実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

牟田神 佑介

ペアウォッチで刻む同じ時間。3つのキーワードから選ぶ人気ブランド20選

ペアウォッチで刻む同じ時間。3つのキーワードから選ぶ人気ブランド20選

数あるペアアイテムの中でも、さりげなく身に着けられるのがペアウォッチ。実用性も高い人気ウォッチブランドのアイテムを、3つのカテゴリでそれぞれ紹介していきたい。

大中 志摩

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

渋谷駅は、まさに巨大迷路。都内在住者でさえ迷うのだから、たまにやってきた多くの方々は驚くだろう。100年に一度と言われる再開発は現在も続き、周囲には新しいビルが…

増山 直樹

時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

牟田神 佑介

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

さまざまなモノと出会い、あらゆる経験を積みながら熟成されていく男の生き様とは、まるで1本のワインのようだ。そんな熟練した男にぴったりな腕時計が、『ティソ』より…

TASCLAP編集部

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

TASCLAP編集部

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカ…

牟田神 佑介

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

「好評につき第2弾」となるコラボレーションは少なくない。今回紹介する腕時計も、その類いではある。ただし、コンセプトを深化させ、アイテムとして進化している点で単…

増山 直樹

日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

『ノット』は2015年にスタートしたばかりの新しい時計ブランド。ジャパンメイドらしいクオリティの高さと独自のカスタムメイドシステムが新鮮な、注目の新星です。

黒野 一刻

ただのシンプルウォッチにあらず。3つの惑星がテーマとなったクラス14の注目作

ただのシンプルウォッチにあらず。3つの惑星がテーマとなったクラス14の注目作

腕時計は男性にとっての唯一の装飾品、とよく表現される。もはやそんな時代でもない気がするけれど、確かにそれは、単なる計器ではなくアクセサリーとしても優秀だ。そう…

増山 直樹

ハイテクノロジーとアナログ顔の融合。大人はトゥルームを知っている

ハイテクノロジーとアナログ顔の融合。大人はトゥルームを知っている

セイコーエプソンが時計市場に投入した『トゥルーム』は、次世代アナログウォッチの理想形。今もっとも注目すべきといっても過言ではない国産時計の魅力を解き明かす。

ワダ ソウシ

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

老舗が放つ威厳に満ちた腕時計は、大人垂涎の代物。だが、いかんせん簡単に手にできるものでもないだろう。そこでおすすめしたいのが、北欧デザインを落とし込んだ1本だ。

菊地 亮

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

牟田神 佑介

海でも空でも、もちろん陸でも。そんなタフウォッチに憧れて

海でも空でも、もちろん陸でも。そんなタフウォッチに憧れて

逆境に強い。これは、誰もが憧れる人物像の代表的性格だろう。ピンチでこそ力を発揮するヒーロー性や圧倒的なタフネスは、実に魅力的だ。そしてそれは、腕時計であっても…

増山 直樹

ヴィンテージ顔でも、スペックはモダン。70年代の空気を纏う復刻ウォッチ

ヴィンテージ顔でも、スペックはモダン。70年代の空気を纏う復刻ウォッチ

端的にいえば、ミリタリーウォッチの魅力は、プロフェッショナルが使用する高い機能美と武骨で質実剛健な男らしいデザインだ。特にアメリカ生まれの名門『ハミルトン』の…

TASCLAP編集部

新作に改めて見る、セイコー プレザージュの日本的機能美

新作に改めて見る、セイコー プレザージュの日本的機能美

真面目、控えめ。多くの人がイメージする日本人らしさは、そんなところだろうか。そう決めつけない風潮もあるし、実際にそうではない人もいるし、そうあろうとする必要は…

増山 直樹

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

これを待っていた。オールブラックのベンチュラが示す、“定番”の新たな地平

これを待っていた。オールブラックのベンチュラが示す、“定番”の新たな地平

腕時計に詳しくない、という人でも扇形に広がるアシンメトリーデザインには見覚えがあるだろう。「カーキ」や「ジャズマスター」と並び、米国発の老舗腕時計ブランド『ハ…

牟田神 佑介

2000年“東京発”。ワイアードで手に入れる、センスの良いファッションウォッチ

2000年“東京発”。ワイアードで手に入れる、センスの良いファッションウォッチ

“世界とつながる”、そんな願いを込めて名付けられた時計ブランド『ワイアード』。シンプルながらエッジの効いたビジュアルはファッションウォッチの王道を感じさせます。

増山 直樹

世界が認めたハイテク時計。エディフィスでビジネスシーンをもっと楽しく

世界が認めたハイテク時計。エディフィスでビジネスシーンをもっと楽しく

見た目はアナログ、でも中身はデジタル由来のハイスペック。そんな“いいとこ取り”で世界中のビジネスパーソンを虜にする時計ブランド『エディフィス』の魅力に迫ります。

増山 直樹

欲張りな大人心を満たす。生まれ変わった“新・セイコー5”

欲張りな大人心を満たす。生まれ変わった“新・セイコー5”

人と違うか、それとも同じか。ファッションにおいてそれは、大きな判断材料になるはずだ。悪目立ちもしたくないし、被りたくもない。そう思うのが人のサガ、というより大…

増山 直樹

巻き戻せないから。“純度の高い1秒”を、最高峰の1本で

巻き戻せないから。“純度の高い1秒”を、最高峰の1本で

時は金なり。年を重ねるにつれ、時間の経過が早く感じる。過ぎていった時は、当然ながら巻き戻せない。なにかと忙しい現代人にとって、時間にはお金以上の価値さえ見いだ…

増山 直樹

高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

休暇を屋外で過ごすことが増える、夏。水辺のレジャーやアウトドアの相棒として最適な、高い防水性能を備えた腕時計を5万円以内で厳選した。

小林 大甫

銀座の地で見つけた、ラグジュアリースポーツウォッチの新世代

銀座の地で見つけた、ラグジュアリースポーツウォッチの新世代

銀座4丁目の交差点を、京橋方面へ30秒。8月2日(金)にオープンと相成った「セイコー プロスペックスブティック」は、セイコーウオッチが2018年12月20日に作り上げた銀座…

牟田神 佑介

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

高級腕時計と言えばスイス。その時計産業の成り立ちと強さの秘密に迫りながら、押さえておきたい10ブランドを解説していきます。

夏目 文寛

「忘れないで」。半永久的な機械式時計に込められた、海へのメッセージ

「忘れないで」。半永久的な機械式時計に込められた、海へのメッセージ

海の日は過ぎたが、依然として雨が多い。東京の梅雨明けは7月下旬までずれ込みそうだ。8月になればようやく思いっきりビーチで遊べる、かもしれない。さて、今回はそんな…

増山 直樹

腕時計も“より、自分らしく”。老舗ブランドによるパーソナライズ体験とは?

腕時計も“より、自分らしく”。老舗ブランドによるパーソナライズ体験とは?

どこもかしこも“改革”だらけ。ビジネスにおいては、長時間労働や非正規と正社員の格差是正など、働き方改革が適例だ。勤務時間のフレックス化や副業を肯定する企業も増え…

増山 直樹

アメリカ腕時計業界が生んだ実力派。ブローバの魅力を読み解く

アメリカ腕時計業界が生んだ実力派。ブローバの魅力を読み解く

革新的技術により時計史に残る“初”を生み出し、140年以上もの歴史を誇るアメリカ発の『ブローバ』。世界的となった3つの代表モデルを軸に、その実力をご覧いただこう。

小林 大甫

BACK