腕元に存在感と清涼感を。ブランドの35周年を彩るクリアボディ

腕元に存在感と清涼感を。ブランドの35周年を彩るクリアボディ

2018.08.30 20:00

腕時計

腕時計を選ぶときの基準はと考えたとき、真っ先に挙がる3つの要素が“ブランド力”“デザイン性”そして“スペック”だ。もちろんフォーマルかカジュアルかによっても求められるものは異なってくるだろうが、ことオフの腕時計において絶対王者に君臨するブランドがある。それが、日本が誇るタフネスウォッチブランド『Gショック』。同ブランドから放たれるラインアップは先の3要素を満たすだけでなく、さらに“カルチャー”を背景に圧倒的な存在感を持って腕元を彩ってくれる。それは、今回ブランド35周年限定を記念して発表されたスケルトンボディモデル「グレイシアゴールド」も同様だ。

デザインのインスピレーション元となっているのは、絶対零度の氷河(GLACIER)だ。過酷な環境下においても絶対的な強度を示す『Gショック』の姿をそこに重ね合わせ、腕時計全体でタフネスを表現している。涼感を漂わせるボディは、インパクトに満ちたゴールドケースの引き立て役としても効果的だ。

なお、「グレイシアゴールド」製作にあたりピックアップされたのは以下の4本。原点とも言える「DW-5000」、最近復活を果たし話題に上っていた「DW-5700」、『Gショック』のなかでもビッグケースの定番として位置する「GA-710」、デジアナモデルながらミニマルな表情が売りの「GA-800」だ。カラーの変更だけではなく、裏蓋に35周年の記念刻印が刻まれたスペシャルエディションとなっている。

実は、クリアスケルトンを採用したのは今モデルが初ではない。90年代に熱狂的な人気を誇った「イルカ・クジラモデル」において1996年にスケルトンボディを使用、1997年には「フロッグマン」をスケルトン×SSケースでアレンジしたW.C.S.S.モデルも登場している。そのどちらもプレミア値がつくほどの人気を博しており、『Gショック』の歴史を語る上でスケルトンは欠かせないカラーとして認知されているのだ。当時を知る『Gショック』ファンにとって、今回の限定モデルは斬新と言うよりは懐かしさに似た感情で受け入れられるものかもしれない。

初期モデルの復刻カラーという形で今年4月に発売され、話題をさらった35周年モデル「オリジンゴールド」。同じゴールドを取り入れつつ新たなアプローチをかけた「グレイシアゴールド」の登場により、ますます勢いを伸ばすであろう『Gショック』から目が離せない。

DATA

カシオ計算機

03-5334-4869

https://g-shock.jp/

9月発売予定

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

Gショックといえばこれ。5600系のラインアップを公開

Gショックといえばこれ。5600系のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

Gショック&スント。人気ブランドの腕時計を徹底検証

Gショック&スント。人気ブランドの腕時計を徹底検証

誰もが認めるカジュアル派腕時計の2大ブランドといえば『Gショック』と『スント』。それぞれの魅力とおすすめのモデルを徹底比較していきます!

Hiroshi Watanabe

    KEYWORD関連キーワード

    BACK