の1つ、トゥールビヨンに関する知識をここに網羅しよう。

ワダ ソウシ

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

『オーデマ ピゲ』と聞いてピンとくる人は時計好きでもなければ少ないはず。時計ブランドのなかでも名門中の名門を、ここでしっかり深掘りしてみましょう。

夏目 文寛

タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

ご存じの通り、今季はアウトドアものが調子いい。タウンユースにぴったりのシックなダウンジャケットだったり、ゴアテックスを使った機能派のアイテムだったり。寒い冬の…

増山 直樹

最先端のタイムピースとともに過ごす、縦横無尽な日常

最先端のタイムピースとともに過ごす、縦横無尽な日常

アナログ、デジタルに並ぶ時計ジャンルとして、すっかりシーンに定着したスマートウォッチ。スマホの普及に伴って実用品というより嗜好品としての役割が強まっていた腕時…

山崎 サトシ

スポーツシーンを強力サポート。ガーミンの腕時計がライフスタイルを変える

スポーツシーンを強力サポート。ガーミンの腕時計がライフスタイルを変える

空前の健康ブームが到来し、ランニングやフィットネスをより効果的にするスマートウォッチの需要が高まっている。『ガーミン』は、この分野で年々シェアを伸ばす注目株だ。

ワダ ソウシ

過去と未来が1本の腕時計に。“時”に想いを巡らすロマンチックなリストウォッチ

過去と未来が1本の腕時計に。“時”に想いを巡らすロマンチックなリストウォッチ

とあるテレビ番組で、大人になると時が経つのを早く感じるのは「トキメキがなくなるから」だと解説されていた。余計なお世話だと思いつつ、ちょっと気にしている。確かに…

増山 直樹

ビッグ・バンから読み解くウブロ。時代の寵児に愛されるブランドを知る

ビッグ・バンから読み解くウブロ。時代の寵児に愛されるブランドを知る

異素材を組み合わせたコレクションで時計界に旋風を巻き起こした『ウブロ』。とりわけ「ビッグ・バン」はシンボリックで、ブランドに唯一無二の価値をもたらした存在だ。

ワダ ソウシ

買い逃した人は注目。アクセントに効くコラボウォッチ第2弾!

買い逃した人は注目。アクセントに効くコラボウォッチ第2弾!

新年を迎え、はたまた新年度に向けて、TASCLAP読者諸兄にも腕時計を新調しようと考えている人が少なくないのではないだろうか。そこでおすすめなのが、オン・オフ両方の…

TASCLAP編集部

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

老舗が放つ威厳に満ちた腕時計は、大人垂涎の代物。だが、いかんせん簡単に手にできるものでもないだろう。そこでおすすめしたいのが、北欧デザインを落とし込んだ1本だ。

菊地 亮

20世紀初頭の革命。カルティエが切り拓いた腕時計の歴史

20世紀初頭の革命。カルティエが切り拓いた腕時計の歴史

トップジュエラーとして君臨する『カルティエ』だが、“世界初の男性用腕時計”を生んだ時計ブランドという顔も持つ。その卓越した技術は継承され、傑作を生み続けている。

ワダ ソウシ

ペアで使うかシェアするか。甘い時間を共有するセンスフルな腕時計

ペアで使うかシェアするか。甘い時間を共有するセンスフルな腕時計

もう久しくバレンタインチョコなどいただいていない。いきなりの愚痴で申し訳ないが、そろそろ件の2月14日である。その歴史はローマ帝国時代にまで遡るとか、チョコレー…

増山 直樹

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

そこまでするか。圧倒的タフネスで大人を魅了するビクトリノックスの腕時計

スイスブランド『ビクトリノックス』の腕時計は他と一線を画す圧倒的タフネスが信条。なぜ同ブランドから腕時計が生まれ、どう進化してきたのかをおさらいしましょう。

増山 直樹

腕元から平和を願う。世界でもっとも付加価値のある金属とは?

腕元から平和を願う。世界でもっとも付加価値のある金属とは?

そろそろ平成が終わる。4月には新たな元号が発表されるが、はたしてどんな名前が採用されるのか。現状では「平和」や「和平」といった案が人気を集めているようだ。比較…

増山 直樹

BACK